アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

ペット用

カリカリマシーンSPは人気なので良い口コミと気になる口コミ両方調べたよ

一人暮らしでペットを飼っている人にとってエサをやるタイミングは頭を悩ませる問題です。愛猫の健康を維持するためにはいつも決まった時間にエサをあげた方がいいのですが、残業などで忙しいとそうもいきません。

また、ペット同伴で泊まれるホテルや旅館はまだまだ少ないですから、なかなか旅行にも行けませんし、そもそもペットホテルを含め外出を嫌がる子もいます。

そんな悩みを解決してくれるのが自動的にエサやりをしてくれる自動給餌器「カリカリマシーンSP」です。最近注目を集めているこのマシンはフジテレビの「みんなのニュース」や毎日放送の「ちちんぷいぷい」といったテレビを始めとしたメディアでも取り上げられています。

 

カリカリマシーンSPの口コミ・評判

カリカリマシーンSPは当然、よく使うのは飼い主でもありますが、ペットのニャンちゃんでもあります。こういった商品の使い心地は口コミを見るのが一番です。実際に使っている人の感想は参考になりますからね!

 

 

本体ですが高さを取っている分、幅や奥行きが小さめになっていて圧迫感など少なくどこにも気軽に置けます。

ドライフードも約1.6キロ入るので一般的な小分けドライフードなどは全部入れきれます。結構ドライフード保管は場所を取るのでこれは助かります。

蓋は透明になっており、ドライフード残量がわかりやすくなっています。また凹凸が少ないので拭き掃除などの手入れもしやすくなっています。

ただし、フードトレーは材質的に脂分の多いドライフードだと結構べたつきが残るのでこまめな清掃が必要となりそうです。


 

あまり食べ物に対して積極的ではない我が家の猫が新しい機械に興味津々で、ごはんもがつがつ食べていました。

設定の段階でわからないことがあり、サポートセンターにお電話させていただいたのですが、わかりやすく説明をしていただき、とても助かりました。

これからは仕事が忙しく、帰るのが遅くなっても猫がひもじい思いをしなくていいと思うととても嬉しいです。


 

一人暮らしを始め、家を留守にすることが増えたので、スマホから家の様子を確認できるカメラを丁度探していました。

こちらは餌の自動供給もできるのでうちにぴったりだと思い支援しました。猫も、餌がいきなり出ることに驚いていましたが、すぐに食べてくれてよかったです。

後は、名前登録が三文字までしか対応していないことと、ビデオを見たい場合、暗視カメラではないので夜間は明かりを付けて外出しないといけなくなることが少し残念に思います。餌を供給した後に通知が来ることは安心できるのでとても良いと思いました。


 

猫を2匹飼っているので、2台購入させていただきました。

商品が届き、早速、タイマーでごはんをあげてみると1台ほうに2匹共行ってしまい、途中で食いしん坊の方がもう1台のほうへ行き食べる。という結果に…。

うちの子達はちゃんと1台ずつに分かれて食べてくれるまで少し時間がかかるかもしれません^^;

カメラがかなり広範囲(125度?)まで見え、薄明りでも明るく見える!スマホアプリを覗きながら好きな時に好きな量をあげられるのはとても便利!

外出先でスマホから話しかければ、ごはんだと思って寄ってくるので見ていて面白いです(笑)

 

個人的に一番の心配は見知らぬマシーンから出てきたフードを猫ちゃんがきちんと食べてくれるのかどうかという点ですが、口コミを見ているとそんな不安はいらないぐらいきちんと食べてくれるみたいですね。

そてにスマホと連動することで外出先から様子を見る事ができるし、話しかけることができるのは外出しがちでペットの様子が気になる飼い主さんにとってはピッタリですね。

 

▼カリカリマシーンSPの購入はコチラ▼
カリカリマシーンSP】

繋がらない?カリカリマシーンSPの気になる口コミ

カリカリマシーンSPはまだ新しい商品なので完全なつくりというワケにはいきません。気になる点もいくつかあるようです。買うにせよ買わないにせよ、知っておいて損はないと思うので口コミからご紹介します。

 

 

ビデオを見たい場合、暗視カメラではないので夜間は明かりを付けて外出しないといけなくなることが少し残念に思います。

 

Wifi接続となるので、電波の届きが良いところが前提となります。
若干注意がいるのが、本体とWifiの接続は(IEEE802b/g/n)で行うこととなっており、(IEEE802a)では設定できません。

 

たまにwifiで作動しなくなる時があります。。。大半のユーザーはモバイルデータではなくwifiで使いたいと思うのでアプリに改善が必要かと思われます。
また、すべての公共、オフィスwifiでアプリが使えないことも(セキュリティの問題だと思いますが)もなんとかしていただき

 

大きく分けて、「ビデオ」「ネット接続」ですね。ビデオはまだそこまで性能が高くないので夜間(暗視)対応はしていないようです。また、ネットに繋がらない場合もあるということですから、やっぱり電波状況はよく考えておいた方がいいですよね。

その点はメーカーも把握していて、公式サイトには設置場所に関して「安定的にWi-Fiインターネットが接続できる事が前提です。」という記載がありました。

だから、設置する時は無線ルーターとつながりやすい場所にカリカリマシーンSPを置いた方がいいですね。でも、↓のような口コミがありましたから設定自体は結構カンタンなようです。

 

 

設定が非常に簡単。ストレスなしでスマホとの連携が完了しました。

 

カリカリマシーンSPの購入はコチラから

 

スマホでの遠隔操作で安心

カリカリマシーンSPはタイマーで設定した時間に自動的にエサやりをしてくれますが、操作は専用の無料アプリを通してスマホからの遠隔操作ができるのが特徴です。本体もネット接続しておくので外出先や仕事先からもスマホでエサやりを行うことができます。

また、タイマーだけでなく好きなタイミングで手動給餌も可能なのでおやつとしてあげたりすることもできるから外に気軽に出かけることができます。

タイマー設定では最大1日に4食まで、1回にあげる量(10g~100g)も調整することができ、エサやりが完了したらアプリにメッセージが届けられるので様子が確認できて便利ですね。

フードタンクがからになった時も内部に搭載されている赤外線センサーで感知して、アプリにエサが空になったことを通知されるメッセージが送信されますから、エサの入れ忘れにも対応してくれるのは毎日忙しい人にはうれしい機能です。

カリカリマシーンSPの購入はコチラから

 

見守りカメラで様子を見られるのがうれしい

カリカリマシーンSPの特徴に本体の前部にカメラが内蔵されている点が挙げられます。カメラはスマホと連動しているのでペットの様子が気になった時にすぐにアプリからカメラを起動して今の状況を見る事ができます。

声をかけることもできるのであなたの声を聞かせてあげたり、エサやりに呼んだりすることもできますから、さびしがりやな子には安心してエサを食べてもらうためにはうれしい機能ですね。

しかも、カメラで動画や写真を撮影してスマホに保存することが可能です。飼い主と一緒にいる時には見せる事のないレアショットが撮れるかもしれませんね。

アプリは使用料もアプリ代も無料ですし、iPhoneにもAndroidにも対応しているので気軽にダウンロードして使うことが可能です。

カリカリマシーンSPの購入はコチラから

 

ペットだけの状況で自動エサやりは不安?

カリカリマシーンSPを見ていて真っ先に浮かんだのが、器用で賢いワンちゃんやニャンちゃんがいたずらして中身をぶちまけたりしないかなということでした。

でも、その点もきちんと対策が施されています。まず。エサは本体のフタを開けて入れる仕組みになっていますが、ロックボタンを搭載することで犬や猫では開けにくくしてあります。

また、フードが出てくる場所も小さい作りになっていますから、いくら体が柔らかくてもそこから手を入れてエサを引っ張りだすことも難しくなっていますから安心ですね。

カリカリマシーンSPはコンセントを挿して電気を使っていますが、万が一猫ちゃんが走り回ってコードが抜けたり停電などで電気が送られなくなった時にもバッチリ対策がされています。

本体の下にいは単三電池3本をセットできるようになっていて、もしもの時にはそちらから電気が送られる仕組みになっています。

ただし、電池から給電されている時はスマホからの遠隔操作やカメラ・マイク機能を使うことができず、タイマー設定された自動エサやりのみが作動します。

 

▼カリカリマシーンSPの購入はコチラ▼
カリカリマシーンSP】

-ペット用