アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

固定電話.comで固定電話の初期費用は無料の時代へ

2019/06/19

気がつけば固定電話を使わない時代になってしまいました。

自分の用事はスマホで事足りてしまいますし、家に電話を置いていないご家庭も増えているんじゃないかなと思います。(実家はまだ固定電話が活躍していますけどね)

私が大学に入った時はまだ携帯電話はあまり普及していなかったので固定電話を下宿に引いていましたし、なんだったらポケットベル(ポケベル)が現役でした。

一つ下の学年からPHSを使う後輩が出てきて、在学中には私も携帯電話を持ち始めました。振り返ると意外と電話環境の過渡期の世代だったんだなとしみじみ思います。

 

スマホVS固定電話で月額使用料対決

スマホにしても固定電話にしても毎月使っても使わなくても月額利用料金がかかります。最近の一般的な契約の場合、スマホの基本使用料がドコモやau、ソフトバンクで契約した場合は2,700円(税別)です。固定電話の基本使用料がプッシュ回線の場合で2,500円(税別)です。

一見すると固定電話の方が安いのですが、スマホの契約だと通話料込みなので国内通話が無制限かけ放題でこの値段ですが、固定電話の場合は基本料金とは別に通話料金がかかります。

これだと固定電話を持つ価値が低いのでどんどん固定電話を持つ人が減って、スマホに流れていくのは仕方ないことかなと思いますね。

固定電話がスマホに勝るがと言えば、固定電話じゃないとFAX使えることぐらいでしょうか。でも、最近はネット上でFAXの送受信ができるインターネットFAXサービスもあるのでFAXも不要かもしれませんが。

 

固定電話が必要な環境ってどこよ

でも、固定電話が必要な環境はまだまだあります。まずある程度高齢の家庭だとスマホや携帯電話に対して抵抗感があるようです。まだガラケーなら電話機に近いので持つ可能性もありますが、スマホだと操作が分からなくて検討すらしないこともあります。

法人ではまだまだ固定電話が活躍しています。企業のホームページを見てみると連絡先欄に固定電話を書いてあることがほとんどです。050から始まる番号を記載する会社も出てきていますが、IP電話だったりするのである意味固定電話の範疇になると思います。

携帯電話の番号が会社の連絡先として記載されていることもありますが、確かにつながる可能性が高いから便利かもしれませんが固定電話の電話番号に比べてまだ少し臭く感じてしまいます(笑)

メールアドレスであれば昔はプロバイダーのメールアドレスや独自ドメインのメールアドレスが普通でGmailやYahoo!アドレスのような無料メールアドレスだと怪しいと感じましたが、最近ではフリーアドレスでもあまり気にせずやり取りできるようになっている印象があります。

 

信用が買えるなら十分に価値のある必要経費

ということは固定電話はスマホに比べて高いのに利用する価値はここにあると思います。特に企業にとって固定電話を使うことはユーザーに信用を与えられるポイントになるのではないでしょうか。

スマホだったら場所もとらないし、会社の事務所にいなくても電話を受けとることができるので実用的だと思います。

また、法人にとってまだまだFAXは利用されている機能だと感じます。例えばお役所系のところとやり取りするとなぜかFAXで通知がよく来ます。メールアドレスも伝えていて、実際メールでも連絡がくるのにFAXも送られてきます。

まだまだ固定電話の価値はあるとは思いますが、企業にとって信用を勝ち取れるのは何物にも代えがたいことなので固定電話の割高な金額は必要経費として十分に意味のなる支払いかもしれません。

家庭で固定電話を使う理由は正直あまり見当たらないと思ってしまいます。最近、固定電話宛に電話をかけた記憶は法人宛がほとんどです。やはり使うとしたら法人でしょうか?

 

意外と知らない電話加入権の存在

固定電話を導入する場合に意外と知られていないのですが、毎月支払う基本料金や通話料金、オプション料金の他に「電話加入権」が必要になります。

電話加入権は120年以上前から続く制度で時代ごとに料金が変動しています。一番高かったのが1976年~1985年の間で80,000円もしていました。ちなみに私が大学入学時に下宿に固定電話を引く際に購入した電話加入権で50,000円以上していた記憶があります。

なんとこの制度は今でも続いていてNTTで新規に契約すると36,000円(税別)が必要になります。家庭に限らず法人にとってもできるかぎり出費は抑えたいと思います。そんな時にこの電話加入権の費用はキツイものがあります。

そんな人達の期待に応えるサービスが「固定電話.com」です。

「固定電話.com」では電話加入権に加えて電話を導入する際に必要な回線工事費が無料になる「トク得初期費用0円プラン」を提供しています。

初期費用が0円に抑えられたら後は毎月基本料金と通話料、オプション料金が必要になりますがこれはどこの場合も同じなので固定電話を導入するハードルがグッと下げられると思います。

 

固定電話.comなら基本料金も通話料金も安くなる

「固定電話.com」を使うメリットは他にもあって、基本料金や通話料金も安くなります。例えば固定電話のみをアナログ回線で契約した場合、NTTだと先ほど書いたように基本料金は2,500円ですが、固定電話.comで契約した場合は2,050円~になります。これだけで一年間で5,000円以上の節約になります。

また、通話料金もNTTだと市内通話、市外通話、県外通話と固定電話の設置場所からの距離に応じて通話料金が異なっていましたが、固定電話ドットコムでは国内通話は全国一律ですんでしまいます。だから遠くにいる友人や企業へのお問い合わせの際も気兼ねなく通話することができます。

また、対応も迅速で最短だと申し込みの当日には電話番号を決定し、局内工事のみで回線工事が不要な環境であれば2日目から固定電話を使うことができるようになります。(回線工事が必要な場合は4日程度かかります)使いたい時に少しでも早く使えるというのはうれしいサービスです。

スマホ全盛の時代です。そうなると固定電話向けのサービスはどんどん減ってきて積極的に安くなるサービスもあまり見当たらなくなっています。

もし、固定電話を引く必要があるのであれば一度固定電話.comを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

▼固定電話.comの詳細はこちらへ▼
★固定電話ドットコム★

-サービス