アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

家電

ヒューロムのスロージューサーは「ピカイチ野菜くん」で!

2019/06/19

昔から野菜や果物をジューサーですりつぶして野菜ジュースにして飲むことがありました。でもそれは本当にたまのことで習慣化することはありませんでしたし、そもそもちょっと健康的だなぐらいと思って飲む程度のものでした。

でも、最近ジューサーも少し事情が変わってきていることを知りました。

 

きっかけは野菜嫌いな義父のガン

義父ががんの宣告を受けました。それをきっかけに妻と一緒にどうすれば少しでも義父の寿命を延ばすことができるのかと色々と情報を探しました。

そんな中で食事改善の一つとしてニンジンジュースを飲むという方法を知りました。元々義父は大の野菜嫌いで振り返ると野菜を食べているのをほとんど見たことがないぐらいでした。

そんな義父でも飲みやすいようにとせめてジュースにしてはどうかとジューサーをプレゼントしました。ニンジンジュースを飲む際のジューサーがスロージューサーであったので、そこまで考えずにプレゼントしたのがスロージューサーでした。

スロージューサーを使って初めて義父の前でニンジンジュースづくりを実演して飲んでもらったところ、それまでニンジンを食べる姿も観たことないくらいだったのにスロージューサーで作ったニンジンジュースはおいしいと飲んでいました。

その後も毎日かかさず朝晩2回、スロージューサーでニンジンジュースを飲むことを日課にしています。その姿に妻も含め周りの者がみな驚いていました。

その習慣は今も継続していて、遠出しなければいけない時でもジューサーとニンジンをもって出かけるという徹底ぶりです。

病院で受けている治療としてホルモン療法も併用しているため、ニンジンジュースを飲み続けたおかげかどうか分かりませんが、義父の検査結果はどんどんよくなって、数値だけ見ると私達よりもいいんじゃないかと思ってしまうぐらいです。

スロージューサーで作る野菜ジュースはネットで見ていいかもとは思っていましたが、実際に義父が改善していく姿を目の当たりにすると本当かもとより思えるようになりました。

 

スロージューサーの回転が遅いのがいい!

色々調べてみて、スロージューサーは何がいいんだろう。普通のジューサーと比べてどう違うんだろうと思ってしまいます。

ジューサーは基本的にモーターが回転して中に入れた野菜や果物をすりつぶしていきます。スロージューサーはその名前の通りモーターの回転数がゆっくりでモーターに連動して動くスクリューが1分あたり43~48回回転します。

そのため、上質なジュースになるそうです。

じゃあ、回転数が少ないとどういいのかということですが、回転数が多くなると摩擦が多くなるので熱が発生します。野菜の中には熱に弱い栄養素があったり、酵素も熱に弱いものがあります。

回転数が遅いスロージューサーは熱に弱い栄養素や酵素をできるだけ破壊しないですむというのが特徴です。

 

スロージューサーといえばヒューロム

普通のジューサーは日本国内の様々なメーカーが販売しています。でも、スロージューサーに関して言えば意外と日本国内では販売されていません。あったとしても性能がよくないです。

調べてみると有名なメーカーが韓国のヒューロムです。ちなみに義父にプレゼントしたスロージューサーもヒューロムの旧タイプです。

ヒューロムのスロージューサーは石臼のように野菜や果物を低速ですりつぶしていく低速搾汁方式を採用しており、その技術は国際特許も取得しています。

一日に必要な緑黄色野菜は350~400gと言われていますが、それがヒューロムのスロージューサーを使えばコップ1杯のジュースにして飲むことができますよ。

 

ヒューロムのスロージューサーは日々進化する

ヒューロムのスロージューサーは常にバージョンアップを繰り返しています。例えば「音の大きさ」です。ジューサーを回すと意外と大きな音がでます。

モーターの回転音が音の大きさに関係してくるので、通常のジューサーやミキサーだと結構な音ですが、低速のジューサーだと比較的小さな音です。

でも、ヒューロムのジューサーはジューサーの心臓部であるモーターに改良を加え少しでも静かになるようバージョンアップしています。

また、ヒューロムのスロージューサーはスクリューの外側に回転ブラシがありますが、ブラシの回転を遅くすることでより上質の野菜ジュースを飲めるように設計されています。

このバージョンアップを繰り返す姿勢がシリーズ合計770万台を突破し、世界85カ国で愛用されるスロージューサーである大きな理由なんでしょうね。

 

ヒューロムの野菜ジュースは唯一の代理店「ピカイチ野菜くん」で

ヒューロムのスロージューサーは決して安い商品ではありませんが、だからと言って楽天市場やAmazonで価格のみを追い求めるのは正直危険です。

なぜなら、義父ではありませんが、野菜ジュースを真剣に摂ることを考えたら毎日ジューサーを使うことになります。だとしたらメンテナンスに気をつかわないといけません。

実際、義父が使っているスロージューサーは何度か修理に出しています。毎日使えばそれだけどこかしらの不具合が生じるのはしようがないことがと思います。

そんな時にメンテナンスをきちんと行えるのがヒューロムと正規代理店契約を結んでいる会社だと言えますが、そのヒューロムの日本唯一の代理店が「ピカイチ野菜くん」です。

正規代理店になるとジューサー本体の情報もヒューロムから得られやすいですし、取り扱いも増えてきます。そのため、「ピカイチ野菜くん」では日本で初めてのスロージューサー専門のメンテナンスセンターを開設しています。だから、もしもの時にはサポート体制が万全です。

まず、「ピカイチ野菜くん」では楽天市場やAmazonなどの安売りをするショッピングサイトにも負けず定期的にキャンペーン価格で商品を提供してくれます。さきほど確認したところでは期間限定で「ヒューロムスロージューサー H-AA」が5,000円以上も値引きになっていました。

他にも「ピカイチ野菜くん」では5年間の無償修理保証を行っています。先ほども書いたようにジューサーは毎日使っていると調子が悪くなることがあります。でも、そんな時に長期間の無償修理保証がついていれば気軽に修理の依頼ができて安心です。

とは言え、義父のように治療として野菜ジュースを飲むなら修理に出している間のジュースづくりに支障をきたします。そのため予備としてもう1台持っています。同じような用途で購入を検討されている方は思い切って2台用意した方が安心できると思います。

また、「ピカイチ野菜くん」でヒューロムのスロージューサーを購入すると、無農薬にんじん3kg、国産リンゴ3個、新鮮レモン3個の無農薬野菜セットがついてきます。

だから、到着したその日から野菜ジュースを楽しむことができて便利です。

最後に「ピカイチ野菜くん」からジューサーを購入した場合にに限り、商品到着後1週間以内であれば返品を受けてくれます。そのため購入する側のリスクがドンと少なくなります。(一緒に送られてくる野菜については返品ではなく、そのまま食べていいそうです)

野菜ジュースを飲む目的は様々だと思います。健康のためという人もいるでしょうし、体質改善、病気になったあからという人もいると思います。でも、いずれの場合でも野菜の栄養素をできるだけ損なわずに摂りたいものです。

そんな時にヒューロムのスロージューサーは本当にいい商品だと思います。2017年12月現在ですと最新機種は「ヒューロムスロージューサー H-AA」だと思いますが、できるだけ最新機種で野菜ジュースの健康生活を送ってほしいと思います。

 



-家電