アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

家電

オムロン HEM-8713は片手でもつけやすい血圧計

2018/04/07

血圧を毎日測るのは重要なんだそうです。特に家で測ることに意味があって私もそうですが、病院や健康診断で血圧を測定すると緊張して高めの数値になりやすいです。

だから、比較的リラックスしてできる家庭で測る血圧(家庭血圧)の方が病院などで測る血圧(診療室血圧)よりも信頼性が高いということです。

血圧計を購入する人は比較的高い年齢層になると思うので、買う時にポイントとなるのはシンプルさと使いやすさです。それに該当する血圧計がオムロン HEM-8713です。

 

オムロン HEM-8713は片手でもつけやすい血圧計

血圧計を使う時には腕帯(カフ)をきちんとつけないと正しい数値を測定することができません。家族が腕帯をつけてくれるといいですが、自分でつけないといけない時には腕帯をつけやすいことがポイントです。

でも、血圧計って自分では腕帯をつけにくいと感じている人も多いんじゃないでしょうか。(だから、簡単に取り付けられる手首型の血圧計も人気なんでしょうね)

オムロンは医療器を作り続けていた会社だけあって、この血圧計の腕帯をつけにくいという意見もくみ取っていてオムロン HEM-8713には「フィットカフ」というオムロン独自の腕帯がついています。

また、腕にまいた時に、正しい測定位置からずれていても正確に血圧を測ることができますし、「カフぴったり巻きチェック」があるのでカフがキチンと巻けているかどうかをチェックする機能があります。

【オムロン HEM-8713】の詳細はコチラ

 

オムロン HEM-8713の口コミをチェック

オムロン HEM-8713はシンプルさと使いやすさでよく売れている血圧計と言われています。でも、実際に使い勝手はいいのかどうか、購入者の口コミをご紹介したいと思います。

購入前にチェックすることで他の製品との比較もできると思います。(口コミは販売サイトから引用しました)

 

手首式からより正確にと上腕血圧計に変更しました。
機種は沢山ありましたが、より新しい商品と考え人気度やレビュー等を参考に8713を購入しました。
使いやすいし、表示も大きく見やすいので気に入りました!

 

腕の太さが他の機種はギリギリだったので、余裕のあるこちらにしました。面倒なものはいやだなあ、と思っていたのですが、腕にも巻きやすいし、場所も取らないので良かったです。

概ね好評な口コミなのですが、中にはネガティブな口コミもあるのでそちらも紹介します。

 

使いがっては、悪くありませんが、一点だけ改善してほしいです。
本体が持ちにくいので、どこかにくぼみ(指が入る程度)がある筐体を希望します。

 

値段に比してはいい血圧計だと思います。ただ、再度血圧が図れないのが残念です。

シンプルさがオムロン HEM-8713のウリなので機能的デザイン的に不満がある人もいると思います。そういう面にこだわりがある場合は別の製品にした方がいいかもしれません。

【オムロン HEM-8713】の詳細はコチラ

 

高血圧の基準知っていますか?

血圧を測らなきゃと思っている人は健康診断で血圧が高いと言われたり、家族に高血圧の人がいたりと血圧が高いことを気にしていることが多いと思います。

周りも見渡しても低血圧の人もいますが、高血圧を気にして血圧計を買う人の方が多い印象です。

じゃあ、高血圧ってどのぐらいの数値か知っていますか?高血圧と判断される血圧は年々低くなっていて、日本高血圧学会が発表している高血圧治療ガイドラインの2014年版によると現時点では以下の通りです。

分類 収縮期血圧    拡張期血圧
正常域血圧 至適血圧 120未満 かつ 80未満
正常血圧 120~129 かつ/または 80~84
正常高値血圧 130~139 かつ/または 85~89
高血圧 I度高血圧 140~159 かつ/または 90~99
II度高血圧 160~179 かつ/または 100~109
III度高血圧 180以上 かつ/または 110以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 かつ 90未満

調べて初めて知ったのですが、血圧は上記のように7段階に分かれていて赤い背景のI度高血圧以上が「高血圧」という分類になります。ということは最高血圧が140以上または最低血圧が90以上になると高血圧だということです。

ちなみに一番下の(孤立性)収縮期高血圧は高齢者に多い症状で最高血圧が140以上かつ最低血圧が90未満の場合に該当します。

高血圧というと最高血圧ばかりに目がいきがちですが、最低血圧が低くても(139未満でも)最低血圧が高い場合(90以上)でも高血圧と判断されるので注意したいところです。

【オムロン HEM-8713】の詳細はコチラ

 

高血圧の原因は実は分かっていない

高血圧の原因というと塩分の摂り過ぎだと思う人が多いですが、実は原因がはっきりと分からない高血圧がほとんどです。高血圧は原因が分からない本態性高血圧と原因が分かっている二次性高血圧の2種類に分けられます。

日本人の高血圧の場合、約90%が本態性高血圧に分類されるので、一つの要因ではなく遺伝や塩の摂り過ぎ、肥満など様々な要因が組み合わさっていると言われています。

ちなみに二次性高血圧は、腎臓やホルモンをつくる内分泌腺の病気で血液量が増加することや、体内に血圧を上げるホルモンが多くなるや、心臓や血管の病気が原因になる高血圧です。

そのため、病院に行って高血圧と診断されると塩分を控えてくださいとよく言われますけど、必ずしもそれが原因になっているかどうかは分かっていないというのが実情です。

それでも高血圧は脳卒中や心臓病、腎臓病といった重病を引き起こす要因になっていることも事実です。高血圧は日本人の約4300万人も該当する人がいるというデータ(国が行った健康調査)もあるので普段から血圧を測って血圧を把握していることが重要です。

【オムロン HEM-8713】の詳細はコチラ

 

最高血圧と最低血圧って結局なんだ?

血圧を測る時には最高血圧と最低血圧の2種類の血圧を測ります。でも、これどう違うのか意外と知らないなと思いました。そこで、最高血圧と最低血圧って何かを調べてみました。

まず、心臓の働きは血液に圧力をかけて体中に血管を通して送り届けることです。この血管の中の圧力を血圧と言います。

心臓は心拍という拡張する動作と収縮する動作を常に行っていますが、拡張する際には心臓に血液を貯め込み(拡張期)収縮時には血液を送りだします(収縮期)。心拍は1日に約10 万回も行っているそうです。

最高血圧というのは心臓が収縮して血液を送りだす動作の中で一番高い数値を指した血圧を言います。心臓が収縮する際の血圧なので収縮期血圧や上の血圧とも言われています。

一方収縮期の逆、拡張期の間は、血管の中の血液が徐々に体中流れていくため、血圧が低くなっていきます。血圧が一番低くなるのは次の収縮期が始まる直前なので、この時点での数値を最低血圧や拡張期血圧、下の血圧と言います。

▼簡単に血圧を測れるオムロン HEM-8713の購入はコチラ▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オムロン 公式 上腕式血圧計 HEM-8713 送料無料
価格:5780円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)

 

 

-家電