アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

家電

【gokusen 極鮮】口コミでも評判がいい高性能真空ミキサーだった

野菜やフルーツの栄養を摂るためにミキサー(ブレンダー)やジューサーを使っている人は多いと思います。でも、ミキサーって値段が本当にピンキリです。安いものでは1,000円切ってますし、高い物だと10万円近くするミキサーもあります。

今は健康に気を使う人も増えてきましたから、ミキサーの質にこだわっている人も多いですから、高性能真空ミキサーの「gokusen(極鮮)」にも注目が集まっているんでしょうね。

 

▼テスコムの真空ミキサー「gokusen(極鮮)」の購入はコチラ▼
gokusen極鮮

gokusen(極鮮)の口コミ・評判

gokusenはミキサーとしては高価な部類になりますから、購入にはどうしても慎重になってしまいますよね。所品説明だけでは不安ですから、口コミ情報も集めてみました。

実際に使っている人の感想である口コミ情報は体験してみないと分からないことがたくさんありますから参考になると思います。ぜひチェックしてみてください。

 

 

家族分の量を一度に作れるサイズなのが良かったです。音はうるさいけれど、朝使うので問題ないです。

以前のミキサーでは人参を入れると塊が大きくてジュースとして子供が飲まなかったけれど、これは細かくなるので子供が飲むようになりました。

商品は良いけれど、セットの野菜が酷かったです。小松菜はしおれたもの、レモンはカビていました。野菜をウリにしている店とは思えないです。


 

まだ数回しか使っていないが取説を見ながら頑張っています。ミキサーのパワーが凄いけど音も凄い。夜は使えないなぁ。

でもスムージーの味は最高!店で飲むのと変わらない、というかそれより美味しい!

真空があまりに簡単で大丈夫か?と思ったが数時間しても味は変わらず、それが証明でしょう。


 

良質なフレッシュジュースを飲みたい方にはものすごくオススメです。

最高のクオリティ^^毎日使っています。

欠点は真空にするとき、シェイクしているときの音は結構うるさいの。


 

使い始めて約1ヶ月経ち、我が家で大活躍してます。

野菜嫌いの息子の為にと普通のミキサーでスムージー作ってましたが、なかなか飲んでくれなくて今回真空ミキサーを購入。

あの野菜嫌いだった息子が信じられないくらい毎日飲んでくれてます。

それに外食の多い旦那には保存用のタンブラーで作り置きしてたスムージーを朝食に出しており健康面でサポート出来きてます。

本当に購入して良かった製品です。


 

今まで違うミキサーを使っていましたが、この真空ミキサーを買ってみました。

少し前にお店での実演を見て色や味、栄養素が違う事を聞いて購入しました。野菜もたくさん取れます!

丸ごと手軽に取れる感じです。実際に使ってみて、納得!この真空ミキサー、使いやすいです!

 

やっぱり味が全然違うんだなというのが印象の口コミですね。音については使ってみないと分からないことですが、スムージーや野菜ジュースなどを飲むシーンは日中が多いのでそこまで気にならないのではないでしょうか。

音のうるささという結構大きなデメリットがあっても、野菜嫌いのこどもが飲むことができるほどの質の高い野菜ジュースが作れるメリットを考えたら、十分に価値があると感じますよね。

後、真空ミキサーってなんだか使いにくそうな先入観があったりしますが、使いやすいという口コミがあったので安心材料にもなります。

真空ミキサー「gokusen(極鮮)」の購入はコチラから

 

真空ミキサー「gokusen(極鮮)」とは?

美容と健康に欠かせないのは毎日バランスよく栄養を摂ることだと言われています。でも、外食やコンビニ総菜ばかりの食事ではバッチリ栄養補給するのは難しいですよね。

そこで最近はコンビニやドラッグストアでも購入できて手に入りやすくなっているサプリメントを飲んでいる人も多いですが、できればそういったものには頼らず食材から十分な栄養を摂るのが一番です。

サプリメントには注意書きなどに「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」と書かれていることからも分かるようにあくまでも栄養補給の基本は食事ですし、サプリメントは補助的なものなのですから。

だから調理をする時にできるだけ食材が酸化しないで栄養たっぷりの状態で飲むことができるよう開発されたミキサーが「gokusen」です。

鮮度がいいと栄養だけでなく色や口当たり、そしてもちろん「味」も変わってきます。だから、口コミにもあったように野菜嫌いの子供でも飲むことができるようになるわけですね。

野菜をカットして入れて、スイッチをONするだけですから料理が苦手な人でも手軽に栄養補給ができていいのがミキサーの魅力です。

真空ミキサー「gokusen(極鮮)」の購入はコチラから

 

真空ミキサーって大丈夫なの?

gokusenは真空ミキサーなのですが、なんだか怖そうなとっつきにくいイメージがありませんか?例えば圧力なべも同じようなカンジだと思います。

でも、自分で操作が必要な圧力なべと違って真空ミキサーは操作を機械がしてくれるのが安心です。

 

鮮度の大敵は「酸素」

新鮮な状態を維持するためには重要なことがあります。それが酸素を取り除くこと野菜やフルーツが酸素にふれることでどんどん酸化が進みフレッシュじゃなくなってしまいます。

そこで真空ミキサーgokusenは酸素をボトルから取り除く仕組みが搭載されています。約20秒間の空気吸引でボトルの中の空気は0.3気圧(エベレストの頂上と同じくらいの気圧)にまで減っています。

ミキサー内の酸素をできるだけ減らすことで野菜やフルーツの鮮度を維持することでジュースのおいしさもアップしますし、gokusenは料理にも使えますからレストランにも採用されています。

真空ミキサー「gokusen(極鮮)」の購入はコチラから

 

ミキサーVS真空ミキサー鮮度対決!

従来のミキサーと真空ミキサーではどれだけ鮮度を保ってくれるのかよく分かりませんよね。真空ミキサーの方が鮮度を保つと言ってもなかなか比べることができませんからね。

そこで従来のミキサーと真空ミキサーで鮮度を比較するために「抗酸化力」「ビタミンC」の量を比較しています。

 

 

まず、抗酸化力ですが、ミキサーにかけた直後でも約15%真空ミキサーの方が高いですし、その差は時間とともにどんどん広がっていって、24時間後には約3.4倍の違いがでています。

ビタミンCでもミキサーにかけた直後ですら約17%も真空ミキサーの方が多く残っていますし、24時間後には従来のミキサー内のビタミンCはどんどん減少していますが、真空ミキサーがほとんど減っていませんから約4.8倍の差になっています。

データでこれだけの違いがでると当然見た目や味・食感にも違いがでてくるわけです。空気を含まないでブレンドされるから泡立ちやすく分離しやすい小松菜などの葉野菜も調理直後でもなめらかに出来上がります。

また、カットしておいておくとすぐに空気にふれて変色してしまうリンゴも調理から時間がたっても色や香りがキープされます。

 

 

真空ミキサー「gokusen(極鮮)」の購入はコチラから

 

気になるgokusen(極鮮)の使い方

従来のミキサーとgokusen(真空ミキサー)の大きな違いはミキサーが動作する前に真空状態にするという工程です。そこに不安を感じる人は多いと思いますが、動画を載せておきますが、使い方は結構カンタンです。

 

 

 

ボトルをミキサーにセットして材料(野菜や果物、お水等)を入れたらまずはタイマーで調理時間を設定します。ちなみに調理時間は10秒~120秒まで10秒刻みで設定可能で初期状態では60秒になっています。

時間を設定したら次にするのが真空にする作業です。といってもやることは「VACUUM FRESH」ボタンを押すだけです。後は自動でボトルの中を真空状態にして設定した時間ミキサーにかけてくれます。

時間がきたら自動で停止するのでそれで調理が完了します。

もちろん、真空ミキサーといっても、普通のミキサーとしての使い方も可能で、その場合は時間を設定したら「PULSE」ボタンと「MIX」ボタンを押して操作します。

 

▼テスコムの真空ミキサー「gokusen(極鮮)」の購入はコチラ▼
gokusen極鮮

-家電