アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

しじみんの口コミ情報と成分【オルニチンと貝殻成分も配合】

しじみの健康パワーは多くの人が知るところです。以前、芸能人がどれだけ夜遅くまで飲んでもよく朝しじみ汁を飲んでいると言っていました。

でも、毎朝しじみ汁を作るのは大変ですし、しじみって産地以外だと手に入れるのも難しいですからしじみの栄養を気軽に摂れる「しじみん」が便利です。

 

しじみんの口コミを見て思ったこと

しじみんの口コミ情報を探して見つけたのですが、気づいたことがあります。まずは口コミ情報をご覧ください。

 

 

打ち上げやファンの方との交流は大切ですが、検査のたびにその負担を感じていました。

スケジュールの関係上、自分自身で手軽にできる対策を…と考えていた時に見つけたのが、しじみんです。

これが大正解!やっぱり日々の健康は毎日コツコツ続けることが大切なんですね。

50代のデビュー当初よりも元気いっぱい、あふれる若々しさでいつまでも歌い続けたいです。


 

整体院で日々お客さんの悩みに向き合っているからこそ、まずは自分自身が健康でいたいと思っています。

しじみが健康習慣として人気というのは知っていましたが、決め手だったのはやっぱり「貝殻」。

しじみんは質のいい青森県産のしじみが丸ごととれるところに魅力を感じています。

生活習慣にも気をつかうようになって、精力的に仕事に取り組めています。


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

個人の感想なので参考にしかならないかもしれませんが、毎日地道に続けることがやっぱり重要だと言うことです。しじみんも含めサプリメントは基本的に1袋が約1ヶ月分です。

そのため、1袋でいい悪いを判断しがちですが、ある程度飲み続けた方が良さそうだということが分かります。

また、違いを感じられたことで自分の生活習慣もふりかえる余裕が生まれて、さらに好循環になっていくのもいいことですね。

しじみの栄養丸ごと「しじみん」の詳細はコチラから

 

しじみと言ったらやっぱりオルニチン

オルニチンと言えば飲み会が多い人に人気の成分ですが、しじみが注目されているのもこのオルニチンによるところが多いのかもしれません。

しじみんはしじみのエキスも配合していますから、もちろんオルニチンもばっちり含まれています

 

しじみんの原材料
ヤマトシジミ貝殻末、澱粉、還元麦芽糖水飴、ヤマトシジミエキス末、デキストリン、ツルアラメ抽出物、ショ糖脂肪酸エステル、酸味料(リンゴ酸、クエン酸)

 

それにサプリメントは食品だから飲み方が自由なのもうれしいところ。1日6~8粒が摂取目安ですが、生活習慣に飲み方を変えてもOKです。

例えば、夜のおつきあい前に6粒飲んだり、夜終わってから翌日に持ち越さないよう多めに8粒飲んだり。また、翌朝のために寝る前の6粒というのもいいですね。

手軽に飲めるから累計900,000パックの販売実績とリピート率90%以上という人気につながっています。

しじみの栄養丸ごと「しじみん」の詳細はコチラから

 

貝殻丸ごと摂る点が他のしじみサプリと違う

 

しじみサプリはいくつか種類がありますが、そのほとんどがしじみの実からエキスを抽出したものです。貝殻部分は最終的に捨ててしまいます。

でも、しじみ汁には貝殻も入れて作ることでおいしくなるように貝殻の存在も必要です。実際しじみは身だけでなく貝殻にも重要な栄養成分が含まれていることが分かっています。

それがしじみの貝殻由来成分である「カルサイト」です。しじみの産地として知られている青森県には貝殻を使った健康法が昔から伝わっています。

カルサイトはしじみの貝殻を加熱することでできるもので成分としては炭酸カルシウムの結晶です。不足しがちなカルシウム摂取にもおすすめです。

貝殻成分も入っているからまさにしじみ全体の栄養を摂れるサプリメントがしじみんということになります。

しじみの栄養丸ごと「しじみん」の詳細はコチラから

 

しじみの栄養とそれを補う海藻パワー

しじみにはカルシウムやオルニチン以外にも栄養が豊富なことで知られています。例えばアミノ酸です。

アラニンやメチオニンが含まれているのですが、これらは肝臓をサポートする働きがあることが知らています。ビタミンも豊富に含まれますが、特に多いのがビタミンB12です。

ビタミンB12は葉酸と一緒に赤血球に含まれるヘモグロビンを作る働きがあるので女性にもうれしい成分と言えます。また、鉄分も実は豊富に含まれているのも特徴です。

他にもカリウムやマンガン、亜鉛など多くのミネラルも含んでいる栄養満点な食材がしじみと言えます。

それでもしじみが完璧と言うわけではなく、栄養として考えたらあるものが不足しています。健康を気にする人にとっておなじみの成分「食物繊維」と「ポリフェノール」です。

この2つの栄養を補うためにしじみんにはある原材料が配合されています。それがツルアラメです。

 

しじみんの原材料
ヤマトシジミ貝殻末、澱粉、還元麦芽糖水飴、ヤマトシジミエキス末、デキストリン、ツルアラメ抽出物、ショ糖脂肪酸エステル、酸味料(リンゴ酸、クエン酸)

 

ツルアラメとは海藻の一種でコンブの仲間として知られています。ツルアラメにはポリフェノールが豊富で食物繊維も含まれていることが知られています。

しじみんには青森県大間産のツルアラメを配合してあります。

しじみの栄養丸ごと「しじみん」の詳細はコチラから

 

十三湖のしじみは栄養が違う!

しじみんには青森県十三湖産のしじみを使用しています。日本でも琵琶湖や宍道湖をはじめしじみの産地はいくつかありますし、最近では海外産のしじみも輸入されています。でも、十三湖産にこだわるのには理由があります。それが栄養の量です。

 

 

オルニチンの量が他地域や海外産の10倍も含まれていますし、アルギニンやグルタミン酸の量もそれぞれ25倍・12倍と圧倒的です。しじみをただ食べればいいわけではありませんから栄養豊富なしじみは重要です。

しかも栄養豊富なしじみをさらに3回も濃縮させたまさにしじみの栄養がギュッとつまったしじみエキスが使われているのが特徴です。

十三湖には世界遺産でもある白神山地からミネラルが豊富な雪解け水が流れてくることでプランクトンも豊富です。しじみはプランクトンを食べて成長するので栄養価の高さにも表れているのかもしれません。

実は十三湖のしじみはその品質から一般の市場にはあまり流通することはなく、東京の高級料亭を中心とした飲食店でお目にかかる機会の多い食材です。

そんな別名黒いダイヤとも呼ばれる十三湖のしじみをふんだんに使用したサプリメントがしじみんです。

 

▼しじみの栄養丸ごと「しじみん」の詳細はコチラ▼


-健康グッズ