アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

福祉

《評判上々》リドアーズお茶の水は統合失調症就職定着率90%超え?

2019/02/04

「リドアーズお茶の水」は統合失調症の方に寄り添った就職・転職をサポートする通所型就労支援サービス(社会福祉サービスのひとつ)を提供しています。

ここがすごいのは、2017年度15名(定員は20名)が就職し、その定着率93%と数字に実績が現れている点です。

統合失調症の方の中には、働きたくても働けない、という問題を抱えている方が少なくありません。

実は、わたし自身もうつを経験したことがあり、そこから復活することが簡単ではないことを身をもって経験しているひとりであります。

そうした視点からも、このような疾患を抱える方が就職することは簡単ではないということは容易に想像することができます。

だからこそ、「リドアーズお茶の水」では有効な方法が行われている証としてすばらしい結果が出ているにちがいない、ということまで推測することができます。

簡単ではないはずのことを、どのように行っているのか?こうした実績を打ち出した裏側にはどんな戦略があるのか?少しでも垣間見たい、という興味が俄然湧いてきました。

なので、今回は「リドアーズお茶の水」について知りたい方のお役に立てるような情報をシェアしていけたらと思います。

 

職場定着率93%!統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

「リドアーズお茶の水」体験者の口コミは?

「リドアーズお茶の水」の体験者の口コミをまずは見ていきたいと思います。

以下は実際に就職に成功した方の体験談です。

 

【Hさんの例】

2016年の4月~通所。統合失調症の陰性症状のため、引きこもりを繰り返していたそうです。スタート時は週4日通所を目標としていましたが、週5で通所できるようになり、その後、ずっと通い続けるまでになったそうです。

今は、めでたく再就職をしていらっしゃいます。

インタビューのほんの一部を抜粋して掲載します。

実はずっと、自分は人が嫌いなんじゃないかと思っていたんです。でも、デイケアの活動を通して、人がそんなに嫌いじゃないと気づきました。そして、一人で黙々と作業をするよりも、人とコミュニケーションしながら何かをする方が自分には合っていると知りました。そういう意味でも、リドアーズのプログラム内容が自分には向いていると思いました。

 

【Gさんの例】

10代のときから、統合失調症の症状があり、仕事をはじめても長く就労することができなかったそうです。そこで受診した際にはじめて病名がついたそうです。「リドアーズお茶の水」に通所する中で自分の症状について理解していったことで、1日も休むことなく通所できるようになりました。

Gさんは実習先の企業でそのまま採用されるという形で再就職を果たしています。

インタビューの一部を抜粋して掲載します。

リドアーズに通っている中で、一番印象に残っているプログラムは症状理解です。なぜ発症して、どんな症状があるのかを振り返る「自分ヒストリー」を作ってお互いの体験談を発表し合いました。ここでは、同じ病気でも人によっていろんな症状があることを知りました。
正直、明るい内容の講義ではなかったです。でも、重い話も赤裸々に出し合うことで、それまで友達にも話したことがなかったことをカミングアウトできて、すっきりしました。

また、自分ヒストリーを作ることは、自分自身としっかり向き合うことになるため、自己理解が非常に深まるプログラムでもありました。そのため、病気との付き合い方を身につけることができるようになったのも大きな収穫でした。新しい環境では症状が出てしまうものですが、環境に慣らしながら、病気とうまく付き合っていくしかないと考えるようになりました。
僕の場合、閉鎖空間やしーんと張りつめた空気が一番耐えられません。でも、どうしても会話が途切れてしまうことはあります。仕事中なら適度な休憩をいただいて、たばこを吸うなど1人になることで、落ち着きを取り戻せることを知りました。自分のことを伝わりやすく人に話せるようになったので、どのような配慮があれば症状が出にくいかも伝えられるようになりました。

リドアーズに通うようになって、家族からは「生活リズムが良くなったね」と言われました。昼夜が逆転し、昼間に爆睡していたことも家族は知っていたので。今も通院は継続していますが、症状が強く出てしまうことはあるし、症状の波は激しいと感じています。でもこれが症状なんだと理解できていれば、少しずつ落ち着きを取り戻せます。自分の症状を理解して、ストレスマネジメントを実践することで、自己管理ができるようになってきたことが、自分にとっては特に大きかったですね。企業に応募するためのプロフィールを作る際にも、自分ヒストリーを作っていたことが役立ちました。面接などもサポートしてもらえたので心強かったです。

 

どちらの方も、必要だったサポートが得られたことで、とてもスムーズに就職できているような印象を持ちます。

お2人とも、それぞれに、この先の夢として、Hさんは”結婚”。Gさんは”バックパッカーで海外を回る”ということをインタビュー中にお話されていました。

それまでは、自分の夢の実現に向けた動きはできない状態だったのでしょうけど、「リドアーズお茶の水」へ通った経験が本当に大きかったことが伺えますよね。

Hさんの結婚の夢というのは、きっとご家族もうれしく思われたにちがいないでしょうね♡

ここまで、歩みを進めてこられたお2人ですから、きっとこの先の夢も叶えていくよう力強く前進していかれることと思います。

 

【リドアーズお茶の水】の詳細はこちら

「リドアーズお茶の水」だからできることって?

「リドアーズお茶の水」には、統合失調症の方を第一に考えたサポートをすることがベースとなっているからこそ”できること”があるようです。

統合失調症の方が自分に合っている仕事を見つけていくことができる。

障害をもっている方がいざ再就職した時には、適職ではなかったため、すぐに離職してしまう、ということが起きがちだといいます。

でも、「リドアーズお茶の水」では、実際に色々な職場を体験することができ、その中で自分がこれからやっていく仕事としてどのようなものが合っているのか?最適なものを見つけていくことができます。

 

自分の症状について理解し、その対処について学んでいくことができる。

就職した時に必要になってくることは、自分を安定させて仕事をつづけていけるようにしていくことがあります。

この実現のためには、自分の心身に起きてくる症状について理解し、コントロールしていく術を習得しておくことがポイントになります。

「リドアーズお茶の水」には、そのために特別にプログラムが用意されているため、しっかりと学んでいくことができるんです。

さらに、実際に仕事の現場で先に働いている自分と同じような症状のある先輩と話す貴重な機会をもつこともできます。

 

実践に役立つ職業スキルを身につけていくことができる。

実際に就職した時に置かれる環境と近い模擬職場でトレーニングすることができます。

例えば、パソコンスキルや、業務計画の立て方、職場の目上の人への具体的な受け答えの仕方にいたるまで実践します。

また、それを自分がどのように行ったかについてフィードバックすることで身につける方式を取っています。

なので、いきなりこうしたことを職場で求められたらあたふたしてしまうような場面でも、あらかじめ想定して臨むことになるため安心感をもつことができると思います。

 

コミュニケーションスキルを学ぶことができる。

自分だけではなかなか表現しにくいことも、グループ活動の中で気持ちの伝え方を学んでいくことができます。

また、より円滑な表現方法も習うことができ、実践で役立つビジネスマナーを理解していきます。

さらに、ただ理解するだけにとどまらず、実際の場で使えるように身につけていくよう訓練していくんです。

 

【リドアーズお茶の水】の詳細はこちら

「リドアーズお茶の水」の就職サポート&研修の内容とは?

 

「リドアーズお茶の水」は、障害者の就職・転職の”atGP(アットジーピー)転職サービス”と連携しており、こうしたサポート体制もあります。

”atGP転職サービス”は15年以上積み上げてきた経験値があります。

「リドアーズお茶の水」の就職サポートの具体例

●就職アドバイザーから個別サポートを受けることができる。

●企業へ提出するプロフィールシートを発行してもらえる。

●求人情報の提供をしてもらえる。

●企業から事業所への見学の機会にも就職のチャンスがある。

●実際の企業で事前に一定期間、通勤や業務内容の訓練をすることができる。

●入社後も各支援機関と連携があり、長く働くことができるよう職場定着サポートシステムがある。

 

自分らしく働くことができるよう設けられている研修

●職業トレーニング

●コミュニケーション研修

●担当カウンセラーとの定期カウンセリング

 

いかがでしょう?統合失調症を抱えた状態でいきなり就職する場合と、こうした経験を積み、サポート体制がある状態とでは大きな違いが出るにちがいないということを理解することができるのではないでしょうか?

 

【リドアーズお茶の水】の詳細はこちら

「リドアーズお茶の水」のスタッフにはどんな方がいるの?

「リドアーズお茶の水」のスタッフにはどんな方がいらっしゃるんでしょうか?

やはり、真心をもった対応をしてくださるスタッフ陣なのか?というのは、通所する際の大きな決めてとなる部分になるのではないかと思います。

私がSNS上で調べた範囲のことをお話しますと、スタッフは6名体制のようです。

内訳は3名が精神保健福祉士資格をもっていて、統合失調症について専門的な知識をもっている方ということです。

スタッフの方たちはとても熱意をもって接してくださる方々という印象があり、Facebookの投稿などを見ると、通所されていた卒業生からの信頼も厚い様子を伺い知ることができました。

 

【リドアーズお茶の水】の詳細はこちら

「リドアーズお茶の水」についてのよくある質問とは?

「リドアーズお茶の水」について寄せられるよくある質問とその答えについて書いていきます。

質問1:「リドアーズお茶の水」を利用するとどのくらいの費用がかかるのでしょう?

答え:本人様の収入により、負担しなければならない場合と、無料で利用できるケースがあります。参考として、その内訳としては利用者のうちの約9割以上が無料での利用をされています。

(交通費とお昼代金は自己負担になりますが、市区町村によって補助の対象となるケースもあります)

 

質問2:「リドアーズお茶の水」に通う期間はどのくらいでしょうか?

答え:2年間の利用ができます。ただし、就職先が決まれば卒業することになります。

 

質問3:興味があるけれど、いきなり申し込むのは気が引けます。何か良い方法はないのでしょうか?

答え:実際の「リドアーズお茶の水」での見学や体験会に参加することができます。また、個別に相談することもできます。申し込みフォームが公式サイトへすすむとありますので、そちらから申し込みができます。

このほかにも何かわからないことがあれば、お気軽に問い合わせてみられると良いと思います。それぞれのケースによって違ってくる点もおおいにあると思いますので、疑問点については積極的にたずねてみましょう。

 

【リドアーズお茶の水】の詳細はこちら

「リドアーズお茶の水」のまとめ

「リドアーズお茶の水」についていかがでしたか?

ここまで見ていただいた方の中には、ご自身が統合失調症で就職先を悩んでいる、という場合もあるでしょうし、お子さんやご家族が統合失調症と診断されて何か力になりたい、という場合もあると思います。

今の世の中には、このような施設もあり、障害があっても働くことができるようなサポート体制があるんです。

なので、まずは、「リドアーズお茶の水」の存在を知っていただくことで、安心感を感じてもらえれば何よりです。

そして、とても興味がもてたという方は、それはきっと必要なご縁であるサインの可能性があるのではないかと思いますので、ぜひ勇気をもってはじめの一歩を踏み出していただけたらと思います。

そうすれば、きっと力強く温かいサポートを受け取ることもでき、これから先の人生を希望をもって歩んでいくきっかけがつかめるのではないかと思います。

 

 

▼【リドアーズお茶の水】ご利用の詳細は下画像クリック▼



 

-福祉