アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

【テオプラスdocomo】投資に興味と不安がある人こそやってみては?

貯金に利子がつかない時代になって結構たちますよね。ちょっと調べてみたら本記事執筆時の銀行口座の普通預金で利子が年利0.001%、10年間の定期預金で0.017~0.018%でした。

一応数字だけみたら定期預金の利子が普通預金の17、8倍もあると見る事もできますが、いかんせん桁が小さすぎる。。。年利0.001%ということは10万円ごとに1円利息収入があるということです。

現実的ではないですが、銀行の普通口座に1億円預けていても毎年の利息は1,000円。ランチ一回で消えてしまうような金額です。実際問題として預金通帳はお金を預けておくというよりも貯金箱替わりぐらいな使い方にすぎなくなっていますよね。

利子がつかなくなって何年も経ちますから、政府もそれじゃダメだろうと、最近では国民による投資を猛プッシュしている感じデス。そんな中携帯電話でおなじみのdocomoが新しい投資サービスとして「テオプラスドコモ(THEO+ docomo)」を始めました。

 

▼テオプラスドコモ(THEO+ docomo)の申し込みはコチラ▼


投資といきなり言われても不安だらけな気がする

今の日本に生きている限りお金はとても重要なモノですよね。だから個人差はあると思いますがお金を減らさぬよう、増やすよう色々としていると思います。日々の買い物で見切り品を選ぶのも立派な節約ですし、つもり貯金をしている人もいるかもしれませんね。

お金についてよく言われるのが銀行預金は守りの戦術だということです。基本的によっぽどのことがない限り預けたお金(元本)は保証されますし、ほんのちょびっとですが預けている限りは利子がつきます。

その一方で攻めの戦略が株式やFXなどのいわゆる投資と言うものでこれを国が後押ししています。個人的にはもう給料は増えないから自分たちで増やせよって言われているような気にもなってしまいますけどね。

しょうがないから投資をしようかと思って、本屋やネットで調べると投資情報はいい物も悪いものもゴチャゴチャになってあふれかえっています。そんな中突っ込んでも何がなにやらかえってパニックしてしまいますよね。

そこで登場したのがドコモが提供する「テオプラスドコモ」という訳です。投資に関して不安に思っていることを解消するだけの機能があるのが特徴です。

テオプラスドコモ(THEO+ docomo)の申し込みはコチラから

 

投資の不安① お金がないんだけど…

投資と言うと何千万、何億というお金がないと儲からないようなイメージがあります。ちょっと前まで投資なんて映画や小説の中でしか知らないような世界だったから仕方ないと思います。それにニュースに出てくる話題もどうしても大きな金額のネタが取り扱われるわけですから。

実際、株式投資はある程度まとまった金額が必要になります。当然株価や購入単位によって変わってきますが、それでも10万円以上は最低必要になるのではないでしょうか。

FXはレバレッジ取引を利用すると実際の何倍もの為替取引が可能なので、少額で始められるメリットがありますが、レバレッジはごく小さな金額の変動でも影響をすごく受けてしまうので、やり方によってはギャンブル的な要素があります。

いくら投資をするといってもやっぱり失いたくないのが本音だと思いますし、そんなに多くのお金を準備できない人も多いと思います。

でも、テオプラスドコモは1万円から投資が可能なので比較的ハードルが低く始められます。

もし、それでもお金の準備が難しいのであればドコモのクレジットカード、dカードを使うことでおつりを積み立てる「おつり積立」機能を利用することができます。

「おつり積立」は積立の基準金額としてまずは100円か500円を設定できます。例えば500円に設定した場合、dカートで350円分のシッピングをしたら500円-350円の差額である150円がおつりとして積み立てられ、月末にその月に積立てたおつり分が口座から引き落とされます。

もちろん、引き落とされた金額はテオプラスドコモの資産運用口座に移されて投資が始まるので心配は不要です。

投資には興味があってもお金がないと考えている人にとっては半ば強制的に投資資金を貯められますし、一度に積立てる金額も少額なので無理なく生活できるのではないでしょうか。勝手につもり貯金してくれてると言ったところでしょうか。

テオプラスドコモ(THEO+ docomo)の申し込みはコチラから

 

投資の不安② 何をどうやっていいか分からない

投資の世界は奥が深いですよね。長年の経験者でもちょっとしたことで資産を失ってしまうような話がごろごろしています。かと思えばビギナーズラックで●円儲けたなんて話もたくさんあります。

天国と地獄が同居しているような世界かもしれませんが、それこそ何をどれぐらい買ったらいいのかも分からないし、理解しようと思ったら時間がいくらあっても足らないかもしれません。

それこそ、やってみて痛い目を見た方が真剣に取り組んでいいんでしょうけど、やっぱりお金はなるべく減らしたくないですよね。投資して上がった下がったと一喜一憂するのは心臓にあまりよくありませんからね。

そういう人のためにあるのがテオプラスドコモで、投資資金を入金したら後はテオプラスドコモが資産の運用をしてくれるのが特徴です。

また、投資をしたい人の中にはハイリスクハイリターンでガンガン攻める投資をしてほしい人もいれば、リスクを避けて、今の資産をできるだけ守っていきたい人もいると思います。

テオプラスドコモは投資商品なので貯金のように元本保証はされていませんが、利用者の希望にできるだけ副った投資を行うためにプランの提案をしてくれます。

申し込みの際には5つの質問に回答するようになっているのでその結果に合わせて228通りのプランが用意されています。そしてその運用プランに合った投資をおまかせで行ってくれるわけです。もちろん、随時プランは変更することが可能になっています。

テオプラスドコモ(THEO+ docomo)の申し込みはコチラから

 

テオプラスドコモはたったの3ステップでスタートできる

投資を行うためには投資会社に口座を作らないといけませんが、以前はとても手間がかかっていました。でも、今は便利な世の中です。スマホ1つでたったの3つのステップで投資を始められてしまいます。

 

 

スマホでテオプラスドコモにアクセスしたら、年齢や持っている金融資産の金額といった5つの質問に答えたら最適の運用プランを提案してくれます。プランはカスタマイズできますし、スキップすることもできるようです。

申し込みが終わったら、最短で2営業日には口座開設ができますし、入金できたらすぐにテオプラスドコモが資産運用をスタートしてくれます。

なお、法律によってテオプラスドコモのような証券口座を作る際にはマイナンバーの提供が義務化されています。そのため、申し込む際にはマイナンバーをあらかじめ手元に置いておいた方がスムーズに登録できます。

 

テオプラスドコモのコストはいくら?

ちなみにテオプラスドコモ側で資産運用をしてくれるので費用がかかるのは仕方ないと思います。重要で気になるのがそれが一体いくらなのかということですよね。

テオプラスドコモの投資報酬は固定金額ではなく預けている資産によって変動します。その金額は預け資産の年率1.0%(税別)なので、例えば預け資産が10,000円のみだったという人であれば108円で済んでしまいます。

これなら無理なく資産運用ができそうですし、テオプラスドコモも成果が出れば出た分だけ売上になる訳ですから、本気になって投資してくれそうですよね。

テオプラスドコモ(THEO+ docomo)の申し込みはコチラから

 

ちょっと気になる、隣のテオプラスドコモユーザー

投資の話は意外と大っぴらにしないものではないでしょうか。投資仲間がいたら話は違うと思いますが、そうでなければ自慢話みたいになって逆にしにくいものなのかもしれませんね。

そこで、実は身近にいるかもしれないテオプラスドコモのユーザーについていくつかの情報をご紹介したいと思います。

 

テオプラスドコモの利用を考えたきっかけ

テオプラスドコモはまだスタートして新しいサービスですが、それでも結構の数のユーザーを抱えています。そんな中でサービスの利用を考えたきっかけの第1位が「ロボアドバイザーに任せる運用が楽だと思ったから」です。

実に42.6%と4割以上の人が自分で資産運用するより任せた方がやっぱりいいと思っているわけですね。

他の理由は「銀行の預金金利が低いから」、「将来のお金を見直したから」「老後に備えておく必要性を感じたから」などが続きます。現代は先が見えない時代だと言われていますから不安は尽きないですからね。

 

テオプラスドコモのリアルユーザー像

テオプラスドコモのユーザーは20代~40代が80.4%を占めていていて、その中でも40代が40.4%と一番多い世代になっています。金銭の余裕がちょっと出てきた世代で退職が見えてきたというリアル感がありますね。

また、ユーザーの64.7%が投資経験がほとんどないと回答した投資初心者です。だから丸投げの運用の方がかえって安心に感じるのかもしれませんね。

 

テオプラスドコモのユーザーはお金をこれだけ投資している

テオプラスドコモを使う際にどれぐらい投資したらいいんだろうというのは最初の悩みどころかもしれません。確かに1万円から運用をスタートできますが、それだと儲けもあまりなさそうな気がします。

それでユーザーのリアルなところですが、87.4%のユーザーが運用を始めた金額は30万円未満だそうです。いきなり大金を突っ込むのには不安もあるでしょうから、最初はジャブ程度からスタートしたいという気持ちもよく分かります。

そして、ちょっとだけの金額を投資しているなと感じさせるアンケート結果が62.2%のユーザーが積立を利用しているということです。初めての投資体験には無理なくスタートできる感じでいいのかもしれませんね。

そして、ほとんどのユーザーが30万円未満の少額からスタートしているテオプラスドコモですが、毎月どれぐらい積立てているのかも気になるところです。その平均金額が20,710円です。

平均で2万円ちょっとですから、10,000円ぐらいから始めている人もかなりいるのではないかというのが何となく分かります。

リアルなアンケート結果から、テオプラスドコモのユーザーは無理せずコツコツ始めていることが分かりますね。長い目で見れば堅実さ大切ですよね。

 

▼テオプラスドコモ(THEO+ docomo)の申し込みはコチラ▼


-サービス