アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

わたしたちの墓じまいは口コミの評判も良く料金プランも分かりやすい

お墓のことを考えたことがありますか?ほとんどの人が考えたことがないと思います。

私も昔はお墓は参るものという印象はありましたが、お墓を守るとかお墓の行き先などを気にすることはありませんでした。

でも、数年前に立て続けに祖父母と母を見送りました。それだけ喪主側として葬儀に立ち会うことでお墓のことにも向き合うこととなりました。

そうするとお墓を永代供養する墓じまいも今の内に考えておいた方がいいかなと思うように考えるようになってきました。そんな中で知ったサービスが「わたしたちの墓じまい」です。

わたしたちの墓じまいへのお問い合わせはこちらから

 

わたしたちの墓じまいは改装サポートサービス

わたしたちの墓じまいは、現在先祖の遺骨を納めているお墓を撤去するのをサポートしてくれるサービスです。墓じまい自体めったにすることではありませんから、多くの人が知識もなく相場観もありません。

そのため、お寺とのトラブルがよく起こるのもこの墓じまいのあるあるです。墓じまい自体を渋るお寺さんもあれば、檀家を離れる際に離檀料金として高額請求されるケースもあります。

そもそもお盆や法事の時ぐらいしか、お寺の住職さんと接触する機会はありませんし、向こうもサービス業ではありません。どうしても話し合いが上手くいかないこともありますから、そんな交渉のサポートをしてくれるのが「わたしたちの墓じまい」です。

 

行政手続きも必要な墓じまい

例え、お寺さんとの話し合いがスムーズに行ったとしても別の手続きがいくつかあります。それが市役所などでの手続きです。

実は現在の墓地から遺骨をどこかに引っ越す際には行政の許可が必要になります。遺骨をお家に持ち帰るのであればいいのですが、別の墓地に移す場合などは許可がないとできないのが現在の法律です。

他にも細かい面倒なことがありますが、それを代行・サポートしてくれるのがわたしたちの墓じまいという訳です。恐らく一生に一度のことでしょうから滞りなく行うためにとても大切です。

わたしたちの墓じまいへのお問い合わせはこちらから

 

分かりやすい2つの料金プラン

わたしたちの墓じまいは料金プランが分かりやすいのも特徴の一つです。墓じまいにかかるプランは「墓じまいシンプルプラン」と「墓じまいサポートプラン」の2種類に分かれています。

両者の違いはどこまでサポートしてくれるかで墓じまいシンプルプランの場合、行ってくれるのはお墓を撤去するのみです。具体的には行政に提出する書類を代わりに出してくれたり、遺骨の取り出し、墓石の後始末まではしてくれます。

それ以外のそのお寺の檀家を止める場合のサポート(6万円)や行政手続きの代行(3万円)、永代供養(1柱3真万円~)はすべてオプション料金となります。

ちなみに永代供養は供養先によって料金が異なり、主な供養先の料金目安は以下の通りです。

 

永代供養料の目安
・寺院 3万円~
・霊園 10万円~
・樹木葬 8万円~
・散骨 5万円~
・納骨堂 10万円~
・公共墓地 6万円~

 

一方の墓じまいサポートプランは墓じまいシンプルプランの内容に加えて、上記のサポートや永代供養先の紹介までしてくれる完全サポートしてくれます。

 

肝心の料金は?

肝心の気になる各プランの料金ですが、お墓のサイズによって異なり、そのサイズの測り方と料金は次の通りです。※料金は税別です。

 

 

墓じまいシンプルプラン 墓じまいサポートプラン
~1㎡ 130,000円 190,000円
1.1~2㎡ 190,000円 250,000円
2.1~3㎡ 250,000円 310,000円

 

ちなみに平均的なお墓のサイズは真ん中の1.1~2㎡です。

シンプルプランとサポートプランの料金差は60,000円なので、どこまで自分でできるかと遺骨をどうしたいのかでプランを選べば良さそうですね。 遺骨をお家で保管したい方はシンプルプランで良さそうです。

また多くの墓じまいサービスが会社のある近郊のみがエリアになっていることが多いのですが、わたしたちの墓じまいは日本全国対応なので地方であっても離島であっても対応してくれるのもメリットです。

わたしたちの墓じまいへのお問い合わせはこちらから

 

わたしたちの墓じまいを利用時の流れ

現在のお墓を撤去して次の供養先を決めるためにわたしたちの墓じまいを利用しようと思ったら大きく分けて5つのステップに分かれます。

 

 

ステップ1 永代供養先の選定

現在、遺骨を納めているお墓から別の場所に移すにはまずは移転先を決める必要があります。永代供養塔や樹木葬、散骨など最近では様々な方法がありますから納得できる供養先を決める事が大切です。

もし、決まっていない場合はわたしたちの墓じまいのスタッフがヒアリングの上、オススメの供養先を提案してくれます。

 

ステップ2 現在のお寺からの離壇

現在遺骨を納めているお墓から別の場所に移す墓じまいを行うということはそのお寺の檀家も止めることになります。そのために必要になるのが離壇をお寺さんにかけあうことです。

そして墓じまいで一番トラブルになりやすいのがこの離壇です。わたしたちの墓じまいではあなたに代わって離壇をサポートしてくれます。

 

ステップ3 改装に係る行政手続き

墓じまいに際して内容によっては「改装許可証」や「受入許可証」「埋葬証明書」などの行政手続きが必要になります。正直平日しか開いていない行政での手続きは面倒ですよね。

わたしたちの墓じまいではこの行政手続きの代行サポートもしています。また、遺骨を手元に置いておく場合や散骨の場合は書類は不要です。

 

ステップ4 遺骨の整理

一度お墓に収めた遺骨はそのままの状態で何年も置かれています。そして、お墓自体は屋外にありますから遺骨にカビが生えたり骨壺の状態が悪くなることもよくあります。そのため場合によっては骨壺を新しくする必要がありますし、散骨にするのではあれば遺骨を砕かないといけません。

もちろん、自分で砕いてもいいのですが、故人の骨をハンマーなどでこなごなにするのはどうしてもいたたまれない人も多いと思います。そういった遺骨の整理も代行してくれます。

 

ステップ5 お墓の撤去

ある意味で墓じまいの一番大きな出来事と言えるのがお墓の撤去と言えます。墓石はとても重く小さめのお墓でも500kgぐらいあると言われています。

そのため、撤去には数人がかりで行う必要がありますしクレーン車も必要になります。また、大き目のお墓であれば数日に渡って作業を行う場合もあります。

わたしたちの墓じまいへのお問い合わせはこちらから

 

わたしたちの墓じまいの口コミ・評判

葬儀に関わるお仕事は内容上仕方ありませんが、営業の電話が故人が亡くなった直後(後、49日の前あたり)にかかってきていました。

業務上仕方のないことですが、身内が亡くなって時間も経っていないのに葬儀の営業やお墓の営業を受けるのは心情的にはあまりいい印象を持ちませんでした。

墓じまいと言う少し違うジャンルにはなりますが、同じ葬祭(やお墓)に関わる業界ですから、わたしたちの墓じまいもどんな会社だろうかと気にはなってしまいます。

そこで実際にわたしたちの墓じまいを利用した人の感想、口コミ情報を調べてみることにしました。参考になると思いますからぜひご覧ください。

 

 

実家の墓の将来を漠然と案じており、御社のHPから問い合わせをしてみました。

お墓が不便な場所にあるので金額的なことなど色々不安を持っておりましたが、思った以上の良心的な金額で、親切に対応していただけてスムーズに墓じまいを終えることができました。


 

お寺の檀家でしたが、維持費が高いのが悩みでした。

今後、子どもや孫の負担になるのではと思い、共同墓地にすることに決めました。

家族も賛成してくれて、悩みも解消されたので、気持ちが楽になりました。


 

諸事情により墓じまいをし、お骨は海へ散骨しました。

はじめは躊躇もありましたが、親戚の中にも賛同してくれる者もおり、時代が変わりつつあることを感じた次第です。

親切に丁寧に対応していただき、また海への散骨も大変に良い形で行うことができました。


 

子どもが娘しかおらず、嫁いでいるため負担を掛けたくないと思い墓じまいを考えていました。

そんな矢先御社を紹介していただき、墓じまいサービスを利用しました。

スムーズに行っていただき、無縁墓にもならずに済んだのでとても助かりました。ありがとうございます。


※口コミ情報は公式サイトから引用しました。

 

墓じまいの経験がある人が少ない中で親切に対応してくれることが口コミから受け取ることができました。

また、お墓に対する価値観も時代によって変わってきたんだなと感じますね。以前はお墓は代々守り続けないといけないという考えが当たりまえでしたから、墓じまいという選択肢がまず出てこなかったでしょうからね。

これからは散骨や樹木葬などもっとお墓の捉え方が変わって来る時代になってくるんでしょうね。

わたしたちの墓じまいへのお問い合わせはこちらから

 

併せて知りたい。お墓を放っておくとどうなる?

わたしたちの墓じまいを利用したとしても墓じまいにはそれなりにお金が必要になってきます。だったら、中には放っておいたらいいじゃないかという考えを持つ人もでてくるかもしれません。

でも、お墓をきちんと管理しないで放置しておいたらそれはそれでトラブルの元になってしまいます。

 

強制撤去 管理しないお墓はお寺や市町村など墓地を管理する団体によって無縁仏(無縁墓)として扱われる可能性があります。そうなるとお墓自体が強制的に撤去されることがあります。

つまり、先祖のお墓参りができなくなります。

 

供養ができなくなる 強制撤去をされる場合、お墓に収められていた遺骨も合同墓地に埋葬されます。故人の遺骨だけを取り出すことはできなくなるため、永代供養を行うことができなくなります。

 

高額な請求 お墓の管理を放置しておいた場合には強制撤去されたらそれで終わりではありません。お墓の撤去や改葬にかかった費用、(未払いだった場合は)未納分の管理費などを請求される可能性もあります。

それが高額になってトラブルになってしまうこともあります。

 

親族間のトラブル 特に田舎で多いイメージがありますが、お墓はきちんと管理する者(ただしあなたがね)という認識の元、その管理はもめ事のタネになりがちです。

誰しもトラブルを起こしたいものではないと思いますから、きちんと墓じまいを行うことはある意味、重要な子孫の努めと言えるかもしれませんね。

 

▼わたしたちの墓じまいへのお問い合わせはこちら▼


-サービス