アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

便利グッズ

大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁は健康が気になる人にピッタリ

青汁に興味がある人は自分の健康状態を気にしていると思います。特に栄養のバランスが崩れやすい食事をしていると野菜不足になりがちですから、何かで補給しようと青汁に注目するのはよく分かります。

栄養ドリンク「リポビタンD」でおなじみの大正製薬が出している「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」はそんな健康を気にするあなたにピッタリの商品だと思います。

 

大正製薬 ヘルスマネージ 乳酸菌青汁の口コミ情報

ヘルスマネージ 乳酸菌青汁を飲んでいる人はどういった理由だったり、飲んでどうなのか気になるところだと思います。Amazonで口コミ情報があったので引用しました。ぜひご覧ください。

 

 

昼の外食に、ああ、十分野菜も摂れたと思う事は略無い。

ワンコインから出世して、それでもツーコイン以下に抑える定食では当然かもしれない。

そこで、特に野菜が少ないと感じる時に、机の引き出しに忍ばせているのがこの青汁。

昼食後にさっと水に溶かして飲める。

食物繊維を補充でき、しかもお腹の弱い私には嬉しい乳酸菌配合。そして大正製薬が販売しているという安心感もある。

原料の大麦若葉は国内九州産。健康を気遣う年齢になると、こうした商品は有難い。

 

薬ではありませんから、必ず毎日摂らないといけないというものではありませんが、不足しがちな栄養を補うのに手軽に飲めるのはやっぱり便利ですよね。

20代の頃はほとんど気にすることはないでしょうけど、30代後半から40代、50代にかけてどんどん健康診断が怖くなるけどなかなか対策できない人も多いですから手軽に持ち運びできる「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」は便利ですね。

大正製薬の「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の購入はコチラから

 

ヘルスマネージ 乳酸菌青汁が向いている人

口コミ情報から分かるように手軽に青汁の栄養を摂ることができるのが「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の一番のメリットと言えます。それを考えるとこの商品が向いている人が見えてきますね。

まず、日々の食事が外食や弁当ばかりという人です。外食のメニューをよく見てほしいのですが、野菜がほとんどないことに気づくと思います。外食のメニューやお弁当には野菜が圧倒的に不足しているのです。

そう言うとトンカツ屋さんでキャベツお代わり自由だからそれで野菜を補給していると言う人がいますが、キャベツだけで十分な栄養を補えるわけがありません。それに栄養は毎日摂らないといけないことを忘れている考えですよね。

外食で十分に野菜が摂れるなと感じるのはバイキングビュッフェかマクロビカフェぐらいじゃないでしょうか?それ以外の野菜を前に出しているメニューでも少ないなと感じることは結構ありますしね。

他にも毎日忙しいという人にも便利に使えます。本来であれば野菜をしっかり調理したり、野菜ジュースなどにして飲んだ方がいいでしょうがそこに割ける時間がないと言う人も結構いますよね。

でも、ヘルスマネージ 乳酸菌青汁なら1杯分ずつスティック状になっているのでそれを水に溶かすだけでOKなのでお家だけでなく仕事先や外出先にも持っていって手軽に飲むことができます。お守り代わりみたいなものですね。

逆に料理は手作りにこだわるタイプの人には向いていないかもしれませんね。

大正製薬の「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の購入はコチラから

 

青汁1杯でヨーグルト20個分の乳酸菌を配合!

ヘルスマネージ 乳酸菌青汁の特徴の一つが名前にもなっている乳酸菌が入っていることです。腸活でおなじみの善玉菌である乳酸菌が3種類配合されていることがポイントですね。

多くの乳酸菌製品は配合されている乳酸菌が1種類だったりしますけど、自分の腸内環境に合っていないとせっかく摂っても意味がなかったりします。だから、複数の乳酸菌を配合することで色々な人にも対応できるようになっています。

また、菌の数が勝負になっている面がありますから、配合する乳酸菌の数も重要になってきます。ヘルスマネージ 乳酸菌青汁には何と1包あたり200億個も配合されています。

数が多すぎてよく分からないかもしれませんが、一般的なヨーグルト100mlあたりに含まれる乳酸菌の数は法律により10億個以上とされています。それを元に計算してみると乳酸菌青汁1袋にヨーグルト20個分の乳酸菌が含まれていることになります。

大正製薬の「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の購入はコチラから

 

大麦若葉の栄養をまるごと摂れる

 

青汁と言うと昔はケールを指していましたが今では色々な商品が販売されています。「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の場合は九州で栽培された農薬不使用の大麦若葉を使っています。

ケールを使った青汁の場合そのエグミと言うかクセと言うかまさに「マズイ!もう一杯」という昔のCMそのままの味だったりします。一方、大麦若葉は栄養が豊富でクセが少ないのが特徴です。

毎日摂るのではあれば飲みやすさは大きなポイントになります。いくら栄養豊富でもマズイものを毎日飲むのはストレスになりますからね。それに大麦若葉はもちろん栄養も豊富です。

大麦若葉100gに含まれる栄養成分を調べてみると女性にとって大切なミネラルである「鉄分」はホウレン草の約8.8倍も含まれています。

他にもビタミンB2がアスパラガスの約9.5倍、葉酸が小松菜の約6.5倍と積極的に摂りたい栄養が効率的に摂りいれられるのがメリットですね。

大正製薬の「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の購入はコチラから

 

食物繊維は水溶性と不溶性の黄金比!

野菜を摂る目的のひとつに食物繊維を摂ることがあります。食物繊維は腸内で善玉菌のエサになるので腸活には欠かせない栄養です。

厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準(2015年版)によると50代、60代の女性に必要な食物繊維が1日18gなのに対して、平均的な摂取量は14gと約4gも不足していることからも分かるように積極的に摂りたい栄養の一つです。

もちろんヘルスマネージ 乳酸菌青汁にも食物繊維は豊富ですが、実は食物繊維は何でもたくさん摂ればいいわけではなく不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があるって知っていましたか?

同じく厚生労働省が行った平成27年国民健康・栄養調査によると日本人女性は特に不溶性食物線を多めに食べていて比率にすると不溶性が10.6gに対して水溶性は3.4gとなっています。

この不溶性と水溶性の比率は2:1が黄金バランスだと言われていて、ヘルスマネージ 乳酸菌青汁は水溶性食物繊維が多めに配合されています。(1袋あたり水溶性食物繊維:1.2g、不溶性食物繊維:0.6g)

1日3回飲んだら約5.4g(レタス1.6個分)の食物繊維となり、目標値を超える食物繊維量が摂取できる上、不溶性と水溶性のバランスもよくなるので食物繊維不足が気になる人には特におススメですね。

大正製薬の「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の購入はコチラから

 

併せて知りたい水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性があることをご紹介しましたが、どの食材が水溶性なのか不溶性なのかはスーパーで書いてあるわけではありません。

でも、知っておくと食物繊維も水溶性と不溶性のバランスを取って食べることができるので便利ですよね。そこで水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれる食品をご紹介したいと思います。

 

水溶性食物繊維を含む食品の例 不溶性食物繊維を含む食品の例
昆布
わかめ
こんにゃく
果物
里いも
大麦
オーツ麦
穀類
野菜
豆類
キノコ類
果実
海藻
エビやカニの殻

 

不溶性食物繊維には穀類や野菜、豆類が含まれているので比較的摂れているのは納得できる結果ですね。

一見すると分かりやすく分類されていますが、昆布やわかめは水溶性食物繊維ですが、海藻の中には不溶性もあります。また、こんにゃくのように芋の間は水溶性で食品のこんにゃくになると不溶性になるものもあります。

水溶性食物繊維は分かっていても普段の食卓にのぼる機会の少ない食品が多いですからうまく摂ることが難しいですよね。そのため、ヘルスマネージ 乳酸菌青汁などをうまく利用して効率的に栄養補給することが大切ですね。

 

▼大正製薬の「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」の購入はコチラ▼


-便利グッズ