アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

学習

英会話教室 ハミングバードの口コミと発音矯正に選ばれるワケ

英会話をしたいと思っている人は多いですし、それに対応する英会話教室やスクールもたくさんあります。でも、日本人にとって大きな壁となるのが英語の発音です。

せっかく英会話を習ったのに実際に話してみると伝わらない経験をしたことがあるのは一人や二人ではないはずです。特に日本人はRとLの発音でつまづくとよく言われているように日本語とは違う発音に苦戦する人が多くいます。

そんな人にもオススメの英会話スクールが「発音矯正のハミングバード」です。ハミングバードは一般的な英会話スクールと違い、英語のネイティブと同じくらいの品質で発音できるまでの上達をめざしているのが特徴です。

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細はコチラから

 

英会話教室 ハミングバードの口コミ・評判

ネイティヴスピーカーレベルの英会話発音を目指すハミングバードは厳しいのか?本当に矯正できるのか?どんなレッスンなんだ?などなど気になって来ると色々なことが思い浮かぶと思います。

そんな疑問の参考になればとハミングバード受講生の口コミ情報を集めてみました。実際に習っている人の生の感想なのでぜひご覧ください。※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

 

アメリカでのMBA留学を数ヶ月後に控え、外資系企業に勤務しているものの、過去に英語圏での留学や在住経験がないため、英語に不安感を抱いていました。

ネイティブ達とディスカッションをする時に言いたいことが伝わらず、苦労する日本人達の話を聞き、危機感を覚えていた矢先、進学先の大学の先輩から、本校(HB)を紹介してもらい、わらにもすがる思いでドアを叩きました。

先生のアドバイスに従って練習を繰り返すことで、自分の英語の音が根本から変わっていくのが実感できるようになり以前よりは確実に自信を持って英語を話せるようになりました。

アメリカ人と会話して通じなかった場合に発音が悪かった部分を言い直すと、必ず相手は理解してくれるようになります。

また今までよりも英語の音に敏感になり、リスニングも上達している気がします。もっと早くハミングバードを知って、受講していればよかったと思っています。

今後海外留学や海外勤務を希望されている方には是非おすすめしたいと思います。


 

RとLの発音がきちんと出来るようになりました。

周りから『きれいな英語ね』と言われるようになり、カラオケでも洋楽を正しい発音で歌えるようになりました。

日本語発音の英語でも会話は出来るという話もありますが、正しい発音を覚え、相手の話す言葉がよく聞き取れるようになりました。

洋画を見ていても以前よりはセリフが理解出来るように。 ハミングバードのレッスンは講習時間を自由に選べるので、会社帰りには便利です。

練習は不可能を可能にします。是非あなたの生活をチェンジしてください。


 

私がはじめて発音に興味を持ったのは、留学中、私の英語がまったく通じなかったからです。

相手の方は何とか私の英語を理解しようと、私の口を見ていました。せっかく文法や単語を勉強しても、発音の仕方が間違っているがために伝わらないことに気付きました。

発音の学校があると知り、ハミングバードに通い始めましたが英語の発音で使う口の筋肉が、日本語とはぜんぜん違うと実感しました。

英語発音講師を目指そうと思ったのは、人に教える立場になることで、自分の発音に責任を持つことになり、自分を高めることができると思ったからです。

まだまだ勉強することはありますが、通じる英語を目指して頑張りたいと思います。

 

必要に迫られて、もっと英語を上達したくてなど様々なきっかけでハミングバードに入校している人がいますが、バッチリ上達しているのが伺えます。

よく言われる「R」と「L」の発音がキチンとできるようになる。これだけでも大きな成果と言えますね。

そして、正しい発音を学びたいサラリーマンから留学経験者のスキルアップまで幅広いレベルの人を受け入れてくれる英会話スクールだということが分かりますね。

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細はコチラから

 

英語の発音矯正に選ばれるワケ【ハミングバードの特徴】

多くの英会話スクールが英語を話せることや文法を重点的にマスターすることを目的としているのに対し、ハミングバードの一番の特徴は英語の発音を学んで今まで通じなかった英語を通じるようにする学校だという点です。

日本人の場合、中学校で初めて英語に触れた時などに英単語を日本語の語呂合わせで覚えるなど日本語英語とも言うべき独特のクセが身についてしまっていることが多くあります。

それを英語を話す際の「口の形と舌の位置」を見て真似ることで矯正していくのが画期的な方式です。

ハミングバードは元々アメリカのカリフォルニアでスタートしたスクールもで既に開校以来20年で10,000人以上の修了者がいる実績のある点も評価できるポイントと言えます。

従来の英語学習とは全く違ったアプローチなので英単語の発音と言うと発音記号をチェックしないといけないと思いがちですが、全く知らない単語でも正確な発音ができるのが特徴です。

また、口の形や舌の位置で音を出すから例え英会話が初心者であってもキレイな発音ができるようになります。

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細はコチラから

 

ハミングバードのレッスン内容【1クラス4人の少人数制】

 

ハミングバードのレッスンは1回50分の間1度に受講する人数が最大4人と少人数制で英語漬けにできるのが特徴です。

個別カウンセリングを受ける事ができるので今の発音が矯正できているのかどうかや苦手な発音についても随時チェックすることも可能です。

また、発音のクセや英語のレベルは人それぞれですから、カウンセリングを受けることで今のレベルの把握にもつながり今の状況にあった学習プランも提案してもらえます。

ハミングバードのレッスン内容は基本的には以下の通りとなります。もちろん、学習プランによっては違う内容になる可能性もあります。

 

入門コースの内容
【目的】正しい英語の発音を出来るようになる
・発声と個々の音を覚える
・アルファベットの発音を覚える
・upとappleの違いなど特に重要な母音の使い方にフォーカスした単語・短文の発音を覚える

 

初級コースの内容
【目的】サンプルテキストを正確に発音できるようになる
・seeとsheの違いなど重要な母音と子音にフォーカスした単語・短文の発音を覚える
・日常的によく使う基本文の発音を学ぶ

 

初中級コースの内容
【目的】英語のリズムを意識して発音できるようになる
・入門編、初級編で習った単語・短文・文章の発音を再確認する
・ミニスピーチでの発音を覚える
・イントネーションの把握をする

 

中級コースの内容
【目的】スピードに乗って感情を入れながら英語を発音できるようになる
・リズムとリンキング
・イントネーション(応用編)
・スピーチとダイアログ

※リンキング…2つの英単語を繋げて1つの単語のように発音すること

 

中上級コースの内容
【目的】長文レベルの文章も正確かつスムーズに発音できるようになる
・さまざまな場面で英語の自然な流れを理解する
・ネイティヴ講師にチェックを受ける

※ハミングバードのレッスンは日本人とネイティブ両方の講師がいます。中級コースまでは日本人が講師を担当し、中上級コース以降はネイティヴ講師に変わります。

 

上級コースの内容
【目的】ネイティブのように発音できるようになる
・正しい英語発音を定着させる
・ネイティブ講師による指導を受ける

 

また、レッスン内容は録音してくれるので、発音の復習として24時間いつでも録音データを聞くことができるのも上達のためにはうれしいポイントですね。

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細はコチラから

 

ハミングバードのレッスンを受けられる場所

ハミングバードは英会話スクールとして知られているロゼッタストーンラーニングセンターに併設されています。

でも、ロゼッタストーンラーニングセンター自体は北は北海道から南は沖縄まで多くのスクールがありますが、実際に併設されているのは東京と大阪、兵庫の全5校となっています。

 

英語発音矯正スクールハミングバード新宿本校
東京都新宿区西新宿7-10-1 O-GUARD SHINJUKU 6階
電話番号:03-5338-4315

 

英語発音矯正スクールハミングバード銀座本校
東京都中央区銀座5-10-2 GINZA MISS PARIS 9階
電話番号:03-3569-2333

 

英語発音矯正スクールハミングバード池袋本校
東京都豊島区南池袋2-27-5 共和ビル 6F
電話番号:03-5956-1676

 

英語発音矯正スクールハミングバード梅田本校
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-23 JPR堂島ビル 2F
電話番号:06-6342-1870

 

英語発音矯正スクールハミングバード三ノ宮本校
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目4-9 ワコーレ神戸三宮ビル 9F
電話番号:0120-335-526

どのスクールも駅からのアクセスがいい好立地なので通いやすいですし、ハミングバードでは無料体験レッスンも受講できますから、英語の発音が気になっている方はぜひチェックしてみてください。

英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細はコチラから

 

英語の発音についての体験談2つ

英語の発音が普段日本で暮らしているとあまり気にもならないものですが、いざ英語を使う場面にでくわすとその必要性を感じるものです。日本人は文法は得意だと言われているように英語の文章を読むことができる人は多いですよね。

でも、書くことと話すことは大の苦手です。個人的な英語の発音に関する体験談をご紹介したいと思います。

 

水を頼んだらコーラが来た

新婚旅行での出来事です。バリに行く飛行機の中でキャビンアテンドさんからドリンクサービスを受けたのですが、ミネラルウォーターを頼みたいと思いました。

その際、格好つけようと思ったのか、英語っぽい発音にしようと思ったのかはもはや記憶から抹消していて覚えていませんが、とにかく「ウォーター」ではなく「ウォラ」と(自分の中では)それっぽい発音でオーダーしました。

そして、キャビンアテンダントさんが持って来てくれたのが「コーラ」…。

「ウォラ」が「コーラ」に聞こえたんですね。そのままコーラを飲みましたが、発音に関して一番必要性を感じた出来事でした。今となっては笑い話になっているのでいいんですけど、希望のものとは全然違うものが届けられるわけですからね。発音って大事。

 

英語を話せても自信が持てない?

厳密に言うと私の話ではないのですが、以前勤めていた会社での話です。その会社では英語担当と言うポジションの人がいて、英語で電話がかかってきた時に英語担当者からかけなおすシステムをとっていました。

英語担当者は何人かいたのですが、その内の一人は英会話を駅前留学で学んだ人でした。ヒアリングはしっかりできるのですが、スピーキングが日本語式というかいかにも日本人が話しそうなタイプの話し方でした。

他の担当者がのきなみ留学経験者で流ちょうな発音で英語対応している中で、英語は話せるのに(私から見れば英語で電話対応できる時点で十分な英語スキルだと思うんですけど)とても自身がなさそうにしていたのを覚えています。

 

英語が話せない人はもちろん、英語が話せたとしてもしっかりとした発音をマスターできているかどうかというのはコミュニケーション手段としても本人の自信のためにも大きく違いがでるということが分かります。

英語を話す機会があるのであれば、ハミングバードでしっかりと発音矯正していく方がいいですね。

 

▼英語発音矯正スクール「ハミングバード」の詳細はコチラ▼
ハミングバード

-学習