アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

モンマルシェホワイトツナは普通のツナ缶と何が違う?

2018/05/18

缶詰って昔から重宝しますよね。そう言えば、魚介系の缶詰が家によくあったなって思います。サバ缶やツナ缶が多かったですね。

特にツナ缶を常備している人は多いと思います。色々な料理にも使えますし、そのまま食べてもいいです。ご飯にも合うし、パンにもパスタにも合うので本当に万能な缶詰です。

ツナ缶にはオイル漬けとスープ漬けの2種類がありますが、個人的にはオイル漬けの方がこくがあって好きです。ちなみにこの2種類の違いは味は違うとは思っていても、種類があることに大人になるまで気づきませんでした(笑)

缶詰を買う時は保存がきくからスーパーの安売りのタイミングをよく狙っていましたが、最近はおつまみ系の缶詰を中心に高級品の缶詰が店に並ぶようになってきました。

 

究極のツナ缶オーシャンプリンセスホワイトツナはここが違う!

モンマルシェのオーシャンプリンセスホワイトツナはそんなプレミアム缶詰、高級ツナ缶の一つです。

ツナ缶は基本的に缶詰に調味をしていないので必要な材料はツナぐらいです。それだけに素材の味の違いが味と価格に反映されるということです。

ちなみにブランド名の「オーシャンプリンセス」は「海の貴婦人」とも呼ばれていた豪華客船「オーシャンプリンセス」が由来です。

オーシャンプリンセスホワイトツナのツナにはマグロを使っています。安いツナ缶だとカツオを使っていたりしますが、やっぱりおいしいツナ缶はマグロです!

しかも使用するマグロも日本近海の「夏びん長マグロ」だけを使っています。日本近海なので鮮度がよいのが特徴でしかも油が乗ったマグロを厳選して使用しています。

「夏びん長マグロ」は、昔からツナ缶に使う最高級のツナと言われてきました。びん長マグロ以外にもマグロには様々な種類がありますが、缶詰に使うには一番適していて、おいしいツナになるからだそうです。

また、オーシャンプリンセスホワイトツナではツナを缶詰に漬け込む油(油の質がツナの味を左右する重要な要素です)は2種類を用紙しています。

1つ目が「綿実油」です。綿の実からしぼった油で、切れがよくあっさりとした味になるのが特徴です。脂臭さが少なく冷えてもおいしさをキープするので加熱しないで使う料理に合いそうです。

もう1種類の油がイタリア料理だけでなく食卓でおなじみになった油オリーブオイルです。しかもオリーブの実のさわやかな香りが味わえるイタリア産「エキストラバージンオリーブオイル」を使っています。

綿実油もオリーブオイルも「夏びん長マグロ」との相性がバツグンで、オーシャンプリンセスホワイトツナのおいしさを目一杯ひきだしてくれます。

シンプルなことですが、ツナ缶に使う素材(ツナと油)に出来るだけよいもの、そしてお互いの相性がよいものを使うことがオーシャンプリンセスホワイトツナと普通のツナ缶との違いなんですね。

オーシャンプリンセスホワイトツナの購入はコチラ

 

モンマルシェ オーシャンプリンセスホワイトツナのレシピはそのままが一番?

オーシャンプリンセスホワイトツナの味を一番楽しむにはあまり手を加えないでそのまま食べることです。缶を開けたらツナをそのままご飯の上にのせて食べたり、サラダにのせて混ぜて食べたりする。

そんな一番シンプルな食べ方がオーシャンプリンセスホワイトツナと他のツナ缶との違いが一番分かりやすい食べ方です。

他にもオーシャンプリンセスホワイトツナをおいしく食べるレシピはたくさんあります(基本的には使い方はツナ缶と一緒ですしね)が、簡単に作れそうなレシピをご紹介します。

 

パスタを時間通りにゆでている間にフライパンでオリーブオイルを熱しておろしにんにくを熱します。

にんにくの香りがでてきたらスライスした玉ねぎと半分に切ったミニトマトをいためます。1人前で玉ねぎの1/2個、ミニトマト5個くらいが目安です。

玉ねぎとミニトマトに火が通ったらゆで上がったパスタを入れて混ぜ合わせます。

出来上がりの直前にツナ缶とオイルごと入れてから軽く混ぜ合わせて、塩をブラックペッパーで味を調えて完成です。

ツナでパスタと言えば定番なレシピですが、ミニトマトを使っているので調理が簡単な気がしてきます。パスタですが、ツナ缶は綿実油タイプの方が合います。

 

オーシャンプリンセスホワイトツナを開けて、その上に塩を2つまみ(2gぐらい)かけます。

その上にマスターとを大さじ1杯のせて、温泉卵を添えます。後はブラックペッパー、カレー粉をふりかけイタリアンパセリを散らしたら完成です。

この時のツナはオリーブオイルのタイプがおすすめです。缶詰をそのまま器に使えて洗いものも少なくて済みますし、お酒のおつまみに最高だと思います。

 

そうめんをゆでたらその上に、ツナとねぎをのせたら完成です。お好みでいんげんやトマト、冷蔵庫に余っている野菜を入れるとサラダそうめんに早変わり。

そうめんはあっさり食べたいので、この時のツナはオイルを使っていない水煮タイプがいいと思います。夏バテで食欲がない時でもさっと作れて、さっと食べられそうですね。

オーシャンプリンセスホワイトツナはそのままでもおいしいツナなのでそんなに火を通さなくてよいので手軽にできるレシピが多そうですね。

オーシャンプリンセスホワイトツナの購入はコチラ

 

オーシャンプリンセスホワイトツナのお味はどう?口コミ調査

モンマルシェのオーシャンプリンセスホワイトツナは強いこだわりのある商品なことは分かりましたが、一方で本当においしいのかどうかはまだ?がつきます。だったら、実際の購入者の声を聞いてみるのが一番です。

そこで販売サイトでのオーシャンプリンセスホワイトツナの口コミ情報を調べてみました。

 

以前もオーシャンプリンセスホワイトツナを購入しておいしかったです。

すごく高級感もあり好評だったのでリピートしました。それでもまた買いたいと思いました。


 

綿実油のフレークタイプは普段、ツナの油は捨ててしまいますがそのまま夕飯にも出しました。

油っぽさが全然なくて旨味もあってすぐになくなってしまいました。お遣い物にも良さそうです。


 

ツナの高級品ってどれほどのおいさだろうと興味本位で購入しました。

通常のツナよりも、魚を感じます。そのままの味を知りたかったでサラダにしましたが、パスタやスープにするほうがおいしかったかもしれません。


 

確かにおいしいのですが値段からすれば当然かもしれません。

オーシャンプリンセスホワイトツナをサラダに混ぜたらドレッシングいらずでした。家族には綿実油のタイプが好評でした。

価格からギフトにして贈ったらよろこばれそうですね。公式サイトの通り、調理せずそのまま食べても十分においしいことが伝わってきます。

サラダに混ぜたらドレッシング要らずという口コミがありましたが、素材自体にほんのり味がついているので十分ということなんでしょうね。

オーシャンプリンセスホワイトツナの購入はコチラ

 

オーシャンプリンセスホワイトツナのちょっと気になる口コミ見つけた

ちょっと高いけどその価値は十分にあるオーシャンプリンセスホワイトツナですが、ちょっと気になる口コミを見つけました。購入前には見ておいた方がいいと思いますのでご紹介します。

 

 

オリーブオイルのタイプはダメでした。他は味見感覚でおいしい思いました。

 

ツナ缶の質は良くておいしかったです。ピリ辛ツナは結構辛かったです。

 

個人的には、ピリ辛ツナが好みでした。娘は綿実油のタイプ好きみたいでした。でも、オリーブオイルは合わないですね。

味の好みはあるとは思いますが、意外とオリーブオイルが口に合わないという口コミを見かけました。また、ピリ辛ツナは賛否両論あったので、辛いのが苦手な方は購入を控えた方がよさそうです。

オーシャンプリンセスホワイトツナの購入はコチラ

 

オーシャンプリンセスホワイトツナの通販はおすすめセットよりも単品セットか

オーシャンプリンセスホワイトツナの通販にはいちおしとしてモンマルシェ ギフトセレクション3種詰合せ6缶セットが紹介されています。

セットの内容はオーシャンプリンセスホワイトツナ綿実油のソリッドとフレークを2缶ずつ、オーシャンプリンセスホワイトツナオリーブオイルを2缶の合計6缶セットです。

でも、口コミを見るとオーシャンプリンセスホワイトツナのオリーブオイルが意外と評価が高くないので、むしろ単品セットの方がいいのかもしれません。

オーシャンプリンセスホワイトツナ綿実油のフレークだったら単品でも3・6・9・12・24缶セットがあって、24缶セット以外はのしにも対応しているのでお使い物にもできそうです。



各缶の味見ができるお試しセットもあるのでそちらで味を確認してから気に入ったオーシャンプリンセスホワイトツナを改めてギフトとして使うのもいいですね。

 

▼オーシャンプリンセスホワイトツナの購入はコチラ▼

-食べ物