アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

サービス

配食のふれ愛は加盟金0円って大丈夫?それなら先輩の口コミを見るべし!

脱サラをして独立したり、会社の事業を広げる時に一から新しく始めるのはとてもハードルの高い物です。新規事業の場合、まず名前が知られていません。近所のお店であっても存在が知られていなかったら、その人にとってはないも同然です。

また、これまでと違うことをするのであれば業界ごとに存在するノウハウは効率的に事業を行うためには欠かせません。フランチャイズ事業に人気があつまる大きな理由は既に存在している会社の名前や成功ノウハウを使える点にあります。

それでも始めるまでに色々なハードルがあるフランチャイズビジネスの中でも注目を集めているのが「配食のふれ愛」です。

高齢者向けの配食サービスという今後の成長が右肩上がりになることが予測されているビジネスなので今、参入しても売り上げが期待できるだけでなく様々な始めやすい取り組みをしているのが一番の特徴です。

 

フランチャイズだけど加盟金0円ってマジ?

フランチャイズビジネスは既に加盟元のネームバリューを使える反面、様々な開業時の初期費用や開業後も継続的なコストが必要になります。

例えば、開業時にかかる一番大きなお金としては加盟金がその最たるものです。確かにセブンイレブンやローソン、ファミリーマートといった非常にネームバリューの高い名前を使ってオープンできて売れ筋商品など経営についても指導してもらえるるのは魅力的だと思います。

でも、多くの場合加盟金はとても高い物です。脱サラで始めるにあたって、ゼロからのスタートどころか加盟金を考えると数千万円マイナスから経営を始めないといけなくなるわけです。

さらには店を構える資金もありますからせっかく開業してお金を儲けたいのに借金だらけで黒字化までの道はほど遠いものとなってしまいます。その点「配食のふれ愛」はフランチャイズの加盟金を0円にすることが可能です。

だからこそ黒字化までの期間が短く事業を軌道に乗せやすいのが大きな特徴です。

「配食のふれ愛」の無料資料請求はコチラから

 

ロイヤリティまで不要だなんて!

加盟金以外に売り上げに応じて本部に支払うロイヤリティも加盟店を苦しめるシステムの一つです。加盟金だけなら何とか出せても開業のための改装費や仕入れなどで銀行などから借り入れをしている人は多いです。

その返済に加えて、売り上げの一定金額をロイヤリティという形で支払うわけですから、売上自体はあったとしても実は手元に残るお金が少なくなるのが実情だったりします。

でも、「配食のふれ愛」ならそんなロイヤリティも0円ですむので開業後の経営に影響が少なくて済むのが特徴です。

 

加盟金・ロイヤリティではなく会費制

加盟金もロイヤリティもないのに口コミでも分かるようにきちんとスーパーバイザーがアドバイスをしてくれるのでフランチャイズビジネスとして運営されている「配食のふれ愛」。

何か裏があるんじゃないの?とつい勘ぐってしまいますよね。「うまい話にはワケがある」とは昔から言われている言葉です。

確かに配食のふれ愛では加盟金やロイヤリティの代わりに同業他社ではあまり見かけない会費制を導入しています。毎月30,000円(税別)の会費を納めることと契約期間が5年間に設定されています。

ということは計算すると180万円(税別)のお金が発生しますが、それも月々の分割にできますから開業初期の段階でも売上への影響は比較的は少なくてすみます。

フランチャイズビジネスの場合、加盟時に研修が必要になりますが、その研修も2名までなら無料で受けられたりシステム料を支払う必要もありません。加盟店にかなり手厚くなっているのが魅力です。

「配食のふれ愛」の無料資料請求はコチラから

 

加盟金0円・ロイヤリティなしで大丈夫?それは先輩の口コミを見て!

フランチャイズビジネスで加盟金がセロ円。しかも売上に対するロイヤリティもないとなるとこのフランチャイズは逆にダイジョブなのかと心配したくなる人も多いのではないでしょうか。

そこで既に「配食のふれ愛」で開業している先輩の口コミ情報をご紹介したいと思います。脱サラをして独立を検討しているあなたと同じ境遇だった人もいるかもしれません。参考情報としてご覧ください。

 

 

もとは父が経営する工場で経営に参加していました。

大学卒業からずっとですから、もう10年以上そこで仕事をしていたのですが、不景気の中、日本のモノづくりが衰退していく様を目の当たりにするうち、「できるなら成長市場へと打って出たい」と考えるようになっていました。そんな時に出会ったのが高齢者向けの配食サービスです。

より詳しい情報を求めて、検索を続けているとシルバーライフという企業に行きつきました。見ればすでに全国で500店を展開し、店舗数では国内随一ということもあり、まずはこの企業の説明会に参加してみようということに。

会場では実際にそのお弁当を試食できたのですが、まずはそのおいしさに心底驚きました。しかもその食味からは想像ができないほど低価格であることにも感心。

しかし、それだけではありません。地域相場に合わせ、オーナーの裁量で価格を自由に設定できるという点も魅力でした。これなら、競合店に勝てると確信しました。


 

じつは定職に就いた経験がなくここまで来ました。今は40歳ですが、30代はバンド活動一筋だったので。

ところが、父が亡くなったことをきっかけに人生を見つめ直すようになったんですね。そこで自分にもできるビジネスを模索する中で出会ったのがシルバーライフです。

最も注目したのは資金ゼロで開業できること。未経験でも問題ないということも魅力でした。もともと、地域社会に貢献できる仕事をと漠然と考えていたので業種や業態、ビジネスの方向性についてはまったく違和感がなく、「これしかない」と確信しましたね。

実際、働きだしたら、どういうわけか仕事が面白いんですね。しかもお弁当の詰め方から配送ルートの決め方、お客様対応の方法など必要な知識、経験をすべてこの1年間で身に付けることができたんです。

おかげで独立してから、何ら不安を覚えることはありませんでした。もちろん営業活動も問題なし。請求書の作成、提出の仕方なども、お客様に合わせて書き分けることまですぐにできるようになりました。思えば、ものすごく密度の濃い1年間だったと思います。

多忙な毎日ですが、それでもモチベーションを維持できるのは、誰かの役に立っているという充実感、満足感があるからこそ。私はこの仕事に携われることを誇りに思います。40歳にして、やっと「なりたい自分になれた」のですから。


 

「配食のふれ愛」なら、専門的な経験やスキル、資格がなくても参入でき、店舗を構える必要もない。

居酒屋や飲食店のように立地で集客が左右されることもないから、郊外でも田舎でも出店できてしっかり商売になる。しかも資金ゼロで開業できるプランを選択できるとなれば、これはもう決めるしかないと思いましたね。

まさに理想的なビジネスモデルですよ。

同じ弁当の宅配でも「配食のふれ愛」は食材を盛り付けるだけで調理が不要。その意味ではオペレーションで難儀することもありません。そこも気に入りました。

問題は、営業です。自分は居酒屋や飲食業で働いてきたので、介護業界はまったくの不案内。でも、そこはさすがにシルバーライフさんです。

現場に精通した社長やSV(スーパーバイザー)の的確なアドバイスで未経験でもまったく問題なし。実際の営業手法もパンフレットと試食券を持って地域を担当するケアマネージャーさんを訪問するだけというきわめてシンプルなスタイルです。

実際、開業当初こそ月間で20食程度の注文数でしたが、今では日に150食。かといって特別な努力をしたわけではありません。ただ、本部のマニュアル通りに営業しただけです。とくにSVのアドバイスはとてもプラスになりました。


 

私が独立開業を考えたのは、何か夢中になれることにチャレンジしたいという想いがあったから。

「配食のふれ愛」の説明会に参加して実際に社長さんとお会いし、話をうかがっていると社長さんご自身は営業経験ゼロでこのビジネスに参入されたと聞いてびっくり。それなら、営業経験豊富な主人と私ならできないはずはないと加盟を決断したんです。

オープンした初月は営業からスタートです。主人と2人で市内のケアマネージャーさんを訪ね、その紹介で居宅介護支援事業所などに挨拶回りをする日々が続きました。その甲斐あってまずは1日10食の注文をゲット。

すると、日を隔てずにすぐ1日50食、60食とオーダーがぐんと増えたので驚きました。結局、開業から半年で日に83食というところまで実績を伸ばすことができたんです。

確かに、主人が営業に付き合ってくれたということもあるでしょう。しかし、私たちは何か特別なことをしたわけではありません。

あくまでも、本部の指示通り、月に1度、市内に70拠点ある居宅介護支援事業所や施設をローラー作戦で回っただけです。それでもこれだけの成果を出すことができた。「やっぱり、本部のノウハウは大したものだな」と主人と2人で感心した次第です。

 

配食のふれ愛は加盟金がなかったりロイヤリティもないなど参入のハードルはかなり低いからサポート体制に対する心配もありますが、口コミを見ていると杞憂になりそうですね。

きちんと各地域を担当するスーパーバイザーが的確なアドバイスをくれていることがよく分かりますし、各店舗との信頼関係もできていることがこまめな情報交換を行っていることからも伝わってきます。

そして、高齢者向けのビジネスは高齢化社会がますます増えてくる今の日本にとってなくてはならないものになりますから、そんな中でも食を商売にするのはアリですね。

「配食のふれ愛」の無料資料請求はコチラから

 

これからの有望株「高齢者向け配食」

少子高齢化と言われて久しいですが、その傾向は今後ますます進んでいきます。となると食事への影響はとても需要が高いビジネスだと予想されています。

30代、40代の頃は気にせず外食したり、健康に気を付ける人は自炊をしていたと思います。でも、60代、70代と年齢が進み年金暮らしになってくると贅沢はできないけど、毎日の自炊は難しいし、少ない人数分だけご飯を作るのはかえって高くついたりします。

そこで注目されているのが高齢者向けにお弁当を配達する配食サービスです。本来、こういったサービスは各都道府県、市町村が行うべき福祉サービスの一環でしょうが、自治体にもお金がなく減少しているのが現実です。

先日、コンビニに行った時にご高齢のおばあちゃんがやってきて、ご飯をご飯を買っているのを目にしました。そのコンビニではパックしたものを売っているのではなく、店頭で炊いたご飯をよそってあげるのが特徴です。

様子を見ているとそのおばあちゃんは常連さんのようでよくご飯などを買いに来ているようでした。毎日自分用のご飯だけを炊くのはとても効率が悪いからコンビニのご飯も十分な需要があることがうかがえました。

スーパーやコンビニで惣菜だけ買うという人もいると思います。でも、栄養バランスが取れた配食の方が健康的に考えたら一番ですし、その魅力に気づいている人も多いですよね。何より配食なので届けてもらえるメリットに魅力を感じている高齢者は多いのではないでしょうか。

「配食のふれ愛」の無料資料請求はコチラから

 

他社との差別化のカギは「味」

高齢者配食事業に着目しているのは何も「配食のふれ愛」だけではありません。大手企業も参入している事業であったりはします。となると資本主義社会である以上将来的には競争は起こりえる事態です。

「配食のふれ愛」でもそこはキチンと見据えて事業を展開していて、特に「味」と「価格」、「サービス」の3点に注力することで他社との差別化を図っていく方針をとっています。

特に味は一番注力している部分です。商品はお弁当ですから、おいしくない弁当は食べたくないですし、おいしかったらやっぱり継続して注文したくなるものです。それだけお弁当の味は重要です。

そこで高齢者の健康的な食事のために使う野菜は契約農家から仕入ることで安心して提供できるよう心掛けています。

また、若い人向けではなく高齢者向けに特化することで「高温高圧調理」を行い食材をやわらかくすることで高齢者が食べやすいよう加工してあるのも特徴です。

また、お肉や魚は「氷温熟成」という特別な熟成方法で美味しさを引き出し、調理方法は「真空調理」を行うことで食材が新鮮なままお客様にお届けできるよう考えられています。

 

冷蔵での配食が味に活きる

配食サービスには食材を冷凍保存している会社もよくあります。お弁当自体を冷凍し、配食先で電子レンジで温めてもらうといった方式をとっている場合もありますね。

でも、一度冷凍した食品は解凍すると食材の中にある細胞が壊れてしまい、水分と一緒にうまみ成分も流れ出てしまってせっかくの栄養や味が劣ってしまうことが多くあります。

一番の営業ツールでもあるお弁当の命は「味」ですから、配食のふれ愛で扱うお弁当は冷蔵保存されています。特に野菜はフレッシュな食感が楽しめるのが特徴です。

 

▼「配食のふれ愛」の無料資料請求はコチラ▼


-サービス