アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

eFaxが今後、マイクロ法人や個人事業を起業する人に最適な理由

これからは個人の時代だと言われています。個人でも自分で事業を起こして仕事をしたり、副業でお金を稼ぐことへのハードルが以前よりも下がっているのも事実です。

起業に際し、マイクロ法人を立ち上げたり、個人事業主で始める場合が多いと思いますが、その際に必要になるものにFAXがあります。メールやLINEでいいんじゃないの?って思いがちですが、意外にそうでもありません。

 

意外と現役なFAXの実情

FAXと言うと正直古臭いイメージがつきまといます。実際に家電量販店に言ってもスマホや携帯電話に押されて、FAXの売り場はとても少なく目新しい商品も見かけません。

これから始めようと思う業種にもよるかもしれませんが、今でもFAXを必要とするシーンは意外とあります。例えば、先日テレビでやっていましたが、旅館業界では予約の受注にFAXは現役バリバリだそうです。

旅館の予約をするのに個人のお客さんは電話で直接予約するよりも楽天トラベルやじゃらんのような予約サイト経由なことが多いと思います。予約サイトはたくさんの種類がありますが、この予約サイトから予約票がFAXで送信されることが多いようです。

他にも商品の注文や見積もりのやりとりにFAXを使うことはまだまだあります。大抵相手はメールアドレスを持っていますが、なぜかFAXを希望する会社はまだ一定数あります。(しかもそういう会社に限ってメールアドレスがプロバイダーのアドレスを使っています)

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

半数が広告FAXというムダ

未だに一定の需要があるFAXですが、いらないFAXも送られてくることが多いのも事実です。無駄なFAXの代表格が広告FAXです。ダイレクトFAXと呼ばれる広告をFAXで送られてくる手法は未だに使われています。

FAXと電話をひとつの回線で使っていると電話に出るとFAXに切替わって出力されてくるのが広告FAXだったりすると何となくガッカリしてしまいます。

そして、そのためにA4の紙やインクが無駄に使われるのは本当にムダだと感じてしまいます。

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

転送されたらFAXだった時のジレンマ

固定電話とFAXをひとつの回線で使っている時のトラブル(と言っても小さなものですが)に電話の転送があります。起業したての法人や個人事業主の場合、自分ですべての業務を行う必要が多いですよね。

そんな時には電話を自分のスマホに転送させる機能(ボイスワープ)などを利用することが多いと思います。この電話を転送する際にもしFAXが送られてきたらどうなると思いますか?

電話にでたら、あのFAXのピーピーという音が延々と鳴る事になります。かと言ってFAXを受信できるわけではありませんから、仕方なく電話を一回切りますよね。

でも、FAXって機種によっては送信できなかったら、数分置いてからすぐに再送信する場合があります。そうなると何度も受信できないFAXの音だけを聞くはめになってしまいます。これってムダですよね。

また、FAX受信時には新たに電話が着信することもあります。でも、FAX受信中に電話はなるけど、その電話を取ることができないんです。回線自体はFAXで使われていますからね。

これは本当にジレンマです。使いたい時に使えない。受信したい時に受信できない。ビジネス上、こんな無駄なことはありません。

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

頻度の少ないFAXのために2回線も使いますか?

ある程度は必要なFAXですが、転送や電話とFAXの着信が重なった時などに使いづらさが発生し、ビジネス上の無駄があるのが問題だったりします。

でも、だからといって電話回線とFAX回線を別々に使うまで必要かと考えると考えてしまいます。NTTの電話使用料の基本料金が約2,400円ぐらいだったと思います。これが2回線分で5,000円近くの固定費が毎月かかってしまうことになります。

年間で60,000円の出費は起業当初だと意外と大きな出費と言えます。しかも、頻度はそこまで高くないのにそこまでの出費は無駄と言えるのかもしれません。

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

電話+e Faxという選択肢

起業当初はできるだけ抑えたいコストですから、FAXのために固定回線を2つも契約するのではなく、電話回線とe Faxを使うという選択肢があります。

eFaxはインターネット上のFAXサービスでネット上でFAXの送信や受信が行えます。eFaxにはいくつかのメリットがありますが、その一番はコストが抑えられることです。

まず、基本使用料が1,500円(税別)ですむことがその最たるものです。電話回線を利用するよりも毎月1,000円ぐらいコストを浮かせることができます。

それに加えてFAXを持つことで発生するランニングコストがゼロ円になるのも魅力です。ネット上のFAXですから、FAX機自体が要らなくなります。そうするとそれに伴うインク代や紙代もゼロ円になるわけです。

実は紙代がばかにならないもので、ペーパーレスと言われるわりに紙で印刷することはまだまだ多いのがビジネスの現状です。だから、インク代と紙代を節約できるのはポイント高いですね。

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

e Faxで事務所フリー

e Faxを利用するメリットはまだあります。インターネット上のFAXサービスということはFAX機自体を設置する必要がありません。ということは事務所自体にFAXを置くことがありませんから、場所にとらわれる必要がなくなるわけです。

受信したFAXの内容を確認するためだけに事務所に戻る必要がないですし、何だったら事務所を自宅にしてノマドワークも可能になります。起業当初は人を雇う余裕がないことが多いですから事務所の家賃も節約できることになります。

でも、電話回線が必要になるじゃないかと言われる人もいるかもしれません。「法人だったら固定電話が信用のために必要だろう」と言われる人もあるかもしれません。

でも、正直企業とのやり取りでも携帯電話やスマホとやり取りって多いですよね。最近は携帯電話は電話かけ放題のプランを利用すれば固定電話よりもよっぽどコストを下げられるわけですしね。

確かに以前(と言っても20年位前)は固定電話がまだ会社の信用がある時代でした。でも、最近は会社の固定電話にかかってくるのは半分ぐらいが営業の電話だと実感しています。

本当に必要なお客様からの電話って意外とかかってこないです。メールやSNS(利用している場合)でお問い合わせがくるケースが結構あります。

だからスマホ(携帯電話)とe Faxを併用するというのは事務所から自由になる便利な方法だと言えます。もちろん、e FaxはスマホからでもFAXの受信や送信は可能ですし、受信したFAXの中身を確認することができます。

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

電話番号が欲しけりゃIP電話という選択肢も

自分のスマホを仕事に使うこと自体はいいんだけど、公開するのは仕事とプライベートが切り離せなくてイヤだという人もいると思います。そんな時は仕事用に携帯電話をもう一台持てばいいだけの話ですね。

ガラケーで電話かけ放題プランなら、まだ月々2,200円(税別)程度で持つことができるはずです。(本記事執筆時)

後、携帯電話番号だと信用性がないと思っているのであればIP電話という選択肢もあります。IP電話は050から始まる電話番号で通常の電話と違ってインターネット回線を利用して電話をかけるので通話料が安くて済むのがメリットです。

このIP電話ってスマホでも利用できるサービスがいくつもあるのでお客様に公開する番号をIP電話にすることで仕事とプライベートも切り離せますし、比較的信用性も担保できます。

実際、企業のホームページをいくつかみていると050から始まるIP電話をお問い合わせ窓口にしているものを見かけることがあります。以前はほとんど見られなかったことですが、IT系企業を中心に普及している印象です。

インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラから

 

市外局番も選べるメリットもある

e Faxについても基本的には050から始まるIP電話の番号がFAX番号として割り当てられます。しかし、市外局番がいいという声はまだあるようでe Faxではすべての市外局番とまでは行きませんが57の市外局番から選ぶことができます。

これもe Faxならではのメリットと言えます。だから、例えば地方にいながらにして東京の市外局番が使えたりします。

 

e Faxで選べる市外局番

都道府県名 都市名 市外局番
北海道 札幌 011
旭川 0166
青森県 青森 017
秋田県 秋田 018
岩手県 盛岡 019
宮城県 仙台 022
山形県 山形 023
福島県 福島 024
新潟県 新潟 025
長野県 長野 026
群馬県 前橋 027
栃木県 宇都宮 028
茨城県 水戸 029
東京都 東京 03
八王子 042
千葉県 千葉 043
神奈川県 川崎 044
横浜 045
千葉県 船橋 047
埼玉県 さいたま 048
愛知県 名古屋 052
静岡県 浜松 053
静岡 054
山梨県 甲府 055
岐阜県 岐阜 058
三重県 059
大阪府 大阪 06
072
和歌山県 和歌山 073
奈良県 奈良 0742
京都府 京都 075
石川県 金沢 0762
富山県 富山 0764
滋賀県 大津 077
福井県 福井 0776
兵庫県 神戸 078
姫路 079
広島県 広島 082
福山 084
山口県 山口 083
島根県 松江 0852
鳥取県 鳥取 0857
岡山県 岡山 086
香川県 高松 087
徳島県 徳島 088
高知県 高知 088
愛媛県 松山 089
福岡県 福岡 092
北九州 093
久留米 0942
長崎県 長崎 095
佐賀県 佐賀 0952
熊本県 熊本 096
大分県 大分 097
沖縄県 那覇 098
宮崎県 宮崎 0985
鹿児島県 鹿児島 099


上記以外にももちろん「050」を利用することができますから、業種や用途に応じて、自由に市外局番を選択できるのがe Faxの特徴であり、メリットですね。

 

▼インターネットFAX「e Fax」の詳細はコチラ▼


-ビジネス