アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

便利グッズ

パパフレは脂肪の吸収を抑えると言えるサプリ←ココ重要【口コミも良し】

周りに揚げ物やカロリーの高い食事がなんと多いんでしょうか。コンビニに行けば、レジ横のゴールデンスポットには唐揚げやアメリカンドッグなどのホットスナックが待ち構えています。

レジ近くの冷蔵コーナーには毎週いくつものハイカロリーなスイーツが新商品として販売されます。この誘惑に負け続けるとどんどん体重計に乗るのが恐ろしくなりますよね。

その対策に一番いいのは運動と栄養バランスのとれた食事を心がけ、摂取カロリーを抑えることです。でも、正直ガマンって続きませんよね。そしてドカ食いしてリバウンド。。。未来に待ち構える負のスパイラルが目に浮かびます。

そんなカロリーの元凶である中性脂肪を抑えてくれると人気急上昇なサプリが「パパフレ(PAPAFURE)」です。

パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラから

 

パパフレの口コミ・評判

パパフレに限らず、サプリメント(機能性表示食品)を摂ろうと思う人の願いはお悩み解消ではないでしょうか。

じゃあ、パパフレは実際どうなの?ってところですが、その参考になるのは口コミ情報だと思います。既にパパフレを摂っている人の生の感想をぜひご覧ください。

 

食事のバランスが悪くて、ついつい脂っこいものをよく食べてしまって。

体重や健康も心配なのでパパフレを飲み始めました。

適度な運動をしながらこれを飲んでると毎日とっても調子がいいです。


 

40歳を過ぎたころからやっぱりカラダの調子が少し悪くなって。

ずっと健康で過ごすために、何か良いものはないかなってさがしていました。

パパフレを飲みだしてから、本当にカラダが軽くなった感じがするくらい毎日元気です。旦那にも健康ために飲ませています。


※公式サイトからの口コミ

 

中性脂肪が高めで、市販サプリを飲んでいましたが、市販サプリは、効かないとのことで?

通販サプリの、き○○を飲んでいましたが、コストがやはり高く、粒も楕円形で大き目最初飲みにくかった事もあり、こちらの、はぐくみプラスさんのぱぱフレは、丸錠剤で、何と言っても、コスパが非常にネット通販にしては、goodです。
【50代・女性】


 

やはりこういう商品はすぐに結果は出なくても、続けることで効果が期待できるものと思います。

今回はとてもお得に購入できましたし、これからもう少し続けてみたいと思います。
【50代・女性】


※楽天市場からの口コミ情報

 

パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラから

 

パパフレが脂肪の吸収を抑える具体的な根拠がコレ

パパフレは機能性表示食品なので、メーカーの責任でその成分に科学的な根拠を出す必要があります。じゃあ、まずはどんな機能があるのかと言うと以下の内容です。

 

本品には、ターミナリアベリリカ由来没食子酸が含まれています。ターミナリアベリリカ由来没食子酸には、食事の脂肪の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の吸収を抑える機能があることが報告されています。

 

つまり、パパフレに配合されているターミナリアベリリカ由来没食子酸という成分が食事に含まれる脂肪分が体内に吸収されるのを抑えるということです。

次にこの機能についての科学的根拠ですが、人を対象としてターミナリアベリリカ由来没食子酸を摂取するかしないかでラードやバターが入っているコーンポタージュを食べた後の中性脂肪の上昇量を調べています。

 

 

試験は34人の成人を対象に行っていますが、ターミナリアベリリカ由来没食子酸を摂ることで食後の中性脂肪の上昇量が半分以下に抑えられています

このデータ自体、ライフサイエンス出版の科学論文雑誌「薬理と治療」に掲載されているので確かなデータだと思います。

パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラから

 

没食子酸の安全性は食習慣から

機能性表示食品の場合、その成分が安全だと言う根拠も提出する必要があります。

そのため、ターミナリアベリリカ由来没食子酸の安全性の根拠として、これまでの実績が挙げられています。実はパパフレと同様にターミナリアベリリカ由来没食子酸を配合した食品(サプリ)は2013年から売されています。

もう7年以上の販売実績があり、販売数も250万食以上になっていますが、これまでに健康被害の報告がないことから安全だと考えられています。

本品の類似食品が2013年以降に約250万食製造され全国販売されているが、健康被害の報告はない。

また、パパフレに配合されているのはターミナリアベリリカから抽出された没食子酸なのですが、実は没食子酸自体は食品添加物(昔から使用されてきた既存添加物)としても認められていて、かつお節の酸化防止に使われています。

こういった食習慣や米国ハーブ製品協会が監修した「BOTANICAL SAFETY HANDBOOK Second Edition」でも適切に使用する分においては安全に摂取できるハーブとして分類されています。※厚労省でも同様の結論を下しています。

 

ただし、一部のヒトの摂取には注意が必要

上記のことから安全だと思われるパパフレ(ターミナリアベリリカ由来没食子酸)ですが、没食子酸が鉄分の吸収を妨げる可能性があることが知られています。

そのため、妊婦さんや病気で気になっている方はあらかじめお医者さんに相談した方がいいですね。

パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラから

 

そもそもターミナリアベリリカとは?【パパフレの成分】

 

パパフレが機能性表示食品として出しているターミナリアベリリカって聞きなれない名前ですよね。どんな成分なのかもよく分からないという人がほとんどだと思います。

ターミナリアベリリカは元々スリランカから東南アジアにかけて生えている植物(広葉樹)です。インドでは伝統医学として知られているアーユルヴェーダでも使われるハーブの一種で3大健康果実の1つに数えられています。

5,000年以上前から人々に愛用されてきたターミナリアベリリカですが、研究によりその理由が分かってきました。それが果実の中に含まれる没食子酸という成分です。この成分が体内で脂肪の分解をブロックする働きがあることが分かってきました。

脂肪が分解されないと血液中に中性脂肪が溶け出さないでそのまま体外に放出されるので血中中性脂肪の上昇を抑えることができます。

この働きからパパフレは日頃、油っこい食事の多い人の中性脂肪対策サプリとしてとして人気を集めています。ちなみにパパフレというネーミングから男性専用サプリメントと思いがちですが、女性が飲んでも全然OKです。念のため。

パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラから

 

ターミナリアベリリカ以外の配合成分についても考えてみた

パパフレは機能性表示成分である「ターミナリアベリリカ由来没食子酸」が主成分と言えますが、サプリメントなのでそれ以外の成分も配合されています。パパフレの全成分は以下の通りです。

 

パパフレの成分
還元パラチノース/ターミナリアべリリカ油出物、緑茶油出物/セルロース、甘味料(ステビア)、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、着色料(鉄クロロフィリンNa)、柿油出物

 

これらの成分の内、還元パラチノースや甘味料(ステビア)は名前の通り、味を調整するために配合されていると思います。

ステアリン酸Caや微粒酸化ケイ素、着色料(鉄クロロフィリンNa)はサプリメントの形状にするための添加物や色付けのために入っていそうですね。鉄クロロフィリンNaにはそれ以外の用途もありそうですが。。。

残りの緑茶抽出物と柿抽出物はカテキンとタンニンを指すのではないかなと思います。酸化防止のために配合されているとともに抗酸化力の強いポリフェノールの一種ですね。

こうして見ると、パパフレはまさにターミナリアベリリカを摂るためのサプリメントと言えますね。

パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラから

 

縛りがないからパパフレは定期コースがお得

パパフレは1袋の通常価格が7,480円(税込)となかなかのお値段です。それで良さそうだと思っても購入に踏み込めない人は多いのではないでしょうか。

だったら、毎月パパフレが届けられる定期コースがオススメです。毎月1袋届けてくれる「毎月1袋お届けコース」なら初回購入分は特別価格の1,480円(税込)とかなりお得です。

2回目以降も3,480円(税別)なので続けやすいのが特徴です。

実はパパフレの定期コースは毎月届けてもらうと送料(270円)がかかるため、2ヶ月に2袋送ってくれる「60日ごと2袋お届けコース」の方が人気になっています。

 

 

初回購入分はさらに安く1,280円(税込・ひと袋あたり)ですし、2回目以降もひと袋当たり3,280円(税別)とお得になっています。

とは言え、定期コースは何回分か継続して購入しないといけないことに不安を感じている人も結構いますよね。

最近ではスマホの利用料も2年縛りや3年縛りができなくなっています。そんな時代にサプリだけ回数縛りを設けているのはおかしな話です。だから、パパフレの定期コースには回数縛りがありません。

だから、もしパパフレを飲んで体に合わないと思ったら2回目からは解約することもできますから、不安なく申し込むことが可能です。

 

▼パパフレ(PAPAFURE)の購入はコチラ▼
PAPAFURE

-便利グッズ