アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

【ノビルンフルーツ青汁】口コミで分かった!とにかく子供が食べてくれる

休日にファーストフード店に行くと親子連れがたくさんいる光景を目の当たりにします。手軽に食べられるし、値段も安いので人数が多い家族連れには便利ですよね。

でも、頼んでいるメニューはどうしても栄養が偏ってしまいますよね。日本人の食事はここ数十年でどんどん欧米化が進み、バランスがくずれてきています。

かと言って、野菜をたくさん料理するのって結構難しいですし、何より好き嫌いがあると子供は食べてくれません。そんな時に便利なサプリメントが果物や野菜がたくさん入った「ノビルンフルーツ青汁」です。

モニター満足度が94.7%と多くの親御さんがその品質に満足していますが、どのあたりが理由なのか口コミや入っている成分・原材料から調べてみたいと思います。

 

▼ノビルンフルーツ青汁の購入はコチラ▼


ノビルンフルーツ青汁の口コミ・評判

モニター満足度が94.7%もあるということはほぼすべての親御さんが満足したということです。その理由は何なのか気になったので、口コミ情報を集めてみました。

口コミは実際に子供が飲んだ様子を見た親御さんの感想ですからとても参考になる部分が多いと思います。特に子供に続けて飲ませるには味は重要なポイントです。そのあたりもぜひチェックしてみてください。

 

 

息子はトイレの時間が長く、野菜が足りていないのかと日頃から気になっていました。

この商品は国産大麦で、農薬テスト合格で安心して食べさせることができています。

お菓子みたいなのに200億個の乳酸菌が配合されて、すっごく得した気分です。

腸内環境がよくなり、成長の助けになってくれることに期待します。


 

娘と食べてみました。ミックスジュースのようなにおいでフルーツ味のタブレットです。

娘は「おいしい!ちょっとだけ酸っぱいけど、おいしい。これなら毎日食べれる」とニコニコしながら食べていました。

少し酸っぱさはありましたが、果物特有の酸味と言う感じデス。青汁のニオイも味もせず、子どもがおやつ替わりに食べられるのがいいですね。


 

青汁といえば飲むものと思い込んでいましたが、こちらはタブレット。ラムネを食べているようなおやつ感覚で子供たちは大喜び。

1日2粒以上食べたいというほどです。我が家では1日に子供たちが摂取する野菜は多くて6~7種類、果物は1~2種類です。ノビルンフルーツ青汁は、不足しがちな栄養素をおいしく補えてとても助かります。


 

好き嫌いはあまり無いのですが、食事のみで栄養が摂れているか心配で、便通も少し気になっていました。

そんな時、このノビルンフルーツ青汁を見つけて、まさに我が子にぴったり。

「フルーツ味のラムネだ」と毎日おいしく食べています。

 

フルーツ味で食べやすいからおやつ感覚で進んで食べてくれているご家庭が多いみたいですね。ノビルンフルーツ青汁は1日2粒が摂取目安ですが、それよりもたくさん食べたがるってことは本当にお菓子と思っているかもしれませんね(笑)

子供の栄養バランスに気を配らないといけない親御さんにとって、普段は敬遠しがちな野菜を自分からすすんで摂ってくれるのはとても便利でありがたい存在になりそうですね。

ノビルンフルーツ青汁の購入はコチラから

 

ノビルンフルーツ青汁は大麦若葉の青汁配合

ノビルンフルーツ青汁は青汁と名前についているだけあって、青汁成分として「大麦若葉」が含まれています。

青汁には大麦若葉以外にもケールや明日葉など様々な種類がありますが、お子さんが飲むことをふまえて比較的クセがなく栄養バランスに優れた大麦若葉を採用しています。

大人が健康や野菜補給のために飲む青汁を子供が飲むのはその苦さからかなり難しそうな気がしますが、ノビルンフルーツ青汁はタブレット状になっていますから手軽に食べられるのではないでしょうか。

だから、小さなお子さんでも少し酸っぱいけどおいしいと食べているようです。青汁と言うと「マズイ」イメージが先立ちますが、まさかおいしいと言われるとはビックリですね。

ノビルンフルーツ青汁の購入はコチラから

 

30種類以上の野菜と果物を手軽に摂れる

ノビルンフルーツ青汁を子供に飲ませる一番の理由はやっぱり不足しがちな野菜や果物の栄養を摂らせたいからだと思います。できるだけたくさんの種類の野菜を摂ってもらうために21種類もギュッと詰め込んであります。

ノビルンフルーツ青汁に含まれる野菜と果物
【野菜】 かぼちゃ、ニンジン、クロレラ、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、サツマイモ、チンゲン菜、パセリ、セロリ、二ガウリ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん

【果物】 りんご、洋ナシ、グレープフルーツ、パッションフルーツ、レモン、赤ブドウ、ストロベリー、パイナップル、マンゴー、ライチ、オレンジ、キウイフルーツ、もも、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー

 

また、食べやすくするためにはフルーツの存在は欠かせません。だから16種類のフルーツもタブレットに詰め込んであります。フルーツにもビタミンや栄養が豊富に含まれていますからそれも一緒に摂ることができて一石二鳥ですね。

ノビルンフルーツ青汁の購入はコチラから

 

腸内環境を整えるためには欠かせない乳酸菌も配合

健康的なカラダ作りには腸内環境を整えることは欠かせません。そのため、ノビルンフルーツ青汁には乳酸菌も配合されています。乳酸菌には様々な種類がありますが、ノビルンフルーツ青汁に貼っているのはEC-12という乳酸菌です。

EC-12はヒトの腸から抽出された乳酸菌でとても小さく球形をしているので1粒でもたくさんの量が摂れる特徴があり、腸までしっかり届くと言われています。

ノビルンフルーツ青汁1日あたりで飲む2粒に含まれる乳酸菌の数は約200億個。これはヨーグルト20カップ分に相当する量です。毎日これだけ食べたらカイチョーになりそうですね。

ノビルンフルーツ青汁の購入はコチラから

 

【衝撃!】子供の野菜不足は実は深刻だった【ショック!】

アンケート結果によるとママさんの93%がお子さんの野菜不足を心配しているというデータがあります。毎日食べている食事を見てもそんな不安があるということなんでしょうね。

それを裏付けるかのように厚生労働省が平成26年に行った「国民健康・栄養調査」によるとお子さんの野菜の摂取量は国が定める摂取目安(目標)よりも少ないことが分かります。

 

 

ちなみにどの年齢でも少なくなっていますが、これは大人になっても同様で60代までは野菜不足が続いています。ということは今後の人生もずっと野菜不足で過ごしていくことが予想できます。

 

なんで野菜を食べないといけないか知ってる?

昔から親や先生から「好き嫌いしないで野菜を食べなさい」とよく言われたものです。でも、「なぜ」という部分には触れていなかった、言ってくれなかったような記憶がありますが…

体の基本となるのはタンパク質と言われています。それはお肉や魚から摂ることができますが、タンパク質が肉になるためには分解したり、合成したり体内では様々な反応が起きています。これを代謝と言います。

この代謝にはビタミンやミネラルが欠かせませんが、ビタミンやミネラルを豊富に含むのが野菜や果物です。つまり、お肉や魚を食べて自分の身にするためには野菜の活躍が絶対に必要なのです。

また、野菜に含まれる食物繊維は腸内環境を整えるためにも重要な成分です。

だから、野菜を食べることは身体のためにはとっても大切なことですし、一つの種類だけだと栄養も偏ってしまうので、たくさんの種類の野菜を食べることが大切です。

ノビルンフルーツ青汁のように何十種類の野菜や果物が入っているサプリなどをうまく使って、効率的な野菜摂取を行っていくことがこれからは大切な時代になってくるんでしょうね。

 

▼ノビルンフルーツ青汁の購入はコチラ▼


-健康グッズ