アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

kankai(カンカイ)入浴剤の最安値はどこだ!楽天・amazon調べ

2020/04/21

kankaiはお医者さんでも本来治りにくいリウマチや神経痛にお悩みの方が自宅で簡単にケアできるように作られた自宅でも薬用入浴剤です。

そのおかげで多くの人からも好評で納得度?が91.7%と高い評価を受けています。でも、1ヶ月分で定価が12,600円(税別)と高いのも確かです。

そこで大手オンラインショッピングサイトで安く買えないか調べてみました。

 

kankai(カンカイ)の最安値調べ【AmazonVS楽天VSYahoo】

オンラインショッピングの売り上げ上位3社と言うとAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングだと思います。そこでこの上位3社でkankaiの最安値を調査しました。

まずはAmazonでの検索結果です。

 

 

Amazonで「kankai」と検索しても「もしかしてkantai?」と間違って入力したんじゃないかとAmazonの検索システムに誤解されるありさまです。もちろん誤解されるぐらいなので結果に入浴剤kankaiはヒットしませんでした。

次に楽天市場でも「kankai」を検索してみました。すると入浴剤は表示されず何やら珍味っぽいものが表示される結果でした。

 

 

調べてみるとこの珍味の名前は寒い海と書いて「カンカイ」とも読むタラ科の魚「コマイ」の干物だそうです。

最後に月会費がかからないので出店数が急上昇中のYahoo!ショッピングでは販売されていないだろうかと望みを託してkankaiを検索してみました。

 

 

結果は楽天市場での検索結果と同様、干物のカンカイが表示される結果に終わりました。kankaiはあまりショッピングサイト系では販売していないようです。ここはおとなしく公式サイトで購入した方が良さそうです。

ちなみに今回は「kankai」という元々の商品名で検索してみましたが、「カンカイ」とカタカナでも試してみたらむしろ干物の表示件数が多くなっただけでした(笑)

リウマチ・神経痛の自宅ケアに入浴剤kankai(カンカイ)の購入はコチラ

 

kankai(カンカイ)を最安値で買うなら定期コース

公式サイトでkankaiを少しでも安く買おうと思ったら「定期コース」で購入する方法があります。定期コースは決められた期間毎月kankaiが送られてきますが、毎月1袋ずつ買うよりも安く購入することができます。

定期コースには「4ヶ月コース」と「9ヶ月コース」の2種類があり、それぞれの期間毎月送料無料でkankaiが1袋ずつ送られてきます。

4ヶ月コースは1袋あたり約半額になる6,300円(税別)で購入できます。4ヶ月分で27,900円お得ということになります。

9ヶ月コースは1袋あたり通常価格12,600円(税別)が4,900円(税別)になるので61%ぐらいの割引で購入でき、9ヶ月で通常価格と比べると69,300円安くなります。

自宅ケアには期間がかかると思いますから長期間使おうと思ったら定期コースもいいかもしれません。でも、自分に合っているかどうか分からないと思うので、最初はお試しで1袋(1ヶ月分)から購入した方がいいですね。

▼9ヶ月定期コースで約61%OFFのkankai(カンカイ)の購入はコチラ▼


 

kankai(カンカイ)の口コミ情報

kankaiはは納得度が91.7%と高評価な入浴剤ですが、口コミ情報から購入者がkankaiを使ってどう感じているのかを見てみました。

 

 

kankaiを使って10分くらいで汗だくになって、お風呂から上がっても温泉の後みたいに体の芯からぽかぽかします

 

お湯がぬるめでも長く入浴していると体がポカポカしてきて、リウマチの痛みが気にならなかった

 

kankaiを使ってから神経痛にもかかわらず朝のお出かけの準備やお化粧が動きやすくなった

 

kankaiは5種類の漢方薬が入った入浴剤ですが、ぬるめのお湯でも体が温かくなるということは結構成分が多く入っているのかなと感じますね。

ぬるま湯でも体ポカポカkankaiの購入はコチラ

 

kankai(カンカイ)の口コミでここが気になった

kankaiでリウマチや神経痛が楽になったという口コミはよく見かけますが、使い始めてどれぐらいでそう感じたのか気になりました。そこのところどうなのか口コミを探してみました。

 

 

kankaiを使い始めて2ヶ月経ったぐらいで寝起きや冷え性が楽になりました

 

kankaiを使って4ヶ月くらいで、冷えが大分楽になりました。

 

毎日、kankaiを使っていますが、少しでも良くなってほしいと思います

 

ここから分かるのはやはり数日や1週間程度では症状が楽にならないんじゃないかなということです。個人差はもちろんありますが、2~4カ月は使い続ける方がいいのかもしれません。

そのためにメーカー側は4カ月定期コースを設定しているんでしょうね。いずれにしても気持ちはわかりますが、リウマチや神経痛がkankaiを使ってすぐによくなるという期待は持ち過ぎない方が良さそうです。

4ヶ月定期コースで半額になるkankai(カンカイ)の購入はコチラ

 

リウマチや神経痛の原因って何?【知っておきたいこと】

毎日痛みに悩まされるリウマチや神経痛の原因について考えた事ありますか?もちろん、両者は違う症状なので原因自体は異なりますがよく知っていくとあることが分かってきます。

 

リウマチ原因の4割は遺伝子

実は、リウマチの発症原因の約4割は遺伝子だと言われています。遺伝子に関しては残念ながらどうすることもできないのが現状だと言えるかもしれません。

一方、残りの6割の原因ですが、免疫システムのバランスが崩れだと言われています。そして、免疫システムはウィルスや細菌に感染したり、肉体的な疲れや精神的疲れ、そしてストレスが主な原因だと考えられています。

この6割の原因である免疫システムの改善を行うため、専門医の治療では抗リウマチ剤やステロイド剤、非ステロイド剤、生物学的製剤などによる薬物治療がメインに行われています。

しかし、薬物治療でも一部の早期治療を行えたケースを除いて症状改善まで時間がかかることが多いのが現状です。

 

神経痛も治療方針はリウマチと同じ?

神経痛の場合、年齢を重ねることで骨や身体に起こる変化が原因になるケースと病気などをきっかけに発症するケースに分かれます。

原因は違っても神経痛の治療は主に薬物などを用いる保存療法が行われることが多く、手術まで行うわけではなく、対処療法的に痛みをやわらげたり、悪化しないようにするというのが方針になっています。

こうしてみると原因は違ってもリウマチと神経痛では治療の方針が似ていることに気づきます。そして、どちらの場合も自分で行える痛みの改善方法はリハビリを行う運動療法食事療法が主になってくると思います。

kankai(カンカイ)の購入はコチラ

 

運動と食事以外にここに注目!それが「冷え」

運動療法や食事療法が大事なことは分かっていても、痛みの中リハビリを続けるのは苦痛であることはリウマチを患っていなくても容易に想像がつきます。

また、食事療法についてもバランスのよい食事を摂り続けるのは結構ハードルの高いことです。さらには痛みの中食事を作ること自体困難な場合もあるのではないでしょうか。

もう一度言いますが、運動療法や食事療法自体は大切なことです。でも、痛みがそれを行うための最大のハードルになっているのは間違いないと思います。

そして、痛みを増幅する要因があるのを知っていますか?それが「冷え」です。女性を中心に冷えに悩まされている人は多いのですが、リウマチや神経痛に悩む女性の実に8割が『冷え性』を抱えているということです。

例え、リウマチや神経痛でなくても冷えは万病の元になりうる症状です。特に女性は冷えが婦人系の病などにかかりやすくな要因とも言われています。

つまり、リウマチや神経痛にとって冷えの影響が痛みを悪化させる犯人だと考えられる以上、冷えに対処することは最重要な取り組みと言えるのではないでしょうか。

そのためにお風呂で温まりながら冷え対策も行える、薬用入浴剤kankai(カンカイ)がピッタリなのかもしれませんね。

kankai(カンカイ)の購入はコチラ

 

kankai(カンカイ)の成分から特徴とメリットを考える

kankaiは辛い痛みを抱える人が自宅で温熱ケアができるよう開発された薬用入浴剤です。kankaiは薬用とうたっているだけあって、使うことで多くの特徴となるセールスポイントがあります。

 

kankai(カンカイ)の特徴① 和漢パックに含まれる生薬の力で「冷え」を徹底的に改善

kankaiは長く医療従事経験のある整形外科医が監修した薬用入浴剤で和漢パックには厳選した5種類の生薬が成分として配合されています。そのバランスも重要で使うとぽかぽかして温熱効果が長持ちします。

 

kankaiに配合される5つの成分●甘草(カンゾウ)・・・緊張を緩める作用や鎮痛、冷え性、保湿に効果があります。
●十薬(ジュウヤク)・・・消炎作用や冷え性、保湿に効果があります。
●生姜(ショウキョウ)・・・発汗を促す作用や神経痛、冷え性、保湿に効果があります。
●当帰(トウキ)・・・鎮痛・鎮静効果や疲労回復、冷え性に効果があります。
●茯苓(ブクリョウ)・・・滋養・鎮静効果や冷え性・保湿に効果があります。

 

kannkaiは内服薬ではないので、すでに使っている抗リウマチ薬や抗炎症薬と併用してもOKなので、安心して使うことができます。

 

kankai(カンカイ)の特徴② 関節をほぐして指の柔軟性を楽に

kankaiの成分である茯苓(ブクリョウ)と生姜(しょうきょう)は関節の動きをほぐして、指の曲げ伸ばしをしやすくする効果が期待できます。また、冷えに対しても効果を発揮してくれます。

 

kankai(カンカイ)の特徴③ 持続するぬくもりで気持ちのよい睡眠

冷えは眠りを妨げる要因にもなります。そして睡眠不足は健康的な生活の大敵にもなることはよく知られています。kankaiはその温熱効果でお風呂上りもポカポカが持続してくれますから気持ちよく眠りにつくことができます。

また、保湿効果もあるため、朝起きた時の肌のこわばりも楽になることが期待できます。

 

kankai(カンカイ)の特徴④ 生薬の香りでリラックスバスタイム

kankaiの成分は生薬100%です。そのため生薬の香りがするのが特徴です。この香りが「効きそうな香りがする」や「温泉気分になれる」というお客様の声もあり評判です。

ぬるめのお湯にkankaiを入れてゆっくりバスタイムを過ごすことでリラックスでき、ストレス解消にもピッタリです。

 

kankai(カンカイ)の特徴⑤ 科学的な添加物無添加へのこだわり

リウマチや神経痛を自然に克服するまでには長い道のりになることが予想されます。もちろん、kankaiも長い間使い続けてほしい入浴剤という思いから体に悪い可能性がある成分はできるだけ取り除いてあります。

そのため、石油系界面活性剤や紫外線吸収剤、シリコン、アルコールといった一般的な入浴剤などには配合されている成分は一切使っていません。

また、kankaiの製造工場は国際規格ISO9001を取得している日本国内なので衛生環境や品質にも信頼がおけますから、安心して使い続けるのもメリットですね。

 

 

2020年4月現在Amazonで売っている?

Amazonでも楽天市場でもKankaiが売っていないと書いていますが、この記事を書いたのは2018年です。

2020年となって改めて調べてみると楽天市場では相変わらず干物がヒットしましたが、Amazonでは違います。

どうやらメーカーがAmazonでのkankaiを販売し始めているようです。

なので、お試しであれば、Amazonの方がお得っぽいですね。

 

▼kankaiの購入はコチラ▼

-健康グッズ