アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

住居

ジアポケットは口コミにもあるようにコスパ最高なんじゃないの?

2020/03/21

除菌消臭について気にしている国は他にないんじゃないだろうかというぐらい、日本人は消臭や除菌に気をつかっています。抗菌ブームの一番ひどい時には公園の砂場を殺菌しているニュースをみたことがあります。

さすがにいくらなんでもそこまでは行きすぎだろうと思いつつも、それだけ菌を嫌がる人が多いから行われたことであるという事実に気づくと考えさせられるものがあります。

日本人は除菌や消臭を気にするのと同時にその成分の安全性も気になる人達でもあります。身体に悪影響のある成分を使っていると敬遠しがちですからね。

十分な除菌・消臭パワーを持ちつつも安全安心な材料でできている。そんなウソみたいな商品がお水と塩でつくる除菌・脱臭スプレー「ジアポケット」です。

次亜塩素酸スプレージアポケット(ZIA pocket)の購入はコチラから

 

ジアポケットの口コミ・評判

水と塩で除菌スプレーが作れるなんて嘘のようですし、本当に大丈夫なの?疑いたくなるのが正直なところです。そこで実際に使っている人の口コミ情報を販売サイトから引用してきました。

購入してい使っている人はどんな感想を持っているのか興味のあるところですからね。ぜひご覧ください。

 

 

購入時は高額ではあるが、材料費と電気代は非常に安いので何回利用しても財布には優しい。除菌できているかはわからないが、消臭には効果あり。生成する時間も短時間なので非常に助かる。

出来上がった水をなめてみたら塩辛いので何度もスプレーしたら塩の結晶が発生するのではと思いメーカーに問い合わせすると、「そのようなことはない」と回答されたので、これからはどんどん使って行きたい。


 

塩と水だけで3分で出来るので、簡単です。電気代も高くなく、コスパはいいです。

今まで漂白剤で除菌や拭き掃除をしていましたが、テーブルや冷蔵庫などはこちらの商品の方が安心して使えます。

錆びやすいものには使用しない方がいいということなので、その点は気を付けています。

 

何よりもまず、コスパの良さを口コミでも確認できました。多くの類似商品は本体価格を安くして、中の液体を詰め替え用にして稼ぐのがビジネスモデルですから長い目で見ると決してコスパが良いとは言い難い面があります。

でも、ジアポケットは必要な材料はお家にある「塩」と「お水」でOKなので本体価格が高くても長い目でみると維持費はかなり安くなります。

肝心の違いですが、特に除菌については見えないものですからはっきりとした感想を口コミから得ることができませんでしたが、消臭について消臭については臭ってみればいいわけですからすぐに分かりますね。

そして、サビやすいものに使うのは控えた方がいいというのはそれだけパワーがあると言うことですから、水と塩からできているとは言え、決してあなどれない商品だということですね。

次亜塩素酸スプレージアポケット(ZIA pocket)の購入はコチラから

 

「水」+「塩」=次亜塩素酸水?【ziapocketの仕組み】

水と塩を混ぜたら、普通は塩水になります。でもZiapocketの優れた点は水と塩を入れたらわずか3分で次亜塩素酸水を作ってしまうところです。

次亜塩素酸水は一見ものものしい名前ですが、実は食品添加物としても国に認められているほどの安全性がある成分として知られています。しかも他の物質(ウイルス等の有機物)に触れると反応して水になるので無害なことも特徴です。

それでいて除菌や消臭にも使えることから、次亜塩素酸水は既に様々な場面で使われるようになってきています。例えば工場での食品製造時には野菜の洗浄に使われています。また、介護施設や病院などでも除菌対策に使われています。

詳しくはこちらの動画でも紹介されているので併せてご覧ください。

 

 

次亜塩素酸水がいいんだったら、濃い目の次亜塩素酸水自体を購入した方がより効果的なんじゃないかと考えがちですが、次亜塩素酸水は反応しやすい特徴もあるため、出来てから2時間も経つと濃度が30%程度減ってしまいます。

つまり、次亜塩素酸水は鮮度が大切です。その点ziapocketならいつでも作り立ての次亜塩素酸水をスプレーできるのが多くの人の注目を集めるポイントと言えますね。

次亜塩素酸スプレージアポケット(ZIA pocket)の購入はコチラから

 

どこでもシュッとひと吹き除菌【赤ちゃんにも安心】

ziapocketは殺菌効果と消臭効果を兼ね備えた次亜塩素酸水だから様々なシーンで活躍します。例えば、まな板の除菌や三角コーナーなどの菌がたまりやすい場所に使ったり、お風呂場などの湿気でカビが生えやすい場所にも使えます。

消臭としてもトイレやタバコといった気になる場所に吹き付けたり、生ゴミに吹き付けるのもおすすめです。

また、その殺菌・消臭パワーと同時に塩とお水で作ることからも分かるように安全性が高いのもポイントです。だから、赤ちゃん用品はもちらん、小さい子供がつい口に入れがちなおもちゃの除菌にも使えるのはうれしいポイントですね。

同じ理由からペットのニオイ対策にも使えるのでお家にワンちゃんや猫ちゃんを飼っている人にもおすすめできます。

次亜塩素酸スプレージアポケット(ZIA pocket)の購入はコチラから

 

たった3分で使用可能【ziapocketの使い方】

ziapocketは使い方が簡単なのも見逃せないポイントです。ziapocket本体に「お水」を入れて、「塩」を入れたらスイッチを入れます。すると約3分で次亜塩素酸水が出来上がります。

生成されたら、本体のままスプレーすることができますから移し替えることなく気になるところにシュッっと吹きかけられるのが手軽でいいですね。

お水は水道水でOKですし、塩は一応メーカーはジアポケット専用の塩「ジアソルト」を使うことを進めていますけど、お家の食塩でも作ることが可能です。維持費がほとんど要らないのが家計にうれしいところですね。

だから、お家の水道水と食卓塩で作るのもよし、よりこだわるなら好みのミネラルウォーターと天日塩などを使うのも良さそうですね。

ziapocketを使う上で一つだけポイントがあるとしたら既にご紹介したように次亜塩素酸水はせっかく作っても反応性が高いのですぐに劣化してしまいます。だから、作ったらすぐに使いきることが一番です。

まあ、水道水と食卓塩でできますからケチケチしないで気になった所にどんどん使っていくことができますよね。

次亜塩素酸スプレージアポケット(ZIA pocket)の購入はコチラから

 

除菌をするのは冬場だけじゃない

除菌というと冬場なイメージがありますよね。やっぱりインフルエンザのイメージが強いからだと思いますが、だからといって冬だけ除菌スプレーを使うのももったいないです。

菌は高温多湿でも発生しますから夏場にだって活躍の場があります。そして、ジアポケットは消臭にも使えますから生ゴミやペットのニオイなど本当に一年中使うことができるのも特徴です。

次亜塩素酸水はご家庭ではまだそんなに使う機会がないかもしれませんが、介護や学校でも使われるようになっています。先日、小学校で勤めていた経験のある方に話を聞きましたが、冬になると小学校内では次亜塩素酸水を噴霧していたそうです。

様々な場面で活躍の機会があるジアポケット(次亜塩素酸水)、安心安全だからこそ多くの人に注目されているんでしょうね。

 

ジアポケットの問題点

水と塩さえあれば(メーカーはジアソルトを推奨しています)次亜塩素酸水を作ってスプレーできるジアポケットですが、最近ある問題点があることに気づきました。

それが次亜塩素酸水の作り方です。次亜塩素酸水は空気と触れることで塩素濃度が下がってしまいます。それにジアポケットの作り方は水道水とジアソルト(もしくは塩)を混ぜます。

実はこの水道水を使うのが曲者で、水道水は殺菌されているとは言え、わずかながら雑菌があります。それに反応することでさらに濃度が薄くなってしまいますし、水道水のpHによっても薄まります。

※水道水はpHの基準値に幅があって、pH5.8~8.6とバラつきがあります。

ウィルスや菌に対策するために次亜塩素酸水を効果的に使うには濃度が重要になってきます。だから、一見経済的に見えるジアポケットですが、逆効果の可能性があるのです。

その点、同じ次亜塩素酸水を噴霧することができる「除菌水ジーア」であれば効果的な濃度(60ppm)に調整された次亜塩素酸水を使うので安心できます。

 

▼除菌水ジーアの詳細はコチラ▼


-住居