アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

ウエイトン葛の花で体重は減るの?機能性表示食品って何?

ぽっちゃりお腹が気になる人にとって、ダイエットは常に意識してしまうキーワードだと思います。

そんな体重やお腹周りをすっきりしたい人のサポートになるサプリメントが「ウエイトン 葛の花」です。

 

ウエイトン 葛の花で軽めの肥満者は体重が減るの?

ウエイトン 葛の花は機能性表示食品です。そのため科学的根拠が求められるわけですが、ウエイトン 葛の花の場合は「葛の花イソフラボン」が体重やお腹の脂肪を減らす成分として配合されているわけですが、そのものずばりの研究結果があります。

 

 

BMI値が25~30の軽度肥満者9を対象に葛の花由来のイソフラボンと摂取した場合と摂取しない場合で比較したら葛の花由来イソフラボンを摂取したグループの方はお腹の脂肪やウエスト、体重が減少したという結果が得られています。

内臓脂肪、皮下脂肪供に減少したというデータが出ているので、脂肪が気になる人にとってはうれしい話ですよね。

 

飲むだけではダメみたい

このデータには1点注意があります。注意書きがありましたが、この実験に際し1日の平均摂取エネルギーを約2,000kcalにし、1日9,000歩程度歩くというメニューも併用しています。

つまり、葛の花イソフラボンを飲むだけではなく運動とカロリー制限も行っているということです。サプリを飲むだけでいいみたいに誤解しないようにしたいですね。ウエイトン葛の花はダイエットへの努力をサポートしてくれるだと考えておいた方がいいですね。

 

▼ウエイトン葛の花の購入はコチラ▼
WEIGHTON -ウエイトン- 葛の花
 

ところで、機能性表示食品って何?

機能性表示食品の名前を耳にしたことがある人も多いと思います。サプリメントと何が違うの?と思われる人もいるかもしれませんが実は機能性表示食品もサプリメント(栄養補助食品)の一種になります。

サプリメントと機能性表示食品の大きな違いは「科学的根拠」です。サプリメントは基本的に体に良い成分を配合していると思いますがあくまでも食品(栄養補助食品)ですから根拠は不要です。そのため、信頼性が低い可能性があります。

でも、機能性表示食品は配合している主成分(ウエイトン 葛の花の場合は葛の花イソフラボン)が機能性があるのかどうか、安全かどうかを科学的な根拠を示して消費者庁に届け出をしている食品になります。

特定保健用食品(トクホ)と違って審査を受けているわけではありませんが科学的な根拠を提示するという面では通常のサプリメントよりも信頼できるのが一番の特徴です。

ちなみにトクホの場合は科学的根拠を示すだけでなく国の審査を受けて消費者庁の許可を受けないといけないので商品の販売までに期間もお金もかかるという面があります。

ウエイトン 葛の花の購入はコチラから

 

機能性成分葛の花由来イソフラボンって?

葛(クズ)というと昔から根っこの部分をくず粉や葛根湯として利用してきたので名前を聞いたことがある人も多いと思います。ですが、ウエイトン 葛の花で使っているのは名前からも分かるように「根」ではなく「花」の部分です。

実は2000年代に入ってから葛の花部分から抽出されたエキスに含まれる葛の花イソフラボンが体脂肪に対して効果があることが認められるようになってきました

イソフラボンというとCMなどでよく聞くため「大豆イソフラボン」を思い出すのではないでしょうか。同じイソフラボンでも葛の花イソフラボンと大豆イソフラボンでは形が異なるため、働きも違ってきます。

大豆イソフラボンの場合、女性ホルモンのバランスをサポートする働きが有名ですが、葛の花イソフラボンの働きはお腹の脂肪を減らす手助けを行うことです。

 

葛の花イソフラボンが脂肪にアプローチする仕組み

葛の花イソフラボンには3つの働きがあり、気になるお腹の脂肪減少をサポートすると言われています。

1つ目の働きが「脂肪の合成を抑える」こと。食事で糖や脂質を摂ると肝臓で脂肪が合成されるのですが、葛の花イソフラボンは肝臓で脂肪が合成されるのを抑える働きがあります。

また、「脂肪が分解されるのをサポートする」働きもあり、脂肪を細かく分解し、遊離脂肪酸という燃焼しやすい脂肪酸にするのを手助けしてくれます。

そして、褐色脂肪細胞で「遊離脂肪酸の燃焼を促す」ことで効率的なエネルギー消費に一役買っています。

脂肪ができるのを抑えて、脂肪が分解と燃焼をサポートする。まさに脂肪対策にピッタリの成分が葛の花イソフラボンと言えますね。

ウエイトン 葛の花の購入はコチラから

 

葛の花イソフラボンって安全なの?【ウエイトン 葛の花の安全性】

成分のすごさが分かると同時に気になるのが体への負担です。脂肪を減らす手助けをすることは分かったけど、安全じゃないと飲むのは怖いですよね。そこで葛の花イソフラボンの安全性について調べてみました。

機能性表示食品は主成分の機能性と一緒に安全性についても科学的な根拠を消費者庁に届け出ないといけないので、消費者庁のホームページでその安全性について検索してみたところ、以下のようなことが分かりました。

 

●葛の花は1950年代からお茶として飲まれてきた
●特定保健用食品(トクホ)でも葛の花抽出物ウエイトン葛の花と同じくらい配合した商品があって、食品安全委員会から安全性に問題がないという認可がされている
●毒性実験を行ってけど以上は発生しなかった
●人に対する臨床試験で12週間摂り続けたり4週間の多めに摂取する試験を行ったが、問題は発生しなかった

 

以上のことから安全だと言えるということですね。大きなポイントは安全面での審査が必要なトクホでも葛の花イソフラボンが配合されている商品があるということですね。

勝手に出しているわけではなく審査を経て安全性が確認されていますから安心感が違いますね。

ウエイトン 葛の花の購入はコチラから

 

葛の花イソフラボンだけじゃない3つの成分も配合

ウエイトン 葛の花には葛の花イソフラボン以外にもうれしい成分が3種類配合されています。

 

生きて腸まで届く「有胞子性乳酸菌」

お腹のバランスを整えるのに乳酸菌の存在は欠かせません。毎朝菌活として乳酸菌ドリンクやヨーグルトを食べている人も多いのではないでしょうか。

でも、乳酸菌は様々な種類があり、乳酸菌が活躍する腸まで届く前に死んでしまうことがほとんどです。そこで胞子に包まれていることで熱に強く生きたまま腸に届く「有胞子性乳酸菌」を配合することで腸内環境のサポートが期待できます。

 

不足しがちな「ビタミンB群」

健康的な生活にはビタミン類も必要です。でも、水に溶ける性質があるビタミンB群は体内にとどめておくことができないため、毎日どんどん排出されてしまいます。

毎日摂る必要がある上、不足しがちなビタミンでもあります。そんなビタミンB群も配合してあります。実は健康面だけでなく美容面でもサポートが期待できるのもビタミンB群の特徴です。

 

美容の味方「コエンザイムQ10」

今や美容に欠かせない成分と言えるコエンザイムQ10。体内に元々ある成分ですが、20代をピークに30代、40代と年齢がすすむごとにどんどん減少していくことが知られています。

また、食品にもほとんど含まれていないので積極的に摂っていった方がいい成分の一つです。

ウエイトン 葛の花の購入はコチラから

 

3ヶ月は継続して摂った方がいいワケ

メーカーではウエイトン 葛の花は3ヶ月以上継続して摂ることを推奨しています。その理由は機能性表示成分についてご紹介した際の臨床試験のデータを見たらよく分かります。

 

 

試験では葛の花由来イソフラボンを摂り続けることで8週間(約2ヶ月)の間、ゆるやかに下降し、その後の1ヶ月間で下げ幅が大きくなっている結果になりました。

つまり、継続して摂ることでより実感しやすくなるということですね。そのための期間としてまずは3ヶ月間使ってほしいということにつながっているわけです。となると単品で購入するよりも毎月届く定期コースの方がオトクですね。

 

▼ウエイトン 葛の花の購入はコチラ▼
WEIGHTON -ウエイトン- 葛の花
 

-健康グッズ