アマヨク

日々に気になっていること(主にデジタル機器、健康など)について書き連ねるブログです

健康グッズ

ファインコーヒーは血圧が気になる人の口コミもいい機能性表示食品

2018/12/24

健康診断で気になる数値の一つに「血圧」があります。ストレスや食事などで上がることのある血圧ですが、健康診断の時だけ高い場合もありあまり対策をしないという人も多いかもしれません。

でも、放っておくと様々なリスクが高まる一方なので対策は早めにしておくにこしたことはありません。そんな血圧対策が普段よく飲むコーヒーでできるのが機能性表示食品の「ファインコーヒー」です。

おいしくコーヒーを飲みながらなので手軽に血圧対策ができて人気が広がっているファインコーヒーですが、口コミや中に入っている成分GABAについてもしっかりご紹介したいと思います。

 

▼GABA配合の機能性表示食品「ファインコーヒー」の購入はコチラ▼

ファインコーヒーの口コミ・評判

いくら手軽にできる血圧対策といっても数値が高めで悩んでいる人にとっては実感できるかどうかが重要です。そこでファインコーヒーの口コミ情報を集めてみました。

実際に飲んでいる人の感想なので、商品説明では分からない部分があったりして参考になると思います。ぜひチェックしてみてください。

 

 

一緒に届けられる血圧記録手帳とコーヒーを飲んで、習慣を意識するようになりました。

自然と食生活を見直し、運動を意識して、習慣が変わりました。

こんないい商品があったんですね。


 

サプリメントを以前は飲んでいて、飲んだかどうかわからなくなることが多かったけど、コーヒーだと朝食と一緒に摂れるので忘れなくなりました。

 

いい意味で期待裏切られました。

血圧ケアも継続できそうです。


 

サプリメントが多いけどコーヒーだからありがたい。

毎朝飲んでいるコーヒーを変えるだけでいいから合っている。

 

口コミは個人の感想なので参考ということにはなりますが、実感できている人も結構いるようでした。後、サプリメントって無意識の内にどっか避けたいと思っているのか意外と飲み忘れがある印象です。

だから、すでにコーヒーを飲む習慣がある人はそれをファインコーヒーに買えるだけなので飲み忘れを防ぐことができて便利だと思います。

ファインコーヒーの購入はこちらから

 

ファインコーヒーの味はどう?

サプリメントだったらそこまで気にならなくても、コーヒーになるととたんに気になって来るのが「味」です。もちろん。ファインコーヒーは血圧ケアを習慣化して続けやすくするためにコーヒーにしていますから味にもこだわっています。

ブラジル産のコーヒー豆を使ってスッキリとした味わいになるようブレンドされているのが特徴です。実際に飲んでみた感想を口コミでも見つけましたのご紹介したいと思います。

 

 

血圧が気になる私の父親にあげたら、喜んでくれました。

私も飲んでみましたが普通に美味しくて飲みやすかったです。


 

以前はお試しで購入して飲んでみました。

普段のコーヒーと変わらない味がしたので、飲み続けようとまとめて購入しました。

 

販売サイトから引用した口コミを見ていると味は概ね好評なようでした。しかし、少数派ではありますがこんな口コミもありましたのでご紹介したいと思います。

 

 

高血圧の会社の上司に頼まれて購入しました。

既に昨日の健康診断で血圧が160以上あったそうで…本人はこちらの商品にとても期待しているようです。

1か月分と思って3箱購入しました。飲んだ感想は、おいしくはないとのことです(笑)

 

実感できるかどうかには個人差がありますが、味覚についても個人差があるのはしょうがありません。だから、過度な期待まではしない方が良いのではないでしょうか。

ファインコーヒーの購入はこちらから

 

血圧ケアにはGABAを配合【ファインコーヒーの成分】

ファインコーヒーが血圧ケアに使えるのはコーヒー自体にその働きがあるわけではなく、GABA(ギャバ)を配合しているからです。GABAはγ-アミノ酪酸の略で自然界に存在するアミノ酸の一種です。

GABAには脳や脊髄にあり、神経の伝達に関わっていることが知られています。最近ではお菓子などの食品にも入っていることがあるので名前を聞いたことがある人も多いと思います。

GABAは気持ちをしずめたり、リラックスさせる働きがあると言われていて、ストレス対策の目的で食品に配合されています。

他にも最近の研究により高めの血圧を下げる働きがあり、人を対象とした臨床試験でもデータが出ています。試験では血圧が高めの人に対して、GABAを毎日12.3mg摂った場合と摂らなかった場合で血圧の比較をしています。

 

 

その結果、毎日GABAを摂った方が6週間目まで血圧が下がり、GABAを摂っている期間中は下がったままを維持するという結果が得られています。この科学的な裏付けがあるので、ファインコーヒーは機能性表示食品として販売されています。

なお、ファインコーヒー1杯分に入っているGABAの量ですが、臨床試験では12.3mgだったのに対して、その2倍近い20mgを配合しています。それだけ実感力が期待できる配合になっているわけです。

ファインコーヒーの購入はこちらから

 

GABA以外のカラダサポート成分

当然ですが、GABAだけでカラダに必要なすべての成分をカバーできるわけはありません。かと言って、食事だけでは栄養バランスが崩れがちなのでファインコーヒーにはそれをサポートするためにも成分が配合されています。

 

ファインコーヒーの成分
難消化性デキストリン、肝がん麦芽糖、乳頭、コーヒー、ガルシニアエキス、γ-アミノ酪酸/生コーヒー豆抽出物、乳清ミネラル、香料、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

 

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種で野菜不足で不足しがちな食物繊維(4.8g分)の補給が手軽にできます。ちなみにファインコーヒー1袋にバナナ6本分の食物繊維が配合されています。

また、コーヒー豆にはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれているので高い抗酸化力を持ち、体中での働きが期待できます。

ガルシニアは身体の燃焼をサポートすることが知られていて、ダイエットサポートに使われている成分です。

そして、ビタミンB群はタンパク質や糖質、脂質など体中でエネルギーが作られるのをサポートする働きがあると言われており、特にビタミンB6はGABAが作られるのをアシストすると言われています。

GABAとこれらの体にうれしい成分が1杯のコーヒーに詰まっているということになります。

ファインコーヒーの購入はこちらから

 

【知ってた?】血圧130でもケアを始めた方がいい理由

循環器病研究振興団体が行った循環器疾患基礎調査によると日本人の血圧は年齢ととともに上がる傾向があります。

 

 

最高血圧が140以上で最低血圧が90以上の人の割合は、30代と比較する40代、50代、60代と年代が進むごとに右肩上がりに増えて行って50代の時点で実に2人に1人が高血圧という結果になっています。

血圧が130だと安心してケアを始めなくてもいいと考えているかもしれませんが、年齢が進めばさらに上げる傾向にあるわけですから、実はすでに注意しないといけない基準に達しています。

血圧ケアを放置せずに早めに対策を行うことがとても重要です。

ファインコーヒーの購入はこちらから

 

血圧のケアは継続して行う必要がある

先ほどご紹介したGABAを摂取する臨床試験の表には注目していただきたい点があります。

 

 

それがGABAを12週間摂り続けた後の経過観察を行った4週間のデータです。表を見てもらえば分かるようにGABAを摂取するのを止めると次第に数値が上がっていることが分かります。

つまり、一度数値が下がったからといってそれで終わりというわけではなく、ケアは続けないと意味がないということになります。だから血圧ケアのために飲むファインコーヒーも続けた方がいいということですね。

となると出費の事が気になりますから、2ヶ月ごとにファインコーヒー60袋が送られてくる定期コースがお得です。

通常価格6,480円のところ、初回購入分は50%OFFの3,240円で購入することができます。1杯分に換算すると54円になるのでかなり安く飲むことができるわけです。

2回目以降の購入分も20%OFFで購入できるので長い目で見るとその都度買うよりも出費がかなり抑えられますし、何より買い忘れがなくなるのがメリットです。

 

▼GABA配合の機能性表示食品「ファインコーヒー」の購入はこちら▼

-健康グッズ