アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

便利グッズ

【ミストで簡単消臭】NULLシューパウダーのいい口コミと悪い口コミ

ニオイに悩んでいる人は多いですが、足の臭いは靴をはいている限りは比較的周りへの影響は少ないと言えます。でも、靴を脱ぐ機会がある時や家に帰ってから脱いだ時などのことを考えるとゾッとします。

特に外回りが多い仕事をしている人は一日中靴を履きっぱなしですからニオイの熟成度はハンパないですよね。だから、ニオイ対策は大切ですが、正直面倒くさくなるのも事実です。

そんな靴の消臭に手間いらずで便利なのがミスト式の消臭パウダー「NULLシューパウダー」です。

 

NULLシューパウダーのいい口コミ情報

NULLシューパウダーは実際に使ってみないと分かりません。でも、実際に商品を手に取るのは難しいので参考情報として口コミ情報を集めてみました。

一足先に使ってみた人の感想である口コミはいいものと悪いものが見つかりました。公平に検討するために両方の口コミ情報をご紹介します。

 

 

気温が高い(夏日のような)日、最愛の夫が仕事終えて帰宅すると強烈な臭いが…。彼の足でした。通勤で徒歩時間もかなりあり、通勤中も勤務中も同じ革靴を履いています。蒸れるのでしょう。

彼の知らぬ間にスプレーしたら、白い粉が目立つ結果に。ヤバい薬と誤解されたくないため、バレる前に告げました。
前日に彼の履く靴の中に、数プッシュしておくと、翌日彼が帰宅しても匂いが判らない程度になりました。(至近距離では未確認)。

夫自身も、「足が…」と微笑んでいます。きっと足の臭いが軽減したことに気付いているのでしょう。


 

普段仕事でファブリーズやリセッシュ、靴専用の消臭剤はよく使用します。

効能はそれらと比べ場合、ファブリーズやリセッシュよりは効果があり、靴専用のスプレーと同等かやや落ちる程度と言った感じ。ただ粉状のスプレーなので、吹き付けにコツがいります。

スプレーと言うよりはジェットと言った感じなので、対象から少し距離を離して使用すると良い感じ。

足に馴染むと粉は見えなくなります。粉なので拭きつけた後の感触もサラサラとしていてスプレーで足が塗れる感触が嫌いな人にはおすすめできる商品になると思います。


 

よく使う靴に使用してみました。

一週間後には嫌なにおいが消えて気持ちがいいです。ただ、パウダー式で使用しずらいです。

よくあるスプレー式のものならシューっと吹き付けるだけでいいのですが、これはパウダー式で細かい粉が出てきます。

取説ではその粉を靴にまんべんなく広げろと書いていますが、これがなかなにめんどくさい。

パウダーが靴の中で固まってしますので、指や布製品などで置くまで広げないといけません。これが個人的には非常に面倒です。

ただ、消臭の機能面では圧倒的ではあります。めんどくさがりの私にとっての評価ですので、靴の手入れが苦にならない方には選択肢に入れていいと思います。


 

黒いフタの部分も入れて高さ9センチぐらい、直径3.5センチぐらいの円柱で、大きさ、軽さとも、靴の中に吹きかけるのに、ちょうどいいサイズ

吹きかけてみると、白いパウダー状で、靴の中・底は、黒や濃グレーなどの暗色ですから、白いと、どの部分にどれくらい粉が広がったか見えやすいので、わかりやすいです。

これから湿度も気温も高くなるので、使っていきたいと思います。

コンパクトなので、持ち歩くにもいいです。プッシュ部をちょっと回すだけでロックされるのも安心。


※口コミ情報はamazonから引用しました。

 

粉末をパウダー状にして吹き付ける方式はあまりないタイプなのでコツがいるようですが、それでも評価されているのはやはり機能面です。

と言うかそうでないと誰も買いませんから当然と言えば当然です。ニオイが気になる人にとっては少々の使い勝手はどうってことないことなのかもしれませんね。

NULLシューパウダーの購入はコチラから

 

NULLシューパウダーの悪い口コミ情報

 

靴の中に粉末スプレー、全然考えられない 靴下にも、つきますよね。

 

ミストには絶対になりません。

ワンプッシュでちょうど片栗粉でもこぼしたような状態になるだけで広がりません。手やハケで伸ばしてやる必要があります。

これで4プッシュも5プッシュもしたら靴が運動会の飴食い競争の顔みたいになってしまいます。ダメです。使えません。揮発性のスプレータイプにはかないません。


 

商品が届いて、昨夜のうちに私のビジネスシューズと、娘のローファーの中に振り掛けておいたが、使用前に嗅いだ臭いと何も変わってはいなかった。

私のビジネスシューズの臭いは、若干、薄らいだ気もするが、思春期真っ只中の娘のローファーは、相変わらずの感じです。


 

ミスト式なのですが、スプレーしたあとは万弁なく広がるというよりまとまってつくのでぬり拡げてあげる必要があります。

商品説明の「手を汚さず」…というのは違うかな。

消臭効果は、しっかりと感じられます。

片足4-5プッシュ使うそうなので、1日10プッシュでしょそう考えるとすぐなくなりそうでコスパが高いとは言えない。

 

臭いままだったという口コミもあるものの総じて多いのがやはり使い勝手の面でした。いい口コミでもあったようにうまく使うには少しコツがいるようなので使ってストレスに感じる人はいるようでした。

ちなみにコツは靴から少し離してから吹き付けるというものです。

後、粉末の白さや粉末をクツに吹き付けること自体に抵抗を感じる口コミもありました。ですが、なじむと白さがなくなるという口コミもありました。

とは言え、感じ方は人それぞれですから、潔癖の気がある人は控えた方が良さそうです。

NULLシューパウダーの購入はコチラから

 

【メーカー推奨】NULLシューパウダーの正しい使い方

 

口コミでも使い方にコツがあると書かれていたNULLシューパウダーですが、メーカーでは公式サイトで正しい使い方について紹介しています。基本的な使い方自体は簡単です。

 

【使い方】片足あたり4、5回プッシュすること

 

それ以外にも使い方についていくつかのポイントがあったのでまとめてみました。

 

使い方のポイント1 立った状態で使うこと

横向きや逆さで使うとパウダーがでてこない場合があるので立った状態で使うのが必要です。特になくなりかけの時などついやってしまいますよね。

 

使い方のポイント2 ノズルを押す強さを調整すること

押す強さによってパウダーが出る量が変わってきますから、ニオイの状態について調節した方がいいですが、気になってスプレーしすぎると当然、口コミにもあったようにクツに粉末が多くつくことになります。

 

使い方のポイント3 使用の頻度は状態に合わせて

NULLシューパウダーを使う頻度はニオイの状態などに合わせて変えることができます。例えば、外回りや一日中靴を履いて作業をするなど汗を多く書いているクツは毎日噴霧した方がいいです。

また、初めて使うクツであれば、1週間は毎日帰宅してから噴霧することを勧めています。そうすることで使いこんだ靴でもニオイの軽減が期待できます。

 

使い方のポイント4 パウダーの色は気にしない

パウダーの色が白色なので黒い靴に噴霧したらよく目立ちます。これに抵抗がある人が口コミで目立ちましたが、そのまま履いてもパウダーはなじんでくるので気にせずそのまま履いてもOKです。

 

NULLシューパウダーの購入はコチラから

 

100%天然由来成分だから足についても心配なし

口コミにはパウダーをクツにつけること自体考えられないといった人がいましたが、NULLシューパウダーの成分は以下の通りです。

 

NULLシューパウダーの成分
ミョウバン、酸化亜鉛、タルク

 

ミョウバンはWikipediaによると制汗や防臭、殺菌の用途に使われていて昔から洗眼にも使われてきた成分で根菜類や栗などのアク抜きにも使われてきました。ウニの保存料としても使われることがあるので身近で安全な成分として知られています。

酸化亜鉛、タルクも日焼け止めや化粧品に使われる成分です。

いずれも天然の鉱物由来で成分的には肌の抵抗力の弱い赤ちゃん用のベビーパウダーやお肌につける化粧品に含まれている成分に近いものなので実は結構安全です。

だから、肌に直接触れても安全ですし、お子さん用の靴やサンダルに使ってもOKです。

NULLシューパウダーの購入はコチラから

 

【併せて知りたい】靴のニオイの正体はこいつだ!

クツから出てくるニオイの正体はバクテリア(菌)だと言われています。靴の中は基本的に密閉された環境になる上、体温と足から出てくる汗で高温多湿な環境になります。

実はこの高温多湿はバクテリアが増えるのに最高の状況です。靴をすぐに脱ぐならまだしも一日中履きっぱなしの仕事だと場合によっては10時間以上もバクテリアをベスト環境に住まわせていることになります。

だから、バクテリアがどんどん増えて、臭いもどんどんきつくなっていくわけです。

元々の原因であるバクテリア自体の除菌に着目してアプローチするのがNULLシューパウダーです。具体的には主成分であるミョウバンの効果を利用しています。

 

▼NULLシューパウダーの購入はコチラ▼
NULLシューパウダー

-便利グッズ