アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

学習

セブンプラスバイリンガルの良い口コミと悪い口コミを両方チェック

子どもに習い事をさせたい親御さんは多いと思います。中でも人気の習い事を調べてみると以下のようなランキングがみつかりました。

 

男の子 女の子
1位 スイミング ピアノ
2位 英語・英会話 スイミング
3位 サッカー 体育・体操
4位 学習塾 英語・英会話
5位 体育・体操 学習塾

 

子どもの習いごとの人気ランキングですが、注目してもらいたいのが男の子の2位で、女の子の4位でもある「英語・英会話」です。英語の勉強を小さいころからさせることは習いごととして定番になっているようです。

でも、毎月毎月会費を払い続けるのはどこの家庭でもできるものではないですし、子どもが増えるとそれだけ負担も増しますし、最近では週に複数の習い事に通わせる場合もあります。

でも、うちの子には英語に強くなってほしいと願う親御さんの人気を集めている教材が「セブンプラスバイリンガル」です。

 

セブンプラスバイリンガルの良い口コミ・評判

セブンプラスバイリンガルの口コミを集めてみました。毎日子供にセブンプラスバイリンガルを聞かせていて親御さんが感じる率直な感想が分かるので購入するかどうかの参考になると思います。ぜひご覧ください。

 

 

4歳の息子用に毎日食事の時に聞き流ししています。

初めは聞いてるのかなーと半信半疑でしたが、英語のセリフを覚え、CDより先に声に出していて驚きました。

各国の観光名所なども出てきて英語だけではない知識も増えて、最高のCDだと思っています。

中盤から文章が長く難しくなっていくので、これからも長く使えそうです。


 

単語を言うのはなんとなくわかります。英語の歌など聞かせていると口ずさむようになってきました。

「○○は英語でなんて言うの?」って興味を持ってくれることが一番かと思います。

英語自体は聞かせて覚えるが一番かと思います。教科書を読むとかその前にコレは最適かと思います。

2歳の子ですら、なんとなく発音し始めているのには驚きました。


 

イラストがあるので子供たちが興味を持って聞き始めます。

倍速再生になると笑い出します。

これを聞くだけでバイリンガルになるとは思えませんが、英語好きになる一歩と考えてBGM代わりにかけ流したいと思っています。


 

かけ流しで使用しているので効果はまだ分かりませんが、子供は興味を持って聴いています。

世界地図を見て、『カナダがあった!』と言ったり、CDの会話に出てきた国を見つけて喜んでいました。

 

2歳の子が何となく発音しはじめているという口コミには大人と子供では吸収力が違うことを改めて感じるなと思います。

考えてみれば子供は日本語をほんの数年前にやっと話せるようになったレベルです。しかも体系的に教わることなく周りの話を聞いたりマネをして言葉を理解して話せるようになったわけですよね。

それと同じこと英語でやっているわけですから、子どもにとってはそんなに違和感がないのかもしれませんね。

 

▼セブンプラスバイリンガルの購入はコチラ▼


 

セブンプラスバイリンガルの悪い口コミ

セブンプラスバイリンガルはとてもよく売れている教材なので好評なのは間違いありませんが、やはり悪い口コミも存在します。色々な面から検討するためにもそちらの口コミ情報もご紹介したいと思います。

 

 

うちの子には合わなかったです。

よほど強い意志を持って、気長にできる方には合っているのでしょうね


 

4歳時くらいの子にじっとして聞こうねって、結構、難しいです。

男ので、ぬりえも興味をもたなくて、たぶん、こうなると思っていたのですが…

 

じっと聞いてくれないといった口コミが評価を下げている原因になっているようでした。どうしても向き不向きはでてしまうようですね。既に紹介した口コミでも最初は聞いているのか半信半疑だったというものがありました。

でも、聞かせつづけることで知らない間に変化が起きているみたいですね。別の口コミにもあったように集中しにくい子供の場合はBGM代わりに流し続ける方がいいのかもしれませんね。

セブンプラスバイリンガルの購入はコチラから

 

七田式教育のエッセンスがつまったセブンプラスバイリンガル

セブンプラスバイリンガルは右脳教育や幼児教育で知られている七田式(しちだ式)のメソッドが採用されています。

七田式を教える幼児教室は七田チャイルドアカデミーなどを始めとして2018年現在で18の国と地域で展開しており生徒数も52,000人以上もいます。

また、七田式の創始者である七田眞先生が七田式の指導を始めて始めてから60年が経ちますが七田式を学んだ人数も実は、のべ100万人を超えるほどになっています。

七田眞先生自身が高校時代に編み出した独自の英語勉強法(七田式は一番初めは英語教室から始まっています)をさらに進化させた子供向けの幼児英語教材がセブンプラスバイリンガルです。

セブンプラスバイリンガルの購入はコチラから

 

3倍速音声で右脳活性化状態での英会話学習

セブンプラスバイリンガルにはストーリー仕立てで日常英会話のフレーズが収録されたCDで英語を学習しますが、ポイントはその速度です。

CDには通常の速度(等倍速)と3倍速の両方の英語音声が収録されています。特に重要なのが3倍速で聞くことです。通常よりも早い音声で聞くことで脳にα波が起き、右脳が活性化されると言われています。

その状態で英会話学習をすることがセブンプラスバイリンガルのキモになってきます。また、高速でCDを聞いた後に通常の速度に戻すと、いつもの速度がゆっくりと感じられ聞き取りやすくなります。

これを「インターチェンジ効果」と言いますが、それにより学習の理解が進みやすいのがポイントです。

セブンプラスバイリンガルの購入はコチラから

 

7歳以上の子供でも大丈夫!

6歳以下の幼児は言葉を吸収するスピードがとてつもなく早いため、「語学の天才」と呼ばれることがあります。うちの子はそんな天才だなんてとんでもないと思われる親御さんもいるかもしれませんが、ほんのちょっと前に日本語を一から話せるようになったわけです。

何もない状態、しかも日本語の塾に通ったわけでもないのに自然と日本語を話せるようになったというのは天才以外の何物でもないのではないでしょうか。

また、6歳以下の幼児が天才だとしても、7歳になって急に才能が無くなるわけではありません。要は少しでも早く英語に触れさせてあげることが重要なのです。

もしお子さんの英語学習に興味や関心があれば少しでも「語学の才能」がある内に始めた方がいいと思います。

セブンプラスバイリンガルの購入はコチラから

 

親が英語を話せなくてもそんなの関係ねー

受験型の英語教育の弊害でしょうか、親やその上の世代になると英語に対してアレルギーにも似たものを持っている人が多くいます。むしろ話すことを拒絶するぐらいの勢いという人もいますよね。

でも、我が子には英語に親しんでほしい、バイリンガルになって海外で活躍してほしいと思い、まずは親から勉強しなければと健気にも頑張って英語を勉強する親御さんもいたりします。

正直言って、親が英語を話せることと、子どもが英語を話せることは関係ありません。(7、8歳の子どもが英語を話せるので海外旅行ではその子が通訳している知り合いがいますから)

子どもにとって英語は勉強するものではなく、英語触れられる環境にいれば勝手に吸収して習得していくものだからです。

親は英会話スクールに通って頑張って習得する英語を子供は知らない間に話せるようになってしまう。まさに語学の天才と呼ばれるゆえんとも言えます。

だから、親が無理して英語を学ばなくても全然OKなのです。安心してお子さんを英語を学べる環境においてあげてください。

 

▼セブンプラスバイリンガルの購入はコチラ▼


-学習