アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康

【レビューあり】ベジファスの口コミで使用感と味の評価をチェックした

2019/05/26

ダイエットが続かないこと多いですよね。糖質制限をしようと思っても炭水化物の魅力はすごいですし、外食する機会がおおいとどうしても野菜不足や脂っこいものに偏りがちです。

現代生活をしていると運動する時間もなかなかとれないですし、意識的に食事を気にしていても体重にはなかなか反映されないこともあります。

それを解決してくれる方法として最近注目を集めているのが食事の順番です。パンやご飯などを先に食べると血糖値が急上昇し、太りやすくなるのですが野菜(食物繊維)を先に食べることでそれを抑えるというのは目的です。

とは言え、なかなか普段の食事でも食物繊維を摂りにくいのに外食ではその期待はあまり持てないですよね。そこで人気になっているのが食物繊維や植物発酵エキス配合でゼリータイプの希望性表示食品「ベジファス」です。

今回、とっても気になった「ベジファス」を私自身も取り寄せて試してみましたので、そのレビュー記事も掲載していますのでぜひチェックしてみられてくださいね。

 

ベジファスの口コミから使って違いを感じたかどうかを調べてみた

食後に中性脂肪や血糖値が急上昇するのを抑えてくれるベジタブルファースト。そんなベジタブルファースト習慣を簡単にできる頼もしいサポート役になるのが「ベジファス」です。

でも、食べてみて本当に違いを感じられるのかどうかが重要ですよね。ゼリーだからもしかして太ったりして、なんて不安もあるので実際にベジファスを使っている人の口コミ情報から商品の評価を調べてみました。

 

 

この一本に難消化性デキストリンが5gレタス2個分の食物繊維入っています。

シークワーサーとレモンの食べやすいゼリーです。

ベジタブルファーストしたいけれど、お正月はお餅がご飯だったりすると、できなかったりします。そんな時に便利です。

休みの時はお通じが乱れがちだけれど、これを食べておくと大丈夫だったりしました。野菜を食べることができないときに便利です。


 

ベジタブルファーストは唯一続いているダイエット方法。

でも外食だったり野菜高騰だったりで続けるのが困難な時もありました。

でもベジファスのおかげでポーチに忍ばせ食事前に一口で野菜チャージ!

味も美味しく、夏は冷して食べたいかも。まさにこういうアイテムあったら良いのに!を叶えてくれた商品。


 

いつも野菜を先に食べていたのですが外出先などでわざわざ野菜のついたメニューや、別で野菜を頼んだりするのが面倒でしたので購入しました。

野菜がもともと嫌いなのでドレッシングをたくさんかけないと食べれない、しかもドレッシングでカロリーが上がってしまう、で悩んでいたのですがベジファスだとカロリーも一定な上に低いのでオススメ。

野菜嫌いでも食べやすい味で、腹持ちもよく痩せられそうです(^^)


 

柑橘系のさわやかな酸味があり、しつこい甘さが残らないので、食事の味も邪魔しません。

私は脂っこいものが多くなってしまう夕飯前に食べています。

食事制限はせず、いつも通りの食事を続けていましたが、朝体重計に乗ると少しではありますが、体重が減っていて、数字で効果を見る事ができたのでモチベーションが上がりました。

おいしいだけでなく、しっかりと効果を実感できるので毎日楽しく続けられています。


 

糖質制限をしていますが、ベジタブルファーストは野菜も高いので実践出来ていなくてベジファスを夕飯の前に使用しました。

翌日の体重増加がいつもより少ない感じがしました。

味はかんきつ系のさわやかな味で、食べやすくておいしいので安心して使用できました。


 

お腹がすいでどうしようもない時、先にベジファスを食べると、そのあとの血糖値の上がり方が違うなと体幹しました。

私は急に血糖値が上がると、耳が痛くなり頭がボーっとしてしまうのですが、それがなく穏やかで、食べる量も少しでお腹いっぱいになったので、ダイエットにもつながり、とてもよかったです。

味も万人受けしそうな食べやすさで、続けやすいなと思いました。

ベジファスは手軽な点や野菜嫌いの人でも続けやすいところが口コミでは評価されていますね。

後、野菜を摂ること自体には抵抗がない人でも野菜の価格は気になるところです。どうしても自然の影響を受けやすい野菜はその価格が大きく変動することがありますから、そこがネックになってベジタブルファーストをできない場合もあります。

そういう時にはベジファスは便利に使えそうですね。

ベジファスの購入はコチラ

 

ベジファスの味の口コミ情報 おいしい?まずい?苦い?

ベジファスは数日食べて終わりというわけではなく、食事は毎日するわけですからベジファスも摂り続けてこそ意味がありますよね。だから「味」というのは重要なポイントです。

そのへんも実際に食べている人の口コミをチェックして、味の評価を見るのが一番だと思いますのでご紹介したいと思います。

 

 

ベジファスは沖縄産シークヮーサーとレモンの爽やかな柑橘系で非常においしいです。

1日1本ということですが、もっと食べたくなるぐらいです。


 

ゼリーは薄いオレンジ色で味はシークワーサー&レモン味という事で、スッキリ食べやすい。

美味しくないと続かないですよね~


 

封を切ると爽やかな柑橘系の香りがします。

シークワーサー&レモン味で食べやすく普通に、ツルッとゼリーみたいです。


 

味は爽やかなレモン味で美味しかったです。

弾力のあるゼリーで食べごたえがあるのも良い点ですね♪


 

さっぱりとした甘味のゼリー。甘過ぎず、美味しくいただけます。

 

プリっとやや固めのゼリー。薄あまく、ちょっとした酸味がさっぱりしてて美味しいです。

ゼリーというとどうしても甘さが強かったりケミカルな味なのかもと想像してしまいがちです。でも、ベジファスは甘さも控えめで食べやすいみたいで続けやすそうですね。この辺の情報は実際の食べている人の口コミならではですね。

ベジファスの味の魅力は沖縄シークワーサーとレモン酢が入っていることによるものなんですね。

ベジファスの購入はコチラ

 

ベジファスの口コミをインスタグラムでもチェックした

最近はInstagramでも多くの人が投稿していますよね。ベジファスの投稿もあったのでその口コミもチェックしてみました。

ダイエット中で食事面もバランスよくカバー出来る ベジタブルファーストを取り入れてみました♡ 清田産業株式会社 ピュアフィールド事業部様の ベジファス - Vegetable First - . . スティックタイプなので持ち運びやすく、 外食でも使いやすかったです(●´ω`●) ゼリーは黄色くとってもぷるっぷる!!! これは沖縄産シークヮーサーとレモン酢から♥️ 80種類の食物混合発酵エキスも使用されていますが シークヮーサーの味とふんわりと香るレモンが とっても食べやすくて続けやすい♡ 食べ続けて感じたのは… 食前に食べる事で今まで食後重たく感じていた食事も 胃もたれせずに、腹八分目くらいをキープしやすい!!! 小腹が…と感じていた時間も腹持ちが良くなり、 不要な間食が無くなりました💕 普段からサラダなどのベジタブルファーストを 心がけていましたが、カバー出来なかった部分も ゼリーで補えたので心理的にも安心感が😍 食べ過ぎる事も無くてゆるやかに少しずつ 体重も落ちてきているので効果に大満足でした🎶 お手軽にベジタブルファーストを取り入れたい方はcheck٩(ˊᗜˋ*)و . . #清田産業株式会社 #ピュアフィールド #ベジファス #ベジタブルファースト #レモン酢 #シークヮーサー #ダイエット #健康 #食事サポート

ぱうだぁーさん(@emixx)がシェアした投稿 -

ラーメンが好き! うどんも好き! 赤身のお肉も好き! お菓子も大好き♡ となると、お腹の容量は限られているので必然的に野菜の量が減る… 今年は特に野菜の価格が高騰… #ベジファス は #機能性表示食品 です。 食前に食べる#ベジタブルファースト の習慣に便利な#ゼリー #難消化性デキストリン #食物繊維 はレタス2個分 シークワサーとレモン酢をブレンドした味です。 味が薄くてクセがないので、酸味が苦手でも大丈夫です。 80種類の発酵の野菜や果物などの発酵エキスも入っています。 #ダイエット #食べる前に #お通じ改善 #腸内フローラ #免疫力アップ #風邪引きたくない #太りたくない

@ kumik5がシェアした投稿 -

ベジファスはスティックゼリーになっているから持ち歩きにも便利だし、外食の時にも食べる前に気軽にベジファスできていいですね!

ベジファスの購入はコチラ

 

ベジファスを実際に試してレビューしてみた

ベジファスを私が実際に試した感想を以下に掲載してみたいと思います。

商品と共に、以下のようなカラフルなチラシが入っていました。

ベジファス本体は以下です。15本入りです。

中を開けてみると、整然と並べられて入っていました。

1本早速取り出してみました。オリーブグリーンのパッケージがステキです。

切り目のついているところから手で切って開封してみました。中のゼリーは以下のような感じでプルプルです。

 

ベジファスを試した感想まとめ

ベジファスは、難消化性デキストリン配合で、健康維持目的で食べたいと思ったわけですが、なんせ味が一番ネックだと思っていました。やはり継続するには食べやすいことが重要だからです。

実際に食べた印象としては、「食べやすい」「おいしい」「おやつのゼリーみたい」などでした。

ふつうにおやつとして美味しいので、毎日食べるのが楽しみになるほどでした。

甘さも十分にあり、こんなに甘いのに脂肪や糖の吸収を抑えてくれるのだろうか?と疑うくらいでした(笑)

とりわけゼリーのお好きな人であれえば、柑橘系の味も食感もゼリーという感じですから、とっても満足できる商品になるんではないかと思いました。

1本でストップできなくなりそうで、そのことが逆に心配かもしれません(笑)

私は特に冷やさず毎日そのまま食前に食べていましたが、暑くなる季節には、あらかじめ冷蔵庫で冷やしていただくと一層おいしくいただける商品だと思いました。

 

ベジファスの購入はコチラ

 

ベジファスの主成分、難消化性デキストリンの効果

ベジファスの原材料は大きく分けて3つに分類できます。それが成分である「難消化性デキストリン」と「野菜・野草・果実混合発酵液(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)」、「味つけ・形成にかかわる原材料」です。

ベジファスの原材料
難消化性デキストリン(食物繊維)、シークヮーサー果汁、野菜・野草・果実混合発酵液(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)、果実酢/酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、甘味料(ステビア)、(一部にりんごを含む)

味つけ・形成にかかわる原材料は味つけの元になるシークヮーサー果汁や果実酢(レモン酢)、酸味料、甘味料ですね。そしてゼリー状にするために配合されているゲル化剤です。

ということはベジファスを食べている人たちが違いを感じられる元になっているのが残りの2種類です。

まず、難消化性デキストリンですが、名前はどこかで聞いたことあるかもしれません。難消化性デキストリンを配合した商品がCMなどでもよく放送されていますからね。

難消化性デキストリンはその名前の通り消化しにくいデキストリンで、水溶性食物繊維の一種です。難消化性デキストリンには食事の際にとることで脂肪や糖が吸収されるを抑える効果があるので、食後に中性脂肪や血糖値が急上昇しにくくなることが分かっています。

ベジファス1本にはレタス23個分に相当する水溶性食物繊維が入っていることになります。水溶性食物繊維は善玉菌のエサになると言われており、そのことで善玉菌が活発に活動するサポートをし腸内環境を整えることが期待されます。

ベジファスの購入はコチラ

 

ベジファスの主成分、難消化性デキストリンに副作用ってあるの?

ベジファス1本あたり難消化性デキストリンが5g含まれています。違いを感じられるということで副作用もあるんじゃないのかと心配になる人もいるかもしれません。そこで難消化性デキストリンの副作用についても調べてみました。

難消化性デキストリンはとうもろこしのデンプンを加工して作られる水溶性の食物繊維になります。この難消化性デキストリンは既に特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品にも多く配合されています。

ということは日本全国でたくさんの人が難消化性デキストリンを口にしていることになりますが、健康被害に関するニュースはほとんど記憶にありますせん。実際、メーカーにも重大な健康被害の報告がないことから安全で副作用の心配がないと考えられています。

ただし、難消化性デキストリンは摂りすぎると下痢をしやすくなるという報告があるので、あくまでもベジファスの1日分の摂取目安である1本(5g)を守った方がいいと思います。

ベジファスの購入はコチラ

 

ベジファス、もう一つの成分「植物発酵エキス」

ベジファスに配合されているもう一つの成分が植物発酵エキス(原材料名:野菜・野草・果実混合発酵液)です。

ベジファスには野草や野菜、果物など合計80種類を発酵・熟成させた発酵エキスが配合されていて、それぞれの微生物の作用によって栄養成分が変化したり、体に取り込みやすくしてくれます。

発酵エキスの原料(野草類)
ヨモギ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、高麗人参、センシンレン、オトギリソウ、クマザサ、タンポポの根、霊芝、アマチャズル、トチュウ葉、オオバコ、カンゾウ、マツ葉、ナンテンの葉、アマドコロ、ツユ草、ツルナ、マカ、トンカットアリ、ハブソウ、ハト麦、スギナ、ビワ葉、ラカンカ、クコの実、レンセンソウ、モモの葉、イチョウ葉、ニンドウ、イチジクの葉、バニバナ、エゾウコギ、エンメイソウ、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、クコ葉、カキの葉、カミツレ、カリン、シソ葉、桑葉、メグスリの木、田七人参、キキョウ根、ナツメ、サラシア、マタタビ、エビス草の種、紅参、アガリスク、ルイボス、アムラの実、タマネギの外皮、キャッツクロ―(全57種類)

発酵エキスの原料(野菜類)
トウガラシ、ショウガ、シイタケ、ニンジン、タマネギ、パセリ、キャベツ、ゴボウ、モヤシ、ニンニク(全10種類)

発酵エキスの原料(果実類)
ウメ、キンカン、イチジク、ミカン、パインアップル、リンゴ、グレープ、メロン、レモン、グレープフルーツ、アンズ(全11種類)

発酵エキスの原料(海藻類)
コンブ、フノリ(全2種類)

ちなみにベジファスに配合されている発酵液は販売開始から20年以上経っていますが副作用などの健康被害の報告がないので安心できる成分になっています。

ベジファスの購入はコチラ

 

なぜベジタブルファーストが良いか知っていますか?

食事の時に食べる順番を気にしている人は少ないかもしれません。でも、仮に食事の内容が同じだったとしても食べる順番を変えるだけで血糖値の上がり方は変わってきます

糖質(パンやパスタ、ご飯など)を先に食べると、体内の血糖値は急上昇します。そうするとインスリンを大量に分泌することで血糖値を下げようとします。

体内で大量に分泌されたインスリンは糖質を脂肪に変化させてしまう上、空腹に感じやすくさせる働きもあるのでより食べてしまうという悪循環の原因になります。

これが先に食物繊維を食べることで血糖値の上昇が抑えられるのでインスリンが分泌する量は適正になり、空腹感も感じにくくなります。同様に血中の中性脂肪が体に吸収されるのを抑えてくれるのでそのまま体外に排出されます。

そのため、食事の最初に食物繊維を摂る「ベジタブルファースト」が重要なわけです。

でも、野菜を食べる量は不足しているのが現状です。厚生労働省の調査によると成人1人あたりの1日分の野菜摂取量は目標が350g以上なのに対して全世代で不足しており、特に20代男女の野菜摂取量の少なさは顕著です。

また、食生活が欧米よりになっていることから、食事から摂れる食物繊維も不足していて、男女ともに目標量の3.5~5.5gも不足していることが分かります。



ベジタブルファーストの必要性は分かっていても、食べ物からは必要な量を十分に摂ることが難しい現代生活ではベジファスのような機能性表示食品などを活用してうまく生活に摂りいれていくことが健康的な毎日を送るサポートになりそうですね。

 

▼ベジファスの購入はコチラ▼


-健康