アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

学習

【じゅけラボ予備校】お安い効率的な学習法で高校受験合格を狙う!

2021/02/13

「じゅけラボ予備校」は高校受験のための無駄を省いた学習プログラムなので、効率的に合格への歩みをすすめられる?ということなのですが、具体的にそれってどういうことなんでしょうか?

今日はその内容について迫ってみることで、本当に希望の高校への合格を手にすることができるようなシステムなのか?見ていきたいと思います。

 

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

じゅけラボ予備校受講にかかる費用は?

 

「じゅけラボ予備校」の受講するとしたら、まず費用がどのくらいかかるのかを知らなくてはなりませんね。ですので、ズバリ価格から調べていきましょう!

 

 

※カリキュラムの開始時期が中学3年生の10月以降の場合には、特別なカリキュラム作成が必要になってくるとのことで、別途30,000円(税別)がかかるようですのでご注意くださいね。

※難関高校というのは偏差値70以上の一部の高校のことを差しているようです。

 

さて、「じゅけラボ予備校」の上記の価格についてどう感じられたでしょうか?お高い?それとも安い?しかし、実際のところ、他の学習塾や家庭教師にお願いする場合と比べて以下のようにかなりお安い価格設定と言えるようなんです。

 

でも学習塾や家庭教師だと年間30、40万円以上かかるプログラムをこの金額で提供できるのは、「じゅけラボ予備校」の学習の質が劣るからお安いのでしょうか?

いえ、そうではないようですよ。お安く提供している理由としては

1.システムにより業務効率化を実現しているから
2.カリキュラムの提供に特化しているから

このような創意工夫も取り入られている点がその理由なんだそう。

 

また、「じゅけラボ予備校」の費用についての問い合わせとして多い質問事項の中に以下のようなものがあるようですので、その質問と回答を以下にご紹介しますね。

 

Q:受講料以外に、費用は一切かからないのですか?

A:市販の参考書代が必要です。
お近くの書店やインターネット書店にて各自でご購入していただきます。(志望校によっては受験までに4万円程度かかる場合があります。)
当校が教材を販売することはございません。参考書はお近くの書店やインターネット書店等でご購入ください。
生徒様1人1人に合わせた無駄のない選定ですので、結果的に教材費はどんな受験会社様よりも安く済みます。

そうですよね。参考書はどうしても経費として必要な部分ですよね。

 

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

「じゅけラボ予備校」の講座の特長とは?その1:個別のカリキュラムで学習できる

 

「じゅけラボ予備校」講座には大きく2つの特長があるようです。次はその具体的な点について理解していきましょう。

 

◇個別に現状分析をし学力にピッタリ合うカリキュラムを提供してもらえます

学習を効率的にし、的確に学んでいくためには、個々の現状の学力に合わせることが重要なポイントです。

でも学習塾や通信教育の場合には、既存のものに合わせてそれぞれが学習するカタチが大半です。特に、集団塾にいたっては20~30人みんなが同じ授業を受けることになるため、自分にとって不必要な勉強をしてしまったり、必要な学習内容が不足してしまったりすることが見受けられるものです。

家庭教師の場合では高額な費用を払って優秀な家庭教師に教えてもらわない限りは、生徒に合わせたカリキュラムを作成することは想像以上に難しい作業になるようです。なので、わからない所を単純に指導してもらうだけで終わってしまう事も多いのが現状です。

しかし、「じゅけラボ予備校」では、最初に学力テストを実施することで、個人の現状の学力や弱点を見極め、レベルに合った内容でカリキュラムを作成してもらうことができます。これにより、自分にとって必要な学習のみを効率的に進めることができ、最短での合格に近づくというのです。

う~ん、なるほどですね。効率的で的確に学習することにとっても焦点を当てている指導法であることがわかりますね。

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

「じゅけラボ予備校」の講座の特長とは?その2:正しい学習法がわかる

 

◇最も効果的な学習方法がわかる

実際に「良い参考書を使うこと」以上に大事なことが「正しい学習法」を知ることなんだそうです。正しい学習法が分かっていないと、必要以上に時間をくったり、結果が出ないことで、モチベーションの低下にもつながってしまう危険性が生じます。「じゅけラボ予備校」では、「学習内容」だけでなく、効率的な「正しい学習法」まで提供してもらえるんです。

 

 

しかし、「人にはできても自分には無理・・」なんていう弱気な気持ちになるという方もいらっしゃるかと思います。

でも、この学習法は脳科学の理論に基づいていることで、今の学力に関係なくその効果が出るというんです。

例えば、英単語の暗記を暗記する場合の例をあげてみましょう。

・何度も書く ・1語に時間をかけてじっくり覚える ・1日で一気に覚える

このような方法で学習した経験のある方いらっしゃるんではないでしょうか?しかし、実はこのような方法はというやり方は効率の悪い間違った学習法なんだそうです。言われなければ勉強しているってだけで満足してしまう部分が少なからずあるかもしれませんよね?

でも、この学習法はいくら時間をかけてもなかなか頭に入ってはこない方法に入るようなのです。
脳科学に基づいたじゅけラボ予備校の勉強法に改善すると以下のような学習法にガラリと変わるようなんです。

・書かない ・短期間で大量にこなす ・何度も復習する

 

この学習法が良い点についてそれぞれについて説明すると・・

◇書かない
書くこと自体が負担になってしまい続かなくなる。また、書くことに意識が行き過ぎて頭に入れることに意識が薄くなる。

◇短期間で大量にこなす
長い時間かけても短い時間でも記憶率に変わりはない。

◇何度も復習する
人間の記憶というのは、触れる時間より触れた回数の方が重要。

 

なるほど☆このように「じゅけラボ予備校」では、脳科学にも基づいた学習方法を提供してもらうことで、効率的でムダをカットした学習が可能になるのだそうです。

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

「じゅけラボ予備校」の監修者って?

 

「じゅけラボ予備校」を監修していう人は天流仁志氏という方です。1982年北海道生まれ。東京大学法学部卒だそうです。

天流さんは教育水準が低いとされる地元の公立小中学校から鹿児島のラ・サール高校に進学した経験から、その圧倒的な差を痛感し、学力の地域格差や親の理解による格差への問題意識から受験技術の研究を深めていかれたようです。

高3の時点で、その成果を生かし、全国模試でTOP10に入る成績を連発したというツワモノ。東大は入学した後も実際に通信指導を含む複数の塾・予備校でさまざまな学力の生徒の指導に当たり、受験技術研究をし続けたそうです。

現在はGLS予備校の教務主任として少数の生徒の指導をしつつ、常に最新の研究を反映したカリキュラムを作成し続けていらっしゃるようです。

つまり、常に最先端で高校受験について研究・探究をつづけ、よりよい方法に改良して生徒たちを合格へ導く道をつけてきておられるということなんでしょうね。

延べ1000冊ほどの参考書・問題集を紹介する「GLS書房」というサイトを運営する参考書マニアでもあるそうです。

過去の指導実績には、東大・慶應義塾大学・早稲田大学合格者を多数輩出しています。

 

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

「じゅけラボ予備校」のサービス内容とは?

 

 「じゅけラボ予備校」のサービスにはどのようなものがあるのか?具体的に見ていきましょう。

 

入会時に受けるテストです。このテスト結果をもとに、あなたに最適なカリキュラムを作成してもらえるんです。

 

テストの結果から、あなたの現状の学力に合せて、第一志望高校合格に向けて取り組むべき参考書・スケジュール・勉強法を1ヶ月ごとに提供してもらえます。このカリキュラムに沿って学習を進めることで、効率的に学力を上げていくことができるように作られています。

 

1つの参考書が終わるごとに、学習内容が定着しているかどうかのテストを受けることができます。これにより学習の定着度をその都度確認することができ、学習内容を確実に身につけていかれるように考えられています。

 

カリキュラムや学習法について質問・相談することができます。専門スタッフと話し、悩みや質問が解決するまでしっかり対応してもらえるのです。

 

う~ん、例えば私が勉強で嫌いだった教科、数学・理科に関しても、このように親切丁寧に教えてもらえるならその都度学んで自分のものにしていくことができそうな気がしますね(笑)やはり、個人のペースに合わせてくれるっていうのはとても大きなことだと思います。

自分の中学時代を振り返ってみると、たいてい、やる気が失せてしまうのは、人と比べてできない、って感じたことがきっかけだったような気がします。 そして、どんどん遅れていく(笑)

苦手意識をどう克服するか?という点において、人と比べずに自分のペースで確実にひとつひとつ身につけていくことで、やる気がもてる環境さえ整えば、たいてい何でも取り組んだものは伸びるものだと思いますね☆

 

 

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

「じゅけラボ予備校」は本当に一人で勉強を進めることができるのかしら?

 

「じゅけラボ予備校」は優秀なカリキュラムだとしても、やはり不安がつきまとうという方もいらっしゃるかと思います。

「じゅけラボ予備校」のカリキュラムでは、学習のスケジュールから勉強法までを一つ一つ丁寧に説明している点が特長であり、誰でも1人で進められる内容になっているようです。

「それでもやっぱり分からない問題が出てくるんではないか?」と不安に思う方も当然いらっしゃると思います。これに対しては
電話・メールでの学習アドバイスがあるので、安心できると思います。

日々一人で学習を進めていく中で、学習法についての悩みや進路相談などについても相談したいことがあれば、メール・電話で連絡することが可能なんです。しかもお子様からの相談だけでなく保護者の相談も受けてもらえるんです。

さらには、学習法に関する相談だけでなく、やる気が出ないとかメンタル面の相談もカウンセリング的にしてもらえると言いますからすごくありがたい受験のためのトータルなプログラムになっていると感じます。

 

「じゅけラボ予備校」の詳細・お申込みはこちら

「じゅけラボ予備校」へ入会する流れとは?

 

「じゅけラボ予備校」へ入会した場合の流れについてイメージできるように、さいごに簡単に説明しますね。

プログラムの開始時期については、カリキュラムは月初からでも月の途中からでも開始できまるということですので、気軽な気持ちでひとまず問い合わせしてみると良いようです。

 

 

 

※「じゅけラボ予備校」のキャンペーンは終了しました。

残念!と思われた方に、ここでひとつ、お子様のやる気を引き出すことに定評のある「個別学習塾スタンダード」という塾をご紹介しますね😊

「うちの子はあまり勉強していないようだけど大丈夫かしら?」と気になっている場合は特におすすめです。

こちらは5回の 無料授業から始めることができ、実際にお子様に合うのかどうか?体験してみることができるのもメリットです。

興味があるという方はぜひ、公式サイトもチェックしてみてくださいね。

↓↓↓↓

▼「個別学習塾スタンダード」の詳細・お申込みは画像クリック▼




-学習