アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

家電

ヒューロムスロージューサーH2Yはミキサーとの違いを知るとより欲しくなる

健康のために野菜ジュースを飲む人は多くいますが、野菜ジュースに大切なのは野菜そのものよりもジューサーじゃないかなと思います。野菜の栄養やミネラルを余すことなく飲むためにジューサーの性能は重要です。

スロージューサーのトップメーカーヒューロムの最新モデル「ヒューロムスロージューサーH2Y」ならその点はバッチリです。

 

ヒューロムスロージューサーH2Yはミキサーじゃない

ヒューロムスロージューサーH2Yは低速で野菜のエキスを絞りとるジューサーの一種になります。よくミキサー(ブレンダー)と誤解されがちですが、この両者は全然別物です。

ジューサーもミキサーも野菜ジュースやフルーツジュースを作る時によく登場するのでごちゃごちゃしやすいですが、大きく違う点があります。それがジュースを作る時の仕組みにあります。

ミキサーは容器の中に野菜や果物を入れて容器内の刃物でミックスしていく仕組みになっています。ミキサーで出来るのが野菜や果物の繊維も一緒に混じったスムージーが代表的な飲み物ですね。

一方、ジューサーは野菜やフルーツを入れたら繊維と液体(水分)を分離させる仕組みになっています。だから、出来上がるジュースは繊維質を含まないエキス状態のさらっとした飲み物になります。

野菜は繊維質の塊ですから、繊維質を積極的に摂りたい場合はミキサーの方がいいと思いますが、野菜に求めるものは多くの場合はビタミンやミネラルといった栄養成分という人が多いと思います。

そなると繊維質を含まない分効果的に栄養を摂ることができるジューサーの方がおすすめですね。

ピカイチ野菜くんでの「ヒューロムスロージューサーH2Y」の注文はコチラから

 

ヒューロムスロージューサーH2Yの口コミ・評判

ヒューロムスロージューサーH2Yに興味がある人のために購入した人の口コミ情報を集めてみました。購入してみないと分からない点もあるので参考になると思いますから口コミ情報はぜひチェックしてみてください。

 

 

ヒューロムの中で1番かるい商品とはいえ、重いです。なので出しっぱなしがおすすめです。

ジュースは、レモンをいれると劇的に飲みやすくてビックリです。オレンジジュースのような味になります。

レモンはコストがかかるので、これから分量や代わりになるものを研究していきたいと思っています。

ジュースの材料は人参一本半、りんご半分、レモン半分。参考にどうぞ。


 

ジュウサーは何回か購入し、操作特に掃除が面倒で廃棄するを繰り返していました。

この縦型slowジューサーは簡単操作で搾汁率も高く毎日おいしいジュースをいただいております。

また掃除も簡単です。今度は長持ちしそうです。


 

家庭菜園で採れた無農薬のトマトが大量にあるので、ジュースにして飲みたくて購入しました。

高速ジューサーも持っているのですが、トマトジュースの場合は分離が激しくて美味しくないので使用することもあまりありませんでした。

以前から主人がこのジューサーを勧めてくれていたのですが、「高速ジューサーと変わらないのでは?」と思いなかなか踏み切れませんでしたが、今では購入して良かったと思います。

人参ジュースもりんごを入れると飲みやすいです。人参嫌いの私が飲めるのですからたいしたものです。

今後は葉物野菜などでも使ってみたいと思っています。お手入れもしやすい方だと思いますし、サイズはこんなものかと・・・

毎日使用していますのでシンクに出しっぱなしにしています。

お値段は少々お高いようですが、それに見合う商品だと思います。


 

低速ジューサーで作ったジュースは体に良いと聞き、闘病生活をしている妻の為に購入しました。

色とデザインはキッチンに馴染んでいますが、たしかにレビューにあった様に本体が重い…が安定して良いとは思います。

パワフルでニンジンもガリガリと何の問題もなく磨り潰してくれます。

ゆっくり磨りつぶす感じなので音も静かで気になりませんでした。お手入れの仕方もDVDや説明書がついているので割と簡単でした。

おまけで付いていたニンジンは…確かに見た目は割れ・折れがあり最悪と思いましたがジュースにしてみると今まで飲んだことがないほど美味しかったです。

ニンジンだけで作りましたがとても甘くて私は飲めました。


 

たくさん機能のついたほうを買うか迷いましたが、コンパクトで軽いのが魅力なのでこちらに決めました。

いちいち片付けると、出すのが面倒になってしまい続かなくなるとおもったので常に出したままです。

余計な機能がないのでシンプルだし、思っていたよりかは洗うのが楽です。一度くみたてれば次からは楽々できます。

※口コミ情報はいずれも楽天市場から引用しました。

 

口コミを見ていると大きく分けて「重さ」「味」「メンテナンス」の3点について書かれていることが多いなと感じました。まず、「重さ」はミキサーや通常のジューサーに比べて重めで少し大きくなっているのが特徴です。

とは言え、スロージューサーは年々進化していて日本の台所に置いても気にならないぐらいの存在感と重さになってきています。

「味」はスロージューサーを使う一番のメリットだと個人的に感じていて、ニンジンジュースが本当にクセがなくジュース感覚で飲めるレベルです。

もちろん材料に使うニンジンにもよるとは思いますが、生協のミックスキャロットというニンジンジュースよりもさらっとしていておいしいと感じます。

ジューサーに使う場合はどうせジュースにしてしまうわけですから、材料に使うニンジンや野菜、フルーツは形が悪くても構わないのがいいですね。見切り品でも全然OKです。

後、「メンテナンス」についても後述しますが、年々進化していて昔の機種に比べてどんどん洗いやすく扱いやすくなっています。こうなるといつが買い時か分からなくなってしまいますが…(笑)

ピカイチ野菜くんでの「ヒューロムスロージューサーH2Y」の注文はコチラから

 

スロージューサーのメリット

スロージューサーの一番のポイントは野菜の栄養をしっかり摂れる点だと思います。通常のジューサーやミキサーだと刃が高速回転するため、摩擦熱が発生します。ミキサーの中には撹拌することで温かいスープができる機種もあるほどです。

その摩擦熱は野菜や果物の栄養を摂るためにはジャマになります。野菜やフルーツを摂る目的のひとつに「酵素」を挙げる人が多くいると思いますが、酵素は熱に弱いという特徴があります。

だから、高速回転するジューサーやミキサーではせっかく野菜やフルーツに酵素が含まれていても、飲む時にはその酵素が働かなくなってしまう可能性があるわけです。

また、もう一点高速回転で気になるのが酸素です。高速回転させて食材をかき混ぜることで空気中の酸素も食材と触れやすくなってしまいます。

酸素自体は必要なものですが、同時に酸化しやすく食材がサビる元にもなります。よくジューサーの比較実験で高速ジューサーやミキサーを使った場合、ジュースの色が変色しているのを目にしたことがあると思います。

あれは酵素の影響も考えられますが、ジュースの中身が酸化したためだとも言われています。ヒューロムスロージューサーH2Yはゆっくり圧縮して搾り取る仕組みなので摩擦熱も起きにくく、酸素に触れにくいので栄養をそのまま摂ることができます。

せっかく、野菜や果物をジュースで飲むわけですから、できるだけ効率的に栄養補給をしたいものですね。

ピカイチ野菜くんでの「ヒューロムスロージューサーH2Y」の注文はコチラから

 

食洗機で洗えるのでさらに便利に

ジューサーはミキサーに比べて洗うのが面倒でした。材料を入れたらすべてをかきまぜるミキサーは底に刃のついたボトルを洗うだけなので後始末が比較的簡単です。

それに対して、ジューサーは繊維質とエキスを分離させますからどうしても部品が多くなるため、洗うものが増えてそれだけ後片付けも面倒になりがちです。

でも、ヒューロムスロージューサーは年々改良を加えられているので、洗いやすくなってきていますし、ヒューロムスロージューサーH2Yでは食洗機に対応しています。今では食洗機を使っているお家も増えましたから、洗うのがさらに楽になっています。

ただし、残念ながら全部のパーツを食洗機で洗うことができないため、ドラムキャップと食材を入れる時に押す棒については手洗いをする必要があります。

また、繊維質を分離する際に使うストレーナー(網目がある部品)についてはいきなり食洗機にかけてもあまり汚れが落ちない可能性があるのでスロージューサーについてくるブラシで一度洗ってから入れるのが効率的です。

それでも従来のスロージューサーはすべての部品を使うたびに手洗いする必要があったことを考えると、かなり後片付けが楽になると思います。

一回一回の手間はささいなものかもしれませんが、毎日使うことを考えたら積み重なるとかなりの時間になりますから、結構楽チンになったものです。さすが、スロージューサーのトップメーカー、ヒューロムの最新モデルだけのことはありますね。

ピカイチ野菜くんでの「ヒューロムスロージューサーH2Y」の注文はコチラから

 

動作音が気になりますか?

ジューサーやミキサーを使う時に動作音の大きさが気になると言う人も結構いらっしゃいます。アパートで暮らしていると近所迷惑になるんじゃないかと思ったりしますし、音については買って実際に使わないと分かりませんしね。

ヒューロムスロージューサーH2Yの口コミを見ていると動作音について、あまり書かれている印象はありませんから、あまりうるさくないんでしょうが、それでも音がどれぐらいか気になりますよね。

そこでヒューロムスロージューサーH2Yを使って実際に野菜とフルーツをジュースにしている時の動作音が収録された動画がありましたのでご紹介したいと思います。

 

 

 

動画ではニンジンをジュースにした場合とデコポンをジュースにした場合の動作音を計測していましたが、ニンジンで62.1dB、デコポンで52.2dBと言う結果でした。

数値だけだとよく分からないので、日常生活に置き換えてみると掃除機をかける音やチャイム、普通の会話で60dB、町の騒々しい音で70dBに相当します。

食材が硬い程、音も大きくなると思いますから、ニンジンを入れた時が最大位の動作音になるんじゃないかなと思います。音が気になる方は参考にしてくださいね。

ピカイチ野菜くんでの「ヒューロムスロージューサーH2Y」の注文はコチラから

 

何よりうれしい5年保証

スロージューサーに限らず、家電製品のメーカー保証期間は通常1年間です。その間であれば故障が起きた時には無料で対応してもらえますが、2年目からは保証期間が切れるわけですから有料での対応になりますよね。

でも、スロージューサーは毎日使う人が多いですから、意外と故障することがあります。数年前から義父が別機種のスロージューサーを毎日朝晩と使っていますが、今までに2回故障しました。

スロージューサーは比較的単純な構造なので故障はしにくい(家電のサポートセンターで勤めていた経験上、単純な構造の方が壊れにくいです)のですが、それでも毎日使っているとやはり壊れてしまいます。

そんな時に1年の保証期間だと不安ですよね。しかも、不思議と保証期間が過ぎたとたんに故障することもあります(笑)

その点、ヒューロムスロージューサーH2Yは5年間の保証がついているので安心です。通常のメーカー保証1年に加えて、販売店である「ピカイチ野菜くん」独自の保証期間が4年間ついて合計5年保証になります。

しかも、4年間の保証内容はメーカー保証内容に準じているので最初の1年間と同等なのがうれしいところですが、ただし、一点注意点があります。5年間保証は「ピカイチ野菜」くんから購入する必要があるということです。

ピカイチ野菜くんではヒューロム認定のメンテナンスセンターとお客様サポートセンターを持っているのでそこで独自で対応してくれるので他のお店で買っても同様のサポートにはなりません。くれぐれもこの点だけはご注意ください。

 

▼ピカイチ野菜くんでの「ヒューロムスロージューサーH2Y」の購入はコチラ▼
ヒューロムスロージューサーH2Y

-家電