アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

食べ物

口コミでも高評価!ごっちゃんごはんで効果的にタンパク質補給

2020/04/21

うちの子は毎日「ご飯もしっかり食べているのに」「元気いっぱいに運動しているのに」「たくさん眠っているのに」よその同じくらいの歳の子と比較してみると成長が遅いような気がする。こんな悩みを持つ親御さんは多いようです。

二人目以降の子であれば第一子の経験もあるからそんなに気にならないかもしれませんが、初めて授かった子供だと悩んでしまうかもしれないですね。

実は成長期の子供とってタンパク質をたくさん摂ることが重要だと言われています。かといって、毎日毎食ステーキやハンバーグを食卓に出すのは栄養バランス的にも金銭的にもきびしいものがありますよね。

だから食事にスプーン一杯入れるだけでタンパク質がたくさん摂れる「ごっちゃんごはん」が人気です。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

ごっちゃんごはんは使ってみてどうなのか口コミをチェックした

ごっちゃんごはんはご飯を炊く時にお米に混ぜて炊いたり、飲み物に入れたり、料理に入れて使います。でも、タンパク質のパウダーを混ぜて料理を作ると「味が落ちるんじゃないの」とか「実際、食べてみてどうなの」って思うかもしれません。

そこでごっちゃんごはんを使っている人の評価を口コミ情報でご紹介したいと思います。

 

 

食が細い娘で頭を悩ませていました。ママ友から子供用のプロテインがあると聞いたのが「ごっちゃんごはん」でした。ごっちゃんごはんはいつもの料理でスプーン1杯入れるだけなので、簡単に成長に必要なタンパク質を摂取させることができるので本当に助かってます。

ごっちゃんごはんを使用するようになってから季節の変わり目などいつも風邪をひいていた娘ですが、今年は全然ひいていません。


 

食生活は栄養バランスを考えて、特にタンパク質をすごく意識して作っていました。ごっちゃんごはんの存在を知ってタンパク質をただ摂るだけではなくアミノ酸スコアが良くないと意味がないと知り、早速購入しました。

ごっちゃんごはんを入れてごはんを炊いてみたら、無味無臭なはずなのにとてもふっくら炊き上がることができました。息子たちもいっぱいおかわりしてくれるようになりました。

 

口コミは個人の感想になるので参考程度ではありますけど、ごっちゃんごはんを食べることで違いがあるようなことは伝わってきました。そして、ごっちゃんごはんを入れたご飯を子供がおかわりするということは味が気にならないということなのでそれだけでもいいですね。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

ごっちゃんごはんのアミノ酸スコアは100点満点

口コミにも書いてありましたが、アミノ酸スコアというものを知っていますか?アミノ酸スコアとはその食品に必須アミノ酸がどれぐら含まれているのかを数値化したもので100に近いほど体への吸収率が高いことを意味します。

タンパク質の元であるアミノ酸はただ単に量があればいいというものではなく、9種類あるすべてのアミノ酸がバランスよく含まれていることが重要です。

1つでも不足しているアミノ酸があった場合、体に吸収されるのは一番量が少ないアミノ酸が基準になってしまうためタンパク質をつくる効率が悪くなってしまいます。

 

 

ごっちゃんごはんのアミノ酸スコアは100なので、必須アミノ酸がバランスよく配合されていることがよく分かります。

ちなみに必須アミノ酸はトリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの9種類です。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

 

ごっちゃんごはんの成分は3種のプロテインがポイント

アミノ酸スコア100のごっちゃんごはんは何が成分として配合されているのでしょうか。それは原材料を見てみると分かります。

 

ごっちゃんごはんの原材料
粉末状大豆タンパク、有機アガベイヌリン(食物繊維)、乳タンパク卵白ペプチド、乳酸菌(殺菌)末、ガラクトオリゴ糖/トレハロース、アルギニン、パパイン(原材料の一部に大豆、乳成分、卵を含む)

 

原材料の中でも太字の箇所、「粉末状大豆タンパク」「乳タンパク」、「卵白ペプチド」の3種類がごっちゃんごはんに配合されているタンパク質だということが分かります。

 

ごっちゃんごはんの主要成分 粉末状大豆タンパク(大豆プロテイン)

大豆タンパクは他のタンパクに比べて身体に吸収されるのがゆっくりなので、毎日の食事にとりいれることで継続的なタンパク質合成が期待できる成分です。

 

ごっちゃんごはんの主要成分 乳タンパク(ホエイプロテイン)

乳タンパクは混ざり物がすくなくタンパク質の純度も高い成分です。プロテインスコア(アミノ酸スコアではありません)も100なので筋肉になりやすいのが特徴です。

プロテインスコアとは その食品に含まれるタンパク質中の窒素1g当たりにどれぐらいの必須アミノ酸(mg)が含まれるか数値化したもので最高点が100になっています。

 

ごっちゃんごはんの主要成分 卵白ペプチド(卵白プロテイン)

卵白のタンパク質はひとが吸収しやすいので体内での利用率も高い成分です。

 

1種類のタンパク質ではなく3種類のタンパク質をバランスよく配合することで必須アミノ酸のバランスもよくなり高い吸収率が期待できるのがごっちゃんごはんです。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

ごっちゃんごはんはタンパク質を摂るだけじゃない

ごっちゃんごはんは子どもの成長に欠かせないタンパク質がたくさん摂れるサプリメントになりますが、どれぐらい摂れるのかというとスプーン一杯でサーロインステーキ約190g分、卵白約7個分、ヨーグルト約6杯分。さつまいもにいたっては約2427本分もタンパク質が含まれています。

でもタンパク質はたくさん摂るだけではいけません。食べ物として摂取したタンパク質はそのままでは体に取り込むことができないので一度消化してアミノ酸に分解してから身体に取り込む段階が必要になります。

 

ココがポイント「パパイン」を配合

そこでごっちゃんごはんにはパパイン酵素(原材料ではパパインと記載)が配合されています。パパイン酵素はタンパク質を消化してくれる酵素「プロテアーゼ」を多く含んでいるのでご飯で食べたタンパク質を消化するサポートをしてくれます。

人間にタンパク質が必要だと言っても、タンパク質の状態では体に吸収されません。タンパク質を一度アミノ酸に分解(※)してから吸収されますから効率的に栄養分を吸収するためにもパパインが配合されているのはポイントです。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

ごっちゃんごはんにはアルギニンも配合されていた

ごっちゃんごはんはタンパク質を配合しているだけでなく、アルギニンがわざわざ配合されています。アルギニンは自然界にも存在しているアミノ酸なのですが、成長ホルモンの分泌を促す働きがあると言われています。

成長期の子供には積極的に摂りたい成分なのでごっちゃんごはんにはスプーン一杯でアルギニンが300mg配合されています。これがどれぐらいの量かと言えばとうもろこしの約2倍、じゃがいもの約4倍、トマトと比べると約16倍も含まれていることになります。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

ごっちゃんごはんの使い方【様々な料理に使える】

ごっちゃんごはんは1さじ料理に入れるだけでOKな上、摂る量に決まりはありません。だから、色々な使い方ができるのが特徴です。

 

ごっちゃんごはんの使用例
・ご飯を炊く時にひとさじ
・煮物にひとさじ
・炊き込みご飯をたく前にひとさじ
・うどんのだしに一杯
・ポテトサラダの隠し味に一杯 などなど

 

あれこれ考えずに料理にスプーン1杯加えるだけでいいので続けやすいのも特徴です。

また、タンパク質は育ち盛りのお子さんだけでなく、栄養が偏りがちな大人が摂ってもいいので、家族の夕飯に使ってもいいですね。

ごっちゃんごはんの購入はコチラから

 

あわせて知りたい子どもの成長期にタンパク質が重要なワケ

子どもの成長期にタンパク質が欠かせないと聞くければ理由までは気にしていない人多いのではないでしょうか。

その答えは成長期の骨の伸び方にあります。成長期になると骨と骨の間にある「骨端軟骨」という場所が伸びることで体が大きくなります。

あまり耳なじみのない骨端軟骨ですが、その名前の通り軟骨の一種で、骨格を作るのがアミノ酸が材料になっています。軟骨組織でタンパク質からコラーゲンが作られ骨を形成していきます。

じゃあ、必要なのはアミノ酸じゃないのと思うかもしれませんが、アミノ酸がたくさんつながったものがタンパク質です。

だから、軟骨の材料タンパク質(アミノ酸)をたくさん摂って、軟骨を成長させることが子供の成長にも重要なわけなんです。

本来はタンパク質は食事から摂るのが理想ですが、子供は好き嫌いがあったり偏食している場合にはそれも難しいのでごっちゃんごはんを利用するのは便利な方法です。

 

▼ごっちゃんごはんの購入はコチラ▼


-食べ物