アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ビジネス

大和麺学校で学ぶメリットは「マネジメント力(経営力)」

脱サラして自分で事業を始める人は多くいますが、飲食店を選ぶ人が多くいます。

その際にお店で修行をするのも一つですが、ある程度年齢がいっていてそのお店で一から下っ端として学ぶことに抵抗のある人もいます。

そんな人に便利なのが麺類の作り方を教えてくれる学校「大和麺学校」です。

 

最初に知っておいた方が良い現実

周りの飲食店を見渡してみると麺類、特にラーメン屋はたくさん見かけます。そして、同様にうどん・そば店も結構ありますよね。それぐらいラーメン屋やうどん屋、そば屋は需要が高い業態と言えます。

実際、日本全国では毎年3,800店以上のラーメン屋と2,600店のうどん・そば屋が開店してると言われています。それだけたくさんのラーメン店やうどん屋があるのにもう一つの事実も気づきます。

それが空き店舗の多さです。ひどい時になると、ついこの間オープンしたのに半年もしたら閉店しているケースもあります。

ラーメン屋やうどん屋はオープンして1年以内に40%が閉店してしまうというデータがありますし、さらには3年以内に70%が閉店してしまうということです。

つまり、せっかく脱サラして借金をして念願のお店をオープンしても3年後に残っているのは3割程度ということです。これは何もラーメン店だけでなく会社全体に言えることでもあります。

この厳しい現実はなぜ起こるのでしょうか?

大和麺学校へのお問い合わせはコチラから

 

繁盛店とつぶれるお店の違い

確かに最近ではファミレスやチェーン店系のお店が多くなって、どの町も同じような風景になってしまったと嘆かれるようになりましたが、それでも周りにはたくさんの飲食店があります。

中にはいつも行列のできる評判店もあれば、いつ行ってもガラガラのお店があります。この違いは何で起きるのか考えたことはありますか?

「味」が最高!と考える人もいるでしょうし、「お店がきれいで接客がいい」と答える人もいるかもしれません。でも、評判店とつぶれるお店はそこまで違いがあるのでしょうか。

味がイマイチでも売り上げの伸びでいるお店はたくさんあります。一番の例はマクドナルドではないでしょうか。マクドナルドのハンバーガーはおいしいかもしれませんが、正直最高のバーガーだとは思わない人がほとんどだと思います。

それなのにあの売上です。※日本マクドナルドの売り上げは5,242億円で店舗数は2,899店あります。(単純計算で一店舗あたりの平均売り上げが年間1.8億円、月商1,500万円です)

また、おいしいのにつぶれているお店もこれまで何店舗も見てきました。この違いはなぜ起きるのでしょうか。

ラーメン屋(うどん屋・そば屋)を営む以上、麺作り(製麺)の技術や調理する腕、スープ(出汁)づくり、盛り付けが一定以上のレベルにあれば十分なのです。

それで違いを生む重要ポイントは味や接客ではなく(もちろん大切ですが)、経営力(マネジメント力)です。特にサラリーマンをしていた人に不足しがちな能力です。

大和麺学校へのお問い合わせはコチラから

 

大和麺学校ではマネジメント力を学べる【←ここ重要】

マネジメント力が不足していると言ってもそれはサラリーマンの能力が劣っているというわけではなく、単純に役割の違いから学ぶ機会が少なかったというだけのことです。

会社に勤めて給料をもらっている場合、その会社が行っている業務の一部を担っているにすぎないため、全体の仕組みや内容を把握することがイメージしづらいのです。

それは、勉強すればマネジメント力はつくということの裏返しでもあります。

そこで大和麺学校ではお店をやっていく上で重要になってくるマネジメント力を学ぶことができます。具体的には入校している間、毎朝のオリエンテーションで経営に関する質疑応答を行います。

オリエンテーションを通して、マネジメントの重要性をきちんと理解するサポートとなるわけです。もちろん、数日間でマネジメント力の神髄まで極めることはできないかもしれませんが、重要だということをきちんと叩き込むことでお店をオープンしてからの支えになってくれますね。

大和麺学校へのお問い合わせはコチラから

 

大和麺学校の講義内容【3種類の麺から選べる】

大和麺学校は5~6日の日程で麺の作り方などを学ぶことができます。さすがに1日や2日で学べるわけありませんよね。それぞれの麺を作るのに必要な内容を香川の本社か東京のいずれかで学ぶことができます。

ラーメン学校の講習内容

【1日目】 自家製麺講習、元ダレ実習
【2日目】 スープ(動物)実習、香味油実習
【3日目】 スープ(野菜・フルーツ ・魚)実習、元ダレ実習
【4日目】 スープ合わせ実習
【5日目】 修了作品仕込み、サイドメニュー実習
【6日目】 模擬店実習、盛り付け実習、修了作品制作

うどん学校の講習内容

【1日目】 自家製麺講習
【2日目】 うどん出汁実習、つゆ作り実習
【3日目】 天ぷら講習、トッピング実習
【4日目】 修了作品仕込み、サイドメニュー実習
【5日目】 模擬店実習、盛り付け実習、修了作品制作

そば学校の講習内容

【1日目】 自家製麺講習
【2日目】 そば出汁実習、つゆ作り実習
【3日目】 天ぷら講習、トッピング実習
【4日目】 修了作品仕込み、サイドメニュー実習
【5日目】 模擬店実習、盛り付け実習、修了作品制作

 

ラーメン学校の講習日程が1日分長いのはやはりスープですよね。ラーメンは動物系スープや魚介系、最近では野菜系のスープもあります。動物系も鶏を使う場合やとんこつを使う場合もあります。それだけ複雑ですからしっかり時間を取ってあります。

味もしょうゆ、塩、みそ等と種類が多いのがラーメンの一番の特徴とも言えますね。その点、うどん学校やそば学校は出汁は定番のしょうゆスープですから、出汁については1日分のみとってあります。

代わりにうどんやそばででおなじみの天ぷらやトッピングを学ぶことができる講習や実習に1日分とってあります。講習の流れを見ていると一通りの麺(ラーメン、うどん、そば)つくりを学ぶことができますね。

大和麺学校へのお問い合わせはコチラから

 

4,872名を学びっぱなしにしない!

大和麺学校の特徴はもう一つあります。それが卒業生へのアフターフォローです。4,872名の卒業生(2018年10月現在)を抱える大和麺学校ですが、麺学校で学んでから卒業後してからも試行錯誤の日は続きます。

そんな時、特に悩んでしまうのがスープや商品の最終調整です。ラーメンもうどんもそばも究極的には「麺」と「スープ」の組合せです。それだけシンプルなのは奥が深いということでもあります。

だから、もし、最終調整などで迷ってしまっても実技の最終工程を再受講することができます。

原点に立ち返ることで新しいひらめきやアドバイスをもらえる機会が得られるというわけですね。

また、経営についての相談も受け付けてくれます。経営者は一国一城の主である反面、とても孤独だったりしますから、どこかに相談相手があるということは実際に相談するしないに関わらず心強いことです。

▼大和麺学校へのお問い合わせはコチラ▼



 

-ビジネス