アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

住居

除菌水ジーアはこれからのウイルス対策の定番?【口コミもチェック】

インフルエンザウィルスや新型コロナウイルスなど感染が気になると除菌の必要性が考えられるようになってきます。

これまで除菌と言うとアルコールスプレーが定番だったと思いますが、最近のニュースを見て病院や老人ホーム、幼稚園などの除菌によく使われているのは実は次亜塩素酸水です。

比較的、免疫力の低い人が多い施設で利用されているということはそれだけ除菌に効果的と言うことですよね。そのため、最近問い合わせが急増しているのが「除菌水ジーア」です。

除菌水ジーアの購入はコチラから

 

除菌水ジーアの使い勝手を口コミでチェック

除菌水ジーアの使い勝手は実際問題どうなのか。これが重要なことだと思います。そこで口コミ情報を参考にしてみたいと思います。

既に利用している人の感想ですから参考になるのではないでしょうか。ぜひご覧ください。

 

 

毎年冬になると子供が学校からインフルエンザを持ち帰ってくるか、家族全員休むことが続いていたので、今年は次亜塩素酸水を試しに使っています。

その効果かわかりませんが、まだ家族全員インフルエンザにかかっていません。

もう少し様子をみていきたいです。


 

今年大学入試を控えている受験生の娘がいます。絶対にインフルエンザや風邪をうつさないように家族全員で気をつけているところ、次亜塩素酸水の存在を知りました。

希釈せずにすぐに使える便利さで、除菌水ジーアを選びました。


 

室内で犬を飼っているので、玄関に入った時にするペット臭が気になっていました。

ペット臭に効果があるとの評判を聞いたので、早速除菌水ジーアを加湿器に入れて噴霧したところ、1日でペット臭がなくなりました。これはすごいって家族全員言っています。


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

実体験として違いを感じられるから続ける価値がでてきているんだなというのがよく分かります。

特にウイルスと違って、ペットの臭いはすぐにチェックできるから判断しやすいですよね。

除菌水ジーアの購入はコチラから

 

ウイルス対策で大注目の次亜塩素酸水

ニュースではコロナウイルスのためにマスクやトイレットペーパーの不足が連日伝えられています。

そんなニュースの影で注目を集めているのが除菌をする機械です。特に次亜塩素酸水での除菌マシンが人気になっています。それは次亜塩素酸水では実際に菌やウイルスを働かなく(不活性化)するデータが得られているからです。

厚生労働省による資料「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料」では各ウイルスや菌に対してどれだけ次亜塩素酸水が効果的なのかを公表しています。

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの抗菌・抗ウイルス活性

病原菌名・ウイルス名 次亜塩素酸水
(40ppm: HClO)
次亜塩素酸ナトリウム
(1,000ppm: NaClO)
黄色ブドウ球菌
MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
腸管出血性大腸菌 0-157
緑膿菌
サルモネラ菌
腸炎ビブリオ菌
その他のグラム陰性病原菌
セレウス菌
結核菌
ノロウイルス
ヘルペスウイルス
インフルエンザウイルス

 

この表の家、◎は10秒以内に菌やウイルスが働かなくなっています。△で数分、▲では約30分、〇については記載がありませんでしたが1分以内だと思われます。

このように実際にデータとして多くの菌やウイルスへの効果がでているので多くの施設で次亜塩素酸水を使った対策が行われているというわけですね。

データを見ると次亜塩素酸ナトリウムよりも次亜塩素酸水の方が良さそうに見えますが、もちろん除菌水ジーアは次亜塩素酸水を使用しています。

ちなみにこのデータには時期的に当然、新型コロナウイルスは含まれていません。だから、明確に新型コロナウイルスに効果的とは言い切ることはできない点はあらかじめご了承ください。

ただし、新型コロナウイルスは、インフルエンザウイルスと同じエンベロープウイルスの一種であることは分かっています。

除菌水ジーアの購入はコチラから

 

安全性の高さも除菌水ジーアのメリット

 

次亜塩素酸水は実は食品添加物としても認められています。それだけ安全性が高いことを認められているというわけですね。除菌性の高さと安全性を兼ね備えているので様々な場所で利用できるのも特徴です。

 

ドアや手すりの除菌に

ドアや手すりは多くの人がさわる場所ですから、真っ先に除菌しておきたいものですが、次亜塩素酸水ならその除菌力は証明済みです。

こういった箇所の除菌だとアルコールスプレーを使うことがありますが、実はアルコールの場合手荒れの心配があります。その点次亜塩素酸水ならそんな不安もないのがいいですね。

 

病院の待合や人が集まる場所に

病院やクリニックなどの待合室、比較的狭い空間はどうしても人と人との距離が狭かったり、菌やウイルスのリスクが高い場所です。

そういう場所でも除菌水ジーアを噴霧するだけで手軽に対策をすることができますね。

 

ペットの消臭にも

次亜塩素酸水には殺菌、抗菌だけでなく消臭も行えるのがポイントです。だからペットのニオイが服やソファーについていても簡単に消臭できます。

安全性が高いのでペットが万が一なめてしまっても大丈夫です。

除菌水ジーアの購入はコチラから

 

【併せて知りたい】そもそも次亜塩素酸水って何?

次亜塩素酸水の名前は最近ニュースでも耳にする機会が増えていると思いますが、そもそも次亜塩素酸水って何か知っていますか?化学式がHClOなのでCl(塩素)が含まれていることから不安感を持つ人が多くいます。

次亜塩素酸水は菌やウイルスなどに触れると細胞の中に入っていって菌やウイルスを分解することで働かなく(不活性化)することが知られています。

そして分解した後には水や酸素になるので安全です。だから食品添加物としても認められているんですね。

Clが入っているとはいってもよく考えたら、食塩(NaCl)も塩素が入っているからそんなに気にすることはないんでしょうね。恐らく次亜塩素酸水に対する不安の原因はよく似た化合物である「次亜塩素酸ナトリウム」にあるんじゃないかなと思います。

既に厚生労働省のデータを紹介していますが、次亜塩素酸水と同様次亜塩素酸ナトリウムにも抗菌、抗ウイルス効果があります。

でも、次亜塩素酸ナトリウムはその働きに際して有害物質であるトリハロメタンを作ることが知られています。そのため、次亜塩素酸水もヤバいんじゃないのってイメージしてしまっているんじゃないでしょうか。

次亜塩素酸水の場合は、さっき書いたように反応の後は水と酸素になるので安全性が高いので赤ちゃんや小さな子供がいても使うことができるのが特徴です。

除菌水ジーアの購入はコチラから

 

薄めなくていいから使いやすい【除菌水ジーアの使い方】

除菌水ジーアは濃度が60ppmの次亜塩素酸水でできています。1m3(立法メートル)中に60mlの次亜塩素酸が入っている溶液ということになります。

何となく薄いんじゃないのって思いがちですが、既に紹介した厚生労働省の資料で使われている次亜塩素酸水が40ppmです。それで次亜塩素酸ナトリウムよりも強力な抗菌、抗ウイルス作用があるので60ppmは十分過ぎる濃度と言えます。

 

除菌水ジーアの使い方

除菌水ジーアの使い方はとても簡単で、既に60ppmに調整してあるのでそのまま液を超音波加湿器に入れて加湿器のスイッチを入れるだけです。後は勝手に噴霧されるのでおまかせでOK。

もし、特に気になる場所があればスプレーボトルなどに入れて、キッチンやトイレ、手すり、ドアノブなどに直接吹き付けてちょっと置いてからふき取ればいいですね。

 

濃度が調整されているワケ

濃度が60ppmに調整されているよりも濃い目の次亜塩素酸水を薄めた方が経済的だと考える人もいるかもしれません。でも、200ppm以上の濃度では次亜塩素酸水ではないと言われています。

また、濃い次亜塩素酸水を薄める際に空気に触れたり、水道水で薄めることで塩素自体の濃度が薄くなってしまいますし、作ってから置いておくと塩素が揮発してただの水になってしまいます。

だから、キチンとした施設で60ppmに調整された除菌水ジーアをそのまま使う方が実は効率的なのです。

 

どんな加湿器に使ってもいいの?

除菌水ジーアと同様の次亜塩素酸水には専用の加湿器を使わないといけないと注意喚起しているものがあります。個人的にはあれって自社の加湿器を使わせるための理由なのかなと思ったりしています。

実際次亜塩素酸水は抗菌抗ウイルスに使えると言っても安全性はとても高いですから、そこまで気にすることはないはずです。実際、除菌水ジーアも専用の加湿器を購入するようすすめていません。

しかし、温度(水温)が高くなると次亜塩素酸水の効果が少なくなってしまうので「超音波加湿器」を使うようアナウンスしています。

そのため、スチーム式加湿器やハイブリット式加湿器、気化式加湿器などでは使えないので注意してください。使用前にあらかじめ加湿器の説明書でチェックしておく方が確実ですね。

除菌水ジーアでは期間限定で超音波加湿器をプレゼントするキャンペーンもしていたので、もし持っている加湿器が対応しているか不安な人や加湿器を持っていない人はこのキャンペーンを利用した方が確実ですね。

 

▼除菌水ジーアの購入はコチラ▼


-住居