アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

便利グッズ

「お守り一筆龍」龍神のご利益を得て金運・健康運・恋愛運を高める?

お守り一筆龍というお守りがご利益ありそうで気になります。龍神さんって迫力あって魅力的なんですよね(^_-)-☆いかにもパワーと幸運を運んできてくれそうなので、なんだか惹かれるんです。ある時、龍のことを考えていたら、目の前の雲が龍そっくりの形になった経験があって、ああ、目には見えなくても龍神のエネルギーというのは存在するんだなあなどと思ったことがあります。

私たちが何か力を発揮するときというのは、決して自分の力でそれを行っているわけではないようですよね?そこには必ず見えない力のサポートがあって、恩恵をいただいているものだと思います。

なので、今日はそんなご利益をいただけるという素敵な龍のお守りが評判の「お守り一筆龍」の三種の幸運龍等をご紹介したいと思います。

 

以下の動画は「お守り一筆龍」のことがわかる短い(1分53秒ほど)動画です。巧の技が圧巻で感動ものですので、ぜひご覧いただけたらと思います。

「お守り一筆龍」商品詳細はこちら

「お守り一筆龍」とは?

 

「お守り一筆龍」は“融通「ゆうずう」さん”として親しまれている高野山真言宗如意山 藤次寺でご祈祷されて届けられるお守りのことです。

この“融通「ゆうずう」さん”というのは、願いのままに叶えてくれる、と愛されている如意宝珠融通尊で弘法大師の作品であると今に伝えられる宝の玉のことです。

三体のタイプの一筆龍は祈願内容ごとの梵字を全身全霊を込めて描かれています。この原画を専門技術によって加工して仕立ててあります。

 

「お守り一筆龍」商品詳細はこちら

80年前に描かれた一筆龍とは?

 

以下の写真は80年前に描かれた一筆龍です。

これはその名称にあるように龍の胴体部分を一筆で描くことで、一繋ぎで途切れないという意味合いがあり、幸福が途切れることがない、とか、良縁が途切れないなどと江戸時代から縁起物として大切にされてきました。

龍が手にしている「如意宝珠」は願いを叶え、健康で幸福になるとされる演技の良いシンボルです。

日本は、日本列島の形が龍に似ていると言われており、昔から龍神として神社・仏閣に祀られてきた歴史があります。

 

「お守り一筆龍」商品詳細はこちら

一筆龍絵師 手島啓輔とは?

「お守り一筆龍」のお守り絵師 であるのが手島啓輔氏です。手島氏は藤次寺に参拝した時に、第105世住職によって、前述した約80年前に描かれた一筆龍との出会いをし、深い感銘を受け藤次寺とのご縁となったようです。

 

 

彼は”ひとつなぎで途切れない龍”をみなさまの幸せや良縁が途切れなることのないように、と想いを込め、一筆龍を描き続けています。

大変力強い中にとても美しく繊細な面も持ちあわせる龍を一筆で表現する 素晴らしい技法は、日本国内だけでなく海外でも高く評価されています。

彼は元々少年時代から14年続けた空手の道から日本の道の精神を学びとり、幼少の頃には龍に魅せられ、龍を描き続けてきました。

そこに古くから伝わる一筆龍との出会いがあり、独学で技を学び習得したのです。デビューからわずか1年目には銀座で初の個展を開催し、現在は世界へ向けて日本伝統を発信しいます。これまでにロサンゼルス・ニューヨーク・ワシントン・フロリダの13会場で展示会並びにパフォーマンスを繰り広げて多くの人の感動を得てきました。

彼は江戸時代からの「一筆龍」の伝統を今に受け継ぎ、更に新たな独自の風も盛り込みながら更なる日本伝統の発展に日々勤しんでいます。

 

上記の動画をご覧いただくと共感していただけると思いますが、筆を巧みに操って美しい龍の色鮮やかな胴体を描いていく技法は観るものを魅了するものがありますよね? 色合いもさることながら、龍の体の質感を筆を動かす洗練された技術のみで表現しているところは「まさか、この質感を一筆で一瞬で描いていたんて!!」とばかりに度肝を抜かれてしまいます。

これぞ、匠の技と言える伝統技術であり、海外の方が見られた時、大変感激なさるというのが簡単に想像できちゃいますよね?

上の写真はフィリピンの「ドゥテルテ・キッチン」一筆龍チャリティオークションでの一コマ。

約1000万円の落札金額の全てをストリートチルドレンの為に寄付しました。ボランティア精神あふれる利他のための行為ができるこの道にふさわしい人物ですね。

 

「お守り一筆龍」商品詳細はこちら

「お守り一筆龍」を祈祷する藤次寺とは?

 

「お守り一筆龍」を祈祷するお寺は開創1200年という古い歴史と伝統のある藤次寺(とうじじ)です。

藤次寺は藤原冬嗣の命により藤原氏の祈願寺として建立されたのがはじまりです。大阪市天王寺区にあり、高野山真言宗の寺院。摂津国八十八箇所第19番札所になります。
「願い事を融通する」ということで、融通さんの愛称があることで有名です。

 

 

これだか由緒あるお寺で祈願してもらった「お守り一筆龍」は、家宝になりそうですね(^_-)-☆

 

「お守り一筆龍」商品詳細はこちら

「お守り一筆龍」商品のラインナップ

 

「お守り一筆龍」の昇り龍大願成就祈願に。下向きの龍厄除けや守護祈願として重宝されます。

 

 

 

さすがに本格的で迫力もあり、龍神様のご利益がありそうですね☆

 

「お守り一筆龍」商品詳細はこちら

「お守り一筆龍」で金運・健康運・恋愛運を上向きに!

 

「お守り一筆龍」はどのようなシチュエーションにご祈祷をお願いすると良いのでしょうか?

以下に主な3つの龍のタイプとその祈願内容をあげてみたいと思います。

例)開店、開業祝い、事務所移転祝い、社長就任祝い、新築祝い、就職祝い等

 

例)安産祈願、出産祝い、七五三祝い、入園・入学祝い、成人祝い、お誕生日祝い、還暦祝い、合格祈願、病気平癒、退院祝い等

 

例)交際記念日、パートナーのお誕生日、結婚祝い、結婚何周年祝い、銀・金婚式等

 

このほかにも、アイディア次第でさまざまな祈祷のために命を宿すことができるのが「お守り一筆龍」です。龍とのご縁にピン!ときた、という方は本当にそうなんではないか?と思います。

「お守り一筆龍」とのご縁を得ることによって、人生が今まさに上向きになろうとしているサインかもしれませんよね?

 

 

▼「お守り一筆龍」商品の詳細は画像クリック▼



 

-便利グッズ