アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

マルチポリフェノールを買うならamazonよりも●●で

現代人は脂肪分を摂りすぎなんだそうです。一般的に成人の総摂取エネルギーに対する脂質の摂取目標は20~30%だそうです。これは脂質とタンパク質、炭水化物といった食べ物から摂るエネルギー分の内、脂質で摂るのは30%未満に抑えないさいということですね。

でも、平成26年国民健康。栄養調査報告によると40~60代女性の3割以上が脂質を摂りすぎているというデータがあります。具体的には40代女性の39.4%、50代女性の39.7%、60代女性の30.2%が脂質を摂りすぎだそうです。特に40代・50代の女性は約4割に達しています。

とは言え、なかなか食生活の改善が難しいのも事実ですよね。そこで最近の研究で海藻ポリフェノールに脂の多い食生活をサポートしてくれる働きがあることが分かってから、海藻ポリフェノールをはじめとした4種類のポリフェノールで健康生活を応援してくれるサプリメント「マルチポリフェノール」の人気が高まっています。

 

マルチポリフェノールを買うならamazonよりも●●で

マルチポリフェノールを買おうとした時にamazonで検索する人って多いみたいです。まあ、サプリメントに限らず安く買えるイメージ強いですもんね。でも、amazonでマルチポリフェノールを検索してみたらこんな結果でした。

まさかの在庫切れです。これは本記事執筆時のことなのであなた検索する時にはヒットするかもしれません。でも、少しおかしいですよね。メーカーが販売するならこんなことはまずありません。

ということはamazonで販売されているマルチポリフェノールは業者が転売している可能性が高いということです。転売の場合、保管状況に不安があることが多いです。きちんとパッケージされているとはいえ、転売される過程でどのような場所に置かれていたのか分かりませんからね。

また、理研ビタミンのホームページには以下の記載がありますからご注意ください。

弊社の商品の転売やオークションサイト等での出品・販売、又はそれらの準備、その他営利を目的とした商品の購入をお断りしております。
弊社から直接の購入でない場合、品質の保証、アフターサービスについてはお受け出来ませんので、ご注意ください。

仮に安く販売されていたとは言え、それで何かあったら元も子もありませんのでやはりマルチポリフェノールを購入する時は安心できる公式サイトがいいんじゃないでしょうか。

もしかするとマルチポリフェノールの公式サイトは高いイメージがあるかもしれませんが、通常価格4,546円のところが半額の2,273円で購入することができます。

これは毎月マルチポリフェノールが送られてくる定期コースを申し込んだ場合に限り、この金額で購入することができますが、半額になるだけでなく10日分のマルチポリフェノールも無料でついてくるオマケつきです。

ただし、4回以上継続してマルチポリフェノールを注文するという規則はあり、2回目以降はこの金額ではありません(それでも通常価格の1割引になります)が、サプリメントは長く使ってこそ違いが感じられる商品なのでむしろ続ける方が価値があるのではないでしょうか。

マルチポリフェノールの注文はコチラ

 

 

マルチポリフェノールの口コミで分かった!●●が続けるポイント

マルチポリフェノールについていいことが書いてあっても実際に飲んでみるとどうなんだろうと思ってしまうのではないでしょうか。実際に商品を飲んでみないと分かりにくいこともあるかもしれません。そういう時には先に商品を買って飲んでいる購入者の口コミによる評価を見るのが一番です。

画面上で見たり知ったりすることと実際に飲んでみると違うことに気づくかもしれませんし、参考になると思います。マルチポリフェノールの口コミ情報を見つけたのでご紹介したいと思います。

 

 

マルチポリフェノールは私の体質にあっているのか、好感触です。

2、3ヶ月後どのような変化があるのか楽しみです。


 

いつまでも、若々しく元気ではつらつと生活したいと思うのですが、年には勝てず、自然に任せていては、なかなか上手くいきません。

毎日の健康バランスをこころがけるのは難しいですが、このマルチポリフェノールは、海藻、緑茶、大豆、ブドウと4種類のポリフェノールを手軽に摂ることができるサプリメントです。

飲み始めて一週間くらいから、なんかスッキリしてきたみたいです。体の調子もいいみたいで喜んでいます。


 

食生活のバランスが気になって、マルチポリフェノールを飲んでみました。

小粒の錠剤で、味も香りもなく飲みやすいですし、1日4錠目安なので、とても簡単です。

私は毎朝飲んでいるのですが、その日1日体がスッキリしている気がします。

口コミを見ていて重要だなと思ったのが錠剤の感想でした。「味も香りもなく飲みやすい」と書いてあったのでこういう小さい点が継続して飲み続けるのにいいんですよね。他のサプリの口コミですが、味がケミカルだったり臭いが気になるということで評価を下げることがあったりするのでむしろ無味無臭の方がウェルカムですよね。

後、飲んでいて違いを感じられるのは個人差がありますよね。口コミでは飲み始めて一週間くらいで違いを感じている人もいましたし、2、3ヶ月後を見据えている人もいました。すぐに違いが分かるといった過度な期待はせずに継続して飲み続けた方が変化を感じやすいのかもしれないですね。

マルチポリフェノールの注文はコチラ

 

マルチポリフェノールの成分「海藻ポリフェノール」とは?

海藻は体にいい成分がいっぱい入っているとよくテレビで放送されたりしていますが、海藻ポリフェノールって意外と聞いたことないかもって思ったので、よく調べてみました。

世界中には8,000種以上もの海藻があるそうです。ワカメや昆布ばかりじゃないんですね。非常にたくさんの海藻の中でも北ヨーロッパやカナダで生えているのが「アスコフィラム・ノドサム」という海藻です。

アスコフィラム・ノドサムは別名アルギットとも言われている海藻で原産地のノルウェーではお茶として愛飲されているそうです。それ以外にも食品添加物のアルギン酸の原料に使われたり、肥料などに幅広く活用されています。

アスコフィラム・ノドサムはミネラルやヨウ素などが含まれる栄養豊富な食物でもあり、日本の代表的な海藻である昆布と比べると、カルシウムが2倍、鉄分が5倍、ビタミンAが2倍以上、ビタミンEは15倍も含まれています。

このアスコフィラム・ノドサムにはミネラル以外にも良質なポリフェノールも含まれていて、他の海藻と比較して脂肪に対する効果がとても高いというデータがでています。

具体的には体内にある脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを弱める作用があることが分かっています。通常、小腸の中でリパーゼが働き、小さく分解された脂肪は体内に入って蓄積されます。

リパーゼの働きが弱まると食べた脂肪が分解・消化されにくくなるわけです。じゃあ、消化されない脂肪はどうなるのかと言うと、体に蓄積されることなるそのまま排泄されると言われています。

脂肪分の多い現代の食事が多い人にとって、とても助けになる成分が海藻ポリフェノールというわけです。

マルチポリフェノールの注文はコチラ

 

海藻ポリフェノールだけじゃないマルチポリフェノールの成分

脂肪分の多い食生活をサポートしてくれるからか、マルチポリフェノールの成分では「海藻ポリフェノール」にばかり目が行きがちです。でも、原材料を見てください。色々と入っていますよね。

マルチポリフェノールの原材料
還元麦芽糖水飴、海藻抽出物、ブドウ種子抽出物、大豆胚芽抽出物、結晶セルロース、緑茶抽出物、グリセリン脂肪酸エステル、シュラック、カルナウバロウ

マルチポリフェノールの中にはマルチと言うだけあって、海藻ポリフェノール以外にも茶カテキン(原材料名:緑茶抽出物)、大豆イソフラボン(原材料名:大豆胚芽抽出物)、ブドウポリフェノール(原材料名:ブドウ種子抽出物)という3種類のポリフェノールが配合されています。

 

なんで何種類もポリフェノールを入れるの?

なんでマルチポリフェノールには4種類もポリフェノールを配合しているんだろうって思いますよね。実はポリフェノールという物質はひとつの成分を表すのではなく一つの分子内にたくさんのフェノール性水酸基がくっついた植物成分の総称です。

ポリフェノール自体は植物のほとんどにあるのですが、種類は5,000種類以上もあると言われています。その働きも活性酸素の害に対抗したり、外敵から自分たちを守るために作用したりと様々です。

だから、脂肪に対して働く海藻ポリフェノールをメインにしつつもバランスよく果物や緑茶大豆のポリフェノールを組み合わせることで食生活のサポートをしてくれるわけなんですね。

マルチポリフェノールの注文はコチラ

 

マルチポリフェノールの成分量ってどれぐらい?

マルチポリフェノールに配合されている各ポリフェノールの量は次の通りです。

マルチポリフェノールの各ポリフェノール量
海藻ポリフェノール 75mg、ブドウポリフェノール 58mg、茶カテキン 35mg、大豆イソフラボン 18mg

これが多いのか少ないのかよく分からなかったので各ポリフェノールの摂取目安を調べてみました。

 

海藻ポリフェノール 75mg

海藻ポリフェノールは販売元である理研ビタミン株式会社が命名したものであるため、具体的な摂取目安となるデータを見つけることができませんでした。

 

ブドウポリフェノール 58mg

ブドウのポリフェノールノールとして知られるアントシアニンは1日あたりの摂取量の目安が40~90mgと言われています。

それに対してブドウポリフェノール4粒あたりに配合されているブドウポリフェノールの量が58mgなので平均的と言えるかもしれません。

 

茶カテキン 35mg

カテキンの摂取目標量はありませんが、茶カテキンを1日に540mg以上摂る生活を継続することで脂肪の燃焼に作用すると言われています。ちなみにカテキン540mgというと緑茶で湯呑10杯ぐらいになります。

それに比べるとマルチポリフェノール4粒に含まれる茶カテキンの量、35mgは少ないと感じるかもしれませんね。

 

大豆イソフラボン 18mg

「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」によると大豆イソフラボンの摂取目安は1日に75mgが上限だそうです。

でも、サプリメント等から摂る場合の上限は30mgです。あくまでも食事から摂るのが基本と言うわけですね。マルチポリフェノール4粒あたりに含まれる大豆イソフラボンが18mgなので半分くらいですね。


各成分で見るとそんなにポリフェノールの量は多くないですが、マルチポリフェノールのコンセプトはバランスよく食生活のサポートをすることです。だからこそ食事と組み合わせて摂っていくことが重要なんだなって思います。

 

▼マルチポリフェノールの購入はコチラ▼



 

-健康グッズ