アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

野菜をMottoスープは具沢山で手間なく栄養補給できるスグレモノ

先日、テレビを見ていると市川海老蔵さんが野菜スープを飲んでいると言っていました。元々は亡くなられた妻の麻央さんのために作っていたそうですが、今も健康のために飲み続けているようでした。

野菜はビタミンやミネラルの宝庫なので不足しがちな現代生活では積極的に摂った方がいいのは分かっていますが、なかなか摂りにくいのも現実です。

そんな時に野菜スープにしたら効率的に野菜の栄養を摂ることができますが以外にそのハードルは高いものですよね。

まず、野菜スープの材料をそろえるための買い物が大変です。例えばミネストローネを作ろうと思うとやさいだけで7~8種類も必要ですし、下ごしらえや煮込むのにも時間がかかります。1時間なんてすぐに経ってしまいますよね。

また、食べ終わった後には皿洗いなどの後片付けが待っている上にスープを作るとある程度まとまった量の野菜が必要だけど、あまりも結構でてしまいます。

普段から仕事や育児などで忙しい人たちこそ野菜を摂った方がいいのにこれではなかなか野菜スープで栄養補給が難しいですね。

そんな人達に人気を集めているのが買い物不要調理も不要片付け不要。でも、栄養はバッチリとれる野菜をMottoの本格的な野菜スープです。

 

野菜をMottoの野菜スープって?

野菜をMottoの野菜スープは電子レンジにかけるだけですぐに食べられるカップスープです。カップスープというと粉末のコーンスープのようなものをイメージするかもしれません。

でも野菜をMottoの野菜スープはカンタンに食べられるのに全く手抜きではない本格的な野菜スープです。具沢山なので飲むスープではなく食べるスープです。

野菜をMottoの野菜スープだったらわざわざ野菜を買いそろえたり煮込む必要もなくカップをレンジに1分20秒かければ出来上がり。容器をそのまま食卓へならべて食べられる手軽さです。

食事が終わった後もカップスープなので容器をゴミ箱に捨てるだけで後片付けが終了です。洗い物が不要なのであわただしくなりがちな朝食に野菜スープを飲んでもOKですね。

また、野菜をMottoの野菜スープは常温保存が可能なので保管場所に気をつかう必要がありませんから、旅行に持って行ったり、職場に電子レンジがあれば仕事に持って行くのもいいですね。

モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ

 

具沢山と便利さだけでない野菜をMotto 野菜スープのこだわり

野菜をMotto 野菜スープに注目が集まるのはかんたんに食べられたり、後片付けがいらなかったりと便利さが理由だったりしがちです。でも、肝心な部分にもきちんとこだわりを持って作られています。

野菜スープの味は上原雄三氏が監修を務めています。上原氏は赤坂アークヒルズクラブの総料理長も務めた経歴を持つ料理人なのでおいしさにもこだわりがあります。

また、野菜は国産野菜を使っていて、もちろん合成着色料や保存料、化学調味料は一切使っていないのもこだわりポイントですね。

そのためか野菜からの栄養補給に気を配るアスリートからも野菜をMottoの野菜スープは好評を得ています。

モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ

 

「野菜をMotto 野菜スープ」の口コミ情報

野菜をMotto 野菜スープは販売元の調査ではありますが、満足度が95.4%にもなるお客様からの評価がとても高い野菜スープです。実際に食べた人はどんな感想を持っているのか口コミ情報をチェックしました。

 

 

「野菜をMotto 野菜スープ」は、野菜がゴロゴロと入っていてボリュームがあるので満腹感を得られました。

また、電子レンジで温めるだけで簡単に食べられるのも魅力的です。


 

「野菜をMotto 野菜スープ」は具沢山で、とてもおいしかったです。

体に良さそうな野菜がたっぷり入っているのがうれしいですね。朝食の1品にも助かりました。


 

「野菜をMotto 野菜スープ」は、野菜のうまみがギュッと詰まった、おいしいスープでした。

電子レンジで温めるだけでいい点も手軽で好きです。

やっぱり野菜がたくさん入っていて満足感も高い上、おいしいスープというのはいいですよね。そしてなんといっても電子レンジで温めるだけで食べられるという手軽さが人気のヒミツかもしれませんね。

モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ

 

野菜をMottoの商品紹介 オニオンスープ

正式名称が「さらさらレッド」をじっくり煮込んだ具だくさんオニオンスープと若干長めの商品です。その名前の通り、さらさらレッドというタマネギを使用した具だくさんのオニオンスープで、この玉ねぎは北海道くりやま町で限定生産されている品種を使っています。

この玉ねぎを同じく北海道産のバターでじっくり炒めてコクを加えたところに、赤ワインの風味も加わっています。玉ねぎが持つ「甘み」「辛み」も楽しめるスープになっています。

「さらさらレッド」をじっくり煮込んだ具だくさんオニオンスープの原材料
たまねぎ、赤ワイン、食物繊維、でん粉、バター、チキンエキス、食塩、ブイヨン、酵母エキス、香辛料、カラメル色素(原料の一部に大豆を含む)

「さらさらレッド」をじっくり煮込んだ具だくさんオニオンスープの栄養成分(1食分(180g)あたり)
エネルギー 54kcal、たんぱく質 1.4g、脂質 0.7g、糖質 7.9g、食物繊維 5.4g、ナトリウム 540mg(食塩相当量1.4g)、ケルセチン 0.4mg、ケルセチン配糖体 58mg

さらさらレッドにはケルセチンが豊富に含まれています。ケルセチンはかんきつ類やタマネギ、そばなどに含まれる黄色い色素で昔から染料としても使われてきました。

また、ケルセチンには抗酸化作用の他抗炎症作用や抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用などが報告されています。

モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ

 

野菜をMottoの商品紹介 コーンポタージュスープ

正式名称が「スイートキッス」の甘味たっぷりつぶつぶコーンのポタージュとこれまた長いコーンポタージュスープです。

特徴は北海道産のスイートキッスという品種を使ったことによるシャキシャキした食感がたっぷり残ったコーンポタージュに仕上がっていることです。

ポタージュ特有のとろみのあるスープにコーンのツブツブがアクセントになって、一緒に入っているソテーされた玉ねぎも加わった甘みがたっぷりなスープになっています。

 

「スイートキッス」の甘味たっぷりつぶつぶコーンのポタージュの原材料
スイートコーン(遺伝子組み換えでない)、ソテーオニオン、クリーム(乳製品)、食物繊維、チキンブイヨン、小麦粉、食塩、酵母エキス、香辛料

「スイートキッス」の甘味たっぷりつぶつぶコーンのポタージュ1食分(180g)あたりの栄養成分
エネルギー 96kcal、たんぱく質 2.5g、脂質 3.6g、糖質 10.8g、食物繊維 3.6g、ナトリウム 378mg(食塩相当量1.0g)

モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ

 

野菜をMottoの商品紹介 ミネストローネ

正式名称が「あかでみトマト」で仕上げた7種野菜のミネストローネと言うようにトマトをベースに玉ねぎやじゃがいも、大根、にんじん、キャベツ、ごぼう、白いんげんと7種類の野菜が使われた甘みのあるミネストローネになっています。

使っている野菜はすべて国産野菜で特にトマトは静岡県産の「あかでみトマト」を使っていてリコピンが豊富に入っています。また、スープの隠し味としてカマンベールチーズが加えられているので、甘みだけでなくコクのあるスープになっています。

リコピンはトマトの赤さの元になっている色素で抗酸化作用が強いことが知られています。リコピンはカロテノイドという物質の一種ですが、一般的にカロテノイドは活性酸素の一種である一重項酸素の消去能力が高いことが知られています。

その抗酸化作用はサケ・かにに含まれるアスタキサンチンやにんじん。かぼちゃに含まれるβカロテンよりも高いことが実験で明らかになっています。

 

「あかでみトマト」で仕上げた7種野菜のミネストローネの原材料
野菜(たまねぎ、じゃがいも(遺伝子組み換えでない)大根、にんじん、キャベツ、ごぼう)、トマトピューレー、白いんげん、そら豆、金時豆、でん粉、チキンエキス、なたね油、砂糖、食塩、ブイヨン、ナチュラルチーズ、香辛料(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

「あかでみトマト」で仕上げた7種野菜のミネストローネ1食分(180g)の栄養成分
エネルギー 79kcal、たんぱく質 3.1g、脂質 0.9g、糖質 12.4g、食物繊維 4.5g、ナトリウム 468mg(食塩相当量1.2g)、リコピン 1.3mg

モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ

 

野菜をMottoの商品紹介 ごろごろ野菜スープ

「奥入瀬ごぼう」をふんだんに使ったごろごろ野菜スープという名前の根菜の定番ごぼうがたくさん入った食べるスープです。

スープには青森県限定の「奥入瀬ごぼう」や玉ねぎ、きのこ、にんじんなどがふんだんに使われていてあっさりした和風テイストに仕上がっています。

ごぼうというとクセが強くて硬い、あまりおいしくないというイメージがありますが、「奥入瀬ごぼう」はあまりクセが強くなく比較的やわらかいので実はスープにも最適です。

ごろごろ野菜スープには食感のある野菜がたくさん使われていて具だくさんなので十分に食べごたえもあります。

 

「奥入瀬ごぼう」をふんだんに使ったごろごろ野菜スープの原材料
ごぼう、たまねぎ、にんじん、まいたけ、ぶなしめじ、でん粉、しょうゆ、食塩、チキンエキス調味料、砂糖、かつお節粉末、香辛料(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

「奥入瀬ごぼう」をふんだんに使ったごろごろ野菜スープの1食分(180g)あたりの栄養成分
エネルギー 55kcal、たんぱく質 1.4g、脂質 0.2g、糖質 10.0g、食物繊維 4.0g、ナトリウム 450mg(食塩相当量1.1g)

 

これ以外にも期間限定でバターナッツかぼちゃを使用したこくのあるポタージュスープ「「バターナッツかぼちゃ」で仕上げた具入りスープ」やかぶやブロッコリー、赤ピーマン、たまねぎを使用し北海道産のさやかじゃがいもで仕上げたポトフ風スープ、「「さやかじゃがいも」で仕上げた4種野菜のポトフ風スープ」があったりとバリエーションも結構豊富です。

 

▼モンマルシェ 野菜をMotto 野菜スープの購入はコチラ▼



-食べ物