アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

ワタミの宅食ダイレクトは他社の惣菜配食サービスとどこが違う?

個人的には実感がありませんが、宅配弁当の(配食)を利用している人(特に高齢者家庭)は大幅に拡大しています。

それは数字を見ても分かりやすくなっていて、矢野経済研究所の調査によると2009年度に569億円だった市場規模が2016年度には1,190億円にまで拡大しています。

高齢者にとってもお家に電子レンジがあれば毎日温かいお弁当が食べられる宅配弁当の手軽さは多くの人に支持されていることの表れだと言えます。

以前はお家でご飯はきちんと作るものだったのが、今ではスーパーで惣菜を買ったり、近所のコンビニ(ポプラ)でご飯を買うお年寄りをよく見かけます。※ポプラでは店内で炊いたご飯をその都度詰めて販売してくれます。

惣菜だとつい自分の好きなものを買ってしまいがちですが、塩分やカロリーに配慮したメニューになっている冷凍総菜を配達してくれる宅食(配食)はとても便利です。

そんな高齢者食宅配市場で2010年から2018年まで9年連続売上1位を誇るのが「ワタミの宅食」です。ワタミの宅食が他の宅食サービスと何が違うのか調べてみて分かったことがあるのでご紹介します。

 

2つのコースから選べる【元気な人も頼みやすい】

高齢者向けの宅食サービスをいくつか見ていて感じたのはメニューが病院食のような内容に偏っていることでした。例えば塩分を抑えた食事やタンパク質をセーブしたもの、他には柔らかく加工した軟食のお弁当もありますね。

確かに現代食は塩分が多めになっているので摂り過ぎと言う人は多いかもしれません。だからと言って必ずしもそう言った人だけが宅食を利用したいわけではありません。

1人暮らしで何品も作るのは大変だし、1人分だけ作ろうと思ったらどうしても材料のロスが出てしまいます。また、毎日の献立を考えるのも面倒という人もいるわけです。

ワタミの宅食ではそんな人も食事を楽しめるように「おまかせコース」と「塩分カロリーケアコース」と言う2種類のコースから選ぶことができるのが特徴です。

では、この2つのコースは何がどう違うのかについて調べてみました。

ワタミの宅食ダイレクトの詳細はコチラから

 

おまかせコースと塩分カロリーケアコースの違い

上の写真は左が塩分カロリーケアコース、右がおまかせコースのお総菜の例です。2つのコースの違いは一番分かりやすいのが品数の違いです。同じメニューでもおまかせコースの方が2種類多く毎回5種類のお総菜がついてきます。

また、名前からも分かるように塩分量とカロリーが異なっています。

 

塩分カロリーケアコース おまかせコース
食材数 10品目以上 15品目以上
食塩相当量 2.0g以下 3.0g以下
カロリー 250kcal 350kcal

 

塩分カロリーケアコースはもちrん、おまかせコースもきちんと塩分やカロリーが計算されているのも安心できる点です。

毎日元気に暮らしている人でも注文しやすいのが「ワタミの宅食」のメリットと言えますね。

ワタミの宅食ダイレクトの詳細はコチラから

 

ご飯ありも選べるのがうれしい

宅食は惣菜が冷凍された状態で届けられて、お家にある電子レンジを温め直しをしてから食べるスタイルが定番になっています。

そして、いくつかの宅食サービスを見ていて感じたのがご飯が無いという点です。あくまでも惣菜を届けてくれるだけでご飯は各自が用意する必要があります。

確かにお年寄りでもご飯は炊飯器で炊く習慣がある人は多いと思いますが、歳を取ればそれすらも面倒と感じる人はいますし、料理が苦手で炊飯器も使ったことがない人だっています。

そんな人にうれしいのがワタミの宅食ダイレクトではご飯のあり、なしが選べることです。その都度ご飯を炊いたり買いに行く必要がなくなる点は評価されているのではないでしょうか。

ちなみにご飯は150gの冷凍ごはんなので届いたらそのまま冷凍庫に保存して、食べる時にチンすればOKです。

細かい点まで行き届いた考えが売上トップにつながっているのかもしれませんね。

ワタミの宅食ダイレクトの詳細はコチラから

 

食生活に合わせて配達間隔を選択可能

宅配で惣菜を届けてもらう場合、3食ともお願いすることはほとんどないように感じます。朝食や昼食は外で食べたり家族が来て作ってくれる人もいるかもしれません。朝食抜きと言う人もいるでしょう。

そのため、基本的には外に出歩きにくいような夜に食べる夕飯用として注文する人が多いかもしれません。

また、おまかせコースであれば必ずしもお年寄りだけでなく、20代、30代の人でも利用できるのがワタミの宅食のメリットです。管理栄養士がメニューやレシピを設計しているので一人暮らしでも妊婦さんでも安心して食べることができます。

 

お総菜は7食分一度に送られてくる

ワタミの宅食で注文すると7食分が一度に送られてきます。そうなるとそこそこ冷凍庫のスペースを確保しておかないといけません。そして、注文する際は単品ではなく毎回送られてくる定期購入となる点は注意が必要です。

でも、代わりに定期購入で7食分が送られてくる間隔を毎週、隔週、4週間ごとの3種類から選ぶことができます

毎日の夕食をお願いしたい人は毎週を選べばいいですし、普段は自分でご飯を作っているけど体がしんどい時に利用したい人であれば4週間ごとにしておいてストックをしておけばそんな時でも安心です。

しんどい時は家から一歩も出たくなかったりますから、そんな時にワタミの宅食が活躍してくれると思います。

 

定期購入の解約は?

ワタミの宅食の定期購入は3回以上利用することをお願いしています。4回目以降に解約したいと思った時は次回分が届けられる6日前までにお客さまセンターに連絡することで手続きすることが可能です。

解約の締め切りまでにゆとりがあるので慌てなくていいのもうれしいポイントですね。

ワタミの宅食ダイレクトの詳細はコチラから

 

お試しできるから味を確認できる!

いいなり定期購入で冷凍総菜を配達してもらうのは結構ハードルの高いことです。だって、あなたの口に合うかどうか分からないからです。人の好みは様々です。甘めの味付きが好きな人や辛いのが好みという人もいます。

一般的に配食サービスの惣菜は年々味が良くなっているようです。以前別の冷凍総菜を食べたことがありますが、それは塩分控えめのメニューでした。

7食分食べたのですが元々薄味が好みだったことを差し引いても塩分控えめだと言うことが分からないぐらい十分おいしい味付けがしてありました。

塩分やカロリーを計算してあって薄味になる代わりに、お出汁をしっかり効いていたり酸味や香辛料を上手に使ってありました。

ワタミの宅食ダイレクトもおいしさへのこだわりには抜かりがなく、かつお節や昆布、しいたけ、旬の白菜を使ったオリジナルの出汁を開発して、味つけに使われています。

とは言え、これはあくまでもワタミの宅食側の考えです。あなたの味付けの好みと合うかどうかは別問題ですよね。そこでワタミの宅食では4食分を送料無料で届けてくれるお試しコースが用意されています。

 

 

本記事執筆時のメニューは塩分カロリーケアコース、おまかせコース共に「エビチリ、ブリの照り焼き、牛肉のチャプチェ風、鶏の唐揚げおろしソース」と色々な味を楽しめるようになっています。

お試しコースのメニューは時期によって変わる可能性がありますが、いずれにしてもワタミの宅食ダイレクトの味を確認することができるので興味がある人はまず「4食入りお試しセット」を頼んでみた方がいいですね。

そう言えば、お試しも意外と他の配食サービスではあまり見ないですね。

 

▼高齢者食宅配市場9年連続No.1「ワタミの宅食ダイレクト」の詳細はコチラ▼


-サービス