アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

モリンガの恵 青汁は苦いのがニガテな人こそ飲んでほしい

いつまでも健康的で元気でいたいと願う人は多いのではないでしょうか。そのために必要なのは適度な運動と栄養バランスのとれた食事が一番です。

でも、最近の食生活は炭水化物やお肉類が多く、野菜不足という人が多いと思います。外食して思うのは意識的に野菜を注文しないと本当に野菜が少ないことです。サラダと付け合わせでちょっとだけついているお店がほとんどです。

たまに「トンカツ屋でキャベツが食べ放題だから、それで良いんだ」なんて言っている人がいますが、確かにキャベツにはビタミンCやビタミンKが豊富ですが、それだけで必要なバランスを補えるとは限りません。

さらに言うとキャベツの食物繊維は消化によくないのでお腹にキマスから食べ過ぎは禁物です。いずれにしても外食だけで野菜不足を補うことは難しいのが現状です。

そこで青汁を飲む人もいるのではないでしょうか。青汁は昔から健康的な生活を送るためによく飲まれてきましたが、昔のCMで頭にこびりついている「マズイ!もう一杯」というフレーズにもあるように独特の苦みがあります。

特に原材料にケールを使った青汁が苦味がありましたが、大麦若葉の青汁もニガテという人はやっぱりいるようです。そこで栄養バランスも摂れて、かつ飲みやすくしてある青汁が「オーガニックモリンガの恵 青汁」です。

オーガニックモリンガの恵 青汁は目薬や胃腸薬でおなじみの製薬会社ロート製薬がモリンガに注目して作った青汁です。口コミやなぜ苦くないかのヒミツ、モリンガについてもご紹介したいと思います。

 

▼ロート製薬「オーガニックモリンガの恵 青汁」の購入はコチラ▼


モリンガの恵 青汁の口コミ・評判

モリンガの恵み 青汁は苦味を抑えた味わいが特徴の青汁です。でも、それってメーカーが言ってるだけじゃないの?って疑ってしまいますよね。そこで実際に飲んでいる人の口コミ情報を集めてみました。

飲んだうえでの感想なので、味について色々と参考になると思いますのでぜひご覧ください。

 

 

甘すぎず、さっぱりして飲みやすいのがいいですね。

豆乳、水、牛乳、組み合わせる飲み物によって味が違いますが、どれもおいしい。

素早く溶けるので、忙しい私も続けられそうです。


 

青臭い青汁はニガテなんですが、「オーガニックモリンガの恵 青汁」はゴクゴク飲めるのがいいですよね。

フルーティな香りでおいしいです。女性には豆乳がいいって言われるけど味が苦手で困っていて、「オーガニックモリンガの恵 青汁」を混ぜてみたらすごくおいしく飲めたんです。

お水で飲むよりも甘みを感じるから、小腹が空いた時にもいいんですよ。


 

野菜不足が気になって20年前から青汁を飲んでいます。

苦くて飲みにくい青汁もありましたが「オーガニックモリンガの恵 青汁」はすごくおいしいです。

元気が欲しい時は牛乳にまぜて飲むのがおススメ。フルーツの甘みに癒されます。

年齢的にいろいろ不調があってもおかしくないのですが、おかげさまで元気に過ごしています。

口コミでもおいしく飲みやすい点が高評価のようでした。青汁の良さは知っていても同じぐらいその苦さも有名ですから、飲み続けるのは苦痛で苦行というレベルに感じられる人もいるのではないでしょうか。

そんな人でも手軽に青汁の栄養を摂れて、身体に必要な栄養バランスを整えることができるのはうれしいポイントですね。

モリンガの恵 青汁の購入はコチラから

 

3種の青汁成分を配合

モリンガの恵 青汁はその名の通り、青汁です。そのため、青汁成分として国産のケールや国産の大麦若葉が配合されています。

どちらも青汁の原料としてはおなじみですが、ケールはキャベツの原種と言われている野菜で、ビタミンCやビタミンE、カルシウム、マグネシウムなどの体に必須のビタミンやミネラルが豊富なことが知られています。

その栄養素の多さから野菜の王様という別名もあるほどですが、昔CMで流れていた例の青汁がケール100%だったのでその苦さ、まずさを覚えている人は多いかもしれません。

大麦若葉は苦みやクセが比較的少ないのが特徴で最近の青汁によく使われています。それでも栄養価は高いことが知られています。

そして、青汁成分として名前にもなっているのが「モリンガ」です。詳しくは後で述べますが、モリンガの恵 青汁には農薬や化学肥料を使わないで育てられた有機JAS認証のモリンガ葉のみを使用しています。

 

ロートオリジナルのフルーツブレンドが味のポイント

ケールと大麦若葉、モリンガという青汁成分だけだと苦みやえぐみ、青臭さがどうしても出てしまいます。それを飲みやすくまとめ上げるために配合されているのが果物です。

原材料を見ると「オレンジ(オレンジ果汁)」、「リンゴ(リンゴ繊維)」、「マンゴー(マンゴーピューレ)」、「バナナ(バナナパウダー)」、「イチゴ(イチゴ抽出物)」の記載があり、さながらミックスジュースのようです。

甘みが自然なのでごくごく飲める味わいに仕上がっているわけです。

植物性乳酸菌も配合

食べ物の栄養素をきちんと身体に摂りいれるには食べて終わりではありません。腸の働きが重要です。栄養を効率よく体内に吸収するためには腸内にいる菌の働きが不可欠だからです。

そのため、モリンガの恵 青汁にはお米由来の乳酸菌「K-1」も配合されています。その量1杯につき120億個という量です。桁が大きすぎてピンとこないかもしれませんが、どれぐらいの量になるかと身近なものに換算してみます。

乳酸菌が入っている食べ物でおなじみのヨーグルト。そのヨーグルト100gに含まれる乳酸菌の数は成分規格で10億個と言われています。つまり100gのヨーグルト12個分の乳酸菌が入っているということになります。

それだけの乳酸菌を毎日食べようと思っても、ヨーグルト10個はとてもじゃないですけど無理だと思います。

モリンガの恵 青汁の購入はコチラから

 

奇跡の木「モリンガの栄養」

モリンガの恵 青汁の主成分であるモリンガ(マルンガイと呼ばれることもあります)は別名奇跡の木と呼ばれることがあります。

その理由はなんといっても栄養価の高さからです。ケールや大麦若葉にもあったようなビタミンやミネラルはもちろん、ポリフェノールやGABA(ギャバ・γ-アミノ酪酸)など豊富な栄養成分を含んでいることが特徴です。

そのため、国連でもモリンガの栄養価には注目していて、国連の専門機関である国連世界食糧計画では世界各地でモリンガの栽培を支援しているほどです。

 

モリンガは7大栄養素を含有

小さい頃家庭科の時間に3大栄養素、5大栄養素を習ったことがあると思います。ほぼ記憶からなくなっている人も多いと思いますからおさらいとしてご紹介したいと思います。

3大栄養素が「タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)」で、5大栄養素が「タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)、ビタミン、ミネラル」です。

最近、健康的な生活を送るために重要だと考えられているのが更に2つの栄養素を加えた7大栄養素「タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル(抗酸化物質)」です。

 

 

モリンガにはこの7大栄養素がすべて含まれています。これが奇跡の木と呼ばれ、世界中で栽培がすすめられる大きな理由の一つです。

モリンガの恵 青汁の購入はコチラから

 

モリンガは栄養素の種類が多くて量も多い

7大栄養素すべてを含むと言ってもビタミンやミネラル、タンパク質(アミノ酸)にはたくさんの種類があります。だから、種類もたくさん含んでいることが栄養補給をする側にとっては効率よく摂るためにも重要です。

その点もモリンガは満たしていて、栄養成分の種類も豊富です。

 

モリンガに含まれる主な栄養素

【ミネラル】 カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、鉄分、亜鉛、マンガンなど

【ビタミン】 ビタミンA、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビタミンC、ビタミンEなど

【タンパク質(アミノ酸)】 リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、アルギニン、アラニン、チロシン、シスチン、アスパラギン酸、グリシン、プロリンなど

【その他】 ポリフェノール、GABA など

 

さらには含んでいる栄養成分の量も多く鉄分はほうれん草の9.4倍、食物繊維はごぼうの4.6倍、カルシウムは牛乳の19倍と圧倒的な量も特徴の一つになっています。

 

 

ただし、モリンガもケールなどと同じで決しておいしく飲めるというものではなく、個人的には苦味やえぐみは少ないのですが、何となく飲みにくく少し辛みのようなものを感じる味です。

せっかくの栄養の宝庫モリンガを上手に摂ることができるよう、フルーツや乳酸菌も配合することで飲みやすくしてあるのが「オーガニックモリンガの恵 青汁」という訳です。

モリンガの恵 青汁の購入はコチラから

 

飽きたら色んなアレンジを【モリンガの恵 青汁の飲み方】

モリンガの恵 青汁は使いやすいように1回分ずつの分包タイプになっています。1日1包か2包を100mlのお水に混ぜてかき混ぜたら出来上がりです。計りとる必要もないですし、分包タイプなので持ち歩きにも便利です。

お水だけでなく牛乳や豆乳に入れて飲んでもおいしいですし、もし味に飽きたら色々なアレンジも楽しめます。

例えばフルーツグラノーラに混ぜたり、ミントやホワイトラム、炭酸水で健康的なモリンガモヒートも楽しめます。

 

 

他にもサンドイッチに混ぜたりカナッペにしたりと食べ物にも加えたり、アイディア次第で使い方は無限大です。

 

 

 

必ずしも水に混ぜて飲むことにこだわらなくてもいいのが魅力的ですね。

モリンガの恵 青汁の購入はコチラから

 

毎日続けるなら定期コースがお得

食事は生きている限り毎日食べ続けると思います。ということは栄養バランスについてもずっと気を使っていかないといけないことになります。

だからこそ、実感するためにもオーガニックモリンガの恵 青汁は飲み続ける事が大切です。それならお金もお得に飲める方がうれしいところです。

だったら、定期的にモリンガの恵 青汁が送られてくる「毎月お届けコース」がお得です。通常価格3,500円のところが、初回購入分に関しては1,750円と半額で買うことができます。ちなみに2回目以降も10%OFFの3,150円で購入し続けることができます。

さらに今なら申し込んだ方全員にモリンガの恵 青汁を混ぜる時に便利なシェイカーがプレゼントされます。

でも、モリンガの恵 青汁が体に合うかどうか不安という人もいるかもしれませんが、毎月お届けコースは定期購入コースですが、●回購入しないといけないといった回数縛りがありません

だから、もしもの時にはお休みや解約ができるので安心して注文できるのもメリットです。

 

▼ロート製薬「オーガニックモリンガの恵 青汁」の購入はコチラ▼


-健康グッズ