アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

エクササイズ

長友愛用の体幹トレーニングギア FLOWIN はここで買える

先日、ワールドカップロシア大会では大会直前に監督交代や下馬評の低さを覆し、見事予選リーグを突破しました。決勝トーナメントのベルギー戦は惜しくも逆転負けをしてしまいましたが、想像以上の試合ぶりだったと思います。

日本代表の予選・決勝トーナメント全試合に出場し、サイドバックとして活躍したのが現在トルコのガラタサライ所属の長友佑都選手です。長友選手はサッカー選手として決して身長は高くありません(公称170cm)が、フィジカルと身体能力が高く相手チームの大型FWにも負けない強さを持っています。

長友選手の強さの秘密が体幹トレーニングにあると言われています。かつてTBS系番組の情熱大陸に出演していた際に、自ら体幹博士と言っていたような記憶がありますが、それぐらい体幹トレーニングで体を鍛えているということなんでしょう。

そんな長友選手が体幹トレー二ングに使っているのが「FLOWIN」というツールです。以前出版されていた雑誌Number Do Special Editionの表紙にも写っているので見たことがある人もいるかもしれません。

※長友選手の足元に写っているのがFLOWINのマットですね。

長友選手の強さにあこがれたり、触発されて体幹トレーニングを行う人がFLOWINを求めていますが意外と売っていないのです。

 

FLOWIN トレーニングはアマゾンや楽天では売っていない

ネットショッピングで何かを購入しようと思った時に真っ先に思い浮かぶのが「アマゾン」と「楽天市場」ですよね。でも、FLOWINはこのどちらのオンラインショッピングサイトでも売っていないんです。

アマゾンでFLOWINを検索した結果です。

楽天市場でFLOWINを検索した結果です。

アマゾン、楽天市場どちらで検索してもヒットするのは類似商品か同じ名前の別商品ばかりです。ちなみにカタカナの「フローイン」や「フローウィン」で検索しても同じような結果になります。ねんのため。

じゃあ、FLOWINで体幹トレーニングに取り組みたいと思ったらどうしたらいいのかと言えば、実は公式のオンラインショップがありまして、そちらで購入することが可能です。

当然ですが、公式オンラインショップでは定価で販売されています。高いという印象を持つかもしれませんが、特にアマゾンでは海外から輸入して高値で転売されているケースもあるので定価でも十分価値があるのではないでしょうか。

 

▼FLOWIN トレーニングの購入はコチラ▼


体幹トレーニングギア FLOWINとは?

雑誌の表紙にはFLOWINのマットが写っていたので、マットで体幹トレーニングができるのって思われるかもしれません。

FLOWINは床にしいたマットをベースにしてそれ1枚で様々なトレーニング器具の効果を感じることができるトレーニングツールです。

具体的には床に敷いたシートの上を手・足・膝を置くパッドから構成されています。シートとパッドが絶妙にすべることで不安定な状態になり、全身を連動させる体幹トレーニングを体感するツールになります。

全身を使うことができるとともに様々な使い方あるので通常はトレーニングジムにあるような色々な器具を使わないといけないところが、FLOWIN1枚で間に合うということです。

FLOWINはSportタイプ、Proタイプ、Miniタイプの3種類がありますがいずれも畳1枚よりも小さいサイズで重さがそれぞれ2.7kg、6.0kg、3.0kgと持ち運べるサイズです。

持ち運べるサイズなので、場所を選ばず自宅でもトレーニングを行うことができます。ただし、マット状なのでヨガマットのように丸めて持ち運べるのではないかと思いがちですが、マットを丸めることができるのはFLOWIN Sportのみです。

FLOWIN ProとFLOWIN Miniはシートが丈夫に作ってあり、丸めることができないので購入時には注意が必要ですね。

先ほども書いたようにFLOWIN色々な使い方ができるので男女を問わず、幅広い人々に自分の身体や目的に併せて利用することができますし、自宅やジムで始めるのも簡単です。例えば、本格的な体幹トレー二ングはもちろんリハビリ用の軽めなトレー二ングにも使えます。

また、短い時間でも運動効果を感じることができるトレーニングツールなので。仕事にでかける前や帰宅後、家でゆったりしている時間などライフスタイルに合わせてトレーニングができます。運動はしたくても仕事や家事などで時間がとれないという人の方が向いているトレーニングツールなのかもしれません。

FLOWIN トレーニングの購入はコチラ

 

FLOWIN トレーニングの効果

FLOWINを使うことの一番のポイントはやはり不安定な状態で体を動かすことによって体幹トレーニングになることではないでしょうか。

体幹は脊柱を中心にその外側や内側についている筋肉・腹筋・肩甲骨・股関節などのことを指します。一言でいってしまうと「体幹=胴体部分」ですね。

体幹の筋肉の中でも重要なのがインナーマッスルと言われる骨盤底筋群や多裂筋、横隔膜、腹横筋です。体幹トレーニングを行うことでインナーマッスルが鍛えられ身体のパフォーマンスが高まると言われています。

FLOWIN トレーニングを行うこと(=体幹を鍛えること)で様々な効果があると考えられています。

 

姿勢がよくなる効果

インナーマッスルをトレーニングすることで全身を支えることができるようになるので姿勢がよくなり、その結果肩こりや腰痛などの症状が改善することが期待されます。

 

内臓の位置が正しくなる効果

心臓や肺、胃、腸など人に不可欠な内臓が正しく働くには正しい場所に収まる必要があります。でも、各臓器の不調によりその位置がずれることがあります。トレーニングを行うことで正しい位置に内臓を戻すことが期待できます。

 

お腹ぺったり効果

体幹トレーニングによって骨盤が立つことで、腹圧が高まります。その結果、お腹がぺったりとへこむ効果が期待できます。

 

競技力の向上効果

FLOWINを使うことで体幹が鍛えられると、体の中心にある筋肉やインナーマッスルを上手に使うことができるようになり、競技力がよくなると言われています。

例え、運動が苦手だと感じている人でも、体幹をトレーニングすることで体自体を動かしやすくなるので運動が楽しくなります。

 

身体のラインがきれいになる効果

体幹トレーニングでインナーマッスル、アウターマッスル(外側の筋肉)の両方を鍛えることできれいなボディラインを作る効果が期待できます。

 

トレーニングツールというととかく運動が得意な人やアスリートのためのものというイメージがあります。でも、FLOWINは体幹をトレーニングすることで体を動かしやすくするためのツールでもあるわけです。

運動に苦手意識がある人にも効果が期待できるというのはやる気になる話だなと思いました。

FLOWIN トレーニングの購入はコチラ

 

FLOWINでのトレーニング風景をツイッターでも公開

長友選手がFLOWINを愛用しているのは何も雑誌のためだけではありません。その様子はツイッターでも公開しています。本気でFLOWINを使って体幹トレーニングに取り組んでいるんだなということが伺えます。


長友選手のツイッターを見ているだけでもFLOWINトレーニングの勉強になるんだなあ、後、色んな動きがあるもんですね。

FLOWIN トレーニングの購入はコチラ

 

FLOWINは用途に合わせた3種類

先ほども書きましたが、FLOWINにはFLOWIN Sport、FLOWIN Pro、FLOWIN Miniと3種類のラインナップがあります。ちなみにツイッターを見たら分かりますが、長友選手が使っているのはFLOWIN Sportですね。実は価格も一番安いタイプです。

 

FLOWIN Sport

FLOWINのシートがヨガマットのように丸めて収納できる唯一のタイプです。丸められるので、トレーニングをしない時や掃除をする際にも邪魔になりませんし、置きっぱなしにするスペースがない時にも便利です。

専用の収納ケースもついているので、シートを広げられる広さ(約138cm×約98cm)さえ確保できればどこだろうと体幹トレーニングを行うことができます。

 

FLOWIN Pro

FLOWINのマットを強くしているため、床以外の場所、例えばカーペットやデコボコした床、畳の上でも使うことができるのが特徴です。日本家屋向けかもしれませんね。マットのサイズはFLOWIN Sportと同じ約138cm×約98cmです。

お家で本格的に体幹トレーニングをしたい人やジム・リハビリなどでも使いやすいタイプになっています。ただしマットが丈夫になっているため、曲げたり丸めたりはできないのでご注意ください。

 

FLOWIN Mini

FLOWIN Proのようにマットの強度が高いのでフラットな床以外でも使うことができます。シートが約98.5cm×約69cmとPro/Sportよりも小さめなサイズになっているのでマットを置くスペースが少ない人にはいいかもしれません。

FLOWIN Miniのシートには目盛りが印字してあるのが特徴で体を動かす時の目安にできるので、リハビリ目的などに使う方向けかもしれません。シートはFLOWIN Proと同じく折り曲げたり丸めることができなくなっています。

 

▼FLOWIN トレーニングの購入はコチラ▼


-エクササイズ