アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

メリービズのバーチャル経理アシスタントは小さな会社こそおススメ

会社を経営していると実に様々な仕事があります。サラリーマンをしていると営業なら営業、総務なら総務と特定の分野だけすることを求められますが、経営する側に回ると景色がガラッと変わってくると思います。

売上を出すために欠かせない請求書の発行や給料の計算、日々の経理の入力など地味だけど重要な作業がたくさんあります。かと言って、そのために事務員を雇うというのは大変だと思います。

正社員であればまとまった給料がいりますし、他にも残業代や社会保険のお金もかかってきます。パートさんなら少しは経費を抑えられるかもしれませんけど、意外と定着しないものです。

それに仕事はすぐに変わってほしいですから、経理的な仕事を外注してくれる「バーチャル経理アシスタント」はとても便利なサービスだと思います。

 

▼バーチャル経理アシスタントの詳細はコチラ▼


バーチャル経理でアウトソーシングできること

バーチャル経理アシスタントはネット上で経理業務の代行をしてくれるサービスです。基本的に経理周りの作業は請け負ってくれるのでかなり助かるのではないでしょうか。

例えば、簿記の知識が必要になる「経理ソフトへの入力」はもちろん、毎月欠かせない「給与計算の代行」、「月次決算書の作成」、「請求書の発行、および管理」までしてくれます。

他にも領収書の入力や通帳を経理ソフトに転載する作業、クレジットカードの明細入力に加え、会社独自で処理していることがあればそれも対応してくれます。

そして、経理業務全体を丸投げしてしまうことも可能なので、かなりきめ細やかな利用ができるのではないでしょうか。

バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラから

 

バーチャル経理アシスタントはAIじゃないらしい

最近、ネット上での経理ソフトを提供するサービスが増えています。中にはAIを導入する動きもあるみたいですが、個人的にはまだAIに経理を任せるのは不安の方が勝っている感覚です。

でも、バーチャル経理アシスタントは「バーチャル」と名前がついている割には意外と人海戦術で作業を行っているようです。

バーチャル経理アシスタントを利用する際の基本的な流れはまず、あなたが経理作業を依頼するとその作業内容をいくつかのステップに分けてそれぞれのステップごとに専属のスタッフが行っていく流れになります。

一人の担当者が1から10まで作業を行うわけではなく、文字の入力なら入力専門で行う「入力チーム」が担当し、決算書づくりを依頼した場合は専門の「決算書作成チーム」が作成してくれます。

 

 

あなたとの対応や作業の管理はディレクターが統括して行ってくれる仕組みになっています。1つの作業はまとめて行った方が効率的ですからそっちの方がかえっていいのかもしれませんね。

仕組み自体は意外と普通なので逆にサービスに対して親近感がわいてしまいました(笑)

バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラから

 

経理ソフトを変えなくていいのはかなりのメリット

何もバーチャル経理アシスタントに頼まなくても税理士事務所にアウトソーシングする方法もあるとは思います。でも、そうすると面倒なことが一つあります。それが「経理ソフト」の問題です。

多くの場合、経理をお願いする先が使っている経理ソフト、もしくはシステムを導入することが求められます。例えば会社では弥生会計を使っていたとしても税理士事務所では専用の経理ソフトを使っていたらそれに引っ越さないといけません。

そもそも経理ソフトって結構高いものが多いですから、意外と痛手となる出費になってしまいますよね。

ところが、バーチャル経理アシスタントは専用の経理ソフトがなく、複数のソフトに対応しているので使い慣れている経理ソフトを引き継ぐことができて便利です。

 

バーチャル経理アシスタントが対応している経理ソフト
● Microsoft Excel
● 弥生会計
● MFクラウド会計(Moneyforward)
● freee
● クラウド会計Crew
● ミロク情報
● 勘定奉行
● 財務応援

 

定番の弥生会計や勘定奉行はもちろん、最近増えてきたクラウド型の経理ソフトのfreeeやMFクラウド会計にも対応しているので経理ソフト自体のコストが抑えられるのもメリットです。

経理という作業自体は同じですけど、ソフトやサービスが変わると使い勝手は丸っきり変わってしまいます。それだけで作業効率は一気に落ちてしまいますし、見方がよく分かりませんよね。だから、

複数の経理ソフトに対応しているのはとってもありがたいおことだと思います。

バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラから

 

バーチャル経理アシスタントを導入している会社の口コミ

実際にバーチャル経理アシスタントを利用している会社の口コミ情報を見つけました。導入してどう変わったのか参考になると思いますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

経理処理をメリービズさんへフル・アウトソースすることによりレシートのとりまとめから支払、会計ソフトへの入力までが自動で行えるように。

経理に関する全ての悩みが解消されました。


 

多い時で30店舗分、900~1000毎の請求書入力をしていました。

作業時間が10時間から1時間に短縮されました。本来やるべき業務に集中できるのが嬉しいです。


 

通常の経理はもちろん今までもやってきましたが、「判断」のところでもう少し「コミュニケーション」をとりたいなという箇所がではじめました。

メリービズはきめ細かく、確認が必要なところをちゃんと教えてくれます。

 

バーチャル経理アシスタントを利用している内容は各社様々ですが、経理作業にかかる時間から解放されたのは間違いないようです。

請求書入力って1通や2通だと何ともありませんし、片手間でもできてしまいますが、それが10通、20通となるとそれだけでかなりの時間を取られますし、請求書入力の数が増える月末月初はブルーになっていまいますよね。

後、レシートのとりまとめって、気づきにくい時間のかかる作業だと思いますから、そこまで外注でやってもらえるとかなり助かるんじゃないでしょうか。

バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラから

 

バーチャル経理アシスタントの気になる料金は?

経理作業から解放される便利なサービス「バーチャル経理アシスタント」ですが、気になるのは料金ですよね。月額料金制のサービスですが、大体5~30万円になるようです。

依頼する内容、例えば経理入力だけお願いするのか、請求書作成を依頼したいのか、レシートの取りまとめからすべて丸投げするかの当然料金は変わってきますから、自分が本当に必要な作業だけを依頼するという方法もいいかもしれませんね。

要はお金で時間を買う感覚ですね。それに経理をしてもらうために社員やバイトを雇ったら給料以外にも交通費や社会保険の費用、トレーニングにかかるお金や時間など、実は見えないコストも発生することを忘れてはいけませんよね。

バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラから

 

バーチャル経理アシスタントを会社に導入するには

バーチャル経理アシスタントがいくら便利なサービスといっても、経理部門は会社にとって実に重要な部署です。だから、いきなり始めるのではなく、まずはお問い合わせをしてください。

まずは、あなたの会社の経理について詳しくカウンセリング(無料)して、どこまでの部分をアウトソーシングするかを決める必要があります。

無料カウンセリングを受けて、外注仕事の内容が決まったら、それに合わせて料金の見積もりがでるので、納得できたらサービスを利用することになります。

とは言え、いきなり本スタートではなく、まずは最初の1ヶ月間はトライアル期間としてバーチャル経理アシスタントで業務を行います。もしかしたら足りない業務もあるかもしれませんし、自分で十分にできる業務もあったりするかもしれません。

初月のトライアル期間はそういった業務のすり合わせに使われるわけですね。もちろん、内容に不満な場合はトライアル期間中に解約も可能となるのでご安心ください。

トライアル期間が終了したらいよいとバーチャル経理アシスタントによる経理業務代行のスタートとなります。流れを見てみると無料カウンセリングでいかに必要としている業務を伝えるかがポイントになってきそうですね。

まずはお問い合わせをしてカウンセリングを受けてみたら、いいアドバイスをもらえるかもしれませんね。

バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラから

 

小さな会社こそ経理業務の外注化

私の周りでは脱サラして起業した人が何人かいます。その人達を見ているとほぼ100%の確率で経理の知識や興味がありません。むしろ毛嫌いしている節さえあります。

サラリーマン時代に経理部署に勤めていなければ、経理に触れる機会はほぼありませんから仕方のないことかもしれませんね。

元々、こんなことをしたい、こんな仕事をしたい、こんなサービスを提供したいという思いを実現するために会社を立ち上げるわけですから、そちらにばかり頭がいっているのかもしれませんね。

多くの場合、起業時には銀行や金融機関から借金すると思いますが、その際の書類は四苦八苦したと思います。無事お金が借りられたからと言ってお金のことを考えなく、仕事に集中できるかというとそうではありません。

日々の業務にお金の計算は必ずついて回ります。売上もお金なら経費もお金です。起業した人からしたら経理の仕事は地味で面倒な仕事に見えるかもしれませんが、とても重要な仕事なことは間違いありません。

とは言え、数字自体ニガテという人は多いですが、起業したての場合、そんなに規模を大きくできませんし、ヒトを雇うお金がないこともしばしばだと思います。

ただでさえ、営業や納品、企画もたてないといけません。一人で何役もしなければいけないのが小さな会社の宿命です。そこに経理まではいってくると、本当に頭がパンクしてしまうかもしれません。

物事には優先順位があると思います。必ずあなたがしなければいけない仕事を優先しないといけませんよね。正直、経理は重要ですが、絶対にあなたがしないといけない仕事というわけではないのではないでしょうか。

だからこそ、経理業務に時間を取られて肝心の本業がおろそかになっては何のために会社を興したのか分からなくなってしまいます。ある程度のコストはかかるかもしれませんが、自分が動きやすくするためにも必要なサービスなのかもしれませんね。

ちなみに経理作業をアウトソーシングしたからといって、会社のお金の流れを見なくてもいいわけではありませんから、その辺はキッチリと目を光らせておかないといけませんけどね。

 

▼バーチャル経理アシスタントへの無料相談はコチラ▼



 

-サービス