アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

イヌリンとHMBの口コミを見て30代40代からの腸内フローラづくり

10代や20代の頃は何も気にせず食事をして、太ったとしてもすぐに元に戻っていた人は多いと思います。でも、30代・40代・50代と年齢を重ねていくと昔と同じぐらいもしくは少ない量でも身につきやすく戻りにくくなりがちです。

そうした時に運動をするのはなかなかハードルが高いですよね。まず取り掛かりやすいのは食事制限ではないでしょうか。

でも、カロリーが気になるからと食事制限をして食べたい気持ちを抑えるのもストレスがたまる一方で、ついドカ食いしてせっかくちょっとだけ戻ったのにまたリバウンド。。。そんな悪循環さえも待っています。

甘いものや炭水化物が好きだけど体重の事を思って気になっている人が飲み始めているサプリメントが「イヌリンとHMB」です。

 

イヌリンとHMBの口コミ・評判

イヌリンとHMBは実はリピート率が96.3%もあるサプリメントです。どこにその魅力があるのかを愛用者の口コミ情報から見ていきたいと思います。

気になっている人にとって、実際に飲んでいる人の評価は参考になると思うのでご覧ください。

 

今までダイエットサプリはいろいろ飲んできたんですが、思うようにいかず。。。

イヌリンとHMBは私にはすごく合ってる感じです。

スッキリ感もあって毎日明るく仕事してます。


 

玉ねぎヨーグルトを食べていたけど、続けにくいと思っていたらイヌリンとHMBを見つけました。

続けやすいので3ヶ月いい結果です。ずっと続けていきますね。


 

35歳を過ぎてから、服がやばい。きつい。どうしようって感じでした。

イヌリンとHMBを飲むようになって、2ヶ月すこぶる調子がいいです。友達にも教えてあげました。


 

50代になると、見た目も一回りも二回りも大きくなってしまいますよね。

私はいつまでも若々しくいたいので、努力をしてはいたものの、やっぱり年齢には勝てないと痛感。でも、イヌリンとHMBを飲み始めてから、50代でもスッキリと美しくなれることを知りました。

からだに合ったサプリ絵で身も心もスッキリ。着たい服が着ることができて、これからも続けていきたいですね。


 

若い頃は食べ過ぎてもすぐリセットすることができましたが、30代後半から食べる量を減らしても体重が落ちることがなく。体が丸く重くなってきました。

年齢のせいとあきらめたくないので運動を始めましたがなかなか続きません。そんな時に出会ったのがイヌリンとHMBです。

持ち運びやすく飲みやすいので、気づくとスッキリに。無理な食事制限や運動は続かないけど、イヌリンとHMBなら楽しく続けられますね。

化粧のりもよく、周りに「最近、若返ったみたい」と言われうれしいです。

ある程度年齢を重ねた人にとって戻りにくい体重は共通の悩みでもあります。だから実感できるサプリメントに出会ったら継続して使うんだなっていうのがよく分かりますね。

玉ねぎヨーグルトよりもサプリメントの方が飲みやすさは違いますから、こういった手軽に飲める点も評価されているポイントなんでしょうね。

コスパ最高成分たっぷり「イヌリンとHMB」の購入はコチラ

 

イヌリンとHMBの主成分、「イヌリン」のパワー

イヌリンとHMBの主成分であるイヌリンは最近テレビや雑誌などでも紹介されて話題になっています。元々植物由来の天然成分で菊芋やゴボウ、ニラなどに豊富に含まれている多糖類の一種です。

中でも菊芋に豊富に含有されていて、全体の約12%~20%がイヌリンというぐらいです。

イヌリンは多糖類だから本来はデンプンなどの仲間になるわけですが、人間はイヌリンを分解する酵素を持っていないので水溶性植物繊維として分類されています。

食事などでイヌリンを摂ったらどうなるのかと言うと、腸の中で分解されてフラクトオリゴ糖になります。すると善玉菌のエサになるので腸内環境を整えるサポートをすることになります。

また、イヌリンは水に溶けるとゲル状になり一緒に食べた余分な糖質が吸収されるのをガードすると考えられています。

だから、食事の糖が気になる人にとってイヌリンを配合している「イヌリンとHMB」はピッタリのサプリメントになっています。

コスパ最高成分たっぷり「イヌリンとHMB」の購入はコチラ

 

イヌリンとHMB、もう一つの成分「HMB」【注目の成分】

イヌリンとHMBの名前にもなっているもう一つの成分「HMB」はダイエッターよりも筋肉を鍛える人達の方がなじみのある成分になっています。

HMBは正式名称をβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸と言い、必須アミノ酸の一種ロイシンが体の中で変化する途中の成分です。HMBは筋肉の合成に関わることから筋肉や筋力が低下するのを抑える働きがあると言われています。

必須アミノ酸・・・体の中で作られなかったり、ほとんど作られないため食べ物から摂らないといけないアミノ酸。全部で9種類あります。

筋肉の量をキープすることは代謝を維持することにもつながりますから、スタイルを保ちたい人にもピッタリの成分です。

コスパ最高成分たっぷり「イヌリンとHMB」の購入はコチラ

 

イヌリンとHMBにはそれ以外の成分も種類が豊富

イヌリンとHMBにはイヌリンとHMBだけでもかなりの成分ではありますが、それだけではありません。他にも健康素材が配合されています。

イヌリンとHMBの健康素材① サラシア

サラシアはインドやスリランカでは奇跡の植物として昔から愛用されてきた植物です。サラシノールやコタラノールという成分を含み、体に糖がつくのをブロックすると言われています。

そのため、最近では健康茶にもサラシアを使われることが増えてきました。

 

イヌリンとHMBの健康素材② びわ茶

古い経典にも載っているびわ茶は日本でも健康のために多くの人に飲まれてきました。アミグダリンやタンニン、サポニン、クエン酸と言った栄養成分が豊富なことも特徴です。

 

イヌリンとHMBの健康素材③ アイスプラント

アイスプラントは南アフリカの砂漠地方が原産の植物です。βカロテンやミネラルが豊富でイノシトール類も多く含むことから脂っこい食事が好きな方や糖が気になる人におすすめの素材です。

イヌリンとHMBの健康素材④ 桑の葉

昔から蚕(かいこ)のエサとして重要な植物だった桑の葉は、中国では健康食材として利用されてきました。桑の葉にはミネラル類や食物繊維が豊富に含まれています。

特にDNJ(デオキシノジリマイシン)という食事で摂った糖の吸収をブロックする成分も含んでいることからこれからさらに注目の食材です。

これらの豊富な成分がイヌリンとHMBの実感力の源となってリピート率96.3%につながっているわけですね。納得です。

コスパ最高成分たっぷり「イヌリンとHMB」の購入はコチラ

 

【マジ?】理想のカラダ作りは体内フローラのバランス作りから

私たち人間はお腹の中に細菌をたくさん棲まわせています。その数は600兆個以上という途方もない数になると言われています。

顕微鏡で腸の最近を観察するとお花畑(floa)みたいに見えるから、少しメルヘンチックに体内フローラ(腸内フローラ)と言われています。

腸内細菌にはテレビや本で観たり聞いたりしたことがあると思いますが、善玉菌と悪玉菌、日和見菌に分かれますが、その種類や各菌の比率は人とそれぞれ違っています。

そして普段の食生活や生活習慣によってもこの体内フローラは変わってくると言われています。

 

短鎖脂肪酸がダイエットを強力にサポート

最近の体内フローラに関する研究で腸内細菌が作る「短鎖脂肪酸」という成分がダイエットをサポートすることが分かってきました。

短鎖脂肪酸は酪酸やプロピオン酸、酢酸などの成分のことで、これらは腸内環境を整える作用があるだけでなく、体内に吸収されることで過剰に栄養素を貯めないように働きかけることが知られています。

そのため、短鎖脂肪酸はダイエッターに最適の成分として注目されています。

短鎖脂肪酸は腸内細菌の中でも善玉菌がつくることから理想的なカラダ作りのためには腸内環境、腸内フローラを整えることが先決です。

 

▼コスパ最高成分たっぷり「イヌリンとHMB」の購入はコチラ▼


-健康グッズ