アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ペット用

自然派わんこの厳選ごはんの口コミ情報と原材料【無添加総合栄養食】

「食の安全」という言葉があるように人が食べるものに関しては添加物や農薬などを気にする風潮が高まり、お店やコンビニでも無添加商品がよく並ぶようになってきました。

でも、大事な家族の一員であるはずのワンちゃんが毎日食べるフードについては種類はたくさんあるものの、その原材料にはあまり気を配られていません。法律(ペットフード安全法)で少しずつ環境が改善される傾向はありますが、まだまだだというのが実際です。

そんな中、安心して食べられる無添加な上、総合栄養食になっているドッグフードとして最近注目を集めているのが「自然派わんこの厳選ごはん」です。

無添加総合栄養食「自然派わんこの厳選ごはん」の詳細はコチラから

 

自然派わんこの厳選ごはんの口コミ・評判

ドッグフードは実際にワンちゃんに食べさせてみないと食いつきがいいか悪いかは判断はしかねるものです。特に無添加だとおいしいのか?と思ってしまう人も多いですよね。

でも、お試しできるフードって少ないのでそんな時に参考になるのが口コミ情報です。実際に購入した飼い主さんの感想なのでぜひご覧ください。

 

 

気分屋で偏食気味のこの子がとても美味しそうに食べてくれています。

以前食べさせていたフードも食べてはくれてはいたのですが、毛艶やうんちの臭いが気になっていました。

「自然派わんこの厳選ごはん」まだ食べて1ヶ月ほどですが、うんちの臭いも気にならなくなってきたのでとてもビックリしています。

スタッフの方々の対応も丁寧で、とても安心できました。


 

6歳も過ぎてシニアと呼ばれる歳になってきたので、少しでも良いものをと思いドッグフードを探していました。

普段から乳酸菌や酵素が含まれたサプリメントを与えているのですが、「国産・無添加」に加えて乳酸菌や酵素も配合されているとのことだったので試してみることに。

よく食べてくれるうえに、グルコサミンも入っているとのことだったのでこの子にピッタリのフードだと思っています。


 

ドッグフードがなかなか合わないのか、涙やけや毛艶がひどくなる一方でした。

ドッグフードを色々探していく内にドッグフードに関する様々な情報から何を選んだらいいのか分からなくなっており、とても困っていました。

そんな時に見つけたのが「自然派わんこの厳選ごはん」でした。国産・無添加に加え全原料の明記、産地の公開まで行っているとのことだったので、とても安心して選ぶことが出来ました。

食いつきもよくこれからも続けていきたいです。


 

ドッグフードの独特な臭いがしません。オイルコーティングされてないからか全く手がベタつきませんでした。

安心して食べさせることができます。


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

口コミを見ていると人も犬も同じなんだなと感じます。きちんとしたものを食べないと便のニオイや涙やけなど外見に表れてくるんですね。食は大切ですよね。

それに無添加だとあまり味は良くないというイメージがあるかもしれませんが、ワンちゃんも食いつきがいいという口コミがありますから味覚に関しては人とは違いますね(笑)

無添加総合栄養食「自然派わんこの厳選ごはん」の詳細はコチラから

 

国産・無添加だから分かりやすい原材料名【なのに総合栄養食】

自然派わんこの厳選ごはんの最大の特徴はなんと言っても原材料です。下の一覧を見てもらえば分かるようによくみかける添加物が一切入っていません。

 

自然派わんこの厳選ごはんの原材料
生肉(鶏、牛肉、豚、馬、魚肉)、大麦、魚粉、玄米、コプラフレーク、サツマイモ、ゴマ、菜種油、ひまわり油、たかきび、ビール酵母、乳清、海藻、カルシウム粉末、脱脂粉乳、イソマルオリゴ糖、L-リジン、DL-メチオニン、、青パパイヤ粉末、グルコサミン、プロバイオティクス

 

だから、名前を見てもすぐに何となく分かるものばかりだから安心できます。しかも、無添加なのに総合栄養食なので毎日食べるワンちゃんの栄養バランスを整えるのに最適ですね。

総合栄養食は一言で言うと栄養バランスに優れたフードのことで、このペットフードとお水だけあればワンちゃんの成長ステージに応じて健康を維持できるぐらいの製品となります。

ただメーカーが勝手に名乗っていいものではなく、ペットフード公正取引協議会が定めた栄養基準を分析試験(もしくは給与試験)をパスする必要があるので信頼できるのも特徴です。

 

原材料名から気になったものをいくつか調べてみた

添加物なしなので基本的には素材名がそのまま書いてあるのですが、いくつかよく分からない名前があったので調べてみました。

 

コプラフレーク…コプラはヤシの実の胚乳を乾燥させたものだそうでそれをフレークにしたのがコプラフレークです。ビタミン類や良質な脂肪を含むので家畜(ブランド牛)の肥料にもよく使われるそうです。

L-リジン、DL-メチオニン…どちらもタンパク質の原材料となるアミノ酸の一種です。

乳清…牛乳から乳脂肪やカゼイン(タンパク質の一種ですが牛乳アレルギーのアレルゲンにもなります)を除去した水溶液でヨーグルトの上澄み部分も乳清の一種です。タンパク質が豊富でよくプロテインに使われるほどですね。

プロバイオティクス…人に有益に働く菌のことで善玉菌の別名をもちます。もっと具体的に言えばヨーグルトなどに含まれる乳酸菌ですね。

公式サイトでも乳酸菌が配合されていることが触れられていますが、原材料名には乳酸菌と記載されていないので、総称としてプロバイオティクスを使用していると考えられます。

 

気になる賞味期限のこと

通常のフードには酸化防止剤や防腐剤などが入っています。決していいイメージはないかもしれませんが、代わりに賞味期限が長くなっているので購入してからもあまり賞味期限のことを気にせず与えることができます。

一方、自然派わんこの厳選ごはんは製造する際や加工時にも酸化防止剤や防腐剤、防カビ剤などの添加物を一切使っていないので、どうしても賞味期限が短くなるのは仕方ありません。

とは言え、酸化防止を目的として玄米やひまわり油(ビタミンEが含まれています)、抗酸化作用のあるゴマ(セサミンが含まれます)を使っています。

こう言った元々食材が持っている酸化防止の力を利用することで未開封状態であれば製造から6ヶ月という賞味期限になっていますから、十分に実用的と言えますね。

ただし、一度開封してしまったらどうしても酸化しやすくなってしまいますから、袋は密閉して高温多湿を避けて冷暗所で保管するようにしてください。そして、なるべく早く使いきるようにするのは言うまでもありません。

無添加総合栄養食「自然派わんこの厳選ごはん」の詳細はコチラから

 

ドライフードで生肉50%以上使用【低温・低圧製法で安心】

 

自然派わんこの厳選ごはんは原材料の内、50%以上が生肉になっています。しかもその生肉も定番の牛肉や鶏肉だけでなく豚や馬、魚肉も使うことで様々なタンパク質を摂取しやすいようになっています。

本来、肉食である犬にとってお肉からの栄養補給はとても重要ですから、お肉にもこだわりが見られますね。

 

加熱によるビタミンや栄養の流出を防ぐ製法

また、お肉が入っているからと言ってどんなフードでもいいわけではありません。単にお肉といっても実は生のお肉と加熱したお肉では中に含まれる栄養価は全然違うものになってしまうからです。

例えばビタミン類は熱で破壊されてしまうものがありますし、うまみ成分も熱を加えることで外に出てしまうのです。

普段ドッグフードを与えていると忘れがちですが、ワンちゃんはエサとして元々は生でお肉を食べています。だから、フードもできるだけ生に近い状態で与える方が味的にも栄養価的にも愛犬が喜ぶのは当然です。

そこで自然派わんこの厳選ごはんは出来るだけ肉本来の味や栄養価を損なわないよう低温・低圧で作られています。その際に使う油も酸化していない新鮮なバージンオイル使うことで保存料や酸化防止剤といった添加物を使わない原材料を実現しています。

無添加総合栄養食「自然派わんこの厳選ごはん」の詳細はコチラから

 

複数の肉を使うことでアレルギー対策

最近では人間だけでなくワンちゃんにもアレルギーの心配がでてきています。理由は様々あるでしょうからここで触れる必要はありませんが、そうなると普段の食事で重要なのはアレルギー対策をとっておくことです。

例えば、タンパク質もアレルゲンの一種となりますが、タンパク源となるお肉についても先ほどご紹介したように自然派わんこの厳選ごはんは5種類のお肉(牛、鶏、豚、馬、魚肉)を配合しています。

特定のお肉をたくさん食べることで栄養バランスだけでなく、食物アレルギーの対策にもつながっているわけですね。

また、同じくアレルゲンになりやすい小麦グルテンは使っていませんし、お米やトウモロコシについても血糖値を急激に上げる要因となるため避けているのが特徴です。

では、エネルギー源となる炭水化物として何が入っているのかと言うと大麦やサツマイモなどです。

無添加総合栄養食「自然派わんこの厳選ごはん」の詳細はコチラから

 

他にもある健康成分もたっぷり配合

ドッグフードのメインはやっぱりお肉ですから、そのお肉へのこだわりをご紹介しましたが、自然派わんこの厳選ごはんはには他にもいくつかの健康成分が配合されていますのでそちらもご紹介します。

 

腸内環境へのアプローチには乳酸菌

ヒトでも腸活という言葉をよく聞くように腸が大切な臓器であることが知られるようになってきました。それは犬でも同様で実は毎日健康に生活するのに重要な免疫細胞の実に7割が腸の中にいると言われています。

つまり、健康維持には腸内環境を整えてあげることはとても大切なことなんですね。

腸内環境を整えるためにはやっぱり善玉菌を増やしてあげることが一番です。そこでヒトでもおなじみの乳酸菌(原材料にはプロバイオティクスと記載)を配合することで腸内フローラを整えるサポートをしています。

そして、善玉菌のエサとなるオリゴ糖(原材料にはイソマルオリゴ糖と記載)も配合することで善玉菌が活発に働くサポートもバッチリです。

 

お肉の消化を助ける酵素を配合

全体の半分以上を占めるお肉を効率的に消化することも重要です。そのために配合されているのが青パパイヤ酵素(原材料には青パパイヤ粉末と記載)です。

青パパイヤにはタンパク質分解酵素(パパイン)が豊富で効率的にタンパク質を消化・分解するのをサポートしてくれます。

 

関節サポートにはグルコサミン

シニア犬になってくると関節の心配もでてきますよね。そこで配合されているのがグルコサミンです。いつまでも元気で走り回ってくれるよう日頃から食べておくことが大切です。

 

▼無添加総合栄養食「自然派わんこの厳選ごはん」の詳細はコチラ▼



 

-ペット用