アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

ヨガ講師を目指すならYMCメディカルトレーナーズスクールで

2021/02/13

ヨガをしている人がどんどん増えているみたいですね。日本で普及しているのはポーズ(アーサナ)を行うハタヨガがメインみたいですけど、それでも無理せず体を動かすことでストレス解消やリフレッシュになります。

でも、ヨガは本屋でもハウツー本が気軽に手に入りますし、ネットでもヨガの動画がたくさんあります。ヨガの無料アプリもあったりしますのでそれらを見て我流でヨガをしている人も多いですが、それはキケンですよね。

ヨガは適切な指導者がいてこそきちんと身につくものですし、我流でやるヨガはかえって体を痛める元になってしまいます。だから、ヨガのインストラクターが必要なのです。

すでに習ってヨガを行っている人も教える側になってヨガのすばらしさを伝えたいと思われている方もいると思います。でも、なかなかその手段が分からないものです。でも、YMCメディカルトレーナーズスクールならヨガ初心者からでもヨガインストラクターになることができます。

 

YMCメディカルトレーナーズスクールとは?

YMCメディカルトレーナーズスクールは健康と美容、癒しを総合的に学べるスクールで、ヨガインストラクター以外にも整体師&リフレクソロジーやピラティスインストラクター、アロマ・ボディセラピスト、チャイルドボディセラピストといった5つのカレッジから構成されています。

どのコースから学ぶ場合であっても体を扱うという側面からただその専門的な技術だけでなく骨盤のバランスや解剖学・生理学的な目線で知識を得ることにウエイトを置いて指導しています。

YMCメディカルトレーナーズスクールはヨガの国際資格である全米ヨガアライアンスの認定校になっているので全米ヨガアライアンスの取得を100%保証してくれます。

YMCメディカルトレーナーズスクールの申し込みはコチラ

 

YMCメディカルトレーナーズスクールで取れる全米ヨガアライアンスとは?

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)とは、1990年代にアメリカで設立されたヨガの協会で、RYT(Registered Yoga Teacher:登録講師)というヨガ講師の国際ライセンスともいうべき資格の認定を行っています。

全米ヨガアライアンスはヨガインストラクターやヨガの教育者双方ともに質の高い人材を養成すべく、協会独自の基準を定めたカリキュラムとその普及を行っています。

YMCメディカルトレーナーズスクールでは全米ヨガアライアンス協会の認定を受けていおり、スクールの講師から200時間(又は500時間のコースを受講した上で、協会に申請することで認定書を発行してもらうことができます。

協会に登録されることで「全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者」としての活動を行うことができるのですが、この認定書は日本やアメリカだけでなく世界70ヶ国以上で認知されているので、世界の様々な国でヨガの指導を行うことができるようになります。

YMCメディカルトレーナーズスクールでは毎日通う必要はなく、週1回の通学でも全米ヨガアライアンスを取得できるので家事や仕事をしながらでもヨガインストラクターの勉強をすることができます。

YMCメディカルトレーナーズスクールの申し込みはコチラ

 

YMCメディカルトレーナーズスクールの口コミで入ったきっかけを調べた

YMCメディカルトレーナーズスクールに入ってまでヨガインストラクターになりたいというのはなにがあったのか気になったので、卒業生の口コミを調べてみました。ヨガインストラクターに興味がある方もぜひご覧になってください。背中を押してくれるかもしれません。

 

 

ヨガを習っていて、そこで教えてくれているインストラクターに憧れたこと。打ち込めることを探したかったことがヨガインストラクターを目指したきっかけです。

 

ヨガを深めたいと思って、授業やレッスンの時間帯を好きに選択できたYMCメディカルトレーナーズスクールに入りました。

 

仕事と子育ての両立しようとヨガを始めましたが、好きな仕事よりもヨガの方が勝ってしまったためヨガインストラクターを目指すようになりました。

解剖学的な観点からの学びができることがYMCメディカルトレーナーズスクールを選んだ理由です。


 

元々スタジオインストラクター志望で体を動かす事の楽しさや快適さを伝えたいと思っていました。

女性や体が動かすのが苦手な方でも始められそうなものを提供したいと思い、ヨガを選びました。

YMCメディカルトレーナーズスクールはカリキュラムがしっかりしているところ。座学も実技も先生一人一人が丁寧に教えてくださったので、疑問に思うことはすぐに質問する事が出来ました。


 

ヨガをライフワークとして深めたいと思ったからです。

カリキュラムがしっかりしていて仕事をしながら通えるため、YMCメディカルトレーナーズスクールを選びました。

我流でインストラクターを目指すとなると少しハードルが高いように思います。口コミを見てもヨガだからと言ってアーサナをするだけでなく座学も多く、解剖学的なアプローチもできるといった体系だったカリキュラムがYMCメディカルトレーナーズスクールの魅力なのかもしれないですね。

YMCメディカルトレーナーズスクールの申し込みはコチラ

 

YMCメディカルトレーナーズスクールの口コミで卒業後の進路も調べた

YMCメディカルトレーナーズスクールに入って、ヨガインストラクターを目指した場合、卒業後の進路が気になるかもしれません。やっぱりヨガのインストラクターを仕事としてやるのか、それともどこかのヨガ教室に勤めるのか。

その辺も卒業生の口コミから知っていくとそんな不安もやわらぐのではないかなと思います。

 

 

受講途中に前職をやめヨガ一本に集中しました。コース修了とともに現在のヨガスタジオに決まりました。

 

YMCメディカルトレーナーズスクール卒業後にタイのヨガ修行に2か月ほど行っておりました。

その後も、哲学の勉強や他のスタジオ体験、いろいろな先生のクラスに参加するなどをして、1年後に自分のヨガスタジオをオープンさせました。


 

以前働いていた整骨院で、午前と午後の間の時間で場所をかりて教室を開催しています。

またスポーツクラブでフリーインストラクターとして活動しています。


 

受講前からしていた事務の仕事を続けながら、自宅で個人レッスンをしています。

 

卒業してすぐに先生から仕事を紹介して頂き、インストラクターとして始める事が出来ました。

やはりヨガのインストラクターとしてのカリキュラムだけあって、卒業後はヨガの講師として活動している人がほとんどでした。でも、前職を続けながら時間を見て個人レッスンというやり方もありますね。

また、「先生から仕事を紹介してもらった」という口コミがありましたが、YMCメディカルトレーナーズスクールでは生徒一人に対して担任がつきます。カリキュラム受講期間にはその担任からサポートしてもらったり就職の相談も受けてもらえるのでそういったサポートを積極的に利用したらいいかもしれないですね。

YMCメディカルトレーナーズスクールの申し込みはコチラ

 

地方でも安心。YMCメディカルトレーナーズスクールは全国各地で受講可能

YMCメディカルトレーナーズスクールは受講を始めたら通学する必要があります。いくら座学が豊富とは言え、ヨガのインストラクターですから体を動かすプログラムは当然あるでしょうからね。

そうなると東京や大阪といった大都市の人はいいかもしれませんが、地方に住んでいる人にとってはひんぱんに通うのは難しいですよね。かといって近所のカルチャースクールではやっぱりインストラクター取得は難しいかもしれません。

でも、YMCメディカルトレーナーズスクールは東京、大阪はもちろん、北は北海道、南は福岡まで全国各地にスクールがあるので通いやすいスクールを選ぶことができます。



また、通学は週1回でもOKなので自分が動ける曜日を選んで学ぶことができます。ヨガインストラクターに興味があるのであれば、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか。手元に資料を置いてみるだけでも気持ちが変わって来るかもしれませんしね。

 

▼YMCメディカルトレーナーズスクールの申し込み・資料請求はコチラ▼


-ビジネス