アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

和麹づくしの雑穀生酵素を実際に飲んだ人の口コミ評判【酵素と麹】

2019/03/23

雑穀が体にイイということでカフェやレストランのご飯に雑穀米が使われていることも多いです。だったら、その栄養素をサプリにしたらよりいいんじゃないのって思ったりします。

それを形にしたのが「和麹づくしの雑穀生酵素」です。口コミやどんな雑穀が入っているのかご紹介したいと思います。

和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラから

 

和麹づくしの雑穀生酵素の口コミ・評判

今まで使ったことのないっていきなり使うのは不安ですよね。ましてや近所のお店では買えない商品だったりするとよけいに感じることです。そこで参考になればと販売サイトから口コミ情報を集めてみました。

実際に使っている人の生の感想をチェックしてみてくださいね。

 

 

昔から食べる量は変わっていないのにいつのまにかぶよぶよオバサン体型に…「昔と変わったね」なんて言われたくない。

同窓会の案内がきて、ダイエットを決意し飲み始めました。

運動をしながら飲み始めてから一ヶ月、実感が出てくるように。そして同窓会当日、欲しかった言葉「昔と変わらないね」をいただきました。

もううれしくてうれしくて…これからも飲み続けます。


 

色々なサプリを試してきましたが、失敗続き…。もうあきらめようかなと思っていた時友人にすすめられたのが「和麹づくしの生酵素」でした。

年齢のこともあり、もうこれでダメならあきらめようと思って飲み始めました。

飲み続けて一ヶ月。なにか今までのサプリと違うかもと思い始めていたころ、ご近所さんに「最近若返りましたね」なんていわれちゃいました。

年齢を理由にあきらめてしまっている方にもおすすめしたいです。


 

昔から食べるものには気をつけていたのですが、35歳を過ぎたあたりからボディラインが…。

「和麹づくしの生酵素」は日本人に合った成分ばかりが入っていて、ダイエットサポートにもいいと聞いたので試してみる事に。

すると飲み始めてボディラインに変化が。息子にも「ママキレイ」なんて言われちゃいました。

 

子供の頃は早く大人になりたかったはずなのに、実際に大人になって40代、50代になると若い頃のままでいたいと感じる人も多いと思います。そんな人たちの強い味方になるんだなって口コミを見ていて感じました。

でも、サプリだけの力ではなく、普段していること(運動など)があるからこそ結果もついてくるのかもしれませんね。後、ある程度継続しないといけないんだなって再認識ました。

和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラから

 

和麹づくしの雑穀生酵素は26種類の雑穀を麹の形でギュッと配合

和麹づくしの雑穀生酵素は多くの成分が配合されていますが、注目は雑穀を麹の形で配合していること。

 

和麹づくしの雑穀生酵素の原材料
酵母、ゼラチン、チアシード粉末、麹抽出濃縮物(難消化性デキストリン、米麹抽出濃縮物、大豆麹抽出濃縮物)、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、穀物麹粉末(米、はと麦、赤米、押麦、黒米、もち麦、もちきび、とうもろこし、もちあわ、アマランサス、モチ玄米、はだか麦、青肌玄米、米粒麦、ひえ、緑米、小豆、たかきび、うるちあわ)、米麹粉末、穀物麹(白米、大麦、玄米、赤米、粟、ヒエ、キビ、タカキビ、黒米)、酢酸菌発酵物加工粉末、野草醗酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、甜菜糖、ヨモギ、その他)、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)、植物発酵生成物、植物発酵食品、野草発酵エキス末、植物発酵エキス末、納豆菌培養エキス、乳酸菌末(デキストリン、乳酸菌)、酒粕発酵物、中鎖脂肪酸含有粉末油脂、ミネラルイースト、酵母ペプチド、有胞子性乳酸菌、穀物醗酵エキス/ステアリン酸Ca、酸化チタン、V.C、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12(一部にゼラチン・大豆・山芋・リンゴ・キウイフルーツ・バナナ・モモ・オレンジ・ゴマ・カシューナッツ・小麦を含む)

 

上の原材料に書いてある太字箇所が雑穀にあたりますが、26種類もの雑穀を配合しています。数は26種類以上ありますが、配合している形式が異なるだけで由来となる雑穀は26種類になるみたいです。

これらの雑穀米でつくわれた麹「和麹」の発酵パワーで生み出されるのが酵素です。麹に含まれる酵素は30種類以上にもなると言われていて、中でも役立つ酵素が消化酵素のアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼです。

それぞれの酵素の働きによって炭水化物(アミラーゼ)やタンパク質(プロテアーゼ)、脂肪(リパーゼ)を分解してくれるわけです。

さらに223種類の野菜や果物、スーパーフード、野草由来発酵エキスも配合されているのでより一層酵素パワーが期待できますね。

和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラから

 

菌のチカラでダイエットサポート

先ほどの和麹も麹菌の力を借りて雑穀米を麹にしています。日本人はそれだけ昔から菌の力を借りて健康生活を送ってきたわけですよね。和麹づくしの雑穀生酵素にはまだまだ菌の力を借りています。

それが日本に昔からある菌「なでしこ菌」です。納豆や日本酒などに使われてきた菌は日本人の体にぴったりです。和麹と一緒に働いてくれそうですよね。

なでしこ菌その1 納豆菌

日本の朝食でおなじみの納豆に含まれているのが納豆菌です。様々な酵素を生み出すことで納豆パワーの源になっている菌です。

 

なでしこ菌その2 すんき漬けナノ型乳酸菌

すんき漬けとは長野県の木曽地方に古くから伝わる赤カブを使った発酵食品です。その発酵過程には特別な乳酸菌が関わっていて、乳酸菌のサイズが1ミクロン未満ととても小さいのが特徴です。

小さい乳酸菌なため体に取り込みやすくなっています。

 

なでしこ菌その3 日本酒酵母

お米から日本酒を作る際に欠かせないのが日本酒酵母です。実は昔から日本酒を作る職人である「杜氏」の健康にも役立ってきました。

日本酒酵母はダイエットをしていると不足しやすい栄養を摂るのにピッタリです。

なでしこ菌その4 柿由来酢酸菌

柿は栄養価が高いフルーツで「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほどです。そんな柿由来の酢酸金には抗菌作用が高く、体のバランスを中から整えるのに役立ちます。

 

これらなでしこ菌も健康やダイエットサポートに一役買ってくれそうですね。

和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラから

 

和麹づくしの雑穀生酵素の酵素はきちんと働く

酵素が働くってなにを当たり前なことをと思われるかもしれません。酵素はタンパク質の一種ですが、実は熱に弱いんです。48度以上の熱を加えると構造が変わってしまって働いてくれなくなります。これを「失活」と言います。

だから、生の状態では酵素が入っていた食品も加熱してしまうと酵素が働きませんし、市販の酵素ドリンクも販売する時は清涼飲料水のカテゴリになりますから加熱処理が義務づけられています。そのため、48度どころじゃない温度で処理されていることになります。

つまり、酵素って意外と摂るのが難しい成分なんですね。でも、和麹づくしの雑穀生酵素は違います。きちんとサプリの段階でも酵素が働いてくれます。

 

 

しかもきちんと第三者である外部の研究機関で分析を行ってもらって、酵素活性がある(酵素が働く)という結果が得られています。だから、安心して毎日飲むことができますよね。

和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラから

 

酵素は年々減少しているという「事実」

酵素は体の中で様々なかかわり方をしています。代表的なものが食事で食べたものを分解する手助けをしてくれます。ご紹介したようにご飯(炭水化物)だったらアミラーゼが働き、豆腐(タンパク質)だったらプロテアーゼ、油分にはリパーゼといった具合です。

だから、酵素は本来欠かせないものなので、体の中で減ってしまうことで健康や美容に良くないことが起きるのは容易に想像できますよね。しかも、体内の酵素は30代、40代、50代と年齢が進むごとに減少する傾向にあります。

 

 

上のグラフを見たら分かりますが、20代をピークに年々酵素は減少し、50代で半分以下になってしまいます。その後も60代まではさらに減っていく傾向にあります。

昔の食事は発酵食品をふんだんに使ったメニューが食卓にならび、酵素を摂ることができていましたが、現代の食事では酵素は摂りにくくなっています。だから、積極的に摂るようにした方がいいですね。

和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラから

 

和麹づくしの雑穀生酵素、気になるあんなことやこんなこと

和麹づくしの雑穀生酵素を摂るにあたって飲み方やアレルギーなど気になることを調べてみました。

 

効果的な飲み方は?

和麹づくしの雑穀生酵素はサプリメント、栄養補助食品ですから医薬品ではなく健康食品になります。だから、飲む時間や飲む量に決まりはありませんが、飲む量の目安はあって1日1粒です。

多く飲んだ方がいいと思いがちですが、実は摂取目安を守って継続的に飲む方が実感しやすいと言われています。

また、飲み忘れないために決めた時間に飲む方がいいかもしれません。ちなみにおすすめのタイミングは酵素の働きを考えると食後になりますね。

 

アレルギーは大丈夫?

原材料に発酵エキスを使っているため、大豆や山芋、りんご、キウイフルーツ、バナナ、もも、オレンジ、ごま、カシューナッツ、小麦を含みます。また、カプセル化する際にゼラチンも使っています。

これらにアレルギーを持っている方は購入しない方がいいですね。

 

薬を飲んでいるけど和麹づくしの生酵素を飲んでもいいの?

サプリメント、食品なので和麹づくしの雑穀生酵素とお薬の併用は可能ですが、不安な場合はかかりつけのお医者さんにあらかじめ相談した方がいいと思います。

 

モニター満足度が94%もある和麹づくしの雑穀生酵素ですが、成分だけがその人気の理由ではないかもしれません。30%割引で毎月届けてもらえる定期コーストクトクコースもあったりとコスト的に続けやすいのも魅力ですね。

このトクトクコースは初回購入分は500円と通常価格に比べて5,187円もお得になっているので気になっている方はトクトクコースの方がお得かもしれませんね。

 

▼和麹づくしの雑穀生酵素の購入はコチラ▼
和麹づくしの雑穀生酵素

-健康グッズ