アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

家電

ポケットIQ7、水素ジェネレーターの最安値はAmazonじゃない

水素水は一時期ブームになりましたが、市販の水素水の多くに実際は水素が含まれていないという問題がニュースになって少し下火になっています。

でも、それはあくまでも水素水の販売メーカーの問題であり、水素水自体を否定するものではありません。そのため、持ち運びのできる水素ジェネレーターはいつも新鮮な水素水を飲むことができると人気です。

ネックなのは高いこと(税別69,800円)です。そこで数億点の商品を扱う(となかい君の学スイッチで言っていました)Amazonだったら安いだろうと調べてみました。

 

ポケットIQ7の最安値はAmazonじゃない

ポケットIQ7は基本的に定価販売の商品です。そのためどこも横並びの価格ですが、Amazonなら違うんじゃないかと考えて調べてみた結果がこちらです。

安くなるどころか、AmazonではポケットIQ7を販売していませんでした。残念。かわりに加熱式たばこのiQOSの関連グッズがヒットしてしまいました。

定価で買わないとしょうがないかと思いがちですが、ミライプラスを見るとこんな特典がついていました。

今、公式サイトでポケットIQ7を購入するとJCBギフトカードを3,000円分プレゼントしてくれます。JCBギフトカードはイオンやビックカメラ、イエローハット、デニーズなど全国100万店以上の取扱店で利用できます。

ほとんど3,000円割引と同じようなものです。さらに購入後に商品レビューを書くと合計4,400円以上相当になるプレゼントまでもらえます。

●プレゼント内容
・水素入浴剤「水素バス」3個プラス専用ケース
・水素入浴剤 H2バブル お試し3個パック
・水素×炭酸バスボールSPA×3個
・リフレッシュパック
・水素水保存用逆止弁アルミパック SSパック 500ml×1個

 

※通常価格
水素バス 3個 648円
水素バス専用ケース 1個 324円
H2バブルお試しパック 713円
水素×炭酸バスボールSPA 3個 972円
リフレッシュパック 864円
水素水保存用逆止弁アルミパック SSパック 500ml 972円

また、通常メーカー保証が1年のところ、ミライプラスから購入すると保証期間が2年延長され、合計3年保証になります。

JCBギフトカードの特典は期間限定と書いてあるので、購入を検討されている方はお早めに

ポケットiQ7の購入はコチラ

 

ポケットiQ7はお水じゃなくても水素水が作れる

水素水を作る場合、水道水やミネラルウォーターに水素生成器を入れて使うというイメージを持ちがちです。

でも、ポケットiQ7は電気の特性を生かして水素を発生させる仕組みのため、水質に影響を受けずに安定して働きます。また、水の硬度や成分によって水素の溶けやすさも変わりますがそれにも対応しています。

そのため、お水以外でもスポーツドリンクやお茶、ジュースにも使用することができます。

お水以外でも水素水にすることができると、それだけで使い勝手の幅が広がるんではないでしょうか。

ポケットiQ7の購入はコチラ

 

ポケットiQ7は第三者機関で実証済なので安心して使える

これまであった携帯用の水素生成器は一定時間で水素を水に溶け込ませる方法で作られていました。水素の溶け方は水質によって違うので時間だけでは水素の濃度にバラつきがありました。

それが水素水全体の不信感につながっていたのではないかと思います。

ポケットiQ7は電気の特性を利用して水質の影響を受けないので安定して水素を発生させる特許技術を採用しています。そのため、ポケットiQ7を使う前のお水のpHを変えることすらないのが特徴です。

また、水素水の還元力は一般財団法人日本食品分析センターの試験で立証されています。よくある当社調べではないので安心感がありますね。

ポケットiQ7の購入はコチラ

 

ポケットiQ7が溶存水素濃度判定試薬を使っても色が変わらないワケ

水素水がきちんと出来ているかどうかの判断をする方法として「溶存水素濃度判定試薬」というものがあります。試薬によっても違うかもしれませんが、水素が入っているお水にこの試薬をたらすと青色が透明に変わります。

しかし、ポケットiQ7で作った水素水の場合、溶存水素濃度判定試薬には反応しません。これは水素を作る仕組みに由来します。

ポケットiQ7は電気を利用した「電気分解方式」というやり方で水素水を作っています。その場合水(H2O)を電気で分解するため、水素(H2)が生成されるのと同時に酸素(O2)も発生することになります。

溶存水素濃度判定試薬を使った場合、水中の酸素がこの試薬の反応を邪魔するため、青色が透明にならないことがあるそうです。
※このことはポケットiQ7だけで起こることではなく、電気分解方式の水素水生成器全般であることです。

ポケットiQ7は水素濃度測定器できちんと水素がでていることを確認しているので水素がでていないんじゃないかという心配はいりません。

ポケットiQ7の購入はコチラ

 

ポケットiQ7の魅力は百聞は一見にしかず

ポケットiQ7についてあれこれ書くよりも動画があったのでそちらを見た方が早いと思いますのでご紹介します。

 

水素水生成器自体は正直、据え置きタイプの方が性能はいいとは思いますが、毎日自宅に一日中いる人はともかく、日中は仕事などで外出している人がほとんどだと思います。

そうした人には外出先でしかも飲み物を選ばず水素水が作れることが魅力だと思います。

 

▼ポケットiQ7の購入はコチラ▼


-家電