アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

「香ほろん」はヨックモックブランドなのでおいしいに決まってる

スイーツというと生クリームや砂糖をたくさん使った洋菓子を思い出しがちです。でも、最近はさまざまなバリエーションが登場していて、そこまで目新しさはありません。

そんな時にWA・BI・SA「香ほろん」は和菓子の繊細な外見なのに中はクッキーと和と洋のいいところどりなお菓子です。

 

インスタ映えしそうなWA・BI・SA「香ほろん」最初に知りたい読み方

香ほろんの字は簡単ですが、意外に読みにくいですね。読み方の正解は「かほろん」だそうです。香ほろんはあらためて何菓子なのというと和三盆や抹茶といった和菓子の定番素材を使った洋菓子です。

WA・BI・SAはシガールでおなじみのヨックモックのブランドなのでそれもそうだなとうなづけます。WA・BI・SAでは香ほろん以外にもあずきフィナンシェや焦がしざらめカステラなど和テイストを盛り込んだ洋菓子を販売しています。

香ほろんは一見すると和菓子のようにも見えますが、日本でおなじみのクッキーに和菓子のテイストを取り入れてより繊細に、かつ深い味わいになるように作られています。

定番の味は和三盆、抹茶、苺、ぶどう、きな粉の5種類。そして季節限定の味が桜(春限定)やオレンジ(夏限定)、白桃(夏限定)、栗(秋限定)、かぼちゃ(秋限定)、ショコラ(冬限定)の6種類あります。

WA・BI・SA 香ほろんの購入はコチラ

 

ヨックモックと聞くと気になる香ほろんのカロリーや賞味期限

ヨックモックと聞くとやっぱりシガールを連想する人も多いと思います。そしてシガールといてばバターの香りを思い浮かべます。シガールの売りもバターをふんだんに使った生地ですから、カロリーもそれなりにあって1本あたり59kcalあります。

ということは同じヨックモックが作る香ほろんもカロリーが気になるところです。香ほろんのカロリーは味によって多少違いますが、52~55kcalとシガールよりも少なくなっています。

また、香ほろんの賞味期限は60日とシガールの賞味期限が120日なことと比較すると短めになっています。これは通年で購入できる和三盆や抹茶は特に比較的保存料などの添加物が少ないためかもしれないですね。

 

香ほろんの原材料一覧

原材料
和三盆 バター、小麦粉、アーモンドパウダー、砂糖(和三盆糖、グラニュ糖)、砂糖加工品、食塩、乳化剤
抹茶 バター、小麦粉、アーモンドパウダー、砂糖、砂糖加工品、抹茶、食塩、乳化剤、香料
小麦粉、アーモンドパウダー、砂糖、ショートニング、バター、砂糖加工品、苺パウダー加工品、
脱脂粉乳、苺ペースト、食塩、ラック色素、乳化剤、香料、酸味料
ぶどう 小麦粉、バター、ショートニング、アーモンドパウダー、砂糖、砂糖加工品、ぶどうパウダー、
ぶどうペースト、食塩、加工澱粉、香料、クチナシ色素、乳化剤
きな粉 バター、小麦粉、アーモンドパウダー、砂糖、砂糖加工品、きな粉、食塩、乳化剤、
香料、(原材料の一部に大豆、ごまを含む)
バター、小麦粉、アーモンドパウダー、砂糖、砂糖加工品、塩漬桜葉パウダー、塩漬桜花パウダー、
香料、乳化剤
オレンジ 小麦粉、砂糖、バター、アーモンドパウダー、ショートニング、砂糖加工品、糖漬オレンジ果皮、
オレンジパウダー、レモン果汁、柚子果皮パウダー、食塩、洋酒、香料、乳化剤、トレハロース、着色料(黄4)
白桃 小麦粉、バター、アーモンドパウダー、砂糖、砂糖加工品、ショートニング、白桃パウダー加工品、
糖漬白桃、レモン果汁、白桃ペースト、食塩、苺パウダー加工品、トレハロース、乳化剤、酸味料、
酸化防止剤(V.E)、香料
小麦粉、バター、アーモンドパウダー、砂糖、砂糖加工品、ショートニング、栗ペースト、
マロングラッセ、栗パウダー加工品、ココアパウダー、食塩、乳化剤、香料
かぼちゃ 小麦粉、バター、砂糖、アーモンドパウダー、砂糖加工品、かぼちゃパウダー、ショートニング、
植物油脂、食塩、ココアパウダー、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.E)、クチナシ色素
ショコラ 小麦粉、バター、アーモンドパウダー、砂糖、チョコレート、砂糖加工品、調整ココアパウダー、
ココアパウダー、食塩、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に大豆を含む)

※赤字は季節限定商品

WA・BI・SA 香ほろんの購入はコチラ

 

WA・BI・SA香ほろんの口コミ情報

香ほろんを実際に食べた人はどんな感想を持つんでしょう。ギフトにする時には贈った相手においしく感じてほしいですから、口コミで参考にしてみたいと思います。

 

香ほろんはさくっとした食感の直後にほろっと崩れ、やさしい、そして深い味わいが口の中に広がります。

今回食べた5種類の味はどれもおいしかったです。
「和三盆」は、和三盆糖の優しい甘さがとても上品でした。
「抹茶」は、抹茶の香りと風味を楽しめる大人の味です。
「きな粉」は、きな粉の香りが高くて上品な味わいです。
「ぶどう」は、甘みと酸味がマッチしていました。
「苺」は、甘みと酸味とつぶつぶの食感が楽しくて、子どもも好きな味でした。

洋菓子であるクッキーに和三盆などの和の素材がマッチしていて、とても繊細で味わい深くやさしいクッキーです。冠婚葬祭にもお茶会にもお土産にもプレゼントにもぴったりだと思いました。


 

口に入れると、さっくり柔らかい食感であっという間にほろほろと崩れて、味が口の中に広がります。後から鼻に抜ける香りがまた楽しいです。

味は全体的に優しい甘さで、それぞれ楽しめます。私は、苺ミルクのような感じの苺味が気に入りました。

季節限定の味もあって手土産にも喜ばれそうですし、自分へのご褒美にもいいなと感じました。


 

食べた瞬間、ふわっと優しい甘さがきます。

香ほろんはコーヒーにも紅茶にも日本茶にも合うのでお土産にピッタリです。贈る人を選ばない手土産は難しいですから、いいもの知りました。


 

ギフトやお土産のお菓子は、比較的年代や性別により好みが分かれることが多いので幅広い世代の人に喜んでもらえるものを選ぶのに悩むことが多いです。

でも、香ほろんはそんな悩みを解消してくれる商品だなと思いました。

口に入れるとしつこくなくて、優しい甘さが広がります。周りのパウダーとクッキー生地が一緒にとろけるます、中心部分はバターの香りが広がりサクサク感もあります。

一口サイズなので、きれいに食べられて女性にとっては嬉しいです。

甘さが控えめなのは最近の流行にものっている感じですね。口コミを見ているとそれだけで口の中によだれが。。。(笑)

WA・BI・SA 香ほろんの購入はコチラ

 

WA・BI・SA香ほろんの気になる口コミもあった

優しい甘さと和素材の香りが口の中にひろがるWA・BI・SA香ほろんですが、口コミの中に気になるものがあったのでそちらもご紹介したいと思います。

 

口の中の水分が持ってかれる感があるので、その点、好まない人もいるかも。

 

周りのパウダーが小袋内に散らばっているので、開封時に勢いよく開けてしまうと散らばってしまう心配がありますね。
上下逆にして開ける方もいるでしょうから、そんな注意書きがあると嬉しいかな?と思いました

 

それぞれの味の粉がかなり付いていますが、気をつけて食べれば問題なし!それが美味しさの種なのかな?
でも子供に渡すと散らばりそうな予感です。

口中の水分が持っていていかれるということはクッキーよりビスケットの方が近いのかなと感じてしまいますが、少し好き嫌いが分かれるところかもしれません。

後、香ほろんの表面についているパウダーが散らばりやすいので食べにくいと感じるかもしれないですね。香ほろんを贈ろうと思うっている相手が少し細かいところを気にするタイプなら控えた方がいいかもしれません。

 

▼香ほろんの購入はコチラ▼


-食べ物