アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

スカルプケア

SHEE+スカルプバイオリポセラムは他の頭皮ケアとここが違う

髪に悩みを持っている人は多く、コンプレックスになっている人もいます。どうしても人と会うと目につきやすい場所だからこそ余計に意識してしまうものですよね。

ヘアケア商品は数多くありますが、中でもプロ仕様で専門機関に協力してもらうことで実感力のある頭皮トラブル対策になっているのが「SHEE+スカルプバイオリポセラム」です。

個人的には男女兼用で使えることがいいなと感じている商品です。

SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラから

 

ヒト幹細胞培養液で根本ケア

頭皮のトラブルには年齢以外にも様々な原因があります。代表的なのはストレスや紫外線ですが、極端な生活習慣や暴飲暴食、タバコも原因になったりします。また、普段良かれと思ってやっているヘアケアが間違っている場合も実は原因になってしまいます。

いずれにしても1つの原因ではありませんから、なかなか解決にいたらないという人も多いかもしれません。どれも思い当たるふしがあるという人も多いと思いますが、根本的にアプローチしないといけませんよね。

そこでSHEE+スカルプバイオリポセラムに配合されているのがヒト幹細胞培養液です。

ヒト幹細胞培養液は特に男性は聞きなれない名前かもしれません。ヒト幹細胞培養液とは人間の幹細胞※を培養する時に作られる液のことで様々なタンパク質などが含まれていることが知られています。

※細胞はツメや体毛、もちろん頭皮や毛髪も含め様々な細胞がありますが、それぞれの細胞になっていく(分化していく)性質がある細胞のことを幹細胞と言います。ノーベル賞を受賞した山中教授が確立したiPS細胞も幹細胞の一種です。

SHEE+スカルプバイオリポセラムに配合されているヒト幹細胞培養液「ヒト脂肪間質細胞順化培養液」は頭皮にはうるおいを与え、髪の毛にはハリとコシを与えるため、トラブルを起こす前の状態に戻すサポートをしてくれます。

SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラから

 

成分を浸透させる2つのシステム

せっかくの成分も肌に入っていかないと意味がありません。そのままシャンプーをしたら流れていってしまうだけですよね。そこで、SHEE+スカルプバイオリポセラムは肌への浸透力にもこだわった処方になっています。

 

浸透システム1 リポソームカプセル

リポソームは元々細胞の中にある成分のひとつで栄養を行き渡らせるために働くことが知られています。SHEE+スカルプバイオリポセラムではヒト幹細胞培養液などをリポソームカプセルにすることで細胞に有用成分を入りやすくしてあります。

 

 

リポソームカプセルのおかげで浸透しやすく、かつ長時間維持できるのがメリットです。

 

浸透システム2 BIO COMPLEX fo SCALP

植物が元気に成長するためには水や養分ももちろん大切ですが、それ以上に重要なのが実は土壌です。土が健康的であることが植物のためにとても重要なことが知られています。

毛髪に置き換えてみると、植物にとっての土壌にあたるのが頭皮環境です。つまり。頭皮環境を整えてあげることが大変重要なことが分かりますよね。

そこでSHEE+スカルプバイオリポセラムでは頭皮を整える美容成分がたっぷり入った「BIO COMPLEX fo SCALP」も配合しています。

 

 

リポソームカプセルとBIO COMPLEX for SCALPという2つのシステムでせっかくの成分をバッチリ、ジックリ浸透させていくのがSHEE+スカルプバイオリポセラムと言えますね。

SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラから

 

7つの有用成分で多角的なアプローチ

もちろん、SHEE+スカルプバイオリポセラムに配合されているのはヒト幹細胞培養液だけではありません。他にも様々な成分が配合されていますが、代表的なのが次の7つの成分です。

 

 

プラセンタエキス

一番の働きは頭皮のコンデションをサポートすること。頭皮環境を整え、髪の毛にハリやコシを与えることが期待されます。北海道産のサラブレッド(胎盤)から抽出したプラセンタエキスを使用しています。

 

ピティオキジジル

ピティオキジジルの働きは頭皮環境を整えることと保湿です。つまり、各成分が頭皮や毛髪へのアプローチをサポートする役目を果たしているわけです。

ノンアルコール処方で配合されているので頭皮への刺激も少ないのが特徴です。

 

グリチルリチン酸2K

頭皮ケア商品でもおなじみの成分です。頭皮の環境を整えつつ、フケやかゆみを抑えるサポートをしてくれます。

 

トリコラシル

トラブルが起きていると頭皮が硬くなりがちです。毛髪のためには頭皮の柔軟性をキープすることが重要ですから、そのために配合されているのがトリコラシルです。

トリコラシルには頭皮の保湿を行うことで柔軟性を与える働きが期待できます。

 

コエンザイムQ10

美容成分としてもおなじみとなったコエンザイムQ10には頭皮にうるおいを与え、頭皮の環境サポートに貢献してくれます。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の中でも低分子ヒアルロン酸を採用することで肌に浸透しやすく保湿とともに頭皮や髪の毛にもうるおいを与えてくれます。

 

パンテノール

プロビタミンB5の別名を持つパンテノールには優れた保湿効果があります。また、髪の毛の保湿もサポートすることから髪の毛のうるおいやツヤ髪も期待できます。

SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラから

 

頭皮・髪へのストレスを極力カット

 

 

多くのヘアケア商品には色々な保存料が配合されています。入っていないとすぐに腐ってしまいますからどうしても仕方のない部分はありますが、そういった成分は刺激が強く頭皮や髪に悪影響を及ぼす可能性があります。

頭皮や髪をケアするためなのにそんなことでは本末転倒ですよね。

そのため、SHEE+スカルプバイオリポセラムには合成香料やパラベン(防腐剤として)などの添加物が入っていないのも特徴の一つです。

 

SHEE+スカルプバイオリポセラムに配合されていない成分
・アルコール(エタノール)フリー
・パラベンフリー
・合成香料フリー
・合成着色料フリー
・シリコンフリー
・合成ポリマーフリー
・紫外線吸収剤フリー
・ミネラルオイルフリー

 

 

継続して毎日使うものだからこそ髪や頭皮に良い物は与えて、悪いものを配合しないというポリシーには共感できますね。

SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラから

 

SHEE+スカルプバイオリポセラムを使い続けるコツ

SHEE+スカルプバイオリポセラムは残念ながら1日やそこらで違いを感じるものではありません。考えてみれば髪の毛は1日で伸びるのはわずか約0.3~0.5mmです。1ヶ月後でも約1.2cmしか伸びませんから当たり前と言えば当たり前ですよね。

また、髪の生え代わりにかかる期間が約3~4ヶ月必要なのでメーカーもまず3ヶ月、できれば半年間続けることをススメています。

でも、髪の毛が気になっている人はできればすぐに変化がでてほしいと感じていると思います。そんな人に大切なのはモチベーションの維持です。そこでおすすめなのが写真を撮っておくことです。

一週間ごとや二週間ごと、1ヶ月ごとに写真を撮っておくことで鏡を見るだけでは気づかない変化を確認することもできます。もちろん、合わない場合のチェックにもなりますね。

変化を感じることで使い続けるモチベーションにもつながりますから、写真を撮っておくことは大切です。

SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラから

 

髪の悩みは気づいた時が始め時

髪に関する悩みは若い人よりも50代、60代のある程度年をとった人の方が多く抱えているイメージがありますが、実は最近では20代~30代の若い人や男性だけでなく女性も悩みを持つようになってきています。

なぜなら、頭皮トラブルは年齢だけでなく、ストレスや紫外線はもちろん、普段のヘアケアが間違っていたり食生活や生活習慣の影響をうけるなど様々な原因があるためです。

また、頭皮ケアはつけたら次の日に改善といったむしのいい話はやっぱりなく、半年や1年間は継続してケアしていく必要があるものです。

それでも男性は頭皮ケアへのハードルはまだ低いのですが、女性はどうしても足が重くなりがちで相談に訪れる時は手遅れになるケースもあるぐらいです。

やっぱり髪の悩みをはっきりと意識したら長い目でみて少しでも早くケアを始めることが大切です。

 

▼SHEE+スカルプバイオリポセラムの詳細はコチラ▼


-スカルプケア