アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

スモーラの評判はどう?不動産の一括査定の方法も調べました

一戸建てやマンションを買ったものの引越しや老朽化で売ることを考える人は結構います。家族が多かった時はいいければ子供がみんな独立してしまうと広すぎる家は普段住むにはさびしさを感じることもあります。

でも、いざ売却しようと思っても、売却相場は分からないものです。それこそ家の売却を何度もしていたらいざ知らず、ほとんどの人が人生最大のお買い物がお家ですし、売る時も一回だけのケースがほとんどだと思います。

それだけに近所の不動産屋にだけ頼るのは不安ではないでしょうか。できれば、多くの不動産屋さんの査定を知っておいたらより高く売ることができますからね。

だから、最大9社まで一括での査定が行えるスモーラは便利な訳ですね。

 

一括査定ってどうよ?スモーラ(Smoola)の口コミ・評判

でも、一括査定って、あまり利用したことがなかったらよく分からないから好奇心よりも不安や不信感の方が大きいかもしれません。そこで、実際にスモーラで不動産を売却した人の評判を調べてみました。参考にしてくださいね。

 

 

実際に不動産会社を一社、二社と回るのは大変で、多くの査定や資料を貰えるのがよい。

各社の規模や実績も確認できるので安心できました。


 

引越のため、現在のマンションを売却することを検討。

1度に5社の不動産会社から査定をもらえて、客観的に売却金額を知ることができて良かったです。


 

1~2日ですばやく連絡がきたので助かりました。

不動産屋さんがどこにあり、どこがいいのか全くわからない状態だったので、不動産屋さんからアプローチしてくれるのは助かります。


 

子どもが産まれ、ライフスタイルが変わり、駅から遠いことがネックになり売却検討。

一括査定は時間が短縮できて効率が良く、このマンションに興味ある、または売ろうとしてくれる会社を探しやすい。

 

口コミにもあったように普段から情報収集していない限り、自宅の近所に不動産屋があるのかどうか、ましてやそこが評判がいいお店なのかどうかなんて分かりません。

それがスモーラだったら複数の不動産業者からすぐに連絡がきて、評価を見る事ができるので便利さが違います。

それに時間があればともかく、普段は仕事や家事で忙しく、なかなか時間を割くことができない人も多いと思います。不動産屋を探す手間も時間もショートカットできるのは今のご時世大きなメリットと言えますね。

 

▼スモーラ(Smoola)でのマンション・一戸建ての一括査定はコチラ▼

 

スモーラ(Smoola)の使い方は3つのステップだから簡単?

スモーラを利用する際の流れは3つのステップですむのが特徴です。まずは査定したい不動産情報を入力して「無料査定」を申し込みます。その後、最大9社から「査定結果が送られてきます」

そして、提示された査定額や対応で売却を「依頼する会社を決める」という流れになります。

 

 

一見、簡単そうですが、チェックする際のボタンが物件種別の選択(一戸建てかマンションか土地か)と都道府県の選択しかありません。これで大丈夫なの?って思ってしまいます。

 

次の画面で査定内容をしっかり入力

試しに物件種別と都道府県を選択肢て、「不動産価値をcheck」ボタンをクリックしてみたら、次の画面できちんと情報を入力てきるようになっていました。

 

スモーラ無料査定時の入力内容
●査定したい物件の住所 番地まで入力します。
●築年数 選択式ですが、建築年数は大体でもいいようです。
●土地面積 大体の平米を入力します。
●建物の構造 木造、鉄骨造、鉄筋/鉄骨コンクリート造、その他の中から選択します。
●建物の大きさ 平屋、2階建、3階建、その他から選択します。
●建物面積 大体の平米を入力します。※土地面積ではありません。
●現在の利用状況 今も誰かが住んでいるのか空き家になっているのかを選択します。
●物件の所有者 本人名義の物件なのか、親族名義なのか、その他なのかを選択します。
●査定をしてもらいたい理由 選択肢の中からチェックしますが、複数選択も可能です。
●売却の時期 急いでいるのか、時期を検討中なのかを選択します。

 

すべての内容が必須項目になっているので、「築年数」や「土地面積」、「建物の構造」、「建物面積」といったデータ的なものは忘れがちですからあらかじめ準備した方がスムーズに入力できると思います。

逆に言えば、これらの情報を準備しておいたら、いつでも不動産価値をチェックできるので忙しい人でも自宅や思い立った時に申し込めるので便利ですね。

スモーラ(Smoola)での不動産一括査定はコチラから

 

スモーラ(Smoola)は数々のメディアで取り上げられています

サービスを信用する根拠って色々とあると思いますが、そのひとつにメディアに取り上げられていることがあります。第三者である雑誌などに掲載されているということはそれなりに評価されているわけですから信用もできるわけです。

その点、スモーラは数々の雑誌やネットニュース、テレビなどのメディアで取り上げられています。

 

 

不動産仲介業経営情報ジャーナルや住宅新報といった業界誌からチバテレ、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)といったテレビ、他にもYahoo!ニュースやダイヤモンドオンラインといったネットニュース、そしてPRESIDENT(プレジデント)でも紹介されています。

主にビジネス面での紹介のように思いますが、それだけ注目を集めるサービスであることが間違いないと思います。

スモーラ(Smoola)での不動産一括査定はコチラから

 

体験談から考える不動産売却までの壁

歳をとって不動産を売ることを考える人が多くなっています。特に田舎だと広い家が多いので夫婦2人で住むには手入れが大変ですし、どちらかにもしものことがあったらと思うと処分しておきたい気持ちもでてきます。

かと言って、今でも暮らしているとまだ差し迫った状況ではないのでそろそろ売ることを考えるかとぼんやり想像する程度ではあります。

妻の実家でもそんな話をしていましたが、いざ売ろうと思っても不動産業者がどこにあるのか意外と知らないものです。だから、相場を知ろうにもなかなか情報がないものです。

ネットでいくつかの売り物件の金額から相場を想像することはできますが、それは検索した時点での売れていない物件の金額になるわけです。実際に売れた物件相場は分からないものです。

それでも何軒かの近所の不動産業者について調べて情報を教えてあげましたが、その後、どれぐらいで売却できそうなのか実際に足を運んだという話を聞きません。動くまでには自分という高い壁があるということです。

普通に生活できているとまだ危機感が少ないので腰が重いんですね。そこまで相場まで知っておこうという気にはならないものです。とは言え、売らないといけない状況は突然訪れたりするものです。

だからこそ、あらかじめ検討材料として知っておくためにもスモーラでの一括査定は家にいながらにしてできるのがメリットです。複数の不動産業者までわざわざ足を運ばなくてもすみますからね。

スモーラ(Smoola)での不動産一括査定はコチラから

 

不動産物件はなかなか売れない

実は私の実家(一戸建て)も10年以上前に売却しています。別の土地に引っ越したいのが理由だったのですが、その際に元々住んでいた家を不動産業者の仲介で売却しました。

もちろん不動産売却は初めての経験ですし、すぐに売れるものと思っていたのですが、実際にはなかなか売れないものです。実家の場合、結局売却の契約ができるまで1年ぐらいかかりました。

その間、新聞広告に載ったりもしましたし、不動産業者も変更したようでした。最終的には当初の希望額よりもかなり売却金額を下げて契約したようです。

このあたりもきちんと不動産相場を知っていたら、売却までの期間も短くて済んだかもしれませんし、もしかしたら価格を下げ過ぎていたなんてこともあるのかもしれません。

適正な金額でマンションや土地を売却するためにもある程度の情報を知っておくことに損はないと思います。

 

▼スモーラ(Smoola)での不動産一括査定はコチラ▼

-サービス