アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

ラクトフェリンSはお試しもあるしお通じが気になる人にぴったりのサプリ

10代や20代、30代の前半ぐらいまでは元気いっぱいで働けていたり遊んでいた人も40代や50代を過ぎると何か違うと感じることは多くなってきます。

例えば、朝起きた時にまだ寝足りない感じがあったり、疲れが残っていたと感じたり、便も以前よりスッキリしないと思うことってないでしょうか。

何だかこれまでとの違いが気になる人に最近注目されている成分が「ラクトフェリン」です。そのラクトフェリンの栄養に注目して配合したサンスターの機能性表示食品が「ラクトフェリンS」です。

 

腸にアプローチするから便がなめらか

ラクトフェリンSはサプリメントの中でも機能性表示食品という分類になります。機能性表示食品は配合している成分がこんな機能があるよということをメーカーの責任で科学的な根拠を示すことが必要になっています。

ラクトフェリンSについても以下の届け出表示がされています。

 

本品にはラクトフェリンが含まれており、お通じがとどこおりがちで、かつ睡眠の質が気になる方に対し、硬めの便の状態をなめらかにする機能と、起床時の眠気や疲労感を軽減する機能があります。

 

まさに20代や30代の頃とは変わってきたとお悩みに方にぴったりのサプリメントと言えます。

 

ラクトフェリンと腸活の違い

「便」というと「腸活」を連想する人は多いかもしれません。最近、テレビや雑誌などでもさかんに取り上げられていますから認知度が高いキーワードですね。

腸活でみなさんが行うのが乳製品や発酵食品を積極的に摂って、運動をすることだと思います。運動はひとまず置いておいて、乳製品も発酵食品も善玉菌を体に摂りいれることを目的にしています。

一方、ラクトフェリンは菌ではありませんから、腸に直接アプローチする成分です。この点が違いますね。

サンスター「ラクトフェリンS」の詳細はコチラから

 

便に関する科学的根拠

ラクトフェリンが便をなめらかにする機能を持っていることの根拠としているのが人を対象とした臨床試験の結果です。ラクトフェリンSの公式サイトにも掲載されていますが、ラクトフェリンを飲む前後で便の状態がどうなったのか調べています。

便秘傾向にある成人(31人)がラクトフェリンを含む錠剤を飲むことでころころ便がなめらかになる変化が起こっています。一方、プラシーボ(偽薬)としてラクトフェリンを含まない錠剤を飲み続けた場合は便の状態に変化が起こっていないという結果になっています。

多くのサプリメントが1ヶ月から3ヶ月は飲み続けてほしいと記載している中、ラクトフェリンについては臨床試験で2週間程度で違いがでているので結構早い印象ですね。

サンスター「ラクトフェリンS」の詳細はコチラから

 

起床時の疲労感や眠気へのアプローチ

ラクトフェリンと言うと、CMやテレビなどで自然と刷り込まれたのかもしれませんが、何となくお腹にとっての成分というイメージがあります。でも、それだけではありません。

ラクトフェリンSの届け出表示には「起床時の眠気や疲労感を軽減する機能があります。」という記載もあります。これって脳にもアプローチするということです。

実際、ラクトフェリンは脳に直接働きかけることはないようです。腸にアプローチすることで腸内環境が整えられることで脳に信号が送られます。その結果、脳から発信されるストレスホルモンの分泌が抑えられるのでリラックス状態になって朝、起きた時の感覚に影響があるというのがメカニズムと考えられています。

また、朝起きた時の状態に関する科学的根拠もあります。それは先ほど紹介した臨床試験です。対象となったのは便だけでなく睡眠に満足していない人として試験していたので、ラクトフェリンを含む錠剤を4週間飲み続けて、その後に睡眠に関してアンケートを取っています。

その結果、睡眠の変化についても評価されたという結果がでています。

サンスター「ラクトフェリンS」の詳細はコチラから

 

ラクトフェリンは食べ物からは摂りにくいって知ってた?

最近、様々な健康食品やサプリメントで名前を聞くようになってきたラクトフェリンですが、実はタンパク質の一種になります。母乳や牛乳に豊富に含まれることから健康に役立つ成分だと言われています。

牛乳にあるんだったら、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を食べればいいんじゃないのって思うかもしれませんが、タンパク質であることからラクトフェリンには熱に弱い成分なので殺菌のため高温処理する市販の乳製品からはラクトフェリンを摂ることができません。

また、ラクトフェリンを体に取り入れるには腸に届かないといけませんが、腸にも弱いという特徴があるため、仮に乳製品の中にラクトフェリンが残っていても食べて胃を通っていくことで溶けてしまいます。

でも、ラクトフェリンSはさすがサンスター、腸まで届く工夫が施してあります。それが配合成分を大豆由来の膜でコーテイングすることです。

そうすることで腸でもラクトフェリンが働くことを確認しているので安心して摂ることができますね。

サンスター「ラクトフェリンS」の詳細はコチラから

 

ラクトフェリンって安全なの?

機能性表示食品はその成分がこんな機能があると同時に安全であることも科学的根拠を提出しないといけないという決まりがあります。

だから、ラクトフェリンSの機能性表示成分である「ラクトフェリン」についても安全だということが分かっています。

元々、牛乳や母乳、チーズなどの食品にも含まれるタンパク質ですからもちろん安全なのですが、ラットや人に対しても牛由来のラクトフェリンを食べる安全性試験を繰り返し行っても安全だったという結果になっています。

厳しいチェックを行うことで知られているアメリカ食品医薬品局(FDA)でもラクトフェリンは一般的に安全と認められる物質に認定されていますし、牛肉の表面に微生物がついて汚染するのをガードするためにも利用されているほどです。

牛乳と言うとアレルゲンの心配もありますが、ラクトフェリン自体はアレルゲンではありません。ですが、お子さんが飲む分には念のためお医者さんに相談した方がいいと思います。

サンスター「ラクトフェリンS」の詳細はコチラから

 

まずは一週間のお試しから

ラクトフェリンSをいきなり飲み始めるのは難しいという人がいます。なぜなら、いくらいいと聞いても一ヶ月分が入った180粒入りで7,000円もするから。結構高いと感じる人も多いと思います。

そこでサンスターではラクトフェリンSを7日分分包にして一週間体験できる「ラクトフェリンS 1週間体験セット」を販売しています。お試し価格は税別で980円。送料も無料なのでこれだったらお手軽に購入できるのではないでしょうか。

臨床試験では2週間で変化がでていますが、測定したタイミングによるものなので個人差はありますが位週間分でもある程度いいのではないかなと思いますね。

便は体の調子を判断する身近なバロメーターとも言われています。このお試しセットを購入できるのは1世帯につき1セット限りですが、どんなサプリメントなのか知るのにはいい機会だと思いますよ。

 

▼サンスター「ラクトフェリンS」お試しセットの購入はコチラ▼


-健康グッズ