アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

乳酸ジンジャーは口コミでも話題!飲み方にもポイントが!

寒さを気にする女性は多いですよね。先日もランチをしに行ったお店でお会計を済ませておつりを受け取る時に女性の店員さんの手が触れたのですが、冷たかったです。

冬はもちろんですが、夏は夏でクーラーの利かせすぎで厚着をしている女性を見かけたりします。要は寒さは冬だけでなくて一年中気にないといけないわけですよね。

そんな方がよく食べているのがショウガです。ショウガ湯やしょうが入りの食品やお菓子がたくさんありますよね。ショウガのぽかぽかパワーはテレビや雑誌でもおなじみです。

また、スッキリしなくて困っている女性もたくさんいますよね。何日もスッキリしないという話は聞いたりします。

そんな方は乳酸菌に注目して毎朝ヨーグルトを食べていたりします。そして、寒さとスッキリの両方に悩んでいる人もいます。

そこで最近注目されているのが乳酸菌が配合されたしょうがシロップの「乳酸ジンジャー」です。

 

乳酸ジンジャーの口コミ・評判

乳酸ジンジャーは入っているものがいかにも良さそうなので、味が気になるところです。そこで飲んでみてどうなのか口コミ情報を調べて引用してみました。

実際に購入して飲んでいる人達の感想なので参考になると思いますのでぜひご覧ください。

 

 

黒蜜のようなドロっとしたシロップなので、そのまま舐めるよりも飲み物に入れる方が摂りやすいと思います。

肝心の味ですが、ガツンと生姜の辛味がありますがその分効きます!本当にすぐポカポカしてきます。

お湯割りは甘みよりも辛味が強調されるので、私はおすすめされていた牛乳割りで飲み続けています。柚子の爽やかさのおかげか、不思議と乳酸飲料のような風味になり美味しく飲めます。

生姜の辛味やスパイスの風味が苦手な方は飲めないかもしれませんが、うちでは夫も3歳の娘も気に入っています。甘いものが欲しくなったとき代わりに飲むと結構満足できるので、家に常に置いておきたいです。


 

とても濃厚でしょうがのぴりっとした辛みがきりっといい感じです。

乳酸菌 フルボ酸 希望の命水などが入りとても美味しい!ので飲みすぎてしまいます。

そのまま飲んだりドレッシングにしたりヨーグルトに入れたりしています。飲み始めて4日目ですが腸内フローラが活発になった
ようです。冷えにもいいようです。


 

私は生姜のピリッと辛いのがすごく好きで購入してみました。

よくある生姜シロップよりもかなり辛めのシロップでジンジャーエールにして飲んでみましたが、氷も入れて冷たいのにも関わらず身体がポカポカしてきます。

しかも味も辛口ジンジャーエールみたいでとてもおいしいです。シロップ自体はとてもとろーんとして濃厚です好みの濃さに調節できるのもまたよかったです。

まだたまに寒い日もあるので、温かい紅茶に入れて生姜紅茶も楽しみました。こちらももちろん身体ポカポカです。

辛口ジンジャーの好きな方はとてもおすすめのシロップです。そして乳酸ジンジャーということもあるのか、私は飲んだ日はお通じが良くなりました。


 

生姜の濃度が濃くてビックリです!今まで購入したことのある生姜シロップの中ではダントツです。

寒い時期は温かい紅茶に入れて飲んでいますが、こちらの乳酸ジンジャーは生姜の濃度が濃いので本当に少し入れるだけで体がポカポカ温まります。

コスパのほうもかなり良くてリピートしようかと悩んでいます。

また、暑い時期にジンジャーエールにしていただく事もお勧めしたいです。夏場などは意外と冷房が効いた室内で過ごすことも多く、冷え症に悩まされる方も多いと思います。

夏に温かい物を飲むのに抵抗のある方は、冷たいジンジャーエルにしていただくと飲みやすいです。

 

ショウガの濃さをすごいと言っている人が多かったのが印象的でした。その分、しょうがの辛みがガツンときそうですから辛い食べ物が苦手な人は躊躇してしまうかもしれません。

でも、何かに混ぜることで飲みやすくなっている口コミもたくさんありましたし、3歳の娘さんが気に入っているという口コミもあったので意外と辛さの割に飲みやすいんだろうなということが分かりますよね。さすが満足度95%です。

 

▼乳酸ジンジャーの購入はコチラ▼


何で割って飲んでみる?乳酸ジンジャーの飲み方

乳酸ジンジャーはシロップタイプになっているのでストレートに直接飲むというよりも何かに割る飲み方をします。1日あたりの目安が10ml~30mlなので朝のドリンクに混ぜるのもいいですね。

また、口コミにあったようにしょうがの濃度が高いので辛みもそれなりにあります。だから、辛いのが得意な人、苦手な人でおすすめの飲み方をご紹介したいと思います。

1日10ml~30mlを目安にお召し上がり下さい。
下記のようなバリエーションで楽しく、美味しくお召し上がりいただけます。(濃度はお好みで調整してください)

 

辛いのが得意な方におすすめの飲み方

しょうが+甘さ(黒糖)ですから、やっぱり炭酸水で割ってジンジャーエール風にするのが一番いいですよね。3~4倍に薄めて飲むのがおすすめです。

もちろん、炭酸水以外にもお水やお湯、紅茶に混ぜて飲むのもいいですね。特に暖かくして飲むとユズの香りがしてアロマ感覚も味わえます。

 

辛いのが苦手な方におすすめの飲み方

お水やお湯で割ると辛さも残りやすいので濃い目の飲み物に混ぜると辛さも和らぎます。だから、豆乳や牛乳などに混ぜて飲むのがおススメです。割り方は炭酸水と同じで3~4倍に希釈して飲みます。

他にもヨーグルトに混ぜると食べやすいですね。乳酸ジンジャー自体に黒糖が入っていますからプレーンのヨーグルトに混ぜてもいいですね。

乳酸ジンジャーの購入はコチラから

 

ショウガは現代人の悩みにぴったり

乳酸ジンジャーに入っているショウガは寒さが気になる人にはおなじみの成分です。薬膳や漢方でもよく目にするほどなので昔から人々が利用していたことが分かります。

特に期待できるのがジンゲロールとショウガオールというしょうがの辛み成分で、最近では体をあたためる以外にも様々な期待ができることが論文でも発表されるようになってきました。

でも、ショウガが入った食品は巷にはありふれています。乳酸ジンジャーが違うのは産地と製法です。まず、乳酸ジンジャーには日本一のしょうがの産地である高知県産のショウガを使っています。

しょうがの原産地は熱帯アジアだと言われていて高温多湿を好むのが特徴です。日本国内でその条件にマッチするのが高知県なので高品質なショウガが摂れ、それをぜいたくに使っています。

また、乳酸ジンジャーはしょうがの製法にも特徴があります。通常はしょうがのしぼり汁かドライジンジャー(乾燥しょうが)のどちらか一方を入れることが多いと言われています。

でも、乳酸ジンジャーにはエキスと乾燥粉末の両方を配合することでしょうがたっぷりのシロップになっています。口コミにあったような今まで一番濃いしょうがと感じる人が多いことからも分かりますね。

乳酸ジンジャーの購入はコチラから

 

乳酸菌と食物繊維ですっきりサポート

乳酸ジンジャーのもう一つの主成分である「乳酸菌」にはお米から抽出された植物性乳酸菌を採用しています。この乳酸菌には熱に強い特徴があるため、お湯で割ったり、紅茶に混ぜて飲んでも安心ですね。

また、その数5,000億個も配合されています。とは言え、何に乳酸菌が5,000億個入っているのかまでは公式サイトにも記載されていませんでした。でも、内容から察すると乳酸ジンジャー一本あたりに5,000億個もの乳酸菌が配合されているということだと推測されます。

そして、すっきりサポートに欠かせないのが食物繊維です。乳酸ジンジャーには水溶性食物繊維であるデキストリンも入っています。

腸の中で水をたくさん吸ってくれる食物繊維は乳酸菌と並んでサポートしてくれることが期待されますね。

乳酸ジンジャーの購入はコチラから

 

じゃない成分にも大注目

乳酸ジンジャーは名前にもなっている乳酸菌としょうがにどうしても注目が集まってしまいます。でも、原材料を見てみるとそれ以外の成分にも見てほしいところです。

 

乳酸ジンジャーの原材料
水溶性食物繊維(国内製造)、黒糖蜜、粗製糖、生姜しぼり汁、フルボ酸エキス、生姜粉末、柚子果汁、植物性乳酸菌末、希望の命水

 

特に注目なのが「希望の命水」と「フルボ酸エキス」です。なぜならどちらもミネラルに関わる成分だからです。

現代の食生活では不足しがちなのがミネラルです。ミネラルは五大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)のひとつに数えられるほど、ヒトのカラダには必須の栄養素であるにも関わらず、ミネラル不足な人が多いのは統計でも明らかになっています。

ミネラル不足は様々な不調の引き金にもなりますし、せっかく食べたものが体に取り込まれなくなってしまいます。そして、ミネラルはたくさんの種類があり、そのバランスもとても重要です。

そこで乳酸ジンジャーには36種類以上のミネラルを含む生体ミネラル水である「希望の命水」を配合しています。

 

希望の命水に含まれるミネラル
カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、硫黄、銅、マンガン、リン、クロム、バナジウム、コバルト、ヨウ素、セレン、モリブデン、リチウム、ニッケル、アルミニウム、チタン、ルビジウム、スカンジウム、アンチモン、バリウム、ジルコニウム、ロジウム、パラジウム、テルル、ビスマス、プラセオジウム、ジスプロジウム、イッテルビウム、タングステン、ケイ素、ゲルマ二ウム、ルテチウム

 

また、ミネラルを摂りいれるだけでなくフルボ酸によって体のすみずみまで運んでくれることも期待されます。

フルボ酸は森や土の中にある有機酸の一種で植物にミネラルを与える働きがあります。人にはミネラルなどを運ぶ働きもあり「ミネラルの運び屋」としての期待がもてます。

乳酸ジンジャーの購入はコチラから

 

添加物が嫌な人も安心して飲める

乳酸ジンジャーは原材料を見てもらったら分かるように人工甘味料や香料、着色料、保存料などの添加物は一切使っていません。

 

乳酸ジンジャーの原材料
水溶性食物繊維(国内製造)、黒糖蜜、粗製糖、生姜しぼり汁、フルボ酸エキス、生姜粉末、柚子果汁、植物性乳酸菌末、希望の命水

 

※通常、食品の表示に際しては添加物を表す場合、直前に「/(スラッシュ)」を記載するようになっています。

添加物自体の是非は置いておいて、添加物、特に化学的に合成された添加物を敬遠する人や添加物自体、身体が受け付けない過敏症の方もいらっしゃいますから、そういった方でも安心して飲むことができます。

また、乳酸ジンジャーはシロップですから甘みも必要になります。通常シロップの甘みには精製糖(白砂糖)が使われますが、そういった砂糖は体を冷やすと言われています。

それではせっかくショウガを入れているのに全く意味がなくなってしまいますよね。そこで乳酸ジンジャーの甘み成分としてはミネラル分が多い黒糖蜜と粗製糖を採用しています。

だから、甘みにも安心感があるのが乳酸ジンジャーの特徴です。

 

▼乳酸ジンジャーの購入はコチラ▼


-健康グッズ