アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ペット用

このこのふりかけは口コミの評判上々でワンちゃんの歯のケアにピッタリ

2020/02/20

人は毎日歯みがきをするように犬も歯みがきをしないといけないようですね。歯のケアを怠ると人と同様犬も歯周病の恐れもでてきます。実は歯周病は犬の生活習慣病の中で一番多い症状の一つなんです。

3歳以上のワンちゃんの実に8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍だと言われているほどです。確かに友人が飼っている犬が4歳か5歳くらいですが、お口はなかなかパンチの効いたニオイがします。

犬の年齢が進めば進むほど発症しやすくなるのでよりきちんとしたケアが必要だと言われています。

歯周病はほったらかしにすると歯がなくなってしまうだけでなく、重症化することで心臓や腎臓、肝臓といった体の内部へも悪影響が出てくる可能性もあります。

でも、多くの飼い主さんはきちんとした歯周病対策が必要だとは分かっているけど、なかなかできないのが本音ではないでしょうか。

だから、ふりかけて食べさせるだけで愛犬のお口ケアができる「このこのふりかけ」は便利なのかもしれませんね。

 

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

このこのふりかけの口コミ・評判

普段の食事にふりかけて食べさせるだけでワンちゃんの口のケアができるって本当なのでしょうか。それに追加しても食べてくれるかどうか不安かもしれません。そこで口コミ情報を参考にしてみたいと思います。

このこのふりかけを実際に使っている人の感想である口コミは体験しないと分からない部分もあるかもしれないのでぜひご覧ください。※口コミ情報は販売サイトから引用しました。

 

 

自己流の磨き方だったので、しっかりと磨けているかはあまり自信がありませんでした。

犬用の口腔ケアの商品はないかと調べているときにこのこのふりかけを見つけました。

今では毎日の歯みがきとこのこのふりかけの両方使いで、うちの子の口腔ケアはバッチリと自信をもって言えるようになりました。


 

うちの子はハミガキをしないし、歯ブラシを毎回かんで遊んでしまいます。おかげで歯ブラシはすぐボロボロになるし、ちゃんと磨けている感じはしていませんでした。

そんな時友人にすすめられたのがお口げんきこのこのふりかけでした。お口がきれいなワンちゃんを飼っている方からの紹介だったので試してみることにしました。

少しずつではありますが、何となく歯がきれいになってきたような感じがします。

ふりかけもおいしいのか、食べ終わった後ももうちょっとちょうだいとおねだりをしてきます。


 

子犬の頃に歯みがきの習慣づけができずにズルズルとここまで来てしまいました。

日頃からお世話になっている動物病院の獣医師さんから毎回のように「ハミガキはしっかりしましょうね」と指導されていましたが、うちの子が嫌がるのと面倒くさがりな私の性格も重なり、なかなか実践できず…。

まだ若いから大丈夫と思っていましたが、心のどこかではずっと気にしていました、

そんな時インターネットでこのこのふりかけを見つけて注文してみました。ごはんにかけるだけで予防ってホントにできるのか半信半疑でしたが、うちの子もおいしそうに食べているのでとりあえず続けてみることにしました。

続けて3ヶ月ほど経ちましたが最近では、獣医師さんにお口きれいにしてますねとほめられちゃいました。

 

不安は杞憂に終わりそうですね。もちろんワンちゃんによっては警戒する子もいるかもしれませんから、そんな時は手に少量出してなめさせてみたら良さそうですね。

実際にはフードにかけて食べさせるということでから普段の習慣を変える必要もないから、始めやすいみたいですね。味もいいみたいなのが愛犬の反応からもうかがえます。

でも、口コミにもあったようにできればこのこのふりかけと歯みがきの両方をするとワンちゃんのマウスケアにはより効果的かもしれませんね。

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

歯のケアは愛犬のハミガキだけだと不十分

大切の家族の一員ですからワンちゃんの歯をきちんとケアしてあげている飼い主さんは多いと思います。でも、必ずしも十分にできていないって知っていましたか?

毎日歯磨きをしてあげているかもしれませんが、よろこんで歯を磨かせてくれる犬ばかりではなく本気で嫌がる犬もいますよね。小さい頃から習慣化しないとなかなか磨かせてくれないのが現状です。

それに歯をみがいている最中にいきなり動き出してのどに刺さってしまう可能性だってあります。ハミガキ手袋を使う場合でも口の中に指を突っ込んでも暴れないようにするのは難しいと思います。

また、おとなしく磨かせてくれるワンちゃんであっても奥歯や歯の内側などの届きにくい場所までキレイにするのは難しいというのが本音ではないでしょうか。

そんな飼い主さんの手間と苦労を減らすためにも活躍してくれるのが「このこのふりかけ」というわけですね。

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

このこのふりかけは紆余曲折あってふりかけになりました

このこのふりかけはふりかけ状で愛犬に食べさせるサプリメントになりますが、口コミでも評判が良かったのでメーカーも意図的にふりかけにしたのかと思っていました。でも、どうやらそうではないようですね。

元々このこのふりかけはヒトが食べる事ができるヒューマングレードの品質と自然な食品の両立を目指して開発が続けられていたそうです。そして、当初は市販品にあるように歯みがきガムやゼリータイプになる予定だったようです。

しかしながら、一番初めのコンセプトである自然な食品を成り立たせるための自然由来の原材料ではガムの形状にしづらいし、ゼリーだと製品を作る際に加熱が必要ですが、その時に大事な成分を壊してしまうなどの問題が発生したようです。

その結果、行きついたのがふりかけスタイルの「このこのふりかけ」です。かえって新しく何かを食べさせるといった習慣を増やすこともなく普段のフードのままでOKなので結果オーライですね。

それにしても逆に色々な加工がしてある製品はちょっと気になりますね…。

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

このこのふりかけは成分がたったの5種類だから色々フリーなのだ

このこのふりかけは先に書いたように自然な食品を目指して作られています。だから、入っているのはたったの5種類なんです。

 

このこのふりかけの原材料
イソマルトオリゴ糖、リベチン含有卵黄粉末、乳酸菌殺菌粉末、なた豆茶粉末、ポリグルタミン酸

 

もちろん、原材料を見てもらったら分かる通り、保存料や着色料、防カビ剤、香料、防腐剤、発色剤、酸化防止剤は一切不使用。安全・安心な食事を愛犬に与えることができるわけですね。

成分が少ないからといって卵黄が使われたりしていますから、アレルギーの心配もあるわけですよね。もし気になる時はあらかじめかかりつけの獣医さんに相談した方がいいと思います。

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

このこのふりかけは4つの成分でお口ケア

このこのふりかけは原材料が5つしかありませんが、お口ケアのために配合されている成分はさらに少なくたったの4つ。余分なものを入れず厳選された成分しか入っていないから食べるワンちゃんの負担になりにくい配慮がされていますね。

 

成分① グロビゲンPG

愛犬の歯垢や歯石の原因になるのが歯周病菌です。この歯周病菌にアタックして働かなくしてくれるのがグロビゲンPG。しかも奥の中には他にも善玉菌もいますが、こちらへの影響はないのが安心です。

さらにグロビゲンPGは卵(卵黄)からできている物質なので安全なのがうれしいところです。

 

成分② なた豆

なた豆は育つのサヤの大きさが40cm以上にもなり童話「ジャックと豆の木」のモデルになったとも言われている植物で、最近では人が使う歯みがきにも成分として配合されるようになりました。

その成分にはウミを出したり炎症を鎮める働きがあり、歯ぐきのはれや炎症対策だけでなく免疫力をアップさせる働きがあるので口の中にいる菌のバランス(口内フローラ)の維持に期待できます。

 

成分③ 乳酸菌

乳酸菌というと腸内のバランスを取るために飲むイメージがありますが、実は口の中に対しても大活躍の成分です。腸内と同じように口の中にもたくさんの菌がいますが、善玉菌と悪玉菌、どっちつかずの日和見菌のバランスを整えるのに役立ちます。

また、このこのふりかけに配合されている乳酸菌は「クリスパタス菌KT-11株」を採用していますが、様々ある乳酸菌の中でも免疫を活性化させる力が特に高いのが特徴でワンちゃんのお口の健康を維持するサポートもしてくれます。

 

成分④ ポリグルタミン酸

何となく汚いイメージのあるだ液ですが、実は優れた殺菌力をもち、口の中の湿度を維持するためにとても重要なもの。だから納豆のネバネバの元であるポリグルタミン酸を配合することでだ液がよく分泌するようお手伝いをしてくれます。

 

歯垢の原因へのアタックや炎症を抑えたり、菌のバランスを整えたり、だ液を促したりと配合されている4つの成分それぞれにきちんと意味があります。だから4つの成分でも満足のいく結果が得られるわけなんですね。

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

イソマルトオリゴ糖は何のため?

このこのふりかけの原材料名で一番最初に書いてあるのがイソマルトオリゴ糖です。一般的に原材料名は配合されている量が多い順に書かれることが多いのですが、実はイソマルトオリゴ糖は歯のケアに直接必要な成分ではありません。

いくら成分を厳選しているとは言え、このこのふりかけは食品なので食べてくれないと意味がありません。そのため味つけ(甘味)として加えてあるのがイソマルトオリゴ糖です。

せっかくのお口ケアなのに糖分を加えてもいいの?って不安に思われるかもしれませんが、オリゴ糖にはカロリーが控えめなのに加えて虫歯になりにくいという特徴もあります。だから、ワンちゃんに安心してあげていただくことができると思います。

ちなみにメーカーの情報によると卵黄由来のグロビゲンPGも入っていますから、合わさることでたまごボーロのような味になっているということです。それなら何となくワンちゃんも喜んで食べてくれそうな気がしますね。

このこのふりかけかけに配合されている原材料全てがきちんと意味があって、決して不要な添加物などではないことが分かりますね。

お口げんき このこのふりかけの購入はコチラから

 

先にやっとく?愛犬のお口ケアチェック

ワンちゃんの口をちゃんとケアできているかどうかのチェックリストをご紹介したいと思います。実際にはどうなのかは獣医さんに連れていけばいいのですが、まずは愛犬の様子をよく観察してみることから始めてみてくださいね。

 

<チェックリスト>
□ 顔を近づけた時に口が臭う
□ よだれや鼻水が増えた
□ 歯に歯石がついている、もしくは歯が黄色い
□ 歯みがきをさせてくれない
□ 歯肉が赤い
□ 歯ぐきが腫れている、また血が出ている
□ 口を触らせたがらない
□ 最近、食欲が落ちた
□ 最近、カリカリのペットフードを食べなくなった
□ 手作りフードをあげている
□ ウェットフードをあげている
□ 歯並びが悪い、または乳歯が残ったままになっている
□ 10歳以上の高齢犬である


全部で13個のチェックリストの内、チェックした項目が0~1個の場合は大丈夫だと思いますが、2~6個だと黄色信号、半分の7個以上に該当するのであれば今すぐにでもお口ケアを始めた方がよさそうですね。

 

▼お口げんき このこのふりかけの購入はコチラ▼

-ペット用