アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

リフリーラは口コミでの評判バツグンのひざサポーターだった

2020/06/23

私も40代に入ってきて、周りの親戚や大人たちもそれなりの年齢の人が多くなってきました。そうすると見えてくることがあります。それが足腰、特にひざを傷めている人が多い事です。

まだ60代、70代の人だけでなく50代はもちろん40代を過ぎてもヒザを気にしている人はたくさんいるイメージです。その影響でしょうか法事などでお寺に行く機会があると参列者用にイスを見かけることが多くなりました。

今までは畳の上で全員正座が当たり前でしたが、ひざ痛の人が多くなったためか長時間の正座がつらい人への配慮としてイスが導入されているようです。

これは何もお寺だけでなく、飲食店でも同じです。畳のある大広間での食事であってもイズ席が増えてきています。これもやはり正座が厳しいという人のためのサービスの一環なんでしょうか。

ひざのことで悩んでいてもそれを放っておくわけにはいきませんから、ケアも大切です。そのためよくひざサポーターをしている人がいますが、数あるひざサポーターの中でも累計10万足の売上実績を誇るのが「リフリーラ」です。
着用時のひざへの負担を軽減!回旋系・固定系ひざサポーター「リフリーラ」の詳細はコチラ

 

リフリーラの口コミ・評判【これが人気の秘密】

ひざサポーターには色々な種類がありますが、正直どんなサポーターがいいのか詳しくない人も多いのではないでしょうか。そんな人にとってなぜリフラーラがそんなに売れているのか人気があるのかは疑問だと思います。

そこを解くカギが口コミ情報にありました。口コミは実際にリフラーラを使っているお客様の生の感想なのでとても参考になると思います。いくつか集めてみたのでぜひご覧ください。

 

 

介護の仕事をしており、仕事柄、一日中歩きまわったり、立ち仕事だったりしており、長年の疲労蓄積が、膝にきてしまい…。

特に階段の昇り降りがツラく困っていました。

薬局等でサポーターを購入していましたが、値段の割にはさほど効果を感じず、今回こちらのレビューをみて購入しました。

生地や面ファスナーもしっかりした作りで、激しい動きでもずれたり外れたりする事はないです。転職も考えていましたが、このサポーターで救われました。


 

10数年前に辞めたテニスを最近再開したが、思うように動けずテーピングでしのいでいました。

もっと良い物がないかと探していたら、このサポーターが目につき購入。

両サイドにしっかりとしたボーンがあるので膝の位置が決まり、さらにしっかり固定するベルトで安心して動けます。

今まで見逃していた球も拾えるような気がします!!主人と一緒に出掛ける日も多くなって、毎日がとても充実しています。


 

介護職で必ず右足が軸で介護するため負担が来て、よくひざがツラくなるので購入しました。

購入する際に、素材の肌触りとかが気になっていましたが、装着しても特に不快感はなく、ひざ周りの動きが安定するように程よくホールドされている感じがします。

締め付けがきつくなく、長時間、長期間使用しても快適です。ごわつかないので着る服に困らないのもうれしいポイントです。お出かけ時には手放せません。


 

年齢を重ねるごとに掃除などの長時間の作業がつらくなり、色んなサポーターを何種類も試してみたけど、O脚の私にはどれもイマイチ…。

そんな折、インターネットで本品を知り迷わず購入し早速装着した所、ぐらつきも抑えられ、曲げ伸ばしもかなり楽で、気分的にもリラックスできるようになってきました。

長時間付けててもズレる事無くフィトしているのでいい感じです。楽に掃除機をかけれるだけで、本当に嬉しいです。


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

口コミ情報を見ていて人気の秘密はもちろん機能性が優れていることがあるのは言うまでもありませんが、それ以外にも大きく分けて2つ理由があるのかなと感じました。

一つ目の理由が「サポーターがずれないこと」です。何を当たり前なことをと思われるかもしれませんが、サポーターを実際に使ってみると分かりますが安っぽい商品などはつけている内に次第にずれてくることがしばしばあります。

それではサポーターの意味がなくなってしまいますよね。リフラーラなら真の意味で支える(サポートしてくれる)ことが期待できそうですね。

もう一つの理由が「服を着ていても目立たないこと」です。ひざサポーターは商品によってはゴツい形状のものがありますが、そういったものだと上からズボンをはいても目立ってしまいます。

あまりサポーターを使っていることを周りに知られたくないという人も多いでしょうから、服を選ばずそのまま上から着ても目立たないのは大きなメリットと言えます。

ひざサポーター「リフリーラ」の購入はコチラから

 

低評価の口コミから分かること

リフリーラは好評価の口コミが多いことからも多くの愛用者がいるひざサポーターであることが分かります。2019年8月15日までにメーカーで調べた結果満足度が94.9%だったことからも納得できます。

でも、少数派ではありますがネガティブな口コミもあったのでご紹介したいと思います。そこから見えてくることがあるからです。

 

 

テニス用に購入したのですが、サイズが合わなかったのか、膝の屈伸がしにくくて、使用断念しました。

交換期間をもう少し伸ばしてくれると嬉しいです。


 

サイズを調べたつもりでしたが、しっかりしすぎていて私には合わなかったようです。商品自体は、いいものと思いました。

 

上部裏の滑り止め?が肌に合わず、赤くなってしまいました。

それがなければ良いと思っていましたが、残念です。


 

最近、屈むとき膝に違和感があったので購入しました。正直良くもなく悪くもなくという感じです。

※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

素材が肌に合わなかったという口コミやよく分からなかったという口コミもありましたが、ネガティブな低評価口コミの大半はサイズが合っていないことから起こることのように感じられます。

その場合には実は対策があります。失敗しないためにも購入前に知っておいた方ですね。次にその対策方法をご紹介したいと思います。

ひざサポーター「リフリーラ」の購入はコチラから

 

大は小を兼ねるで賢く購入

リフリーラはS・M・Lの3種類のサイズ展開がされていますが、迷った場合は大は小を兼ねるのことわざのように大き目サイズを選ぶことをメーカーでもおすすめしています。

なぜならリフリーラは使い方(装着方法)をみれば分かるように履くタイプのサポーターではなく巻き付けるタイプのサポーターだからサイズの調整が可能になるためです。

 

 

またサポーター自体伸縮する上、面ファスナーもあるので少し大きいくらいでもしっかりと対応することができます。だから、ワンサイズ大き目でも良さそうですね。

 

サイズが合わなかった場合でも大丈夫!

とは言え、失敗はしたくないしと思われるかもしれません。そんな時、万が一届いたリフリーラのサイズがあなたに合わなかった場合は届いてから30日以内であればサイズの交換をしてもらえます。

「お問い合わせフォーム」からサイズ交換を申し出れば受け付けてくれますからもしもの時でも安心です。ただし、返送する際の送料はユーザー負担になるのでご注意ください。ちなみにメーカーから交換商品を送る際は送料無料です。

また、使い方についてよく分からなかったとしても購入後半年(180日)以内であればメール相談も受け付けてくれるのでしっかりサポートしてくれます。

ひざサポーター「リフリーラ」の購入はコチラから

 

どのサポーターを選んだらいいのかよく分からない

ひざが痛いけどどっちのサポーターを買ったらいいのか迷うところだと思いますが、それには自分の場合がどんな痛みなのかをしっかり把握しておくことが必要です。

 

 

リフリーラには「回旋系サポーター」と「固定系サポーター」の2種類があります。これは単にひざが痛いといっても様々な要因が考えられるためです。

そのため両者は一見すると同じようですが、実は目的が違います。回旋系サポーターの場合は装着した時にひざが内側や外側にねじれるのを抑えることができます。

また、ひざのねじれは内側(内旋)もあれば外側(外旋)もあります。回旋系サポーターはベルトの巻き方を変えるだけで両方に対応できるという特徴があります。

もう一つの固定系サポーターの場合は、つけているとひざの前後の筋肉バランスを整えることができます。

 

それぞれのサポーターはどんな人に向いている?

ひざが内側にねじれることで体の重心は外側に集中してX脚傾向になります。逆に外側にねじれると体の重心は内側に移るのでO脚になりやすくなります。

つまり、O脚やX脚で悩んでいる人であれば回旋系サポーターがおすすめです。

一方、ひざの上下やひざの裏の筋肉(ハムストリングス)に負担がかかりやすい人はひざのお皿と呼ばれる膝蓋骨に悪影響があると言われています。

これはランナー膝やジャンパー膝と言われる症状となってきます。とういうことはその症状で悩んでいる人にはひざを固定する固定系サポーターをチョイスした方がいいということですね。

ひざサポーター「リフリーラ」の購入はコチラから

 

併せて知りたい。そのひざケア大丈夫?

ひざが痛くなった時どんなことをしますか?サポーターもその一つですけど、意外にやりがちなのがシップを貼ったりサプリを飲むことだったりします。でも、実は注意しないといけないことがあるって知っていましたか?

 

ひざにシップを貼る時の注意点

ひざなどの関節が慢性的に痛い場合には温湿布を貼ると良いと言われたりします。確かに貼ることで温まって、痛みが軽くなったような気になります。でも、それって本当に温まっているわけではありません。

温湿布にはカプサイシンなどのトウガラシの成分が入っていて皮ふの表面が熱くなったように感じているだけです。でも、なぜ良いと言われているのかというと湿布には消炎鎮痛剤が入っているからです。

消炎鎮痛剤があることで一時的に痛みが軽くなっただけ。つまり対症療法でしかないので注意しないといけません。このことは病院などで処方される薬でも注射でも同じことが言えます。

 

サプリメントを飲む時の注意点

ひざや関節が痛い時に軟骨成分(グルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンなど)のサプリメントを飲んでいる人も結構います。でも、実は軟骨にはその成分が届くことがないって知っていましたか?

人のカラダには血管が張り巡らされていて、そこを通る血液によって栄養が行き渡ります。でも、軟骨には血管がないため血液から栄養成分をもらうことができないのです。

いずれにしても一時的なものや気休め程度の対処をするなら、きちんとひざと向き合ってサポーターで保護してあげることの方がよっぽど大切ですね。

 

▼ひざサポーター「リフリーラ」の購入はこちら▼


-健康グッズ