アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

さかな暮らしダブルの口コミは少ないけれど成分はしっかり入ってるよ

2019/03/10

昔から、魚は体にいいと言われていて、特に青魚がいいと耳にするものの中々手が伸びないものです。やっぱりお肉にしちゃう人が多いと思います。そういう人に好評なさかなの栄養を手軽に摂れる機能性表示食品「さから暮らしダブル」

その良さは色々あると思いますが、特に重要なのがDHAとEPA。その重要さについてご紹介したいと思います。

さかな暮らしダブルの購入はコチラから

 

さから暮らしダブルの口コミ、意外と見つからない

まず、さから暮らしダブルを飲んでいる人がどう評価しているのかなと思って、口コミを探してみましたが、見つかりませんでした。さらに探してみてSNSであった投稿がこちらです。

 

 

さかな暮らしダブルを試してみました。

血中のコレステロールを下げてくれるので、運動不足の私にもってこいです。

手頃に栄養もとれてありがたいです。

 

お試ししてみてよかったという内容ですが、具体的にはよく分かりませんね。それでも悪い口コミもなかったので決して良くない商品ではないだろうなというのがまず分かりました。

さかな暮らしダブルの購入はコチラから

 

DHAとEPA、似てるけど違い知ってる?

DHAやEPAは不飽和脂肪酸の一種です。健康的な生活にはとても大事な脂質の一種で体内では作ることができないことから必須脂肪酸とも呼ばれています。

DHA・EPAは氷点下でも固まらないことからサラサラにするために必要で中性脂肪を下げる働きがあることが知られています。比較的最近知られるようになったこの2つの成分は同じ時期に有名になったのでワンセットで語られることが多いですが、実際構造や働きも似ています。

でも、名前も違いますから異なる点もいくつかあるんですね。1つ目が吸収されやすさです。食べ物などから摂るとEPAの方が血液中に入りやすいと言われています。

一方でDHAはアタマに関してEPAよりもサポート力が優れていると言われています。そのため、実はDHAとEPAでは効果的に働ける場所が違う訳ですね。

そして、意外と知られていないのが、EPAは体の中でDHAに変換することができるということ。DHAからEPAにはj変換されることはないので、EPAをしっかりとっていると、DHA補給も兼ねていることになるんですね。

【取扱注意!】酸化しやすいDHAとEPA

DHAやEPA(不飽和脂肪酸)は、油脂の中でも特に酸化しやすいと言われています。問題はそれだけでなく酸化した油分を摂ると体の中で細胞を酸化させる働きや他にも悪影響があること。

よく天ぷら油を何度も使いまわすのはよくないと聞きますが、それと同じことですね。DHAやEPAは健康のために摂る人は多いと思いますが、取り扱いをきちんとしていないとかえって逆効果になってしまうので、品質はとても重要ということですね。

さかな暮らしダブルの購入はコチラから

 

DHAやEPA足りてますか?

青魚由来のサラサラ成分DHA・EPAは自分は摂っているつもりかもしれませんが、実はすべての世代で不足しているって知っていましたか?

日本人にとって1日に摂っておきたいDHA・EPAの量は1,000mgだと言われています。しかし厚生労働省による「日本人の食事摂取基準 2010年度版」によると18~29歳の平均で約200mg、30代~40代で約300mg、50代~60代が約600mg、70代以上でも男女の平均をとると700mg行かないぐらいです。

元々日本は海に囲まれていることから魚を食べることが多かったはず。それなのにここまで摂取量が減少しているのは単純に魚を食べなくなったことが理由だと考えられています。

厚生労働省が行った「国民栄養調査」と「国民健康・栄養調査」から日本人が消費した魚介類と肉類の推移を見たら一目瞭然です。

 

 

魚の消費量がどんどん減って言って、逆にお肉の消費量が増加しています。平成18年を境にその消費量は逆転をしてしまっている上、日本人が食べている魚介類の量は約26%分も減ってしまった計算になります。

決してお肉が悪者というわけではありませんが、魚から効率的に摂っていた栄養を補給しづらくなったことは事実ですし、それによって影響を受ける可能性は十分にあります。

さかな暮らしダブルの購入はコチラから

 

さかな暮らしダブルでDHA・EPAの摂取目標クリア!

さかな暮らしダブルの特徴はなんといっても1日の目安量(6粒)にDHA、EPAが豊富に含まれていることです。その量は860mg(内訳:EPA 600mg、DHA 260mg)なので、1日の摂取目標量1,000mgの内、86%も補うことができます。

しかも世代の中で一番摂取量の少なかった18~29歳(摂取量 約200mg)でもバッチリ目標に達するので、幅広い世代の人が効率的に飲むことができるサプリメントになっています。

さから暮らしダブルの酸化対策

先ほど、DHAやEPAは酸化に弱いということを紹介しましたが、サプリメントにして酸化しちゃわないのという不安もあると思います。でも、ご安心ください。さかな暮らしダブルには2つの酸化対策が行われています。

一つ目が天然ビタミンEを配合していることです。ビタミンEは抗酸化物質として知られていて、原料である魚油の段階でビタミンEを加えてあります。そのため、サプリメントの形状にする際の酸化ストレスへの配慮もしてあります。
※ちなみに原料段階の魚油にビタミンEを加えているため、さかな暮らしダブルの原材料名にビタミンEの記載はありませんが、「動物油脂(魚油)」の中に入っています。

二つ目がクリルオイルを配合していることです。クリルオイルとは南極オキアミという南極に生息するエビに似た形のプランクトンから取れる油のことです。

クリルオイルの特徴は濃い赤色なのですが、その元になっているのがアスタキサンチン、ビタミンEの1,000倍の抗酸化力を持っている物質です。

さかな暮らしダブルにはアスタキサンチン含有のクリルオイルを100mg配合することで酸化防止に一役かっています。

これらの酸化対策のおかげでさかな暮らしダブルのEPA量、DHA量は2年後でもほとんど減少しないという検査結果も得られています。

 

こんな検査結果まで公開するのはそうとう品質に自信があるという証拠だなと感じますね。

さかな暮らしダブルの購入はコチラから

 

さかな暮らしダブルは楽天、アマゾンで買うな!と言うよりも。。。

さかな暮らしダブルは通常価格が1袋で2,800円(税別)と絶妙な金額をついてきています。一見高く感じるかもしれませんが、1日あたりに換算すると93円です。まあ、いいかなと思える金額ではないでしょうか。

でも、もうちょっと安く買えないかなと思って楽天市場やアマゾンで買おうとアクセスしてしまうかもしれませんが、それは止めた方がいいとお伝えしておきたいと思います。

理由は簡単で「売っていないから」。これにつきます。本記事執筆時の話ではありますが、楽天市場でもアマゾンでもさかな暮らしダブルは検索でヒットしませんでした。そのため、販売していないようです。

とは言え、さかな暮らしダブルを安く買う方法がないのかと言うとそうではなく、公式サイトの「とくとく便」を利用する方法です。

とくとく便は定期的にさかな暮らしダブルが送られてくるもので、その頻度によって価格が異なります。

1ヵ月ごとに1袋送られ来る場合は2,520円(税別)で、2ヶ月か3ヶ月ごとに2袋送られてくる場合は5,040円になります。10%OFFで購入できるわけですね。

送られてくる頻度が違っても値段が同じと思うかもしれませんが、両者の違いは「送料」にあります。毎月1袋ずつ送ってもらう場合は送料として250円(税別)が別途必要になり、2,3か月ごとに2袋ずつの場合は送料が無料になります。

とくとく便は何回購入しないといけないといった回数縛りがないので、解約もしやすいですしお試ししてみるのにもいいかもしれませんね。

 

▼さかな暮らしダブルの購入はコチラ▼
さかな暮らし

-健康グッズ