アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

音速パソコン教室の口コミとよそのパソコン教室との違い

パソコンを持っていなくてもスマホは持っている人は大勢います。スマホだけで仕事が完結すると言っている人もいますが、実際のところまだまだ仕事でパソコンを活躍するシーンはスマホの比ではありません。

仕事をしていてもパソコンを使えることで重宝されることは多く、同時に周りにパソコンをほとんど構えない人のなんと多い事でしょう。文字の入力や検索はできてもワードの編集やエクセルの合計関数すら使えない人がほとんどです。

例えパソコンを持っていても使っていないのであれば本当にムダだと思います。でも、現時点で使えないのであればパソコンの使い方、正確には文書作成(ワード・Word)や表計算(エクセル・Excel)の使い方を学ぶしかありません。

とは言え、毎日仕事が忙しいからパソコン教室に通うことができないという人にピッタリのサービスが「音速パソコン教室」です。

音速パソコン教室の詳細はコチラから

 

音速パソコン教室の口コミ・評判

パソコン教室に通っている人はその多くがパソコンの初心者だと思います。音速パソコン教室に通うことでどれぐらいスキルアップできるかは検討する上で重要ですよね。

そこで既に通っている人の口コミ情報をご紹介したいと思います。ぜひご覧ください。

 

 

書籍を買って、独学で勉強していましたが、いつも最初の10ページほどでダウンしていました。

金額も安かったので購入してみましたが、それ以上に、わかりやすく丁寧な解説と体系的な解説で、非常に良くわかりました。


 

他の教材を購入したこともありましたが、実際役に立たないものばかりでした。

音速パソコン教室は安価だったので最初は半信半疑でしたが、教材はとても素晴らしく、過去に私が購入した中で、最高に素晴らしい内容です。

メールでもつまらない質問にも、本当に丁寧に教えていただき、感謝しています。


 

街のパソコン教室に通っていましたが、実地で効率よく作業できるノウハウではありませんでした。

音速パソコン教室を受講して、いろいろな便利な機能を教えていただき、ワードもエクセルも、ちょっとしたところで使えるな~と感心することばかりです。


 

内定先から、入社式までにエクセルの基本知識を覚えてくるように言われ、慌てて受講しました。

何から手をつけてよいのか分かりませんでしたが、1日たったの60分程度で、その上たったの8日間でエクセルをマスターできました。

これで自信を持って4月から働くことができます。


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

パソコン教室で本当に大丈夫?って口コミでも多くの人が思っていたのが音速パソコン教室でよく理解できたと言っているのが印象的でした。

また、音速パソコン教室で学んだおかげでMOS資格(Microsoft Office Specialistの略。マイクロソフト認定のOffice国際資格のこと)に合格している人が何人もいるのでレベルもある程度高いことがわかります。

とは言え、結構初心者で受講している人も多いですし、そもそもそういった人向けの教材なのでこれからパソコンに向き合っていきたい人にも良さそうですね。

音速パソコン教室の詳細はコチラから

 

音速パソコン教室はDVD受講だから通う必要なし

音速パソコン教室はDVDでエクセルやワードのスキルを学んでいくスタイルです。

一般的なパソコン教室に通う場合、その教室の形式にもよりますが予約制であることが多いです。つまりあなたの行きたいタイミングで習いたいパソコンスキルを教えてもらうことが難しいということがあります。

そして、予約すること自体面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。

その点、音速パソコン教室のDVDを見て学ぶスタイルなら早朝だろうと深夜だろうとあなたがパソコンの勉強をしようと思ったタイミングで受講できるので効率もいいのがメリットです。

また、項目ごとにいくつもDVDが用意されているので今学びたいスキルをピンポイントで習得できるのもいいですね。

 

画面の操作をマネるだけでOK

とは言え、DVD受講で本当にパソコンスキルが身につくの?と疑問に思う人も多いでしょうが、音速パソコン教室は既に1万人以上の受講者がいてそれぞれの感想は口コミを見てもらえばよく分かるのではないでしょうか。

DVD受講なのにパソコンの技術が上達する秘訣はその内容にあります。ただ単に座学で内容を教わるのではなく、DVDの中で講師が説明してくれた内容をパソコンでそのまま操作をマネするというスタイルになっているからです。

通常のパソコン教室だったら、大勢で受講するので内容についていけない人もでてきますが、DVDならさっきの内容巻き戻して再確認するのも簡単です。

 

内容につまづいてもしっかりサポート

講義の内容で分からない点があって、何度巻き戻しても理解できないことはどうしても出てきてしまいます。そんな時パソコン教室ならすぐに講師に聞くことができますが、DVD受講の場合はどうしたらいいの?と不安を感じるでしょう。

でも、ご安心ください。音速パソコン教室は電話やメールでの問い合わせを受付ているのはもちろんのこと、講師が遠隔操作でマンツーマンで指導してくれるのでサポート体制もバッチリです。

音速パソコン教室の詳細はコチラから

 

音速パソコン教室で学べる内容【パワポも受講可】

 

音速パソコン教室ではエクセルとワードをセットにした受講内容となっていて、それぞれ8日間のカリキュラムで構成されています。どちらも基礎から応用までしっかり学ぶことができます。

 

エクセル講座の内容

1日目 エクセルの文字・数字の入力方法、保存方法。コピーや貼り付け方法、足し算・引き算・掛け算・割り算の計算式
2日目 文字の大きさや色の変更方法、金額計算に役立つ操作方法
3日目 情報の検索・抽出方法、データの集計方法、キーボードのショートカット
4日目 棒グラフ、円グラフなどの作成方法、印刷方法
5日目 関数の基礎知識と代表的な関数
6日目 見積書の作成に使える関数
7日目 ピボットテーブル、ピボットグラフの作り方
8日目 グラフ作成の応用テクニック

 

1日目こそパソコン教室や入門書でもおなじみの内容だったりしますが、2日目から金額の合計や消費税計算の方法など実践的なテクニックを習得することが可能です。

グラフや関数の使い方など、ビジネスに役立つ内容になっていますから、仕事でエクセルを使う機会がある人には最適な内容となっています。

 

ワード講座の内容

1日目 文字の入力方法、保存方法、簡単な編集方法
2日目 文字の大きさや色の変更方法、配置方法、ショートカット機能、差し込み印刷
3日目 段組みやエクセルの挿入方法
4日目 チラシの作成方法
5日目 地図の作成方法
6日目 マニュアル作成に役立つ機能
7日目 ハガキの表面の作成方法
8日目 ハガキの裏面の作成方法と年賀状ソフトからの移行方法

 

経験的に仕事で必要となる機会が多いのはワードよりもエクセルですが、できることの多さはワードの方が上です。特に2日目で差し込み印刷を学べるのは注目すべき点だと思います。

通常のパソコン教室ではでてこない内容なのではないでしょうか。ハガキ作成や印刷というと筆ぐるめや筆まめといった専用ソフトをイメージしがちですが、ワードでも十分作成できることが分かります。

それにただ作り方を教えるだけでなく年賀状ソフトからの移行方法まで解説してくれるのは親切ですね。

 

パワーポイント講座の内容

1日目 用語の説明とデータの保存方法、文字やイラストの挿入方法
2日目 企画書の作成方法
3日目 企画書作成に役立つ効率的なデータ入力方法
4日目 図形の編集方法
5日目 表や音声、動画の活用方法
6日目 プレゼンに役立つ操作方法

 

基本的に音速パソコン教室の講座はワードとエクセルがセットになっていますが、パワーポイントに関してはオプション(有料)で受講することができます。

会社のプレゼンテーションで利用する機会の多いパワーポイントはワードやエクセルに比べて触れる機会の少ないソフトです。音速パソコン教室では企画書の作成を念頭に置いて数々の実践的なテクニックを解説してくれます。

個人的には最終日に解説してくれる「スクリーンに映す資料と映さない資料を選ぶ」や「重すぎてメールに添付できないPowerPoint資料の重さを95%も下げる裏技」が役立ちそうだと感じました。

音速パソコン教室の詳細はコチラから

 

受講料が大手の5分の1?音速パソコン教室の料金

気になるのが音速パソコン教室で受講する場合にかかる料金ではないでしょうか。多くのパソコン教室では受講期間が数ヶ月にわたる上、入会金や月会費などで結構費用がかさむことがあります。

大手のパソコン教室の受講料と音速パソコン教室の料金を比較した表が以下になります。

 

 

パソコン教室は受講生用にパソコンを準備したり、講師の人件費、教室の運営とそれなりのお金が必要になるため、どうしてもその分受講料に跳ね返ってしまいます。しかも、しばらくして再受講したいと思ったら再度受講料が必要になるケースもあります。

一方、音速パソコン教室はDVD受講なので入会金や月会費は不要ですし、そもそも各講座8日間で終了するので月をまたぐことがありません。もし忘れてしまった内容があったとしても、もう一度DVDをみればOKです。

だから安くできるんですね。では、具体的な音速パソコン教室の料金をご紹介します。

 

初心者にも中級者にも対応選べる2つのコース

音速パソコン教室の料金は2つのコースから選ぶことができます。どちらもWordとExcelの講座を学ぶことができるのは同じですが、違いはサポートの充実度です。

一つ目のコースが「電話サポートコース」でメインのワード、エクセル各講座のDVDに加えて電話とメールでのサポートが受けられるのが特徴です。

さらにはパソコン自体の操作やメールソフト、ブログについて学ぶことができるプレミアム特典がついています。

もう一つのコースは「メールサポートコース」で電話でのサポートや特典はついていないのでワード、エクセルのDVD講座とメールでのサポートが受けられるコースです。

 

電話サポートコースの料金 57,700円(税込) ※分割払い可能
メールサポートコースの料金 33,600円(税込) ※分割払い可能

 

内容からも分かるように電話サポートコースはパソコン初心者向けのコースで音速パソコン教室で人気があるのもコチラです。

メールサポートコースはパソコン自体はある程度使うことができて、ワードやエクセルのスキルアップをしたい人向けの中級者向けのコースになります。

そして、どちらのコースにもパワーポイント講座のDVDを有料オプションでつけることが可能です。通常料金は16,800円ですが同時購入で9,800円となるキャンペーンをやっていました。(2019年12月現在)

音速パソコン教室の詳細はコチラから

 

パソコン教室は不要だと思うんだけど…

音速パソコン教室の紹介をしておいてなんですが、個人的にはパソコン教室は不要だと思っています(笑)本屋さんにいけばワードやエクセルの入門書から高度な技術書までたくさん置いてあります。

また、Googleで分からないことを検索したらすぐに答えがでてきますし、Youtubeで検索したら解説動画がたくさんでてきます。それで勉強すれば十分だと今でも思っています。

なのですが、誰でもそれでいけるとは限らないのが面白いところなんですよね。上記のようなことを仕事先でも何度も言ったことがあるんですが、実際伝えた人達がワードやエクセルを使いこなせているかというと残念ながら答えはノーです。

どうやったらそんなにパソコンに詳しくなるの?って聞かれたから何度もやって失敗したし、分からないことを検索していることを言ったのですが、へぇすごいねで終わりです。結局行動しないんですよね。

 

何が分からないか分からない

仕事先でパソコンやワード、エクセルについてよく聞かれることがあります。その度に教えてあげるのですが、気づいたことがあります。質問の仕方を見ても今、自分が何について分かっていないのかが分からないんだと言うことです。

だから、質問の仕方がとてもおおざっぱです。よくパソコンが壊れた、ワードが壊れたと表現します。でも、よく症状を聞いてみるとエラーメッセージがでているだけだったり、編集の仕方が分からないだけだったりします。

パソコンをこれから始めようとしている人の大半がまず、この状況にたたされると思います。未知のものだからちょっと動作がおかしくなるとすぐにフリーズ状態になってしまいます。

そうなるとパソコンで何と検索したらいいのか分かりませんし、そもそも専門書だとどこを見ていいのか分からないこともあります。

パソコン初心者が独学で学ぶのは無理ではないですが、ハードルは高いんだと思います。だからこそ、パソコンやワード、エクセル、パワーポイントといった会社の仕事に直結する内容を体系的、かつ専門的に学べる音速パソコン教室は便利なんですね。

一回1時間と集中力が途切れない時間にしてあるのもポイントですし、各講座が6~8日で完結するのも間延びしなくていいですね。

 

▼音速パソコン教室の詳細はコチラ▼

-サービス