アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

キューリグ コーヒーメーカーなら好みのコーヒーの味を見つけられるはず!

自慢じゃありませんが、コーヒーの味はよく分かりません。でも、コーヒーはブラックで飲めます。大人。

最近ではひき立てのコーヒーがコンビニでも手軽に飲めるようになっていますし、各社の特徴が結構あるようです。

さっぱり分からないですが、コーヒー好きな人にとってはセブンのコーヒーじゃないと!って言う人もいそうですね。

とは言え、コーヒーは本当様々な種類がありますし、どんなコーヒーをおいしく感じられるのかよく分かりません。

その解決方法はただ一つ。色々飲んでみることですよね。何と400種類以上のコーヒーカプセルから選ぶことができるのが「キューリグ コーヒーおまかせ定期便」です。

そんだけあれば、ベストな一杯が見つけられるんじゃないでしょうか。

キューリグ コーヒーおまかせ定期便の詳細はコチラから

 

キューリグは毎月違うフレーバーのコーヒーが届く!

キューリグ コーヒーおまかせ定期便はコーヒーカプセルが毎月届けられるのですが、その種類が豊富なことが大きな特徴です。

 

上の画像のようにUCCだけでもブルーマウンテンブレンドやモカブレンド、有機栽培珈琲などたくさんありますし、他にも英国やや小川珈琲、PRONTO、タニタカフェなどもラインナップされています。

キューリグ自らが各カフェブランドと共同開発したコーヒーカプセルなので各ブランド担当者も推薦の声を寄せています。

 

 

焙煎度合いや挽目の細かさなどを調整してお店の味を再現しました。
キューリグでも香り・味ともに納得のいく仕上がりになりました。二重丸の出来です。
小川珈琲

 

英國屋のコーヒーの特徴は深みにあります。
深みといってもただ苦ければいいというものではなく、苦いのにまろやかというところにこだわっています。
最終的には「お店にお客様がこなくなるんじゃないか」というほど、良いものができました。
英國屋

 

脂肪燃焼に効果があると言われているクロロゲン酸が、通常の2倍含有するコーヒーです。
味わいはタニタコーヒーとまったく同じように仕上がっていて、非常に満足しています。
タニタカフェ

 

飲み比べてみて、弊社のコーヒーの味がほぼ100%再現されていました。
非常に美味しいです。
プロント

 

これだけカフェブランドからの太鼓判があるとコーヒーを飲むのが楽しみになりますね。

キューリグ コーヒーおまかせ定期便の詳細はコチラから

 

そもそもキューリグって知らないんだけど

キューリグと言う名前を実は今まで知りませんでした。コーヒーカプセルのメーカーと言うとネスカフェあたりだったらピンとくるんですけどね。

 

 

日本ではなじみのないキューリグですが、実はアメリカではカプセル式マシンシステムでトップシェアを誇るメーカーです。

全米の4世帯に1世帯がキューリグを利用しているほどなのでまさにトップメーカーといった感じですね。

しかも、キューリグのコーヒーメーカーはカプセルをセットすればコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、中国茶なども楽しめるのも大きなメリットです。

キューリグ コーヒーおまかせ定期便の詳細はコチラから

 

キューリグ コーヒーおまかせ定期便の気になるお値段と色々お得な特典

キューリグ コーヒーおまかせ定期便に申し込むと毎月4種類48杯分のカプセルが送られてきます。それだけあれば毎日コーヒーを楽しめますね。

気になるお値段は3,980円ですが、初回購入分については初回特別価格の1,980円に割引されます。

しかも、うれしい3つの特典もついてくるんです!

 

 

まずリプトン紅茶(イエローラベル)のカプセルが12杯分、そして大和園の玉露入り緑茶カプセルが12杯分特典としてついてきます。

そして、カプセルだけあってもコーヒーをいれられないですから、BS300と言う専用のコーヒーマシンも特典として無料レンタルすることができます。

ちなみにあくまでもレンタルなのでキューリグ コーヒーおまかせ定期便を解約する時にはコーヒーマシンは返却しないといけないのでご注意ください。

キューリグ コーヒーおまかせ定期便の詳細はコチラから

 

コーヒーマシンのレンタルって不安ですか?

コーヒーマシンやコーヒーメーカーっておいしく飲めるのは金額も高くなりがちです。キューリグ コーヒーおまかせ定期便で利用できるコーヒーマシンは最新モデルなのが特徴です。

コーヒーマシンとしての性能はもちろん、電源を入れてから30秒でコーヒーの抽出ができるので忙しいモーニングコーヒーにも使えます。

また、お湯だけを注ぐこともできるのでカップヌードルやカップスープにお湯を入れる電気ケトル代わりにもなる便利グッズです。

しかも、無料でレンタルできるのも魅力ですが、同時に不安点でもあります。

コーヒーマシンを購入したのであれば、故障した時にメーカーや購入した家電量販店へ持ち込めばいいですよね。

でも、レンタルだとどうなるの?お金かかるの?違約金?と色々頭をよぎってしまう人もいます。

コーヒーマシンが故障した場合は2つのパターンに分けられます

 

お客様側の過失で故障した場合

手がすべって落としたり、カプセル以外のものをセットして壊したりと使い方の問題で故障した場合は消費税込み20,000円の代金が請求されます。

この点はレンタルのデメリットといえるかもしれませんね。

 

商品の不具合で故障した場合

正直、通常の使い方をした場合はこちらのパターンが多いと思いますが、コーヒーマシンに不具合が発生した場合は事前にメールか電話(キューリグカスタマーセンター:0120-886-556)します。

その後、着払いでコーヒーマシンを返却したら、故障個所を確認の上、良品を送料キューリグ負担で発送してくれます。

購入直後の初期不良の場合も同様の交換対応になるようです。

レンタルだからこそ、大事に使っておいしいコーヒーライフを送りたいですね。

キューリグ コーヒーおまかせ定期便の詳細はコチラから

 

気軽にコーヒーを楽しむならカプセル式の方が良い理由

 

コーヒーを飲むと言うとコーヒー好きなら焙煎された豆を挽いて、計ってコーヒーを淹れると言う流れになりますよね。

でも、そこまでこだわりはないけどおいしいコーヒーを飲みたい人にはそんなに手間をかけたくないのが本音ではないでしょうか。

缶コーヒーは甘すぎるか、ブラックでも薄すぎてそんなにおいしくないし(個人的感想)、インスタントコーヒーも味はそこまでだなと感じます。

となるとドリップ式のコーヒー(粉末)を選ぶ人がほとんどじゃないでしょうか?だったらカプセル式の方がおすすめできると言えます。

その一番の理由が保存しやすい点です。

挽いたコーヒーの粉は空気に触れると劣化しやすいですが、カプセル式なら外気にあまり触れないのでいつでも新鮮なコーヒーを楽しむことができます。

カプセル式のコーヒーには1人分のコーヒー粉末が入っていますから、粉の分量を量りとる手間もいりませんから、カプセルをコーヒーメーカーにセットするだけでOKなのも魅力です。

気軽にコーヒーを飲むのであれば、保管も計量もあまり気にせずにできるので忙しくなりがちな朝にもピッタリです。

 

▼キューリグ コーヒーおまかせ定期便の詳細はコチラ▼

-食べ物